ハメ撮りをしてくれる動画撮影がプロ並みに上手な男性の探し方

更新日:

こんにちは、エリです。彼氏と別れてから出会い系サイトでの出会いを気ままに楽しんでいるワタシ。新しい出会いを探しているリアル友達には、「ワタシはたまにPCMAXっていう出会い系サイトも使ってるけど、サイト使うのもアリだと思うよ」なんてわりとオープンにしちゃってます。その出会い系サイトで会ったヒトとナニを楽しんでるかまでは言ってないですけど(笑)

「えー!出会い系サイトってなんか怖くない?」と結構聞かれるのですが、そんなことはありません。使い方次第でいろんなヒトと気軽に出会えるし、誰にも言えないような欲望を叶えてくれるディープな出会いも期待できます。今回紹介するハメ撮りの話は、PCMAXでの出会いを記事にさせていただいてますが、他にもハッピーメール、Jメールなどの出会い系サイトも管理がしっかり行き届いているのでおすすめ。出会い系サイトは大手の優良サイトを使えば大丈夫。じっくりやりとりをして、ちゃんとお相手の方を見極めれば安心して楽しめますよ。

ハメ撮り動画でひとりエッチ

先日、スマホのデータを整理していたら、元カレとのツーショット写真やハメ撮り動画が出てきました。え?別れてから処分してないのか?って??すみません、処分が甘かったみたいです!元カレは写真が好きで、よく出掛けるたびに自撮りしてたんだけど、ワタシも写真を撮るのは嫌いじゃないので、よくエロ写真交換したり、ラインでエロチャットしてました。

「エリちゃあん。ムスコがね、めっちゃさびしいって!いやらしい写真ちょうだーい!オネガイ!」

カレが出張にいく度に、そんなカワイイ(?)こと言われるので、エッチな写メをホイホイ送ってました。

「エリのオマンコ、もうびしょ濡れだよ。我慢できないんじゃない?どこに何が欲しいか、ちゃんと言葉で言ってごらん」

「ああん、、、や、だあ、、」

「ほら、ちゃんと言わないと、放置しちゃうよ?」

「エリの、、ぐちょぐちょなおまんこに、ぎんぎんに反り立ってる貴方の熱いおちんちん、早く挿れて」

っていうような遠隔エロチャットはフツーにいつもしていて(おバカですよねえ)。おっぱいとか開脚画像とか、おちんちんをシゴイてる動画とか、当時お互いに送り合っていたエロ写真をみていたのですが、ハメ撮りの動画がでてきてびっくり。これ、ふざけてラブホでAVごっこしよー、とか言ってスマホで撮ったやつで、ちゃんと見返してなかったのでした。

はじめは、「やだあー」「ほら、カメラに撮られてるよ?」「あはは」「じゃ、脱いでみようか。ハメ撮りスタート!」なんて、ふざけあってたんだけど、おさわりしあってるうちに急にマジモードにスイッチが入ってしまい、ディープキスしながら、激しく絡み合ってるハメ撮りの動画だ。

「ああ、、、エリ、いいよ。もう、挿れるよ」

ジュプッ、ジュプ、、、ング、、
肉棒を喉奥まで咥えているワタシも撮影してたなんて、あの時全然気が付かなかった。フェラチオしてる自分を動画で見るって、めちゃくちゃ恥ずかしい、でもちょっと興奮するかも。元カレは、カメラを一度置いてからワタシを四つん這いにして、バックから挿入すると、カメラを再び持ち構えて挿入しながら動かしている接合部分にレンズを向けていたようだ。

「ああ、カメラ越しに挿れてるところ動画で撮るの、めっちゃエロッ。ハメ撮りヤバい、、、」

ギシッ、ギシッ、ギシッ。
ハア、ああ、はぁ、ハァ、、、

元カレが腰を激しく動かすたびに、ベッドが軋む音や、荒く乱れた2人の呼吸がしっかり拾われていてそれがまたいやらしい。ハメ撮りヤバいって言う元カレの言う意味がめちゃくちゃわかる。これは、マジでヤバいです。でも、2人がお互い楽しめるならハメ撮りセックスって最高かも。しばらくピストン運動しながら、汗ばむ身体が絡み合う淫らな画像が続き、元カレはカメラをベッドの端において、一気にフィニッシュ体勢に。

「アッアッ、、キモチイイッ、、でるぅッ、、、、ウッ、、!」

そして装着していたコンドームを引き抜き、

「こんなに精液でちゃいました!気持ちよかった〜!いやー、ハメ撮りサイコー!」

なんて、ふざけて使用済みコンドームをアップで見せたところでハメ撮り動画は終わってる。最後のは絵的にどうかと思うけど、ホントにハメ撮りってすごーくエッチだ。自分のハメ撮りの動画を一気に見たら懐かしいのと同時になんだか変な気持ちになってしまい、ついひとりエッチしちゃいました。こういうのって、男性もたまにひっぱりだしてきたりしては、オナニーしたりするのかしら?

