援交募集

出会いの方法 お小遣い

援交募集が盛んなサイトやアプリを知り援助交際する女性を見定めよう

皆さんは「援交」に関して、どの様なイメージをお持ちでしょうか?恐らく、良くないイメージをお持ちの方の方が多く、実際に援交募集をした事がある方は少ないと思います。
しかし、皆さんが思っている以上に援交募集は様々な場所で行われている現状がありますし、皆さんが思っているイメージと違っている部分も多くなっています。この記事では援交募集が盛んに行われている場所、援交の種類など、出会い系における援交募集の現状などをお伝えさせていただきます。

援交募集が盛んな場所やサイト

援交募集が盛んな場所やサイト

最初に援交募集が盛んな場所やサイトをいくつか紹介させていただきます。中には「こんな場所で援交募集が行われているの?」と皆さんが驚かれる様な場所もあると思います。
それぞれの場所やサイトの特徴などを簡単に見ていきましょう。

交際クラブ

最初に紹介させていただくのは交際クラブです。
交際クラブはデートクラブとも呼ばれていて、一言で言ってしまえば、男女の出会いやデートを斡旋してくれる場所です。これだけを聞くと少し怪しいと感じる方もいらっしゃると思いますが、そんな事はありません。
交際クラブを利用する時は、男女ともに厳正な審査をクリアする必要があります。女性は外見だけでなく内面も綺麗でなければなりません。男性は経済的にも余裕があることが必要になります。
たくさんの交際クラブがありますが、男女ともに人気が高いのが「ユニバース倶楽部」です。男性は入会金に応じて4つのランクに分けられており、高いランクであればあるほどレベルの高い女性を紹介してもらえる様になります。女性の紹介動画も用意されているので非常に使いやすいと思います。

参考記事

出会い喫茶

次に紹介させていただくのは出会い喫茶です。
出会い喫茶では見知らぬ異性と知り合うきっかけを見つけられる場所となっております。初めはマジックミラーで仕切られている別々の部屋で待機します。相手を確認出来るのは男性だけとなっており、気になる女性を見つけたらスタッフに伝えて、2人きりになれる別室へ移動します。
別室では話をしたり、お茶を飲んだり出来ますが、本当の目的はそれだけではありません。別室では援交を持ちかける事が多くなっています。援交を持ちかけるのは男性だけでなく、女性の方からも持ちかけてくる事も少なくありません。この様に出会い喫茶を利用する目的がはっきりとしているので、話がまとまるのが早いというメリットがあります。

ネットカフェ

次に紹介させていただくのはネットカフェです。
ネットカフェで援交募集?と思われる方も多いかもしれませんが、最近は完全個室、鍵付きのネットカフェも増えて、シャワーが完備されている所もあり、コスパも良いので意外と援交募集をする穴場となっています。
ネットカフェ以外で待ち合わせて2人で入室する場合と1人が先に入室して部屋番号を教えてもう1人が後からブースに入る場合の2通りがあります。基本的に援交の料金は先渡しとなっています。
また、ネットカフェを長期間利用している「ネットカフェ難民」も援交相手としては狙い目となります。普段はアルバイトをして生計を立てていますが、生活は決して楽ではないので、お小遣いを稼ぐ感覚で援交募集を行うのです。寝泊まりしているネットカフェを利用すればホテル代が軽減されるので男性にも人気があります。

パチンコ店

次に紹介させていただくのはパチンコ店です。
パチンコ店には借金をしてでもパチンコをしようとする人がいます。いわゆる“ギャンブル依存症”という方です。最初はビギナーズラックで大勝ちして、調子に乗って通い続けている内に負けが込んで借金をしてまでもパチンコをするという流れが定番です。
消費者金融などからお金を借りられなくなると、パチンコ代欲しさから大勝ちしている人を見つけては援交を持ちかけるような事をします。何をする訳でもなく店内をうろついている、休憩所にいるような女性はその可能性が高くなります。

