スローセックス

スローセックスのやり方をマスターして時間をかけて快楽を追求しよう

スローセックスとは?

スローセックスとは?

年々セックスレスの夫婦やカップルなどが増加の一途を辿っておりますが、これといった原因は誰もが見出せません。考えられる要因は幾つもありますが、やはり一概には言えないものであると思われます。そんな世の中の現況において、密やかに囁かれて始めているセックスがスローセックスです。

簡素に申し上げますと、肉体的な快楽だけを求めるのではなく時間をかけて肌に触れ合い、丁寧に愛撫するなどのスキンシップを大切にする性行為がスローセックスです。パートナーと深く精神的な部分で結ばれたい方や、お互いを愛おしい存在であると認識し合いたい人に適しているセックスです。

実際のところ以前からスローセックスは存在していましたが、これまで大して話題になりませんでした。ですが、セックスレスが通常化されている中で何故スローセックスという行為が静かなブームになっているのでしょうか?この記事では、そんなスローセックスについて詳しく記述していきます。

まずムードを高める

スローセックスとは、本来あるべきセックスの原点回帰とも考えられるでしょう。そこで最も最初に見直すべき点は、セックスをする雰囲気作りに注力することだと言えます。このムードを高めるという行動に手抜きがあれば、これから始まるセックスの全容に対しても期待しづらい空気が漂います。

ジックリと愛撫する

これは別にスローセックスに限ったことではありませんが、基本的に愛撫をジックリと施すことは相手からすれば愛情のバロメーターにもなります。終始お互いに性的な満足を得るためにも愛撫の丁寧さは大きく後に左右します。この感覚が理解できなければスローセックスでは楽しめないでしょう。

無理にはイカせない

スローセックスはイクことやオーガズムを目的としません。射精やアクメ、オーガズム等は達成感を得られても満足感を得られるとは言い切れません。心の満足感を得ることもスローセックスの醍醐味ですので、お互い無理にイカせる必要なないのです。イクことを意識すれば心の負担にもなります。

挿入後もユックリと

ムード作りまでのプロセスや愛撫だけではなく、スローセックスという名の通り挿入してからもユックリと動かします。時には挿入したままの状態で腰を動かさず停止状態にすることもあります。それから、挿入して停止した状態で男性器に力を入れたり力を弱めたりして結合の感触を楽しむのです。

予め体を温めておく

スローセックスを施すのであれば、お互いに体を予め温めておくことをオススメします。体内に巡る血行を良くしておくことで、相手の肌の温もりを全身で実感することができますし、長時間に渡って裸でいることの備えでもあります。体が火照ったり湯上りに発汗するほど温める必要はありません。

終了後も余韻に浸る

もちろんスローセックスでも、男女お互いに射精やオーガズムに至ることはあります。その時に大事なことは、イクことを意識しないで自然な流れでイクことです。変にコントロールしたりイクことを阻んではいけません。終了後は今回のスローセックスを共に回想しながら余韻に浸れれば完璧です。

スローセックスの愛撫

スローセックスの愛撫

いかなるセックスにおいても、愛撫という性行為は不可欠であると筆者は現在に至るまで確信しています。正直に申しますと過去に職業としてもプライベートでも、女性器など一生見たくもないと思うほど数々の女性に愛撫を施してきました。しかし、それでも現在進行形で愛撫し続けているのです。

それは何故でしょう?根っからの女好きだからだと言われれば話は終わりますが、そうではありません。当然ですが1人の女性でも愛撫のやり方や交わり方で色々と変化する様子が見れるので飽きることがないからです。ここからは、スローセックスで施す愛撫のやり方について書き添えていきます。

囁きながらが基本姿勢

これは照れや羞恥心があれば実行できません。何故なら愛撫する相手の局部へ話しかけるように囁きながら愛撫するからです。その時の台詞は人それぞれ思うままを口にするだけですので説明できませんが、スローセックス愛撫の基本姿勢であると頭の片隅にでも置いていてもらえれば良いでしょう。

かすかに触れる意識

スローセックスの愛撫は激しさや速さ、テクニックや力強さは不要です。逆に無用と言っても良いほどでしょう。必要なことは、かすかに相手の局部へ触れるような感覚で施す愛撫なのです。僅かに相手の肌へ触れる愛撫のほうが集中力も増すからか、相手の反応も通常より過敏になると思われます。