ハメ撮りプレイを楽しんでみたい!

うーん。ハメ撮りセックス、ちょっといいかも。撮られながらするのも興奮するし、あとからハメ撮りの動画を見たり思い出したりして楽しめるのって、2度美味しい。リベンジポルノやネットに画像をバラまいたりすることには、興味がなくて(そういう思考は論外!)、ハメ撮りや自撮りのエッチを、あくまで享楽プレイとして純粋に一緒に楽しんでくれる優しいヒトがいないかなー?というわけで、ワタシは、出会い系サイトのPCMAXの自分のプロフィールと伝言板に、ハメ撮りに関する書き込みをプラスしてみました。

「ハメ撮りプレイがしてみたいです。純粋に一緒に楽しんでくださる方いませんか?」

すると、たくさんのメッセージが来ました。

「ハメ撮り大好き!一緒にしよう!」「ハメ撮り初心者なの?色々教えてあげたいなあ」「ハメ撮りしたあと、一緒にハメ撮り動画を楽しめるような仲になりたいよ」

などなど。はじめは熱心に読んで、ハメ撮りをスマートに楽しめそうなヒトや、興味あるヒトにはお返事していたのですが、ちょっと放っておいたら、3日で150通を超えてしまいました。ひゃー、メッセージを送ってくださる方に申し訳ない!ワタシはあわてて、写真が間違いなく本人の方で、好みのお顔の方や、気が合いそうな方、一緒にハメ撮りセックスを純粋に楽しめそうな方、プロフィールがしっかりしている社会人の方にしぼらせていただき(『学生さんは、ごめんなさい』とプロフィールに書いていても、送ってくださったりするんです。)やりとりを再スタート。そうしたら、何人に絞れてきました。

映像作家さんとのハメ撮り

数回のやりとりを重ねてみて、ちょっと会ってみたいなあと思いはじめたのは、映像作家をしているサカモトさんでした。職業柄映像に詳しいかもしれない、とハメ撮りの動画を美しく撮ってくれそうな期待を込めた部分とプロフィールのお顔がわかりやすかったから。シゴトが多忙なので、毎回メッセージのレスは遅めなんだけど、お返事はしっかりもらえるし、なによりも人間的に信頼して会えそうな予感がありました。

「エリちゃん、今度ハメ撮りしてみよっか」

やりとりをすすめていると、実は職場が結構近いことが判明し、気分的に急接近した私たち。他愛ない会話のやりとりはメールで毎日していたのだけど、なかなかハメ撮りの話にならないので、そろそろワタシから声かけちゃおうかな?と思ってたところ、サカモトさんから不意にハメ撮りの提案をされました。

「うん、してみる。ハメ撮りの話、なかなかしないから、忘れてるのかと思ってたよ〜」

「あはは、そんなにハメ撮りしたくてたまらなかった?ふふ、じゃあ今度の週末に、どうかな?」

「金曜日ね。楽しみ」

約束通り、週末にサカモトさんとカフェで待ち合わせ。ワタシのシゴトがおしてしまい、お待たせしてしまったのだけど、サカモトさんは優しい。

「全然大丈夫だよ。今日はよろしくね、エリちゃん。ハメ撮り楽しもうね」

4つも年下なのに、ちゃんづけしてくるサカモトさん。(ワタシはさん付けなんだけどね、笑)ワタシが遅れて到着して、少しカフェでお茶しながら、特にハメ撮りのことには触れず、ささいなことをおしゃべりしてました。メールのやりとりをたくさんしていたから、すぐに仲良しモードに。とてもいい感じ!1時間ぐらいして予約してくれたホテルに向かうことにしました。

