不倫

不倫とは?元ホストの経験から語る不倫の本質とパートナーの探し方

不倫とは

不倫とは

この関係は割と古くからあったとされておりますが、その関係が不倫という名称で呼ばれるようになったのは、今より約35年前に放映されたテレビドラマ「金曜日の妻たちへ」からです。ちなみに現在の日本の法律では、貞操義務の不履行という不貞行為に該当すると見做され、民事上では不倫をした側に責務が発生します。

不倫という行為は、社会的にも道徳的な観点からも認められない行為とされておりますが、刑法上の罪には問われないため犯罪の域には及びません。また言葉の語源は、おそらく倫理に外れた不貞行為の組み合わせであると考えられます。この記事では、その不倫の本質とパートナーを探す方法について書き添えていきます。

不倫と浮気の違い

不倫と浮気の違いについて議論する場面を、民法テレビなどでも時折は拝見します。どちらも基本的には浮気ですが、不倫は配偶者が居るにも関わらず他の相手と真剣恋愛することで、浮気は主に肉体関係を結んだ相手という解釈が最も近いでしょう。ただ不倫や浮気という言葉のニュアンスで曖昧な捉え方をされがちです。

配偶者への思い

例えば恋人同士の片方が、他の異性と交際し始めても不倫とは言いません。あくまでも不倫とは、入籍している配偶者という立場の者が他の異性と交際する行為を言います。あと単なる浮気であれば今までと大して変化は見えませんが、不倫をした場合は配偶者に対して思いやりなどが芽生えるという特徴が多く見られます。

精神的な相違点

不倫と浮気の決定的な違いは、配偶者以外の異性と親密な関係になる場合、その相手に対して愛情があるかどうかという部分です。もし特別な感情を持たず関係を結ぶのであれば、相手の身体に関心が強いだけの浮気で済みます。ですが相手に恋愛感情を抱くと、精神的な関与が深まり継続する形になるため不倫となります。

長期間か短期間

不倫の特徴の一つとして、交際期間は殆ど長期化するという側面があります。あまり交際期間の短い不倫というケースは聞いた記憶がありません。仮に愛情のある交際だと思っていても短期間であれば浮気だったと結論づけられるのです。適切な表現ではありませんが、本物の不倫で短期間というのは考えにくいと言えます。

ダブル不倫とは

後ほどの項目で詳しく再度ご説明しますが、割と不倫でも多いのがダブル不倫というパターンです。文字通り男女お互いに配偶者が存在している状況で不倫することをダブル不倫と言います。何故この組み合わせが多いのかについてですが、簡単に言いますと双方ともに同じ境遇で背任感も共通するため楽な相手だからです。

到着地点がない

不倫関係に陥るという言い方をする人もいますが、本人たちは然程そんな感覚はない人たちも多いでしょう。時には想像し難いほど深い精神的な闇を掻い潜った上で成り立っている不倫もあるからです。ただ勘違いの愛情で不倫はしませんが、配偶者の存在する現実がある以上、二人の到着地点がない不安からは免れません。

不倫からの結婚

ごく稀に不倫の関係から始まり、お互いの家庭なり婚姻関係に決着をつけた上で晴れて結婚というケースがあります。しかし残念ながら、不倫から結婚という流れで婚姻関係となり、どちらかの命が尽きるまで生活を共にした例は皆無に等しいです。おそらく、お互いがお互いを懐疑的な視点で見てしまうのかも知れません。

3種の不倫の関係

3種の不倫の関係

さて、ご承知だとは思いますが不倫には3種の組み合わせがあります。某リサーチ研究所が最近の不倫について調査した統計によりますと、多い組み合わせから男女ともに既婚者→男性のみ既婚者→女性のみ既婚者という順だったそうです。それが愛人関係やセフレ関係であるなら、おそらく違う結果になっていたでしょう。

先述しました通り不倫関係は、男女ともに既婚者・男性のみ既婚者・女性のみ既婚者という3種の組み合わせがあります。そこで、この項目では各々の組み合わせについてご説明していきます。不倫そのものに嫌悪感を抱く人もおられるでしょう。ただ擁護するつもりはありませんが、不倫されている方々は至って真剣です。

