中出しさせてくれるエロいセフレを出会い系サイトで見つける方法

更新日:

中出しとは

中出しとは

おそらく男性であれば、誰もが性交中に求める内の一つである中出し(NN)について、今回は記述いたします。まず、先ほど中出しに連なって記しました()内のNNというスペルは、風俗業界用語ですが生中[なまなか]出しの頭文字を取ってNNという略語として用いられています。正式に言えばNNDでは?とも思いますが、いずれにせよ生中出しと、そのまま言葉として放つのは品が無さ過ぎるため、スペルで略していると考えられます。

この中出しが何故に、一種の憧れのような行為として扱われているかと申しますと、皆様も御承知の通り女性が妊娠してしまう可能性があるからです。もちろん、御夫婦や将来を約束した相手の女性であれば、遠慮なく中出しできるでしょう。でも、世の中のエロ男性が求めている中出しとは、残念ながら相手が異なると存じます。それでは、私自身の経験に基づいて、様々な視点から中出しについての云々を書き込んでいきます。

出会い系以外の女性に中出しは困難

正直に申しますと、例えば友人や知人の紹介で付き合った彼女や、職場で知り合って交際が始まったという彼女に対しての中出しは、イコール結婚という大イベントに直結いたします。それでいいんだと思う人は、立派な考え方ですし良き父親になって下さいね、と思うばかりですが…エロ男性諸君の意向を最優先したい私としましては、やはりプレイヤーとしての中出しセックスに重点を置きたいと思います。その、プレイヤーとしての中出しセックスを求めるのは良いのですが、これが意外と相手探しには苦労が伴います。

やはり、最低でも中出しセックスをする条件として「交際している仲」という形を求められるのが現実です。そりゃあそうですよね。万が一、妊娠したらどうするの?となりますし、交際していて避妊薬の服用をあんまり勧めると妊娠したら困るの?という流れになります。従いまして、詳細は後ほど述べますが、出会い系で知り合ったエロい女性とでしかプレイヤーとしての中出しセックスは困難だと言えるでしょう。とは言いましても、やはり相手は体の構造上も受け身の女性ですので、決して無碍に扱う訳にはいきません。

女性から中出しの許可をもらうには

前項目の続きとなりますが、それでは私自身はどのような方法で、各々の女性と中出しを施してきたのか?となりますよね。その前に…まず、セックスをしていて当たり前のように黙って中出しする訳にはいきません。やはり女性に許可をもらってからでないと、中出しできないのが実情です。その場合も、いきなり出会ったその日に許可をもらおうと思っても、まず無理だと考えるべきです。たまたま話しの流れで、うまい具合に安全日だということで中出しの許可をもらっても、それはそれで不安になります。

初めて出会ってから、最短でも会うのが二度目以降にするべきです。根拠は、どうあれ男女の仲において一度でもセックスをして、しかも次また約束をして会う相手ともなれば、数年越しの知り合いの異性よりも、親しみ深く話しやすいものなのです。ですので、その二度目以降に会っている最中、君との一体感を更に高めたいからという理由を元に、正直に中出しセックスがしたいと申し出れば許可をもらえるはずです。当然ながら、どういった状態の時になどの女性からの条件は受け入れましょう。

中出しセックスはセフレ以上の女性

私の経験に基づいて言わせてもらいますと、一度っきりの関係が確定しているような女性でない限り中出しセックスを拒否されたことは一回もありませんし、多分これからも死ぬまで無いと思います。ですので正直、個人論だけで言いますと、中出しする方法とか策略を書き伝えるのは非常に難しいのです。冒頭に一度っきりの関係と記しましたが、そのような女性とセックスしたのは今まで2人だけでした。つまり、それ以外の女性とは全員セフレ関係か彼女だったということです。一度っきりの女性への中出しは人としても反対です。

中出しセックスをすること自体そのものは、世間では何と思われようとアブノーマルな行為ではありません。ただ、女性側が妊娠すると双方共に困る状況になる場合が多いので、殆どの人は避妊しているだけです。そういうことで、中出しセックスを心身共に満喫するためには、セフレ女性からの許可と同意を得た上で、思いっきりホワイトソースをマンホールにぶっ放すのが一番です。中出しセックスをするためのプレイヤーとなっても、人として最低限のルールや秩序は必要であるという考え方は、今も昔も変わっておりません。