「わ、デザイナーホテル?エントランスお洒落!」

「実はココ、こないだ、シゴトでロケしてた場所なんだよね」

「そうなんだあ」

「いやあ、エリちゃんと来てみたいなあ、なんて狙ってたんだよ」

映像関係なんて、時間拘束や管理など厳しい業界だと思うのに、タイトなスケジュールに振り回されず、いつものびのびしていて穏やかなサカモトさん。のんびりした性格なのかな。人間の器が大きいのかもね。そして、指がすごく綺麗なサカモトさん。どんなセックスするんだろう。始めてのガチなハメ撮りも楽しみ。
ワタシは次第にドキドキしてきました。

ハメ撮りセックスの魅力

部屋に入って上着を脱ぎ、荷物を置いたと思ったらサカモトさんは、急に後ろから抱きついてきた。

「エリちゃん、、、好きだよ」

名前を呼ばれたと同時に首筋をチュル、と舐め始めてくる。そのまま顔までペロペロ。

「あん、ちょっと、顔は、、メイクしてるから、、!」

「食べたいニャー、エリちゃん」

サカモトさん、ネコキャラ?なんだかちょっとびっくり(@_@;)。まあ、でもかわいいから、いっか。服をお互い脱がせあい、お風呂でベロベロなチューをしながら、お互いの身体を洗ったあと、シャワーを浴びながらサカモトさんがいいました。

「オレ、ちょっと、ハメ撮りの準備するね。ビデオカメラとか設定するから先に出てるよ」

ワタシは念入りに身体を洗い、タオルで身体をふきながら、(いよいよハメ撮りされるんだあ、緊張してきちゃった。でも、楽しみたい。うん、サカモトさんとなら楽しんでエッチできそうな気がする!)と、思いがめぐりめぐっていました。バスルームから出ると、部屋がすごいことになってました。

「わあ、、すごいっ」

「即席ハメ撮りスタジオだよ〜ふふっ」

サカモトさんが、腰タオルしたまま、ウインクした。
べッド周りに三脚を立てたカメラが2台とハンディカム。MacBookからはロードムービーのような映像と、ゆるく音楽が流れている。サカモトさんが、冷蔵庫から出したスパークリングワインを開けてグラスについでくれました。照明がいいかんじで当たってキレイ。おいでおいで、とベッドに座るように手招きするので、ワタシはタオルを身体に巻きながらガウンに着替えようとすると、

「カンパーイ♪」

チン、とグラスを重ねてから、ごくん、と飲み干す。
(あ、おいし、、)うーんでも、段取りよすぎだなあ。サカモトさん、職業柄こーゆー演出とか慣れてるのねー、と思った瞬間、ワタシのグラスをパッと奪い、ベッドサイドテーブルに置いたと思ったら、すぐさまサカモトさんに押し倒されてしまいました。そのまま、185センチの身体に覆いかぶさられて、唇を塞がれ、シャンパンを一気に口移し。不意打ちすぎる!もうやり方がいやらしくて、ヤバい、、、。

「ん〜〜〜!!」

ワタシの困る顔を見て、サカモトさんはニヤニヤしている。

「エリちゃん、あっちのカメラ、俺と一緒に見て」

「え、カメラ?」

ワタシと頬がくっつくぐらい近い位置に並んで、バイバーイ、とカメラ目線で手を振るサカモトさん。そっか、カメラずっと回っているんだ。

「いぇーい。こんなにくっついてると、オレたちラブラブカップルみたいだよね♪さあエリちゃん、これからエッチなハメ撮りのはじまりだよ」

ハメ撮りのはじまり!ひゅー、ドキドキするっ。サカモトさんはうれしそうにカメラ目線で手を振ったあと、ホッペにチューしてきた。そしてすぐに口に。どうやらキス魔みたい。クチュクチュ、と唇を絡める音が部屋に響く。その欲求がどんどん高まり、もっともっと、とサカモトさんの唇は、長い時間私の唇を吸ったり舐めたり弄んでいる。はあ、こんなにずっとキスされてるとクラクラしてくる。すっかり気持ちよくなったところでフェラをしてほしいなあ、とリクエストされ、サカモトさんのモノを咥える。

「アッ、、、イイ、、玉の方もペロペロして、お願いい」

女の子みたいな切ない声が出ちゃってる。かわいい(笑)でも、このチュパチュパしてるのも、手元のハンディカムで撮影しているのだ。恥ずかしい、、どんなハメ撮り動画になってるんだろう?一所懸命フェラチオをがんばったおかげで、サカモトさんのモノはすっかりカチカチに元気に。辛抱できなくなったみたいで、ワタシは仰向けに寝かされる。