男女とも既婚者

男女ともに既婚者がいる者同士の恋愛関係をダブル不倫と言います。現代の不倫関係では、そのダブル不倫が最も多いことは先述の通りですが、昔は男性のみ既婚者の不倫が大半を占めました。しかし昨今では、同じ境遇や立場の不倫相手のほうが共感できる部分も多く理解もあるため、精神的に気が楽であるとのことです。

男性のみが既婚者

前項でも少し触れました通り、以前までは不倫と言えば男性のみが既婚者というケースが殆どでした。その一例としまして、妻に飽きた男性が若い女性の肉体を求めて不倫関係が始まるというパターンです。最初は軽い気持ちで付き合い始めたものの、会って肉体を重ねているあいだに愛情が芽生えるという流れの不倫です。

女性のみが既婚者

一昔前では考えられない現象ですが、近頃ではセックスレスやセックスに不満のある人妻が、主に若い男を漁るパターンの不倫も少なくありません。このケースは、女性のみ既婚者で男性側が独身という不倫関係になります。ごく稀に男性の生活費を既婚女性が支えるという不倫もあります。まるで逆愛人のような関係です。

不倫に走る女性の心理

不倫に走る女性の心理

この項目では不倫に走る女性の心理について触れていきます。まず、興信所が2019年の初め頃に行った調査では、既婚女性の18%が不倫の経験があるという数字が出ました。この調査は都心部在住の女性を中心とする約3000人を対象に集計した結果だそうです。思いのほか不倫を経験した女性は多いという印象を受けました。

それでは、何故パートナーの存在がありながら女性は不倫をするのでしょうか?決してセフレのような肉体だけの関係ではなく恋愛を経て成るのが不倫です。ですので一時的な快楽を求めた浮気などでもなく、リスクが高く実りの低い不倫という男女関係なのです。それでは、その不倫に走る女性の心理を紐解いていきます。

現役の女性であることの確認

女性は何歳になっても女ですが、殆どの女性は結婚して数年も経てば、配偶者を異性として感じなくなりセックスレスに至ります。特に日本では女性に限らず、付き合いが長くなると家族感覚になりがちです。ですので女性からすれば、まだ女として現役であることを確認したい気持ちもあって不倫するケースがあるのです。

男性経験の少なさが焦らせる

女性が不倫する動機や心理は様々ですが、結婚する以前の男性経験が少ないことから、このまま終わってしまうのでは?という不安や焦りから不倫に走る女性も結構います。例えば生活が安定してきた主婦が、インターネット等でエッチな記事を見かけたりすることで、他の男性との性交願望が強くなり不倫に至るなどです。

セックスレスによるストレス

先ほども少し触れました通り、女性が不倫に走る動機として最も多いきっかけは、セックスレスによるストレスからであると言います。身体のメカニズム的にも女性の場合、30代から性欲が旺盛になる傾向があります。その時期にパートナーとのセックスレスが重なれば、強いストレスを感じて不倫の道へと歩みだすのです。

配偶者との関係が冷めたから

子供のいる家庭にある女性の場合は、もし配偶者との関係が冷めても離婚に踏み切ることは多くありません。それは、もちろん子供のことや将来の生活を案じてでしょう。ですが、女性も生身の人間であり性への欲求は失わないものです。男性に抱かれないと女性の体は枯れるという本能も手伝って不倫へと突き進むのです。

パートナーに嫉妬させるため

女性が不倫に走る動機や心理は千差万別と言えますが、女性の中には現存するパートナーに嫉妬させる目的で、不倫している女性もいます。ですが、この場合は不倫相手の男性を愛することはありません。歪んだ形とはいえ、パートナーへの愛情が高じて不倫しているだけですので、間もなく不倫関係は解消されるでしょう。

いつまでも女として恋したい

いつまでも女として恋したいと本気で思っていることから、不倫している女性も実在しています。そのような女性は、自尊心の塊という側面を持ち合わせており、自撮りして頻繁にインスタに投稿して見て自己陶酔するのです。恋をしない女性は老けるのが早いと思い込む心理も働いて、後ろめたさを感じず不倫しています。

不倫に走る男性の心理

不倫に走る男性の心理

前項までは不倫に走る女性の心理について、思いつくまま幾つかの一例を書き添えました。次に当項目では、不倫に走る男性の心理について幾つかの例を書き記していきます。同じように男女とも不倫という行為へ至るものの、その心理が女性と男性では異なります。それでは、どのあたりに男女の違いがあるのでしょうか?