局部の周りを責める

この動作も通常のセックスと同様です。スローセックスの際は特に、乳首やクリトリスなど主軸の性感帯だけ愛撫するのではなく、その周辺から愛撫します。とにかく愛情を確認し合うために肌を接触させる時間であり性行為なので、アペリティフからメインディッシュという感じで楽しみましょう。

感じたフリをしない

これは女性に対して特に促しておきたい事柄ですが、相手からの愛撫に対して気持ちいい素振りや感じたフリは禁物です。スローセックスは精神的な心地良さを大事にする性行為です。従いまして、余計な気遣いや配慮は心の負担になるので一切しないようにしましょう。一瞬毎を大事にすべきです。

触れる寸前で一旦停止

相手の性感帯部分に触れる寸前で、逸る気持ちを少し落ち着かせて一旦停止してみましょう。その部分に触れるか触れないかギリギリのところで唇なり舌先を寸止めします。そうすることによって、その部分に相手は必ず感覚を集中させるので、いざ触れた時には通常より強い快感を覚えるはずです。

挿入しても動かない

先ほども少し触れましたが、いよいよ結合するという時もユックリ男性器を女性器に挿入します。そして挿入したまま動かさずジッとしておくのです。その状態で男性器に力を入れたり抜いたりして変化させます。それだけでも十分な反応を感じとれるので、これまでにはない感覚を得れるでしょう。

スローセックスの目的

スローセックスの目的

スローセックスの目的は簡単に言いますと、結果を求める体感的なセックスではなく精神的な満足を得るためです。日頃は考えることもないようなセックスの流れですが、これはパートナーとスキンシップを計るには最も効果的な性行為です。心身の確かな疎通がスローセックスの目的とも言えます。

スローセックスで心掛けるべきポイントがあります。最も日本の男女にありがちな愛撫をチャッチャと済ませ、あとは挿入して男性が射精すれば終わりというパターンを避けるということです。スローセックスは男女が体を通じて心の在り方を見出すことこそが、真の醍醐味であると信じております。

精神的に満ちた感覚

ご夫婦やカップルになって交際が長くなった男女の場合、やはりマンネリ気味となりセックスレスになることが多いと考えられます。でも、お互いに相手への依存度は高くなります。そんな男女には特に推奨したいのがスローセックスです。結果を重視せず精神的に満ちた感覚を共有できるはずです。

人間の温もりを実感

度々申し上げますが、射精やオーガズムを得ようとする結果重視のセックスだけでは、男女お互いに肝心な部分を見逃すこともあります。その内の一つが人間の温もりです。あまり日常は意識しないでしょうけど、お互いに肌を通じて感じ合う大事な感覚です。肌に触れて初めて解ることもあります。

相手への愛情を確認

スローセックスで改めてハッキリと自覚させられるのは、相手への愛情が本物かどうかという点です。自分に対する相手から愛情ではなく、自分が相手に対する愛情の度合いを認識できるのがスローセックスの長所です。スローセックスが可能な相手であれば、その相手とは良好な関係だと言えます。

イクことを考えない

スローセックスを何度も実践している人の意見の中で、スローセックスの魅力について最も多いのがイクことを意識しなくても良い部分だと言います。もちろんスローセックスをする相手とは、スローセックスの実施について了承済みであることが前提です。妙なプレッシャーがないのが楽なのです。

お互い癒し合う空間

愛し合う男女であれば、お互い癒し合う空間というのがスローセックスを実施した時に感じる共通認識です。日常は仕事などで中々思うように時間が取れず、新しいことを実行する雰囲気にはなれない場合もあります。男女が話し合って、そういう空間を作ることも大事なのは言うまでもありません。

スローセックスの極意

スローセックスの極意

別れを覚悟していたカップルや夫婦の中には今回で最後と思いスローセックスを実行した後、心の距離が縮まり仲が復活するケースも少なくないと聞きます。どこまで本当なのかを知る術はありませんが、一応は幾度かの実践経験がある筆者としましては、まんざら嘘や偽りなどではないと思います。

さて、スローセックスの極意というものは基本的にございません。題材にしておいて一体どういうことだ?と思うかも知れませんが、スローセックスの極意は一つではないからです。実践した時の感覚が人それぞれ異なるのです。それでも多くの方々が極意として抱くであろう所作について記します。

時間をかけた快楽追及

丁寧に時間を気にせず楽しく快楽追及することもスローセックスの極意と言えるでしょう。結果を重視したりイクことが最終目的とするセックスとは全く違います。結論を言いますと、男女お互いに求めて止まない関係になるのは、刺激的な性行為を施す相手ではなくスローセックスの相手でしょう。

