中イキとは何かを知り性感帯を刺激してセフレをオーガズムに導こう

中イキとは?

中イキとは?

中イキとはクリトリスなど外からの愛撫でイクのではなく、膣内でオーガズムを迎えることです。女性にとって、中イキを経験するのとしないのとでは、セックスの悦びや楽しさが全く違うものになるとされています。

男性からの視点でも、中イキをする女性のほうが魅力や色気は明らかに増すという意見も多くあります。その意見には筆者も同意です。当記事では中イキの知識を高め、性感帯を刺激してアクメに導く方法を記します。

男性器でオーガズム

中イキする時に最も多い典型が男性器を膣内に挿入してオーガズムを迎えるパターンです。中イキ慣れしている女性ならば挿入までの前戯でイク準備が整っており、男性器を挿入した瞬間に中イキする場合もあります。

ですが単に男性器を膣内へ挿入するだけでは、開発が施されていない女性を中イキさせることは難題です。やはり、Gスポットやポルチオを男性器で刺激するコツというか感覚を掴まなければ行き詰ってしまうでしょう。

外イキとの違い

中イキというオーガズムの他に、外イキというオーガズムがあります。その外イキこそが一般的というか主流ではないでしょうか?冒頭で触れた通りクリトリスなどの性感帯を外側から刺激してイクことが外イキです。

現時点では日本の女性の場合、殆どが外イキでのオーガズムであると言えます。外イキと中イキの違いは、外イキの場合その刺激されている部分に強い快感を覚え、中イキの場合は全身で快楽を得れる点だと言います。

両性器のフィット感

まず外イキでは実感することのできない快楽の一つに、男性器と女性器とのフィット感による快感というのが中イキにはあります。男性器を挿入している際に女性が中イキした時この感覚を味わえることがあるのです。

その感覚は男性だけでなく女性側にもあると言います。オーバーな表現になりますが、まるで自身の男性器と相手の女性器は元々一つだったのではないかと思うほどです。中イキによる効果は男女共に得られるのです。

Gスポット責め

先ほども述べました通り、がむしゃらに男性器を挿入していれば中イキする訳ではなく、要所を刺激してこそ成り立つものです。その代表的な部位がGスポットです。女性器の入口から少し奥の上部辺りがGスポットです。

そのGスポットを最初はスローな動きで刺激して、それから徐々にピストンを早くするなど緩急をつけます。外イキに慣れている女性であれば最初の内は、指などでクリトリスと同時に責めながら施すほうが有効でしょう。

参考記事

ポルチオ責め

前述したGスポット以外にポルチオという性感帯が女性の膣内にあります。個人差はあるものの、Gスポットより一段階上のクラスだと名高い性感帯がポルチオという部分です。女性器から奥側つまり子宮口側に位置します。

この部位への刺激は慎重な心構えが必要になります。そもそも女性器はデリケートな場所ですし、最初はポルチオへの刺激に不快感を覚える女性も多いからです。しかし、コツさえ会得すれば最高の快楽を実感できます。

参考記事

中イキさせる体位

中イキさせる体位

数多くある性交体位の中でも、中イキさせることに適した性交体位があります。男性側からしても、一応の気持ち良さはあっても射精しにくい体位があるはずです。それと同様で女性側にもイキやすい体位があるのです。

もちろん男性器の形や女性器内の具合、何より性交行為をする男女の相性によっても中イキしやすいポイントは様々でしょう。その上で、あらゆる組み合わせを想定しても中イキさせやすい体位は下記の通りございます。

正常位

この正常位という体位は恐らくですが、世界的な観点で視ても最もポピュラーな性交体位であると考えられます。しかし、ここでは中イキさせることが最重要課題です。ただ万能体位の正常位ですので心配は要りません。

正常位にも中イキが十分見込める方法があります。まず普通に正常位の体勢で挿入します。それから女性の腰と尻を両手で少し浮かせて、男性器を下側から女性器内のクリ裏辺りを突く感じでピストンすれば効果的です。

参考記事

騎乗位

仰向けに寝ている男性に対して女性が跨り、女性器に男性器を挿入する形を騎乗位と言います。より深く挿入感を得られる女性主導型の性交体位です。女性が自由に動いて感じるポイントを女性自ら特定できる体位です。