男性の場合は、不倫する目的で女性にアプローチをかけることはありません。興味を抱く女性に対して、肉体関係を結びたくて接近するか単なる浮気感覚のいずれかです。ですが最初はそのつもりでも、逢瀬を重ねている内に愛情が芽生えて不倫関係になるという流れが多いでしょう。その不倫男性の心理は以下の通りです。

自意識が非常に高い

不倫と理解した上で行動する男性が時々います。そのような男性は元々の性分として自意識が非常に高いという特徴があります。胸中では妻がいてても女ができる自分に優越感を抱いている人が多いと言えるでしょう。ただ、そのような心理が働いている素振りが一切なく、対外的には表面化しないタイプの男性が殆どです。

背任感からくる刺激

精神的な側面からくる背任感が、一種の快楽となって不倫する男性もいます。パートナーがいながら他の女性と性的な関係を結んで裏切っているという心理が、何故か不倫することを助長するのです。このような男性の特徴は、基本的に真面目で日頃はモラル重視という印象を周りに与えていますので、わからないものです。

浮気から発展する

この項目の冒頭でも触れましたが、ちょっとした浮気心で男女関係になった女性に対して、段々と愛情が芽生え不倫に発展するというパターンがあります。おそらく男性が不倫に至る最も多いケースだと言えるでしょう。そもそも興味を抱いた異性ですので、その相手が人間としても優れていれば情が移るのは自明の理です。

根っからの女好き

彼氏や配偶者の有無など意識せず、本能の赴くまま女性に手を出すという根っからの女好きも一応は不倫します。しかし、このタイプの男性は概念として不倫をするという認識や心理は特にないでしょう。気に入った女性を見付けては肉体関係を結び、蓋を開けてみれば配偶者がいることを知ったという不倫はあるようです。

束縛を嫌う自由人

まさに自分の意に従って、人生を謳歌することがスタンスであるという男性は存在しています。このタイプの男性は、同棲していたり結婚していても好きな女性が現れれば、積極的にアプローチを仕掛けていきます。その結果として、不倫という形になることがあります。束縛を嫌い自由でいたい心理を強く持つタイプです。

配偶者との関係性

これは女性が不倫に走る心理と同じで、長期に渡り配偶者と性的な関係がない男性が、他の女性に目移りして不倫に至るというケースです。その配偶者と仲が悪い訳ではないのですが、他の女性と男女関係になり不倫するという男性は珍しくありません。おそらく配偶者との関係性が家族化したことに依るものと思われます。

不倫相手と出会うきっかけ

不倫相手と出会うきっかけ

不倫という関係性においては、初めから不倫することを目的として付き合いが始まるケースは少ないと言えます。何らかをきっかけに出会い、お互いが異性として惹かれ合って男女の深い仲になります。そこまでのプロセスだけを辿れば普通の恋愛関係と同じです。ただ、その後に既婚者であることを知り不倫になるのです。

その後と言いますのは、肉体関係を結んで深い仲になってからという意味です。それなりの人生経験を積んできた方であれば、何となくパートナーの存在を察していても、敢えて何も聞かず男女の仲になる傾向が何故か多く見受けられます。その不倫相手と出会うきっかけになる場所については以下を参考にご覧下さいませ。

同窓会

実は不倫が始まるきっかけとして、非常に多い場所であると言えるのが同窓会の場です。中学生や高校生の若かりし時代を共に過ごした同級生たちが、社会人になってから数年に幾度か催される会です。そこで昔話や現況を話し合い楽しみ盛り上がるのですが、その延長上で気心知れた男女が再会して不倫関係になるのです。

職場

前項の同窓会の場と同じぐらい不倫が始まるきっかけとして多い場所が職場です。アルバイトや正社員として勤めている職場の同僚などと恋仲になり、お互い又はどちらかに配偶者がいることが多いため不倫となります。この場所での不倫は細心の注意を払わないと、仕事も家庭も不倫相手とも終焉を迎えることになります。

マッチングアプリ

インターネット内でマッチングアプリを利用して、不倫相手と出会った人も結構多くいます。マッチングアプリで不倫する相手を見付けたい方は、落ち着いた年齢層の女性登録者が多いと思われるサイトがおすすめです。お互いをある程度は認識し合ってから会うという流れですので、根気よくやりとりすることが肝心です。