参考記事

女性のタイプ別で中出し

女性のタイプ別で中出し

女性のタイプ別という表現の仕方は好ましくないとは思いますが、それ以外での表現が見当たりませんでしたので、ご理解願います。と言いますのも、私自身の実体験による記述ですので職業別でもなければ年齢別という訳でもありませんでしたので。さて、それでは下記の通り女性のタイプ別で中出しセックスをしましたが、本当に女性というのは千差万別で様々であると感心せざるを得ませんでした。

やはり言えますことは、それぞれ個々の女性が備え持つ性分や、現在における立場や立ち位置によっても色々と個性が表面化するものです。同じように出会い系サイトで知り合い、セフレ関係になって中出しセックスをした間柄という女性達ですが、その中で最もインパクトが強かったタイプの女性を記しています。それでは、女性のタイプ別で中出しした経験談を含めて、女性の特徴などを説明していきます。

メンヘラ女子

もうスッカリ有名になってしまってるかも知れませんが、メンヘル女子の中出しセックスというよりは、セックスそのものが大好きで凄まじい肉食ぶりを発揮します。あと、何人かのメンヘラ女子とセフレ関係になりましたが、そのメンヘラ女子に限っては一人も私のほうから中出しセックスを、お願いしたことがありません。そうです…ご察しの通り、メンヘラ女子のほうから中出しを要求してくるのです。しかも皆さんアフターピル持参です。

正直言って、私が言う資格があるかどうかはともかく、彼女とか一緒に暮らすといった関係としては遠慮したいと思うタイプです。精神病と言っては失礼ですが、距離が近づくに連れて異常なまでの独占欲を露わにしますので、精神構造は普通の女性とは異なります。ですので、中出しセックスをするだけの関係なら、中出ししている最中に凄い感じ方をしてアクメしたり、エロいことは何でもするので楽しくて気持ちもイイので極上です。

参考記事

女性介護職員

私がセフレ関係だった女性は30代と40代の、いずれもシングルマザーでした。日頃、老人達を相手に我慢しながら奉仕して、半端ないストレスを抱えていることは、世間で言われている以上のものがあります。しかも、異性との出会いが殆どありません。職業上、他人に対して親切で優しくしていますが、自身は他者から優しく接してもらえることが滅多にありません。だからなのか、意外と出会い系サイトの利用者が多くアポ率も高いと言えます。

そして、肝心要の中出しセックスに関しましても割とスンナリ受け入れてくれました。もちろん、アフターピルを服用の上です。基本的に30代以上の女性が介護関係の仕事をしている場合は、レギュラーシフトで勤務していることが多く休みの曜日もバラバラで不定期です。ですから、会った時のセックスの解放感は常識を逸脱しているかのような悶えっぷりです。おまけに、世話をする仕事に就いているからか気が利きますし、癒してもくれます。

ド変態の人妻

最も多くセフレとして個人的に付き合いをさせて頂いたタイプのエロい女性が、専業主婦だったり普通の人妻といった感じの人です。ただ普通とは言いましても、それは見た目や人と接する態度が普通なだけで、実態は性奴隷状態と化しているド変態のエロい女性です。最初は出会い系でアポを取って会いますが、会う回数を重ねていく内にエロいことなら何でもするド変態に調教するんです。それは、全員セックスレス数年という人妻だったからでしょうか?

もちろん、中出しセックスなんて当たり前のようにします。元セフレの内の数名はアフターピルなしでもOKで、もし妊娠したらどうするの?と聞けば即答で「当然産みます」と言います。私が一瞬フリーズしていると、すかさず「貴方に責任とってもらうんじゃなくて自分達で育てる、だから貴方と会った数日以内に無理矢理でも夫とするの」と笑顔で話します。でも「何をしてもいいから関係を続けてね」と言ってナニを咥えてくる始末です。