Gスポットに男性器を当てる感じで動いたり、少し女性が上体を反らす形で動けばポルチオへの刺激も可能な性交体位です。遅くも速くも自在に緩急をつけて自ら動いて施せる性交体位ですので中イキしやすいと言えます。

参考記事

寝バック

普通のバックでも中イキさせることは可能ですが、同じバックでも寝バックのほうが最初は中イキさせやすいでしょう。理由は、男性が体勢的に射精コントロールしやすいため中イキするポイントを模索しやすいのです。

女性の体勢もうつ伏せ状態で、男性が覆い被さっているため大きく動けず固定されます。それに、より女性器の奥まで男性器を挿入できて先端部分でポルチオを刺激できるからです。同時イキしやすい体位でもあります。

参考記事

屈曲位

屈曲位という体位は正常位の変形バージョンと言っても良いでしょう。女性の両足を男性の肩に乗せて挿入します。先述しました正常位の体勢とは似て非なる体位です。また女性の両膝を曲げる性交体位にも該当します。

どちらの体勢にしても同じくして、膣口が上を向くことになるため男性器は深く女性器に挿入することが可能です。女性に苦しくないほうの体勢を選んでもらってから、ポルチオ責めで中イキの開発をしてあげましょう。

交差位

交差位とは男女の股同士を交差させて、くっつけ合う形で挿入する性交体位です。松の枝葉が交互に重なっているように見えることから松葉崩しとも呼びます。男女の両足の位置を気にすることなく挿入できる体位です。

また男女共に両膝への負担もなく、女性器内に男性器を可能な限り挿入できる体位です。この性交体位でも女性器の奥深くまで男性器を侵入させられるので、ポルチオへの刺激による中イキを実現させやすいと言えます。

女性自身で中イキの練習をする方法

女性自身で中イキの練習をする方法

女性自身で中イキの練習をする方法は、男性器だけではありません。つまり女性自らの手で、中イキできる女性器に開発する手段やコツがあるのです。実際に中イキできるようになった女性たちの経験談も参考にします。

その女性たちとは、筆者のセフレだった女性たちの話を含めて過去に実施した中イキアンケート調査で協力してくれた女性たちを指します。それらを踏まえて最も多かった練習方法を幾つかチョイスして以下に記します。

オナニー

男性器以外で中イキするための手段の一つとしてオナニーで開発したケースもあります。女性自らオナニーをして中イキに成功したという例は結構あります。自身の肉体なのでイキポイントを探りやすいのだと言えます。

女性自らオナニーをして中イキの開発を試みるには、やはり自分自身の指だけでは前途多難です。次の項目でご説明しますが、この場合は大人の玩具にも着目するほうが中イキを達成しやすいことは間違いないでしょう。

参考記事

ディルド

前項で記しました通り、女性自らオナニーをして中イキ開発する場合は大人の玩具を用いるに越したことはありません。その第一弾がディルドというアダルトグッズです。特に電動ピストン式のディルドがオススメです。

電動ピストン式ディルドがオススメな理由については、手動のディルドは自己調整できる利点がある反面、動かせる自身の手にも神経を配ることになります。電動ピストン式ディルドなら中イキのみに集中できるのです。

参考記事

バイブ

上記の電動ピストン式ディルドとは同じ張型でも、動きや玩具としての性能は異なりますが、安定した人気を誇る女性用アダルトグッズと言えばバイブです。振動系で女性器に挿入するアダルトグッズでは最も定番です。

その定番と言える人気商品のバイブでオナニーして、中イキ開発を成功させることも可能です。使い勝手が良く色んな振動パターンのバイブが現代では多数販売されていますので、自分に合ったバイブを選択しましょう。

参考記事

クリ同時責め

ディルドやバイブでも思うように中イキが成功しそうにない場合、外イキのメイン部位であるクリトリスとの同時責めをしてみるのも一考です。ローターや自身の指でクリ責めしながら同時に挿入グッズを用いるのです。

クリトリスと女性器内を同時に刺激することによって、どちらでイクのか脳の判断を鈍らせます。そして徐々に、クリトリスより膣内への刺激の対比を大きくして最終的に膣内のみ責めるだけで中イキしやすくなります。