TwitterなどのSNS

今のネット時代においては、SNSで不倫を希望する相手と出会うこともあります。Twitter・LINE・Facebook・InstagramなどのSNSですが、誰でも登録できるため相手が何者なのか分からないというリスクはあります。それでも共通の趣味を持つことでリツイートし合う仲から発展して、不倫関係になるというケースもあります。

コミュニティサイト

流石はインターネット時代だと思えるほど、昨今では様々なコミュニティサイトが蔓延しています。そんな時代ですので、不倫という関係が成立し易いコミュニティサイトもあります。不倫相手を希望の方へは特に「華の会メール」というコミュニティサイトがおすすめです。中高年者メインのサイトですので最適でしょう。

不倫パートナーを本気で探すなら

不倫パートナーを本気で探すなら

ここからは、不倫パートナーを本気で探す手段や場所について書き記していきます。10数年前までの時代と違って、不倫のパートナーを探すにも今はインターネットが主流だと言える実社会です。そんな時代でも、やはり対面してからでないと不倫に限らず、人間関係の構築は難しいと考える方も割と多くいらっしゃいます。

それでも不倫パートナーだけではなく、色んな異性関係の出会いを求める時もインターネットを活用する人のほうが多い時代です。そのような時代背景ではありますが、これよりインターネットの力に頼らず、不倫パートナーを探せる場所について記述していきます。その各場所の詳細は以下で記しますので是非ご覧下さい。

参考記事

ホストクラブ

経済的に余裕のある女性を不倫パートナーのターゲットにするのであれば、ホストクラブに勤めてチャンスを伺う形が最も手っ取り早いです。これは男性向けの不倫パートナー探しですが、くれぐれも同じ店のホスト客に手をつけてはいけません。正しい状況判断を怠らず、周囲に配慮しつつ標的に接近することは必須です。

レンタル彼氏

若い男性を不倫パートナーにしたい願望を抱く、既婚の女性向けとしてレンタル彼氏を利用するのも一手でしょう。今では数多くのレンタル彼氏コンテンツが存在するほど需要も高まっています。最初は店舗を通してレンタル彼氏を呼びます。そして気に入った男性が現れれば、不倫パートナーになる話の交渉をするのです。

交際クラブ

金銭に自信がある男性であれば、全国展開中のユニバース倶楽部という交際クラブに入会して不倫パートナーを探すのも一考です。容姿端麗なハイクラスの女性が実際に多数登録しております。倶楽部側が女性とのデートまでセッティングしてくれます。あと容姿に自信のある女性が会員になればセレブな不倫も見込めます。

参考記事

出会い喫茶

出会い喫茶とは、特定の喫茶店に通う女性を見て、好みの女性が現れれば店側に伝えてデートをするシステムです。デート代は有料ですが、徐々に不倫関係に持ち込むことも可能です。売春斡旋所と呼ばれる店舗もあるので要注意です。お店によっては多くの主婦が通う店舗もあるため、念入りに下調べをして挑みましょう。

ミドルパーティー

今の世の中では、あらゆる方法で参加者を募り全国各地にて様々な形式のパーティーが催されています。その様々な形式の中でも、ミドルパーティーで出会って不倫の関係になる確率は高いでしょう。ミドルとは年配者という意味ですが、未婚か既婚かを問われないパーティーも多々あるため、不倫が発生し易いと言えます。

パパ活サイト

不倫パートナーとして若い女性を狙いたいという既婚の男性や、お金に余裕のある男性と接近したい独身女性向けのパパ活サイトとして「シュガーダディ」を推奨します。シュガーダディとは金銭の支援をするパパという意味で、支援を受ける女性はシュガーベイビーと言います。パパ活専門という珍しい形式のサイトです。

参考サイト
シュガーダディ

出会い系サイト

筆者個人の経験から申しますと、不倫の関係もセフレ関係でも出会い系サイトで知り合った女性が殆どです。相手に対しての要望などは特に選定せず、漠然と女性に出会いたいがために利用していました。その出会い系サイトで結果的に多くの女性と不倫やセフレの仲になりましたが、詳細については以下より書き記します。