参考記事

処女の現役JK

このケースでのセフレは、過去に二人だけでしたが楽しい思い出しかないですね。最初は好奇心が半分で、出会い系サイトに登録したとのことです。当初は色々と家のことや好きな男のことなど、LINEやメールなどで相談相手になってくれるオッサンという立場です。それでも、やがて一度会って話したいとなり会うこととなります。そして、年頃ですし当然エロいことにも興味津々なので色々と話している内に、じゃあ勉強会しようと誘います。

こちらは年齢で言うと倍ぐらい離れてますし、それまで散々、悩みや何やと色々と聞いてきましたから安心しきっています。そして好きな人とセックスする時はあーだこーだと言いながら、ナニを見せて触らせて、こちらもJKの局部を触りながら説明しつつ挿入して中出しという流れにします。そして、子供が出来たら大変だということで処方箋と言ってピルを飲んでもらうパターンで、毎回会うたびに中出しセックスして楽しんでました。

18歳未満とセックスするのは法律違反なので、くれぐれもマネしないようにしましょう

参考記事

最近私が中出しした女性達

最近私が中出しした女性達

最近とは言いましても、一番最後のセフレと別れたのが半年前ぐらいですから少し期間が空いてますね。それでも、未だに思い出しただけで勃起するほど、エロい光景と気持ちよかった感覚が甦るような中出しセックスというのがあります。そんな、セフレとの鮮烈な中出しセックスの三選を初告白してみようと思います。よく一般的に見聞きするタイプの女性ではないセフレも存在しておりますので、是非ご精読下さいませ。

私が個人的にセフレ関係となった女性の中で、最も短かった人は二度会って終わりました。そして、最も長かった人で8年続きました。当然その8年の間に同時進行していたセフレも居ます。ありがたいことに数多くのエロい女性達と、エロい関係を持たせて頂きました。その中には人として見習うべき女性や、勇気づけられる生き様の女性、人との縁の大事さを教えてくれた女性など様々でした。下記の三名は超激エロでしたが、そんな女性方でございます。

バツイチ熟女に騎乗位で中出し

やはり、激エロ度の筆頭候補と言えば40代以上の婚暦もあるエロいバツイチ熟女です。熟女としてエッチなことに対する大胆さと、悶えっぷりや濃厚なエロサービスぶりは、エロ度で名高いメンヘラ女子でさえ敵わないエロさです。とにかく、エロスイッチが入ったら何でもござれの乱れっぷりで、中出しセックスは普通のこと過ぎるぐらいです。その中出しセックスを上回るかのような、射精をしたことが特に大興奮しました。

その射精とは、対面座位で生挿入中、私がイク寸前に女性器から一旦、男性器を抜いて、熟女は寝転びながら自分の両手で女性器を広げて「ここに出してっ」と言うのです。驚きましたが興奮して大量に女性器を目掛けて発射しました。それとは別の時に、今度は騎乗位で生挿入していて中出しした時ですが、女性はスッと男性器から女性器を離して、クリを擦りながら中出しした精液を垂れ流しながらアクメする姿は忘れられません。

参考記事

アメリカ女子に正常位で中出し

彼女も何と、出会い系サイトで知り合いました。カロライナ州に在住のバツイチで33歳のジャーナリストでした。東南アジアの都心の中に存在する昔ながらの情緒を主に扱っていました。ビザの期限の関係もあって二回しか会えませんでしたが、ちゃんと帰国時に空港まで見送りに行きましたし、暫くはLINEでヤリトリもしていました。そんな生粋のエロい米国女性との中出しセックスは、ちょっと日本の女性ではありえない内容でした。

幸いにも昔、日本人の彼氏が数年前に居たとのことで、関西弁でしたが日本語はペラペラでした。その元彼も、出会い系サイトで知り合ったそうです。初めて会った時はマジで?と思うほど美形でしたが体格が良くバストも96cmのGカップでした。会って即ホテルに車で直行しました。セックスで最も驚いたのは、中出しは初回からOKで正常位で射精して流れ出てくる精液を指で拾い、再び女性器に指ごと押し込んでアクメする姿は最高でした。