参考記事

中イキのメリット

中イキのメリット

中イキできる女性について、男性側からの視点では二通りの意見に分かれると考えられます。まず中イキするということは相当エッチ慣れしていると感じて引くか、或いは非常に魅力のある女性に映るかのいずれかです。

いずれにせよ、外イキのみの女性と比べて中イキのメリットは多々ございます。女性的な視点だけで見ても美容効果もあり化粧ノリも良くなると言います。それでは、中イキのメリットを項目別にて書き添えていきます。

クリイキと違うオーガズム

外イキの代表的なパターンは、クリ責めによってオーガズムを得るクリイキです。もちろん、そのクリイキでも十分なほど強い快楽を得られますが、中イキとは比較するというより本質的な違いがあると言えるでしょう。

外イキの代表はクリイキですが、中イキの代表は女性器に男性器を挿入してオーガズムを得るハメイキであると言えます。そのハメイキに達した場合は、女性が心身ともに満ちるだけでなく男性側も自信に満ちるのです。

濡れやすい体質になる

基本的に個々それぞれ体質や感覚は様々であると思われます。ただ中イキできるようになった女性は概して濡れやすくなる傾向があります。ホルモンの良化による影響とも膣内感度が高くなったからなどの諸説あります。

言うまでもなく筆者は専門家ではありませんので、その明確な理由は答えられませんが、中イキする女性のほうが濡れやすいのは確かだと思われます。良し悪しの問題ではなく、見るからに明らかな好色の変化なのです。

質の良い睡眠ができる

中イキのメリットとして取り上げるか否か少し戸惑いましたが、やはり統計的にも高いことを確認しましたので記します。先ほども少し触れたと思いますが、中イキは外イキとは違って全身でオーガズムを迎えられます。

部分的な刺激によってオーガズムを迎えるよりも、全身でオーガズムを迎えられる中イキのほうが、オキシトシン分泌の促進も高まると言います。実際に中イキした女性のほうが、質の良い睡眠を得られるとのことです。

オキシトシン分泌の促進

前項の内容とも関連しますが、中イキでオーガズムを得られる女性は幸せホルモンと呼ばれているオキシトシンの分泌率も高まると言います。オキシトシンとは、人間関係が良好な人ほどホルモンの分泌が促進されます。

中枢神経で働く神経伝達物質でもあるオキシトシンは絆・愛情・信頼という感情が、複雑に絡み合ったホルモンなのです。つまり、中イキした相手にはオキシトシンが活発に分泌され強く想いを抱くことと結びつきます。

男性側の自信に繋がる

「クリイキと違うオーガズム」の項目でも触れていますが、自分の力だけでないことは理解していても相手の女性が中イキすれば、男性にとって自信に繋がります。中イキという現象は男女ともにメリットがあるのです。

凄いテクニシャンでも中イキさせることは容易ではありません。というより不可能だと言えます。肉体的な刺激だけでは成しえないのが中イキという現象です。だからこそ男性として精神的にも自信を持てるのでしょう。

中イキのデメリット

中イキのデメリット

前述とは真逆の項目になりますが、中イキにメリットがある反面デメリットもございます。この中イキにおけるデメリットの部分に関しましては、デメリットというより贅沢な悩みのようにも受け取れることが多いです。

つまり身をもって中イキの快楽を実感したために生じる、気持ちの支障がデメリット化していることが多々あるという意味です。ここからは、その中イキによるデメリットの部分について項目別に分けて記していきます。

中イキでないと満足できない

中イキをマスターした女性は、外イキだけでは満足できない身体や心境に陥りやすいというデメリットがあります。やはり一定の部位だけでなく、全身でオーガズムを感じれる中イキを体で覚えれば致し方ないでしょう。

さらに強い刺激を求めやすい

中イキは幸福感を得られますが人間の欲には際限がありません。中イキ慣れしていけばオーガズムと同時に潮吹きするという、ハメ潮を経験する可能性も高まります。しかし、さらに強い刺激を求めやすくもなるのです。

呼吸困難に陥る可能性がある

人によりけりですが、中イキは強烈な快感を得ると共にエネルギーの消費も激しいと言えます。特にハメ潮などするようになれば脱水症状や呼吸困難になる人もいるので、その女性にとってはデメリットかも知れません。