「挿れるね、、あ、はあ、キツっ、、」

サカモトさんは、我慢できなかったみたいで、容赦なく私の膣内にじゅぷじゅぷ挿れてきた。今度はワタシがキツイ、と思う番。部屋の中の全カメラはもちろんハメ撮り中。まさに、ハメハメしているところを撮られているわけだ。ゆっくり腰を動かしながらサカモトさんが言う。

「エリちゃん、、、カメラいっぱい回ってるよ。いろんな角度からハメ撮り撮影されてるんだよ?どう、気分は?ふふ、めっちゃエッチだよ、、、」

顔も時々撮ってるみたいだが、肉棒が挿入された結合部分を撮影しながら、ニヤニヤ笑うサカモトさん。
確かにハメ撮りするほうも興奮するだろう。カメラを持ちながら興奮している男性を下から見上げる感じも悪くないかも。カメラ3台の映像は、あとで編集するのかしら。

「ハァ、ああ、ああああ、ッ、、イクッ!」

サカモトさんは、ハンディカムを左右の手で持ち変えたりしながら器用に撮影していました。もしかしたら、ハメ撮りエッチになれているのだろうか?他の女の子とも、たくさんハメ撮りしてるんだろうか?とふと思ったけど、

「あああー、エリちゃんめちゃくちゃ気持ちよかったよ!ありがと!ハメ撮りもいい感じだと思うよ!」

なんて、ニコニコしながら言われたから、気にしないことにしました。後日ハメ撮りデータは、全部編集し直したみたい。再びハメ撮りセックスの約束をして、ホテル会った時に、その作品を見せてもらったのですが、まるでAVでした。すごいエッチだった!そしてさすがすごい編集力!

サカモトさんとは、その後2度ほど違うホテルでハメ撮りをしました。その度に編集した動画を頂くのですが、もう恥ずかしいやら、いやらしいやら、動画として形になると複雑な気分になる。でも、見られている感じとライブ感がめちゃくちゃ気持ちよくて、なんだか、ハメ撮りセックスって、クセになっちゃいますねー。サカモトさんのシゴトが多忙になってしまい、なかなか会えなくなってしまったのですが、メールのやりとりはゆるーく続けてます。

「あー、このシゴトの山乗り越えたら、またエリちゃんハメ撮りしてあげるからね!」

と言ってくれるので、サカモトさんが都合が合いそうな時に、ハメ撮りしてもらって、綺麗なエロ動画を編集してもらいたいなあ、と思います♪

おすすめの出会い系サイト

ワタシは出会い系サイトで出会った方と初めて会う瞬間が大好きなんです。だってドキドキするじゃないですか。普通に生活していて絶対に出会えないヒトとの出会いを叶えてくれるのがサイトなんです。知らない人だけど、ご縁あって会ってみてお話して、どんなヒトなんだろう?どんなセックスするんだろう?とか、考えるのも楽しいんですよね。

PCMAXの公式サイトはこちら

18歳未満利用禁止



冒頭でも触れましたが、今回の「ハメ撮りをしてくれる方募集」の出会いで利用したPCMAXについてちょっとご紹介いたします。PCMAXは優良サイトとしても有名なので聞いたことあるかもしれませんね。ワタシはPCMAXのモバイルサイトのデザインがかわいくて好きなのですが、それだけではなくコンテンツも充実しているし、コミュニティーサイトとしても秀逸。女の子同士もやりとり楽しめるし、普通の出会いだけではなく、伝言板などをフル活用すれば、ハメ撮りしてくれる方募集、のようにピンポイントなお相手も探せますよ。出会い系サイト未経験の方で迷ってる方は、まずは登録してみて、色々試してみるのもいいと思います。ぜひチェックしてみてくださいね。

セフレ塾の塾長が厳選した優良サイト

PCMAX
Jメール
ハッピーメール
YYC
ワクワクメール

The following two tabs change content below.

エリ

性別:女性 【プロフィール】普段は事務系OL。婚約破棄となった彼と別れてから、出会い系サイトやライブチャットを使ったあらゆる出会いやイチャイチャをひそかに満喫中。基本的には恋愛体質ゆえに、どちらかというと享楽プレイよりも女性目線で安全に楽しめる胸キュンエッチが好み。好みのタイプは、ディーン・フジオカ様。好きな体位は立ちバック。

-出会いの方法, 女性向け記事
-

Copyright© セフレ塾 , 2018 All Rights Reserved.