立ちんぼ

次に紹介させていただくのは立ちんぼです。
立ちんぼは飲み屋街やホテルが立ち並ぶ場所で道行く男性に声を掛けて援交を持ちかけてきます。値段交渉がまとまればホテルへ行くのが一般的となっていますが、路地裏でフェラチオや手コキで短時間で楽しむ場合もあります。
最近は警察の取り締まりも強化されて少なくなっていますが、新宿歌舞伎町や大阪梅田などの繁華街ではいまだに見かける事が出来ます。
相手の容姿が確認出来て、話がまとまるのも早いなどの特徴もありますが、多くの男性を相手にしているので衛生面ではややリスクがあります。

ツーショットダイヤル

次に紹介させていただくのはツーショットダイヤルです。
一昔前のテレフォンクラブをイメージしていただけると分かりやすいと思います。テレフォンクラブはお店に足を運ぶ必要がありましたが、ツーショットダイヤルはスマートフォンがあれば自宅にいながら24時間いつでも楽しめるのが特徴となっています。
ツーショットダイヤルは色々なものがありますが、今回は「ボイフル」というツーショットダイヤルを紹介させていただきます。ボイフルは通話専用のアプリ(Fullvo)をインストールして音声通話を楽しむ事が出来ます。登録している女性は20・30代が中心となっており、平日・週末問わず常時100名程度がログインをしている人気ぶりです。
また、ボイフルは音声だけでなく、テキストや画像でもやり取りをして楽しむ事が出来ます。新規登録をすると3000円分のポイントがもらえるようになっています。

参考記事

ライブチャット

次に紹介させていただくのはライブチャットです。
ライブチャットはパソコンやスマートフォンの普及により人気急増中のサイトです。主に映像をやり取りしながらチャットを楽しみます。一人の女性と複数の男性で楽しむ事も出来ますし、女性と二人きりで恋人気分を味わえる事が特徴として挙げられます。
数あるライブチャットの中でもおすすめは「マダムライブ」です。マダムライブは30代以上の人妻や熟女がメインユーザーとなっています。料金設定も非常にリーズナブルになっているのでおすすめです。ライブチャットに登録している女性は「チャットレディ」と呼ばれており、男性とチャットを楽しむと報酬がもらえるようになっています。実際に会うとリスクもありますが、報酬以上に割が良ければ援交の出会いも可能性は0ではありません。

参考記事

チャットアプリ

次に紹介させていただくのはチャットアプリです。
読んで字のごとくチャットを楽しむ為のアプリで利用規約などでは出会い禁止の旨が書かれている事がほとんどです。
しかもチャットアプリは低年齢層向けのものが多く、中には中学生向けのアプリもあるくらいです。未成年者と関わるとどんな理由があっても罪に問われてしまいます。援交などもってのほかです。

援交掲示板

次に紹介させていただくのは援交掲示板です。
名前だけを見れば、援交相手をすぐに見つけられそうな感じもしますが、中身は大きく違っています。援交募集は行われているのですが、業者や詐欺の温床となっており、悪質サイトに自動的に登録されるなど別の目的のために運営されています。

参考記事

割り切り掲示板

次に紹介させていただくのは割り切り掲示板です。
こちらも援交掲示板と同様に業者や詐欺の温床なのでおすすめは出来ません。
この他にも援助交際掲示板・セフレ掲示板・ご近所掲示板・人妻掲示板なども同様なので注意して下さい。

参考記事

インスタグラム

次に紹介させていただくのはインスタグラムです。
ご存知の方も多い写真投稿系のアプリです。投稿にコメントやいいねを残す事が出来るので、知り合いになるきっかけはありますが、援助交際の相手を見つけるのは正直難しいと思います。その様な下心を持っているユーザーのアカウントは数枚しか写真が投稿されていないなど薄っぺらいので、すぐにバレてしまい相手からアプローチされる事はまずありません。

Twitter

次に紹介させていただくのはTwitterです。
利用されている方も非常に多いSNSの代表的なアプリです。Twitterは複数のアカウントを持てる事が特徴となっており、通常のアカウント以外に趣味垢・リア垢など様々な種類のアカウントが存在しています。
援助交際の相手を探す時は「援交垢」「エロ垢」などを利用する事が多くなっています。付けられているハッシュタグも、#援助交際 #円光募集 #エチ友募集となっているので簡単に見つける事が出来ます。
但し、Twitterは利用する際に本人確認や年齢確認が必要ない事を忘れない様にしましょう。あからさまに援交を持ちかけている様な投稿が多い時は業者である可能性が高くなります。中には未成年者がお小遣い稼ぎの感覚で援交募集を行っている場合もあるので気を付けておきましょう。