現役の女議員に後背位で中出し

このタイプの女性とは中々あまり誰もが経験出来るとは思いませんけど、私もタマタマです。この女性とは出会い系ではありません。私の仕事関係のお客様からの依頼で某市長選挙の手伝いをしていた時に、応援で選挙事務所に出入りしていた市長と同じ党所属で30代の女性議員と出会いました。共に行動することが多くなり活動中、一緒に弁当を食べたり、休憩中お茶したりしました。無事、選挙に当選した日の夜、選挙事務所の方々と共に飲み会に出席しました。

その会の帰りに、これっきりというのは何か…と言いかけたら彼女から「じゃあ二人でもう一軒行こう」と誘われそのままバーに行きました。彼女はベロベロになりタクシーで家まで送り届けて帰ろうとしたら一緒に居てと言われ、何故か服を脱ぎだしたので私も脱いだら抱きついてきたのでセックスモードに入りました。何の断りもなく台所で立ったままバックで中出ししました。出した精液が彼女の内股に流れる光景がエロ過ぎて、未だ脳裏に焼きついています。

中出しさせてくれる女性を探すのに適したサイト

中出しさせてくれる女性を探すのに適したサイト

出会い系サイトの利用によって、中出しセックスをさせてくれそうな女性を探します。その際に、同じ出会い系サイトを使うのであれば、年齢確認のある出会い系サイトを利用することを念頭に置きましょう。そうすれば、児童買春で逮捕される心配や、ツイッターなどに寄生している騙し目的のユーザーも排除できます。

PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

私が個人的に最も多く、セフレ関係になった女性と巡り逢わせてくれた出会い系サイトが、このPCMAXです。私自身が、この出会い系サイトと相性が良すぎるのかどうかは知る由もありませんけど、女性を探すのに必死になったことが無いほどスムーズに出会える優良サイトです。女性登録者の年齢層の幅も広く色んなタイプの女性と出会えます。

ハッピーメール


出会い系サイトとして、国内最大手であることは間違いないマンモスサイトです。男女共に累計登録者数は推測ですが、数千万人に及ぶと思われるほどです。知名度と安定度があるため、初心者の人も安心して利用出来る老舗の出会い系サイトです。割り切りや不倫の出会いに強いイメージですが、現在は普通にセフレ希望の人も増加中です。

Jメール


元々、九州地方で営まれていたテレクラ・ミントCが始まりの出会い系サイトです。当然、地元の九州圏内では最強の老舗サイトですが、最近は関東の都心部を中心に発展してきて、会員数も右肩上がりに増加中です。年齢層に関わらず、ノリのいい女性登録者が多く出会い率の高さも安定しています。根強いファン会員が多いのも特徴です。

ワクワクメール


昔から固定ファンが多く、ここだけは利用し続けているという殿方が、私の知人にも数名いるほどです。この出会い系サイトも老舗ですが、ポイント制ではないからか、サクラらしき存在が確認できません。ですので、警戒心の強いユーザーや慎重な利用者も多いと思われます。サクラが居ない代わりに、ヤリトリに少し時間を要します。

PCMAXで中出し女性を探す流れ

PCMAXで中出し女性を探す流れ

先ほども記しました通り、私自身が今までセフレを最もゲットした出会い系サイトがPCMAXです。ここで女性を獲得した経験を交えて、中出しする女性を探すのにも適しているサイトとしてピックアップしました。と言いますか実際、結果的にセフレになって中出しする女性と交際し続けてきましたので、適しているも何もないんですけどね。もちろん経験論以外にも、PCMAXが適している理由はあります。

まず、老舗の大手出会い系サイトは上記のサイト以外にもありますが、最もアクティブユーザー(※登録のみの会員ではなく実際によく利用している人)が多く、キャッシュバック制度がPCMAXにはありませんので、サクラのアルバイトが居ないためヤリトリがスムーズです。他にも細かく言いますと多々ありますが、とりあえず中出しセックス出来る女性を探すための彼是が先決ですので、説明していきます。

PCMAXに登録

それでは、初めてPCMAXに会員登録する人のために簡素ですが登録方法の説明をします。まず、アプリとウェブから登録することが出来ますがウェブで登録したほうが、活用出来る項目が多いことと無料ポイントが貰えるのでウェブから登録します。そして、性別・都道府県・生年月日・暗礁番号・利用目的を入力します。終わればメール送信画面になるので、空メールを送信する→メール画面に移り、そのまま送信します。