不倫パートナー探しに最適なサイト

不倫パートナー探しに最適なサイト

不倫パートナーの相手を探すのに最適なサイトが存在します。不倫関係となる相手との出会いにおいても、最良だと思えるのが優良な出会い系サイトです。ハッキリ「不倫を希望する人この指止まれ」とはサイト内でも公表しませんが、何となくニュアンスで理解できます。今も昔も不倫関係を望む男と女は後を絶ちません。

ここからの項目では、不倫パートナー探しに最適なサイトのご紹介と、続けて何故そのサイトが最適なのかの理由についても書き添えていきます。もちろん俄仕込みの戯言ではなく、自身の経験に基づく記述ですので信憑性が高いと言えます。それでは、不倫パートナーの相手を探すのに最適なサイトをご紹介していきます。

PCMAX

PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

現時点で登録会員者数が1000万人以上という、とてつもないマンモスサイトと化した人気の出会い系サイトです。元々はテレクラ事業を展開していた会社ですが、今では老舗の出会い系サイトとしてトップクラスの運営実績を誇ります。不倫相手を見付け易い独自のコンテンツも多数ありPCMAXは魅力に溢れているサイトです。

Jメール

Jメール

Jメールで不倫パートナーの相手を探すのであれば、マメに複数の相手候補とやりとりすることは必須でしょう。Jメールは九州の福岡県を発祥地として、20年近く運営し続けている出会い系サイトです。このJメールという出会い系サイトにはノリのイイ会員が多く、上手くイケばトントン拍子に話が進むという特徴もあります。

ハッピーメール

ハッピーメール

日本国内では事実上トップとも言える最大級の出会い系サイトがハッピーメールです。出会い系サイトに関心のない人でも、名前ぐらいは聞いたことがあるという人も多く高い知名度を誇ります。この記事でおすすめする出会い系サイトの中でも、不倫パートナーを探すのであれば最適なサイトであることは間違いないです。

ワクワクメール

ワクワクメール

この記事でおすすめする出会い系サイトの中では、規模は大きくありませんが、それでも開設18年の老舗サイトで運営実績も十分です。それにワクワクメールは約700万人以上の登録者がおります。このサイトには古くからの会員が多く存在しており、出会い系サイトはワクワクメールしか利用しないという固定ファンもいます。

YYC

YYC

あらゆるコミュニティの場において名高い結婚相談所のIBJが運営する出会い系サイトです。YYCは現時点で1100万人以上の会員を抱えており、出会い系サイト業界でも最大手であると言えます。スケールのサイトです。結婚相談所のIBJというネームバリューもあるためか、新規女性会員の獲得率が非常に高く運営能力もピカ一です。

上記5サイトをおすすめする理由

上記サイトをおすすめする理由

上記の5サイトが、この記事でおすすめする出会い系サイトです。この項目では何故おすすめできるのかについて、その理由をご説明していきたいと思います。不倫する相手を探す目的や、その他の相手を求める時も、出会い系サイトをおすすめする根拠が欲しいはずです。利用する側からの視点で見れば至極当然のことです。

そこで筆者の経験を思い起こしてみました。そうしますと、この記事でおすすめする出会い系サイトの名称と共に、サイトをおすすめする理由が次々と浮かび上がりました。何故その理由を記憶していたかと言いますと、筆者が各サイトを利用する前に色々と調べたからでした。それでは、その理由の詳細は以下の通りです。

15年以上も運営を存続している老舗

上記5つの出会い系サイトは全て、15年以上も運営を存続している実績があります。15年以上の運営期間は、出会い系サイト業界としては老舗に値します。出会い系サイトは通常のサイトやアプリなどとは異なり、風営法や公序良俗に違反しやすい事業所と見做されるため、常に国家保安協会などから監視の眼が光っています。

そういった背景もあってか、出会い系サイトの事業に乗りだした人も多いとされていますが、殆どの事業所は出会い系サイトの運営を断念しております。その中で上記の出会い系サイトは、15年以上も出会い系サイトの運営を未だに継続しています。その運営実績は十分に評価できますし、何より安心して利用できるのです。

莫大な入会登録者の数を誇る

おすすめする上記の出会い系サイトを抜粋した理由の一つとして、莫大な数の入会登録者という点が挙げられます。その中には累計登録者数1000万人を超えている出会い系サイトもあります。ハッピーメールでは会員登録者数の累計が2000万人を超えているそうです。何故それほどの入会登録者数を確保できるのでしょうか?