参考記事

マッチングアプリ

次に紹介させていただくのはマッチングアプリです。
マッチングアプリも男女の出会いをサポートしてくれることに間違いはないのですが、援交の出会いではなく恋人や結婚相手を見つける事が目的なので、あまり主流ではありませんし、おすすめは出来ません。既婚者は登録する事すら出来ない様になっています。

パパ活アプリ

次に紹介させていただくのはパパ活アプリです。
基本的にパパ活に肉体関係はありません。親子ほど年の離れた男女がデートや食事だけを楽しむ関係です。男性はデート代以外に“お小遣い”として現金を渡すので広義的に援交と捉えられます。
「Paddy67」というパパ活アプリは非常に人気があります。20代~30代がメインユーザーで男性は定額制となっており、月額10,800円から利用する事が出来ます。少し高めに設定されていますが、裏を返せば、経済的に余裕のある男性が利用している事が容易に想像できると思います。
女性の中にはパパ活と称して、援交を持ち掛けて来る方もいます。

参考記事

出会い系

最後に紹介させていただくのは出会い系です。
多くの女性に人気があります。登録ユーザーが多い事やサイト内の管理が行き届いている事などが人気の高い理由となっています。
但し、出会い系と名前が付くもの全てがそうとは言い切れない現状もあります。中には悪質なサイトも存在しているので利用する際は気を付けなければなりません。

参考記事

サイトやアプリでの援交の現状

サイトやアプリでの援交の現状

ここでは、以下のサイトをピックアップして援交の現状についてお話しさせていただきます。それぞれのサイトの特徴と援交が行われているコンテンツや募集のやり方などを併せて紹介させていただきます。

Jメール

Jメール

最初に紹介させていただくのはJメールです。
Jメールに関しては次でさらに詳しく紹介させていただきますが、サイト内が非常にシンプルな作りになっており、初心者でも簡単に使える事が特徴となっております。毎日お得なイベントも開催されている事も特徴として挙げられます。

ワクワクメール

ワクワクメール

次に紹介させていただくのはワクワクメールです。
20代のユーザーをメインに幅広い年代のユーザーが集まっており、無料ポイントも貯めやすくなっている事が特徴として挙げられます。
援交の募集が活発に行われているコンテンツは「大人の募集」です。アダルト要素がある掲示板なので、業者を避けるために利用するジャンルは「今日じゃないけど…」「大人の恋人候補」などが良いと思います。
他にもコミュニティや日記のコンテンツで知り合いを作ってから援交を希望している相手を探していくという方法もあります。

Paddy67

paddy67

paddy67

最後に紹介させていただくのはPaddy67(パディロクナナ)です。
2021年7月現在、100万ダウンロードを達成している人気のアプリです。アプリ内には「毎日10000組の出会いが生まれています」と書かれています。男性ユーザーは経営者や医師が多く、女性ユーザーの8割は24歳以下でOLや大学生が多くなっている事も特徴として挙げられます。
Paddy67はマッチング機能が無い事が特徴となっており、気になった相手を見つけたらすぐにメッセージを送る事が出来ます。また、女性が設定している「希望の関係」が会う前にわかるので、「大人の関係」ができる女性を簡単に見つけることができます。

Jメールで女性を探す手順

Jメールで女性を探す手順

ここでは、Jメールを使って援交の出会いを募集している女性を探す手順について紹介させていただきます。Jメールを初めて使うという方もいらっしゃると思うので会員登録する手順から見ていきましょう。

会員登録を行う

会員登録はWEB版・アプリ版のどちらからでも行えますが、より多くの新規登録ポイントをもらう為にWEB版から登録を進めて、データは後で連携させていくというやり方をおすすめします。