中イキできる男以外ダメになる

中イキは女性にしか味わえない快楽ですが、基本的に余程のスキモノか好きな男性相手でないと難しいと言われております。ですが、中イキできない相手は必ずいますので、中イキできる男以外ダメになるのが難点です。

中イキさせるパートナー

中イキさせるパートナー

ここまで中イキについて書き添えてきましたが、当然ながらパートナーとなる女性相手の存在がいないと話になりません。現在あらゆる性行為に関連した書籍や記事が多々ありますが、技や方法より重要なのは相手です。

セックスについて詳しく分析したり、性行為の最中における心理論や技術論を教示しても相手がいなければ始まりません。この項目では、中イキさせる相手女性との関係別に分けて各々ご説明及び施策を記していきます。

彼女・妻

男性的な立場からして最も中イキさせたい相手と言えるのが彼女や妻という存在です。この相手に対しては精神的な繋がりがあるため、時間が掛かっても相手さえ理解を示せば中イキに成功する可能性は高いと言えます。

元カノ・元嫁

少なくとも20世紀までの日本では考えられないような話ですが、現代では元嫁や元彼女とセフレ的な関係になる男女も珍しくないようです。お互いを理解し合っているので中イキは成功するでしょうけど推奨し兼ねます。

ナンパした女

繁華街や飲み屋などの店内で女性に声を掛けた後、行動を共にすればナンパは成功です。ナンパした女性が相当にスキモノであれば中イキさせることは可能ですが、初対面の初エッチで中イキさせるのは難しいでしょう。

風俗嬢

料金を支払えば禁止事項でない限り、様々なエロプレイを要求できるのが風俗店です。もし風俗嬢に対して中イキさせようとするのであれば、指や大人の玩具で実施することは可能でしょう。ただし本番行為は禁止です。

セフレ

筆者が執筆してきましたアダルト関連の記事において、度々申し上げておりますが性行為に関してセフレ以上の相手はいません。そのセフレ的な存在がいなくて欲しいと思う方は、セフレ募集に最適なアプリセフレの作り方について詳しく書いている記事と、以下のセフレ探しに最適なサイトを是非ご参考下さいませ。

参考記事

セフレ探しに最適なサイト

セフレ探しに最適なサイト

先ほどの項目で申し上げました通り、現在セフレがいなくて求めているという方へは、セフレ探しに最適なサイトをご紹介させてもらいます。インターネット上で完全無料や即会えるなどの見出しに釣られては駄目です。

以下にご紹介させて頂くサイトを選んだ理由は、筆者の経験と知人でもある出会い系データ収集チームとの意見が合致したからです。そして、その以下の出会い系サイトをオススメする根拠についても記述していきます。

PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

もちろん全国区で知名度や人気もある出会い系サイトですが、特に関西方面で根強い支持者が多いと思われます。その理由は出会うまでの即効性と出会える確率の高さでしょう。言わずと知れた即アポ可能なサイトです。

Jメール


出会い系サイトを運営し始めてから間もなく、開設20年目になるという確かな実績を誇るサイトです。それほど長い期間に渡って運営しているということは、男女の出会いに役立ち続けているという何よりの証でしょう。

ワクワクメール


筆者個人は当初このサイトは瞬く間に消えると思っていましたが、数年経っても存続していたので利用してみたら即当日に出会えたという記憶があります。地道に運営し続けて現在では350万人を超える会員数を誇ります。

ハッピーメール


日本国内にある出会い系サイトの中で最も歴史があり、まさに元祖的な存在と言っても良いサイトがハッピーメールです。初心者でも利用しやすく、ブラウザ内での説明も丁寧で余裕すら感じさせるマンモスサイトです。

YYC


元々はライブドアが運営していましたが、数年前よりmixiの運営となった出会い系サイトです。このサイトは女性の会員数も多く個人的に入れ食いといった印象がありますが、男女共に30代以上の人向きかも知れません。

出会い系サイト
出会い系サイトのおすすめサイト一覧

コンテンツ1 出会い系サイトを選ぶための5つの基準2 おすすめの出会い系サイト①PCMAXの特徴3 おすすめの出会い系サイト②Jメールの特徴4 おすすめの出会い系サイト③ハッピーメールの特徴5 おすす ...