運営期間が長いからでしょうか?それとも各媒体に投じている宣伝量の多さでしょうか?もしかしますと多少の影響はあるかもですが、実際そのような理由で膨大な会員数に結び付くとは思えません。上記の出会い系サイトが莫大な会員登録者数を確保できるのは、シンプルにイイ思いができるという理由以外にありません。

上記のサイトはサクラが存在しない

インターネット社会になっている今の世の中では、異性との交流に関するビジネスやアプリなども盛況中です。それは出会い系サイトの業界にも該当することでしょう。ところが出会い系サイトにつきましては、良くない風潮が現在も横行している状況です。何と出会い系サイトの99%が、サクラしか存在していないのです。

この世に蔓延する出会い系サイトは、100件中1件しかマトモな出会いは見込めないということになります。悪質な出会い系サイトの特徴として「即アポ即ハメ」「完全無料」「絶対会える」といったキャッチフレーズの宣伝が目立ちます。当然ですが、上記の出会い系サイトには一切サクラが存在しませんのでご安心下さい。

文字通り確かに男女が出会える場所

上記でご紹介の出会い系サイトは、5つとも700万人以上という膨大な数の登録者を抱えています。ただ実際に出会い系サイトを利用しても、会員数が少なければ次のような例が起こります。サイト内のやりとりでポイントを消費するだけ、アポ取りに成功してもスッポカシが続くなどです。これでは二度と利用しなくなります。

そのような事例は、悪質な出会い系サイトの運営者とサクラの女性が手を組んで、入会登録した男性たちを陥れる典型的なパターンだと言えます。そんなことをして出会い系サイトの長期運営や多大な登録者数の実現など叶う訳ありません。上記でご紹介する出会い系サイトは、文字通り確かに男女が出会える場所なのです。

認証をクリアする必要がある

上記でご紹介しました出会い系サイトでは、未成年者の利用や公序良俗に反する行為は認めません。会員登録する際は必ず身分証明書の写真をスマホやガラケーなどで撮って、運営者側へ送らなければなりません。もちろん個人情報に該当する氏名や住所の部分については、何かで隠して撮った画像を送信しても構いません。

それと身分証明書の写真を送るだけではなく、自分が所有するスマホやガラケーの電話番号を登録する必要もあります。その電話番号を登録した直後に、折り返しの着信があり自動ガイダンスで登録完了の音声が流れます。以上のように本人確認を必ず施すので、身元不明の登録者がいないのも安心して利用できる理由です。

元ホストとして教えたい不倫のコツ

元ホストとして教えたい不倫のコツ

筆者はホストクラブに勤めていた過去があります。その期間は約6年間でしたが、普通の社会では学べないようなことを会得したり、女性の心理についても一般の男性より把握できる自信も得られました。そんな筆者が不倫について、ご教示させてもらいたいコツが幾つかあります。そのコツを以下の通りまとめてみました。

全てを失う可能性

まず不倫することになった場合、最悪の事態も想定しておく必要があります。その最悪の事態とは、不倫の事実が公になってしまい不倫相手・家族や配偶者・勤め先の全てを失う可能性があるということを、常に意識しておいたほうがいいでしょう。そうすることで、イザという時に全てを守る体制を整える構えができます。

パートナーとの線引き

不倫を継続したい方であれば、パートナーとの線引きについて意識する必要があります。これは不倫する人の共通項とも言えますが、不倫相手も付き合いが長くなれば、結果的に第2の配偶者といった存在になりがちなのです。そうならないためには、現存のパートナーと不倫相手との関係性を同一化しない工夫が必要です。

一つの恋愛の形式

言葉だけで解釈するのは難しいかも知れませんが、不倫は浮気の一種であっても元来の浮気とは違う形式と言えます。それと不倫はセフレでもありません。少しややこしい話ですが、美化した考え方で表しますと一つの恋愛の形式とも言えるでしょう。何故なら不倫相手の浮気はパートナーの浮気と同様に許せないからです。