【無料】Jメールへの登録は無料

18歳未満利用禁止

公式ホームページにログインして性別を選ぶと会員登録開始となります。会員登録は、登録情報入力・メールアドレス認証・年齢確認の3つの手順で完了します。
登録情報はニックネーム・都道府県・年齢・メールアドレス・パスワードの5つを入力していきます。難しい項目は無いのでドンドン進めていきましょう。
メールアドレス認証は画面に表示されている「メール送信」という部分をクリックだけです。登録したメールアドレス宛てに本登録用のURLが添付されているのでクリックすると本登録完了となります。
最後に年齢確認を終えると、Jメール内の全てのコンテンツを利用する事が出来るようになります。確認方法はクレジットカード、もしくは生年月日が確認出来る身分証明証を使う2通りがあります。クレジットカードの場合は必要情報を入力してポイント購入履歴を残せば、すぐに確認が終わります。身分証明証の場合は必要なデータを揃えて、サイト内にアップロードします。確認が終わるまでに多少の時間が掛かってしまう場合もあります。それぞれにメリットとデメリットがあるのでやりやすい方を選んでみると良いでしょう。

プロフィールを充実させる

登録が終わってもすぐに相手を探したり、募集を書き込んだりせずにプロフィールを作成する事をおすすめします。現段階ではプロフィールは空白が多くなっており、相手からするとアプローチしにくい状態です。これでは募集を書き込んでもアプローチされる確率も低くなるので、必然的に出会いに結び付く確率も低くなってしまいます。
全ての項目を埋めておく事や嘘を書かない事が大事になりますが、「アダルト要素の有無」も大事になります。業者との関わりを避けるためにアダルト要素は基本的に入れないのですが、援交募集をするのであれば全く入れない訳にはいきません。併せて割り切りの募集を探している事などもアピールしておくと良いでしょう。

募集掲示板を使う

プロフィールが出来上がったらコンテンツを使って募集をしてみましょう。
すぐに相手を見つけたい方は「募集掲示板」を使ってみるのが良いでしょう。募集掲示板は「ピュア掲示板」「アダルト掲示板」「誘い飯掲示板」の3つが用意されており、援交募集をする場合は「アダルト掲示板」を利用します。
アダルト掲示板を使って募集する以上、業者と関わる可能性は高くなるので、業者と関わる確率を出来る限り下げるやり方を覚えておかなければなりません。業者の特徴や募集のやり方を考えると「今すぐあそぼっ」のジャンルは業者の温床になっているので、「あとであそぼっ」「Hな出会い」などのジャンルを使って募集する事をおすすめします。
自分で募集を書き込む場合は目的やタイプをはっきりと書いておく事、募集を書き込んでいる相手にアプローチする時は募集内容と相手のプロフィールを確認する事も忘れない様にしましょう。

プロフィール検索を使う

プロフィール検索を使ってタイプの女性の中から援交の出会いを希望している女性を見つけるという方法もあります。
プロフィール検索では、お相手の年齢・身長・性格・職業など最大17項目を設定する事が出来ます。ユーザー数の多いJメールでも17項目全てにあてはまる女性は見つかりませんので、探したい相手によって優先度の高い項目をいくつか設定すると良いでしょう。

援交の種類

援交の種類

一口に援交と言っても、その種類や条件などは様々です。また、相手に支払う金額も援交の種類によって変わってきます。それぞれの特徴などを把握しておきましょう。

参考記事

一般的な援助交際

援交と聞いて、真っ先に皆さんの頭の中に思い浮かぶのは、見知らぬ男女がサイト内でやり取りをして、会う約束をしてお金を渡してセックスをする関係だと思います。
ワリキリ・割り切りなどの隠語で表わされる事もあり、最も多く行われている援交と言っても過言ではありません。

参考記事

プチ援

援交の中にはセックスが無いものもあり、プチ援という隠語で呼ばれています。プチ援には非常に多くの種類があり、良く行われているのは以下のプチ援です。

参考記事

  • フェラチオ

F割り・口割りなどの隠語で表わされます。プチ援の中では金額も高く、男性も満足度が高いので、男女ともに非常に人気があります。あまり場所を選ばずに短時間で性欲発散できる事も人気の理由の一つとなっています。
オプションとして、顔射・口内発射・ごっくんなどを付けて楽しむ事が出来ます。