PCMAXの公式サイトはこちら

18歳未満利用禁止

送信が完了しましたら、次へ進むをタップして今度は簡単に自己紹介を入力します。後ほど編集出来ますので、簡素でいいです。それで一応は登録完了です。おしまいに、18歳以上の証明として身分証明書などの写メを送信しますと確認が完了します。ここまで終わりますと、メッセージの送信や掲示板の書き込みや閲覧が出来ます。そして、最も出会い系サイトで大事なポイントであるプロフィール情報の入力に移ります。

プロフィールの書き方

このプロフィールの作成内容で、俄然その後の女性からの返信率や対応が変わってきます。もうプロフィールの内容で決まると言っても、言い過ぎではないと私は実感しています。まず、プロフィール写真の設定ですが顔は何となく分かる程度でいいのですが、やはり好印象を持たれる雰囲気や格好、ポーズには拘るべきです。そして、何よりも決め手になるのは入力する文章の内容です。その大事な部分について触れていきます。

文章全体を通して、丁寧な物言いで敬語で書き込むことが前提です。仕事については、現実の立場より少しアップさせて役職であることを何気に書き込みます。まずは食事からでも構いませんといった感じで、嫌ならそれっきりでもいいという余裕を促します。そして、もちろん気が合えば一歩進んだ関係も望みますと、丁寧にハッキリ明記することが重要です。あとは、女性からのアプローチを期待して待ちましょう。

いきなり中出し女性は探せない

とりあえず繰り返し言えますことは、PCMAXは最も女性と出会えると実感しているのでピックアップしています。ですが、キーワード検索機能を使うにせよ何にせよ、いきなり中出し可能な女性募集などと書き込んだりしても、返事なんてある訳ないですし、中出しOKとか書き込んでいる女性など怪しいだけです。中出しセックスは目的であって、まずは女性と会わないことには話しになりません。

そういうことですので、まずは会える可能性の高いピュア掲示板から女性をチョイスします。純粋に会える人や仲良くなってくれる異性を求めるコーナーです。何故なら、アダルト掲示板の女性は九分九厘お金目的の業者や、プロの書き込みだと言えるからです。あくまでも、素人の女性とセフレ関係等になってから中出しを決めることが、ゴール地点ですのでプロの女性は邪魔なだけの存在です。

掲示板や足跡からもアプローチ

たまに、自身が入力したプロフィールを見たという履歴として足跡というのが付きます。その女性のプロフィールを閲覧して、自身の許容範囲の女性であればアプローチしてみるのもいいでしょう。それと、女性用の掲示板を閲覧してみて感覚的に、自分が出会えそうな女性にメッセージを送信しましょう。掲示板でセフレや中出しのフレーズがある女性は、業者か援交なので相手にしないでスルーしましょう。

そして、何らかの形で女性から返信やメッセージが来たらサイト内で数回ほど、ヤリトリしてキリの良いところで、ポイント不足とのことなんで直接LINEしたいのでと、LINEのIDを伝えて相手の返事を待ちます。あと予め、自身の掲示板には、アドレスかLINEの連絡先交換が出来ない人はすみません!と入力しておくのも無駄を省く一つの手段です。基本的に連絡先交換をしてくれない人は見切ったほうが賢明です。

妊娠等を避けるための事前対処策

妊娠等を避けるための事前対処策

中出しセックスをするにあたって、最も注意するべきことは御承知の通り避妊に関する問題です。中出しする相手と結婚するつもりでしたら、わざわざ記事にする内容ではないと思われますが、度々申し上げていますようにプレイヤーとしてセフレと楽しむための副読文です。ということで、セックスという行為において元来は必ず注意すべき避妊について、ここでは説明していきます。

妊娠を避けるための事前対策は、もちろん大事なことですけど、男性側にも生中でセックスをする際は性病の危険性があります。セフレ女性によっては案外、お願いや相談するまでもなく中出しセックスを許可してくれる人もいます。しかし、安心ばかりはしていられません。簡単に中出しを許可するセフレ女性であれば、自分以外にも中出しを許している可能性があるため慎重に対処しましょう。