サイト運営年数が長い

まず上記の出会い系サイトの中で最も運営が短いところでも15年以上という実績を誇ります。普通のサイト運営とは異なり細かい規制やサイト荒らしも多いはずです。それでも存続して現在に至る実力は心強いものです。

実際に出会い率が高い

上記サイトの全てにおいて、筆者は女性と出会いセフレ関係になった経験があります。それもあってピックアップしたのだと言えます。即決で即会うという流れは少ないですが、キチンとやりとりすれば普通に会えます。

入会登録者の数が多い

上記サイトの登録会員数は少ないところでも数百万人で、多いところでは二千万人近くも入会者が実際に存在しています。大金を使って宣伝したところで到底無理な人数です。イイ思いをしている人が多い証拠なのです。

身元不明の登録者ナシ

上記サイトでは会員登録をする際に年齢認証と本人確認があります。面談する訳ではなく名前や住所を伏せた免許証の写メを送り、携帯やスマホに折り返し電話があるだけです。身元不明の登録者がいないのは安心です。

中イキを希望する女性へのアドバイス

中イキを希望する女性へのアドバイス

おしまいの項目になりますが、中イキを希望する女性へのアドバイスを筆者なりにさせて頂きたいと思います。さて、中イキ未経験のまま人生の幕を閉じる女性は多数います。外イキさえ経験せずという方もいるのです。

その女性たちを不幸だとは思いませんが何か勿体ないという感じはします。これまで中イキするための方法などを書き添えてきましたが、これより中イキを経験するにあたって予め知っておくべき事柄を以下に記します。

中イキしようと意識しない

中イキを試みる時に多いのが中イキしようと意識し過ぎることです。このことが最も中イキすることを妨げている要因なのです。矛盾しているようですが、中イキを実現するためには中イキしようと意識しないことです。

最初はクリ責めと併用する

中イキにチャレンジする気持ちでセックスをしている時に、最初は相手でも自分自身でも構いませんので、クリ責めをしながら挿入しましょう。その方法で幾度かイクようになれば、徐々にクリ責めを止めていくのです。

快楽主義にならないよう抑制

「中イキでないと満足できない」という項目でも触れましたが、中イキするようになると更に気持ち良くなる方法はないかと模索しがちです。快楽主義者にならないよう抑制しないとスキモノになる可能性が高まります。

中イキした相手に依存しない

何度か記していますが、中イキは女性にとってデイープなインパクトを心身に与えます。当然、相手によっては中イキできないこともあります。つまり、中イキした相手は貴重なため依存しがちですが気をつけましょう。

まとめ

まとめ

男性器で中イキできる女性器に開発するのが望ましいかも知れませんが、その最中に射精してしまうリスクもあります。ですが、指責めでポルチオやGスポットを刺激して中イキさせるのであれば、その心配は要りません。

それに指責めで女性器内を開発して、中イキさせることに成功すれば潮吹きアクメも同時に果たせる可能性が高くなります。特にクリ舐めなどと同時に女性器内の性感部位を責めれば、中イキしやすいと言えるでしょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ペインパッカー

プロフィール:過去に出張ホストとメンズバーの経営をしていた、40代中盤のバツ2で現在フリーランサー。現在に至るまで200人以上の女を性奴隷にしてきた、女体操作の念能力者。

おすすめ記事3選

1

コンテンツ1 PCMAXの特徴2 PCMAXアプリ版のメリット・デメリット3 PCMAXを使って分かったメリット・デメリット4 PCMAXの登録方法と利用方法5 PCMAXの利用料金6 PCMAXでの ...

2

コンテンツ1 PCMAXの公式アプリについて2 ハッピーメールの公式アプリについて3 ワクワクメールの公式アプリについて4 Jメールの公式アプリについて5 YYCの公式アプリについて6 セフレの作り方 ...

3

コンテンツ1 ワクワクメールの特徴2 ワクワクメールの公式アプリ3 ワクワクメールを使ってわかったメリット・デメリット4 ワクワクメールへの登録方法5 ワクワクメールの利用料金6 ワクワクメールにログ ...

-セフレ, 大人の性教育, 出会いの方法, 知っておきたい事
-,

Copyright© セフレ塾 , 2019 All Rights Reserved.