参考記事

  • 車内プチ

車の中で行われるプチ援の事を表わしています。人気のない場所へ移動出来る事、温度調節も出来る事に加えて、ホテル代が掛からない事も特徴となっています。
但し、車内プチの場合は事前準備も必要になってきます。ティッシュやゴミ箱、相手によってはコンドームなども必要になってきます。自分の車で行う場合は車内を綺麗にしておく事も忘れない様にしましょう。

参考記事

  • 手コキ

手割りなどの隠語で表わされます。女性に射精をしてもらうというプチ援の中で最も安価で楽しむ事が出来ます。オナニーと同じような感覚ですが、握り方や擦るスピードなどが違うので違った感覚を楽しむ事が出来ます。
オプションとして、お触り・乳首舐めなどを付けて楽しむ事が出来ます。

参考記事

  • クンニ

舐め犬・バター犬などの隠語で表わされます。男性はひたすらに女性器を舐めるだけで、どんなに興奮度が高まっても挿入する事が出来ません。この為に女性の命令や指示に従順に従う事が出来るM気質の男性に向いているプチ援となります。

参考記事

  • 下着売り

インターネット上でも行われていますが、実際に会って目の前で履いている下着を脱いでもらう事も出来るので騙しがありませんし、匂いやシミが付いている下着をGET出来る事もあります。売買されるのは下着だけでなく、靴下やストッキング、洋服、ブルマなどもあります。

  • オナ見

オナニー鑑賞と呼ばれる事もあり、女性がオナニーをしている所を男性が見るプチ援です。男性は女性がオナニーしている所を生で見る事が出来ますし、女性も恥ずかしい姿を見られているという非日常感を楽しむ事が出来ます。女性がM気質であれば、男性から言葉責めなどをしてもらうと、さらに興奮度を増す事が出来ます。

参考記事

  • オナ見せ

センズリ鑑賞と呼ばれる事もあり、男性がセンズリしている所を女性に見てもらうプチ援です。オナニー鑑賞の男女の立場が反対になっています。見られる事に快感を憶える男性であれば、女性からオナ指示などをしてもらって、いつもとは違うセンズリを楽しむ事が出来ます。

参考記事

  • お触り

先程も少し触れましたが、オプションとして用いられる事が多いプチ援です。胸が多くなりますが、女性器などもお触りの場所として含まれます。

  • 足コキ

脚を使って男性器を擦ってもらうプチ援です。手コキとはまた違った感覚で楽しむ事が出来ます。素足でやってもらう事もあれば、ストッキングや靴下を履いてもらって行う場合やローションを使って行う場合もあります。
足コキをしてもらう時は自然と下着が見えるようになります。これもまた興奮度を高めるのに一役買ってくれます。

参考記事

  • 素股

挿入が無いだけでセックスとほぼ変わらないので、プチ援の中では最も興奮度が高まります。デリヘルなどでも人気の高いプレイとなっています。
男性はあわよくばという場合もあるので、コンドームは必須で女性主導で動ける騎乗位で行われる事が多くなります。

参考記事

パパ活

男女が出会って、肉体関係が無く、男性から女性へお金を渡すという点からすれば、パパ活も援交に含まれます。女性は食事代やデート代なども男性が払ってくれて、それとは別にお小遣いももらえるので、非常に効率良くお金を稼ぐ事が出来る事が特徴となっています。

参考記事

兄活

兄活はパパ活と似ていますが、対象となる男性の年齢が若くなることが特徴となり、兄妹の様に楽しみたい方に向いています。

ギャラ飲み

一緒にお酒を飲んでお金をもらう事が出来るので、パパ活に近い関係ですが一緒にお酒を飲む事に限定した関係です。また、ギャラ飲みは女性に払うギャラがタクシー代として払われる事があるので「タク飲み」と呼ばれる事もあります。この様な理由から女性は飲み会が終わったらさっさとタクシーに乗って帰るので、気になる女性とお店を出て2人きりになれるという事はほとんどありません。