セフレとの類似性

不倫の知識が明るくない方々からしますと、よくセフレと同じであると捉えられることがあります。度々申し上げております通り、セフレはセックスがなければ関係が消滅します。ところが不倫は、肉体的な関係ではなく精神的な関係ですのでセックスがなくても普通に継続します。つまりセフレのほうが浮気だと言えます。

感情の制御を意識する

前項と前々項の内容を理解してもらえれば、ご納得されるはずですが不倫は一つの恋愛の形だと記しました。ですので心と心を行き交わしている関係であるということです。要するに、独占欲や嫉妬心も相手に対して持ち合わせるということです。そんな時は不倫であることを鑑みて、感情の制御を意識する必要もあります。

不倫で起こりえるリスクの事前回避

不倫で起こりえるリスクの事前回避

不倫する者同士は良いかも知れませんが、不倫は片方か両方ともパートナーを裏切っている不貞行為でもあります。それは不倫している人も十分に理解していますが、その不倫によって起こりえるリスクについての考えが浅い人も多いと言えます。そこで、これより不倫で起こりえるリスクの事前回避についてご説明します。

カミングアウトしない

よく不倫中の人が行う一例として、信用できる親友や仕事仲間に不倫しているとカミングアウトすることがあります。これは絶対に避けるべきです。その理由は、不倫を打ち明けられるような人なら相手からしても、あなたは大切な人間だと言えますので逆に悪気なく、不倫関係を解消させる行動をとることが多いからです。

個人情報を話し過ぎない

不倫の関係も交際期間が長くなりますと、ある程度はお互いの個人的な話しもするでしょう。しかし、そこで発言にブレーキを掛けることを忘れてはいけません。もちろん大事な相手の一人であり信頼できるとも思います。ですが万が一、痴情のもつれによる別れとなった時の備えとして、個人情報を話し過ぎないことです。

最低限のルールを決める

心を通わせ合っている者同士が行うのは抵抗感を抱くでしょう。しかしながら、不倫の関係である以上は後にトラブルを起こして、周りに迷惑をかけないためにも、最低限のルールを事前に決めておくべきです。例えば伝言がある時以外は連絡を取り合わないなど、嫌なルールですが万が一のリスクに備えてのことなのです。

勘違いを生む発言の抑制

不倫をする者からすれば、不倫とはいえ真剣な恋愛関係であることには何ら変わりありません。ただ真剣だからこそ「このまま一緒に住もうか?」など、その時の気分や雰囲気で勘違いを生むような発言は抑制するべきです。相手に何らかのスイッチが入れば、取り返しのつかない事態に発展することもあるので要注意です。

一定の距離感を保つ

不倫で起こりえるリスクの事前回避をご拝読された方には集大成とも言えますが、不倫相手とは無期限で一定の距離感を保つことが肝心です。関係の維持を望むのであれば、肉眼では確認できませんが、いわゆるATフィールド(心の壁)を常に意識しないとなりません。辛いことですけど、それが不倫の関係には最良なのです。

元ホストである筆者の不倫体験談

元ホストである筆者の不倫体験談

筆者のホスト時代ですが、実は既に配偶者の存在がありました。その妻もクラブホステスだったため、男性が水商売をすることに理解を示してくれていました。その配偶者とも、お店の絡みで知り合ったという経緯がありますので、逆に疑われることも頻繁にありましたが…。さて、その頃に筆者も不倫を経験しております。

筆者の不倫は先述した内の一つで、ダブル不倫という相手にも配偶者がいるパターンでした。交際期間は約2年でしたけど、心が千切れそうな想いをしましたので、現在に至るまで一度も不倫はしていません。その代わり、それからはセフレ関係だけが異様に増えました。それでは、これより筆者の不倫体験談を書き添えます。

不倫をするなら

筆者は不倫のことについて、個人ブログにも記事でも触れたことがありません。何故なら先ほど触れた通り心が千切れるような想いを経験したので、思い出したくなかったからです。でも時を経て、ようやく思い起こし書き込めるまでに回復しました。結論から言いますと、不倫が駄目だとは言いませんが強い覚悟は要ります。

想定外の出会い

筆者がホストとして働いている頃、経済面や生活面はそれなりに安定していました。お店が終われば喫茶店でモーニングを注文するのが日課でした。その毎日のように通っている喫茶店で新聞を読んでいると「〇〇君(筆者の苗字)」と正面から声が掛かり、パッと見ると美しくなった中学時代の同級生A子の姿が目に入りました。