安全日の中出しは安全な日ではない

中出しセックスをする際に、よく安全日という言葉が飛び交いますが、この言葉を鵜呑みにして行為に及びますと、めでたく父親になる可能性が高まります。交際して数ヶ月以上の女性が安全日と言うなら信用できますが、まだ浅い付き合いの女性が言い放つ安全日という言葉は迂闊に信じてはいけません。ラッキーと思って喜んで中出しセックスしたと自慢気に話している男ほど、一年後ぐらいに会ったらパパと呼ばれていますので。

まぁそれはそれで本人が納得した人生でしょうから、周りは手を叩いて祝福するだけですが、やはり中出しセックスのプレイヤーとして行動するのであれば、誤算だと言わざるを得ません。それに、どうしてもパパにはなれないとなれば最悪、女性に中絶するよう説得しないとなりませんし、費用のほうも平均8万円~15万円は最低でも掛かります。お互い楽しく気持ちよくなるための中出しセックスの筈ですので注意しましょう。

事前にアフターピルを準備しておく

99%は間違いなく大丈夫だと言える避妊対策が、このアフターピルを服用する方法です。当然ですが、この方法もセフレ女性が服用してくれないと話しにならないため、事前に納得してもらう必要があります。どうしても中出ししたい時の常套手段ですが、やはり女性側からすれば決して気分のいいモノではありません。ですので、これさえ飲めば大丈夫という目線でお願いするのではなく、感謝の態度と労わりのある言動を心掛けましょう。

そして、中出しセックスを許可してもらってから準備していては、一足遅くなってしまいます。つまり、前もって手に入れておくほうが何かとスムーズでしょう。国内の医療機関でアフターピルを購入する場合は一錠で\10,000-以上は必要になってきます。予めインターネットなどで購入しておきましょう。ネット価格でしたら、一錠で\1,500-ぐらいで済みます。女性に持っている理由を聞かれたら、知人の医療関係者から貰ったと言うだけです。

生理中を狙って遠慮なく中出しする

この方法も、ほぼ100%の確率で中出しセックスをしても、妊娠する心配は不要であると言えるでしょう。普通に考えましても、生理中は排卵していないため、受精しようがないので妊娠しないという理由です。ただ、それでも100%ではありません。例えば、精子は膣内において最長で約一週間生きていることがあります。そして中出しセックスした日は、女性の生理が終わりかけだった場合、受精してしまうこともございます。

ですが、私自身を実例に挙げて言いますと、これまでの人生で生理中に中出しセックスをした回数は、約400回以上と推測されますが一度もセフレに妊娠させたことがありません。私自身、実子が存在していますので種無しでもないのです。その経験から、この項目のタイトルに至った訳です。それでも慎重にコトを運ぶのであれば極力、女性の生理が初日~三日ぐらいの間に中出しセックスをしたほうが安全なことは確かでしょう。

女性が感じる中出しのメリット

女性が感じる中出しのメリット

最近は女性の性に対する価値観というか感覚が変化してきたのか判りませんが、もう最初から出会った男と中出しセックスするつもりで、既にアフターピル持参で積極的に男へアプローチしてアポを取るという強者も居るそうです。それから、女性の中には非コンドーム派も居てて「ゴム付けるなんて邪道だし他人行儀で愛想ない」と避妊派に対して、バッサリ切り捨てる女子も現存します。

基本的に中出しセックスという行為は、男性だけが求めて止まないことだと思いがちですが、実は女性にとっても非常に魅力のあるプレイだと言います。特に男性と女性のイク時のタイミングが合致した時の中出しは、身震いするほどの快楽が全身を貫くぐらい気持ちイイとのことです。その中出しセックスによって、ノーリスクではない女性が魅力だという部分について記していきます。

射精時の男性自身の脈動が最高

生セックスをしていて、いざ中出しで射精する時に男性自身の根元から先端に掛けて、精液の出るタイミングと連動しながらドクドクと浪打ちます。その男性自身の脈動が直接、女性の膣内に伝わって体感するので大きな快楽を得れるそうです。元セフレ女性曰く「膣外射精やコンドーム付きでのセックスでは絶対に味わえない最高の快感」だと熱く語っていたことを思い出しました。