口と指が主体の相互愛

先ほども記しましたが、スローセックスの目的はイクことではありませんし、挿入しなければいけないという訳でもありません。あくまでも、男女お互いの性器に触れたり相手の肌に唇を重ねたりすることがメインです。つまり口と指が主体の相互愛こそスローセックスの極意という人もいるのです。

男女共に全身を愛撫

スローセックスは男女共に時間をかけて全身を愛撫することが前提と考える人も多くいるため、これまで触れなかった場所に直面することもあります。その際に相手が性反応を示す新たな場所こそ皮の薄い肌の部分であることが多く、そのような発見ができるのもスローセックスの極意だと言えます。

長時間の性行為ではない

よくスローセックスと言えば、挿入してから長い時間をかけることと思われがちですが全く違います。あるいは長い時間をかけて愛撫すると解釈される人も多くいますが異なります。スローセックスとは性行為を長時間するという意味ではなく、男女が肌に触れあう行為に時間をかけることなのです。

無理な負担のない性交

相手を性的に満足させるために施したり、イクことを意識した性行為であれば精神的な負担になり兼ねません。セックスとは気持ち良い行為のはずなのに、それでは意味がないという思想がスローセックスの原点ですし極意なのかも知れません。濡れなければや勃起しなければという考えは無用です。

スローセックスをするパートナー

スローセックスをするパートナー

スローセックスを実行するプロセスとして、普通にセックスをする時と最も違う点は前もって相手にスローセックスをしたいと伝える部分です。おそらくですが、スローセックスという性行為の存在を知らない女性も多いと想定されますので、その場合は相手にキチンと説明する必要もあるでしょう。

もし相手が理解に及ばない場合は、この記事を一緒にご覧下さい。スローセックスにおいて、やはり最も肝心なのはスローセックスをするパートナーの存在です。ただスローセックスをするパートナーとの関係性によっても、やり方や内容が変わってくるため下記にタイプ別で区切ってご説明します。

彼女・妻

スローセックスをする相手として最適だと言える女性こそが、自分の彼女や妻という存在でしょう。しかし交際も長くなりますと、どうしても照れが生じてしまいスローセックスの流れに運びにくいものです。そんな時は度々で恐縮ではございますが、当記事をネットで見かけたなどと伝えた上で一緒に読んで説得して頂ければ嬉しい限りです。

元カノ・元嫁

一昔前であれば考えられないことですが、今の世の中では元嫁や元彼女という相手とセフレになったり親密な関係になることも珍しくありません。ですが、スローセックスをする相手としては残念ながら適してはいないです。復縁するのであれば話は別ですが、以前は愛していたとしても一度は愛が途切れた相手でもありますので困難でしょう。

ナンパした女

男性が繁華街や飲み屋などで女性に声を掛けて、それから共に行動してもらえたならナンパは成功だと言えます。しかし、初対面でナンパした女性にスローセックスを実施するのは無理があると言わざるをえません。冒頭でも述べておりますが、スローセックスは愛情を確認し合う性行為とも言えますので、初対面の女性では理にかないません。

風俗嬢

まず届出をしている風俗店での本番行為は基本的に禁止されています。男性からすればスローセックスは、挿入して射精することが目的でないものの性行為という認識はあります。その視点において風俗店は合致しますが、風俗嬢からすれば性的なサービスを提供するのが仕事ですので、スローセックス相手としては根本的に道理が異なります。

セフレ

いかなる内容でも、セックスにおいては自分の望む欲求を満たしてくれる相手こそがセフレの存在です。スローセックスは愛情を確認し合う性行為ですが、セフレに対しては彼女や妻への愛情には値しないものの別の恋愛感情のような想いは抱くものです。現在セフレのような女性が不在で求めているという男性でも、セフレ募集をして見つけ出すセフレの作り方は意外にも簡単です。

セフレ探しに最適なサイト

セフレ探しに最適なサイト

今回のテーマであるスローセックスもそうですが、あらゆるセックスのパートナーとして最適な相手はセックスフレンドことセフレであると言えます。その名の通り、セックスするための男女関係であり一種の契約のような形です。しかし、もちろん出会った相手の全員とそうなる訳でもありません。

さて、スローセックスをするパートナーという前項からの引き継ぎで、セフレ女性を求めて探そうと思う方へ最適なサイトをご紹介します。筆者自身の経験から得た知識や感想も含めた内容となりますし、虚偽や作り話などではないことを予め伝えておきます。その最適なサイトとは以下の通りです。

PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

今や日本国内でトップクラスの仲間入りを果たしているほど人気の出会い系サイトです。特化した宣伝力と出会い率の高さは筆者が数年前に初めて利用した時から現在に至るまで変わりません。

Jメール


サイト内のカテゴリーが豊富ですし、ゲーム感覚で利用できるのも人気の秘訣でしょう。女性会員が多いことでも有名な出会い系サイトですが、楽しみ過ぎてポイント消費に気をつけましょう。

ワクワクメール


この出会い系サイトの特徴は、サクラや闇業者の類いが少ない点とアダルトな感覚を楽しみながらセフレを探せる部分です。サイト内の画面や文言も女性が馴染みやすい構成になっております。

ハッピーメール


自身の記事でも度々お伝えしておりますが、もう間違いなく国内最大級の出会い系サイトで、累積会員数もトップクラスの出会い系サイトです。非常に幅広いタイプの女性会員が多数おります。

YYC


大手結婚相談所のIBJが運営する多大な会員数を保つ出会い系サイトです。マッチングアプリなどでも知名度があり、セフレ募集の新規入会女性も連日のように登録され続けている印象が強いです。

出会い系サイト
出会い系サイトのおすすめサイト一覧

コンテンツ1 出会い系サイトを選ぶための5つの基準2 おすすめの出会い系サイト①PCMAXの特徴3 おすすめの出会い系サイト②Jメールの特徴4 おすすめの出会い系サイト③ハッピーメールの特徴5 おすす ...

上記サイトを推奨できる理由

上記サイトを推奨できる理由

上記の出会い系サイトを推奨する理由は当然あります。先ほど述べました通り、筆者の実体験に伴っていることも理由の一つですが、それ以外にも適切に述べることのできる理由が幾つもあるのです。筆者と同じような経験をしていて、よく似た捉え方をする人は存在するかも知れませんが、当記事は他の記事や資料を参考にはしておりません。

あくまでも筆者の近くに多く存在する出会い系マニアや、マッチングアプリ大好き人間たちの感想や経験談を基に、筆者自身の歴史と照らし合わせながら執筆しています。少し話は脱線しましたが類似する記事を時々見かけるとの意見を頂いたので書き添えました。それでは、上記の出会い系サイトを推奨できる理由を項目別に記述いたします。

全てのサイトが10年以上運営

上記の出会い系サイトで、筆者は今まで少なくとも40~50人の女性と出会いセフレ関係になりました。まず上記サイトを選んだ大きな理由は、その全てのサイトは10年以上の運営実績を誇る老舗だからです。出会い系サイトに対しては良くない印象を持っている人も多い中で、10年以上も営んでいるという実績は信用するに値する判断材料です。

実際に出会える確率が高い

筆者個人に限った話ではありませんが、それこそ色々な出会い系サイトや掲示板などを利用してきました。正直申し上げますと殆どのサイトは出会うこともなければ、執拗に利用を促してくるような業者でした。そんな業者が多い中で上記のサイトは利用を促すこともなく、実際に女性と出会える確率が高いのでピックアップさせて頂きました。

年齢確認や番号承認がある

やはり出会い系サイトを介して女性と合流する際に、最も気をつけなければならないのが、相手の女性が未成年者だったり闇業者の一味であることです。闇業者関係の女性は今の時代ほぼ皆無ですが、やはり未成年の女性は要注意です。その点、上記の各サイトでは年齢確認や番号承認があるので、安心して利用できるのも推奨できる理由です。

揺るぎない圧倒的な宣伝力

上記の出会い系サイトは昔から半端ない宣伝力を誇っています。男女それぞれの専門雑誌から週刊誌に至るまで、揺るぎない圧倒的な広告活動を継続しています。これは、出会い率やオフィシャルサイト内のカテゴリーなどに絶対的な自信がある裏付けだと筆者は思います。莫大な宣伝費であるはずですが、力を緩めまない部分が信用できます。

法外な請求をされる心配無用

一つ前の項目でも少し触れましたが、数えきれないほど多く存在する出会い系サイトの殆どは悪質であるという印象を拭えません。上記の各サイトは大丈夫ですが、運営サイトによっては法外な請求を課せてくる場合もあります。もちろん支払う必要も理由もありませんけど、何度も請求ガイダンスや業者からの着信があるため気が滅入ります。