同級生との関係

近くのラウンジレディとして勤めており、お客様とのアフターで午前様(am7:00頃)になり、以前も筆者を見かけたとのことで今回は思い切って声をかけてきたそうです。それからは驚きと懐かしさも相まって話が盛り上がり、また会おうと約一週間後に約束して休日に会いました。そして、その流れで男女の関係を結びました。

予想外の大恋愛

それから、週一のペースで逢瀬を繰り返し自分も相手も、肉体以外の部分に惹かれ合っていく感覚を確信していました。その間お互いに既婚であること(どちらも子供不在で亭主は飲食店員)は告げていましたが、言葉で表現できないような居心地の良さとA子の癒し力に惚れ込んでいく感じです。そして予想外の大恋愛となります。

自分への嫌悪感

1年後には、お互いの配偶者に嘘をついてクリスマスを一緒に過ごしました。その光輝く場所と彼女の笑顔を今でも明確に記憶しております。お互いに配偶者より愛していることは、言葉にせずとも理解し合えます。いつしか何とか一緒になれないか?と真剣に考える日が増えていくと同時に、自分への嫌悪感も強くなりました。

運命のいたずら

何度か愛が溢れ過ぎて小競り合いのような喧嘩はありましたが、それ以外はテレビも観ず二人寄り添って話すだけで十分に心地良い関係でした。或る日、突然お別れがやってきました。相手の旦那が胃ガンで余命半年ほどと医者に宣告され「どうしたらいいの?」と泣き喚いてました。筆者は迷わず彼女に暴言を吐いて去りました。

涙が止まらない

当然ですが彼女はキョトンとしていました。某ホテルの室内での話しです。筆者は涙が止まりませんでした。お店も一週間ほど休み、食欲も全くありません。暴言の理由は、その旦那がもし筆者だったらどんな思いをするか…と急に怒りが湧いてきたからです。そして半月後、彼女の友人と名乗る女性がお店に手紙を持参しました。

心を踏みつけて

そこには、二人で過ごした何にも変えられない幸せな日々、本気で駆け落ちしたいと考えていたほど愛していたこと、大人のようで子供みたいなあなた、最後の暴言はあなたに反映したんだね…ゴメンね、など赤裸々に記されていました。彼女は退店して引っ越したとのことです。筆者は心を踏みつけて愛と手紙を捨てたのでした。

まとめ

まとめ

今回は、不倫とは何なのか?というご説明から始まり、元ホストである筆者の視点から見た、不倫の本質とパートナーの探し方について執筆いたしました。法律でさえ男女の関係においては、断定や規制することは難儀だとされています。それほど感情や関係性について、双方でないと理解できない事柄が多いからでしょう。

この記事でも、不倫をする人の心理について幾つか触れていますが、一握り程度しか取り上げていないと言えます。元ホストである筆者は、普通の男性より女性の心理に詳しくても、未だ女性心理について初めて知ることがあるほどです。結論ですが不倫に至る要因は、肉体面より精神面が大きいことは間違いないでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ペインパッカー

プロフィール:過去に出張ホストとメンズバーの経営をしていた、40代中盤のバツ2で現在フリーランサー。現在に至るまで200人以上の女を性奴隷にしてきた、女体操作の念能力者。

おすすめ記事3選

1

コンテンツ1 PCMAXの登録方法と利用方法2 PCMAXの口コミ3 PCMAXの利用料金4 PCMAXアプリについて5 PCMAXでのポイント消費について6 PCMAXで効率よく出会うために7 PC ...

2

コンテンツ1 PCMAXの公式アプリについて2 ハッピーメールの公式アプリについて3 ワクワクメールの公式アプリについて4 Jメールの公式アプリについて5 YYCの公式アプリについて6 セフレの作り方 ...

3

コンテンツ1 ワクワクメールの特徴2 ワクワクメールの公式アプリ3 ワクワクメールへの登録方法4 ワクワクメールの料金とポイント消費5 ワクワクメールにログインしたら確認するべき事6 ワクワクメールの ...

-出会いの方法, 不倫, 知っておきたい事
-

Copyright© セフレ塾 , 2019 All Rights Reserved.