男性自身は、いよいよ射精するという寸前になれば更に勃起しますし、女性側もイク寸前ぐらいから膣内全体が締まっていきます。その流れで男女共に同じタイミングにて果てた時の絶頂感は、特別な究極の快楽だとも元セフレ女性は言っておりました。何よりも、コンドームの感触が気持ち悪くて、まるで薄い革製の手袋をして挿入されている感じがして、萎える時もあるとのことです。

相手の男性からの愛情が伝わる

近頃のコンドームは市販している商品でも、インターネットで販売されている物も進化していると思います。昔に比べてゴム全体が非常に薄くなっていますし、付けた時の感触やフィット感なども良質化しています。しかし、どれだけ品質が最高峰でも、残念ながら生挿入セックスの感覚とは比較にならないほど異なります。中出しセックスは決して征服感とか背任感ではなく、精神的な繋がりのほうが多大であるとも言っていいでしょう。

その理由としましては、先ほど例に挙げた通りコンドームという仲介役が居る時は一体感が全く無く、私自身のことで恐縮ですが「ゴム付のセックスをするぐらいならオナニーのほうがマシ」という熱血生中宣言を30年前にしてから今も変わりございません。正当化する訳ではありませんが、実際に米国の某研究チームがゴム付きとゴム無しの性交をしている人それぞれを対象に調査したところ、ゴム無し性交の人のほうが断然に幸福度が高かったそうです。

精子が子宮口に当たって超快感

生物学的な話しになりますが、女性という生き物はエストロゲン効果で、男性によって愛情を深めることがあるようです。ですが、これは男性側にも該当するとのことでして、実は中出しセックスによって直接、女性の膣や子宮口に精液を当てることで、その女性に対する気持ちが優しいものになったり愛情が深まると考えられているのです。また、女性は膣に射精された感触が分かるらしく、何とも表現しがたい超快感に見舞われるそうです。

それ以外にも効果がありまして、まず精液にはオキシトシンという性ホルモン物質が含まれています。その、別名:愛情ホルモンとも言われているオキシトシンによって、女性はオーガズムを誘発することになり、その男性への愛情を確かなものにする効果があります。中出しセックスを推進しているからではなく、男性の精液には女性との関係を深め、女性の肉体を更に魅力的なものに変化させる不思議な成分が備わっているとのことです。

フィニッシュ後の処理が楽チン

あと、これは別に手抜きとかではなく、お互いにフィニッシュを迎え余韻を満喫したいゆえのメリットです。つまり、膣外射精の場合でしたら、精子が出るタイミングを見計らって男性自身を女性器から抜かなければなりません。しかも、殆どの場合はユックリ抜いている余裕など無いと思われますので、比較的早めにスッと抜くことになります。この行動は言うなれば、腕枕をしていて急にスッと手を引っ込めて先に寝るのと同じようなものです。

それに、通常は女性の体の上に射精することになりますので、それをティッシュなどで拭いたりなんだりしないとなりません。要するに、余力を残した状態でフィニッシュしなければならないということです。それが、中出しのセックスであれば、射精した後もアクセクする必要もなく、ある程度の体力が戻るまで女性と繋がったまま余韻に浸っていられますので、エンジン全開のフルスィングでフィニッシュすることが出来るのです。

まとめ

まとめ

日本の男性陣からしますと、殆どの人が中出しセックスといえば、50歳以上の生理が上がった女性か生理中の女性とでしか難しいと考えるはずです。ですが、この記事で綴った内容を熟知して頂ければ、どのようなタイプの女性でも中出しセックスが出来ることが理解出来るものと思われます。

しかし、出会い系サイトで知り合った女性であっても、相手は生身の女性であることには何ら変わりありません。例え、セフレ関係でも中出しセックスをさせてくれるということは、あなたを想う気持ちと信用があることは間違いありませんので、常に感謝の意を持ってあげて下さいませ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ペインパッカー

プロフィール:過去に出張ホストとメンズバーの経営をしていた、40代中盤のバツ2で現在フリーランサー。現在に至るまで200人以上の女を性奴隷にしてきた、女体操作の念能力者。

-セフレ, 出会いの方法
-, , ,

Copyright© セフレ塾 , 2019 All Rights Reserved.