スローセックスの注意点

スローセックスの注意点

スローセックスを実施するにあたって特に厳重注意といった要素は見当たりません。通常のセックスと同様、身体を清潔にして避妊の準備を怠らず男女の肉体を交わり合わせるだけです。ですが、精神的な部分で予め心の準備として持ち合わせていたほうが良い自身への注意点はあります。その点を当記事の最終章として取り上げたく存じます。

スローセックスを実施する事前に心構えとして注意しておくべき点が幾つかチョイスしました。この“スローセックス”という言葉尻だけを捉えれば何もかもをユックリする性行為というイメージを抱く人もいるでしょう。しかし、それではコントになってしまいます。さて、チョイスしましたスローセックス実行前の注意点は下記の通りです。

イチャイチャではない

ネット上でも時々スローセックスについての記事を拝見しますが、イチャイチャと勘違いされそうな内容の執筆が多いと感じます。そう受け取れなくもありませんが、セックスであるという意識が薄くなるので、セックスの一種だという意識を失わないように注意しましょう。ただ、スローセックスを言葉や文字で表現するのは難しいものです。

不必要な休憩をしない

スローセックスとは、アクセクしない・結果を気にしない・体力を消費しないの三原則を筆者は定義付けしています。当然、長丁場になるとはいえ全て継続したセックスであることが前提となります。ですので、スローセックスは休憩しながらでもOKという感覚を持つ人は要注意です。それにセックスの最中に休憩すると気が逸れてしまいます。

相手に妙な気を遣わない

例えば、性交中よくある男性の心理として相手女性がオーガズムを迎えるまで射精してはならないという切迫感を抱く人が少なくありません。スローセックスを実行する場合は、そのような感じで相手に対する妙な気遣いは御法度と言っていいでしょう。そういった通常のセックスの際に生じがちな思考を排除するのがスローセックスなのです。

全て遅くするのではない

この項目の冒頭でも触れましたが、スローセックスといえば何もかも遅くするものと誤解する人もいます。しかし、これまでも述べてきました通り意味が違います。目的や結果を意識せず、時の流れに身を任せるのがスローセックスです。ディスっている訳ではなく、老夫婦のように動きが遅いセックスという意味ではないので注意しましょう。

男女一組二人のみの世界

おしまいに、個人的なスローセックスにおける考えを記したいと思います。これまで述べてきましたスローセックスですが、男女一組二人以外は関与させないというポリシーがあります。それは他の人間に限らず、エロい映像や大人の玩具も含めて一切不要であるということです。スローセックスの世界には主役の二人以外は必要ないでしょう。

まとめ

まとめ

今回はスローセックスについての云々を記述させてもらいました。実際に筆者もスローセックスを幾度か経験しておりますが、将来のパートナーと見据えた彼女や妙に気が合うセフレ以外とは実施したことがありません。というより、精神的な繋がりを感じ合える相手でないとスローセックスをしたいという気にならないのが正直な感想ですね。

スローセックスを施す上で一番に重視すべき部分は、相手との心の距離を計る又は肉体を通じて確認することだと考えております。スローセックスとは男女の身体を互いに交わらせて、時間を気にせず精神的な満足を得るためのラブコミュニケーションだと個人的に解釈しています。まだ未経験の方には是非とも一度ご体験してもらいたいです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ペインパッカー

プロフィール:過去に出張ホストとメンズバーの経営をしていた、40代中盤のバツ2で現在フリーランサー。現在に至るまで200人以上の女を性奴隷にしてきた、女体操作の念能力者。

おすすめ記事3選

1

コンテンツ1 PCMAXの登録方法と利用方法2 PCMAXの口コミ3 PCMAXの利用料金4 PCMAXアプリについて5 PCMAXでのポイント消費について6 PCMAXで効率よく出会うために7 PC ...

2

コンテンツ1 PCMAXの公式アプリについて2 ハッピーメールの公式アプリについて3 ワクワクメールの公式アプリについて4 Jメールの公式アプリについて5 YYCの公式アプリについて6 セフレの作り方 ...

3

コンテンツ1 ワクワクメールの特徴2 ワクワクメールの公式アプリ3 ワクワクメールへの登録方法4 ワクワクメールの料金とポイント消費5 ワクワクメールにログインしたら確認するべき事6 ワクワクメールの ...

-セフレ, 大人の性教育, 出会いの方法, 知っておきたい事
-

Copyright© セフレ塾 , 2019 All Rights Reserved.