ママ活

パパ活の逆バージョンで逆援交と呼ばれる事もあります。現金をもらえる場合もあれば、食事だけの場合や洋服を買ってもらえる場合もあり、女性によって報酬の支払い方は変わってきます。肉体関係が無い場合も少なくありません。
ママ活をしている女性の中には経営者なども多く、男性は話を聞くだけでも有意義な時間を過ごせるかもしれません。

参考記事

姉活

援交というよりも、男性が年上の女性におごって貰ったりする関係です。ママ活の女性よりも年齢が近い事が特徴となっています。

参考記事

売り専

ゲイに体を売るノンケの事を指しており、ゲイサポ男のサポートとも呼ばれ、営業形態は売り専バー(ホストバー)・個室ホスト・出張ホストの3種類があります。
未成年者との関わりなどを除けば、法的な制約が少ない事も特徴となっています。

参考記事

謝礼交際

最初から見返りを求めない交際の事を指しており、謝礼のあるなしは相手に全てを委ねる事になります。
確実に謝礼(お金)が欲しい女性には向いていない援交となります。

参考記事

タイプ別の援交女性

タイプ別の援交女性

援交をしている女性をタイプ別にみていきましょう。それぞれの女性で援交をしている目的が違っているので、それに合わせてアプローチや募集の仕方も変わってきます。

人妻

まずは人妻です。
人妻の場合はお金の為に援交の募集をしている場合もありますが、寂しさや欲求不満を解消するために募集を行っている場合もあります。
人妻には家庭があるので、自分の事に踏み込まれるのを嫌がりますし、相手に踏み込むような事もしませんので非常に安全な援交相手といえます。

参考記事

シングルマザー

次はシングルマザーです。
人妻と似ていますが、生活の為に援交募集を行っている場合がほとんどです。但し、子供がいるので短時間になる傾向もありますし、援交の出会いから結婚相手を探そうと考えている場合もあります。

参考記事

女子大生

次は女子大生です。
アルバイトだけでは授業料を払えない、単なるお小遣い稼ぎで援交募集を行っている場合があります。年齢が若いので割り切りの相場は高くなります。

参考記事

女子高生

次は女子高生です。
結論から言うと、未成年者なので援交相手としては相応しくありません。未成年者と関わってしまうとどんな理由があっても逮捕されてしまいますので注意して下さい。

家出少女

次は家出少女です。
こちらも未成年者の可能性が高いので関わらない方が良いでしょう。仮に捜索願が出されていたら監禁や誘拐の罪に問われないとも限りません。
神待ち掲示板やネットカフェで見かける事が多くなっています。

参考記事

40代以上の熟女

次は40代以上の熟女です。
熟女と言っても人妻・シングルマザー・未亡人など様々ですが、年齢を重ねているだけあってテクニックは抜群です。50代以上になると閉経している場合もあるので、妊娠の心配をせずに生中出しを楽しむ事が出来ます。

参考記事

外国人

次は外国人です。
留学生の場合もありますが、不法滞在や就労ビザが切れている可能性もあります。正規雇用はもちろん、アルバイトをする事もままならないので、違法な風俗店や不法な組織売春などで働いている場合が多くなります。
男性が直接罪に問われる事はありませんが、関わらないに越した事はありません。

普通のOL

最後は普通のOLです。
ローン返済やブランド品購入のために援交を行っていることも少なくありません。また、時間が不規則な職種の場合は特定の彼氏を作りにくいので、性欲発散のために援交募集をしている場合もあります。

女性が援交をする目的

女性が援交をする目的

ここでは女性が援交をする目的をいくつか紹介させていただきます。
目的も無いのに何となく援交募集をしている女性はいませんし、援交募集をする目的が分かっていれば相手を見つける時や募集をする時にも役立ちます。

お金を稼ぐ

多少のリスクを背負ってでも援交募集をする一番の理由はお金です。
援交でもらえる金額を時給換算すると、おおよそ3,000~5,000円程度になり、アルバイトをするよりもはるかに割のいいことが分かります。一度でも援交をしてしまうと普通に仕事をするのが馬鹿らしいと思う女性も少なくありません。

セックスがしたい

お金は二の次でセックスがしたい、性欲を発散したいという目的から援交相手を募集する場合もあります。
決まったパートナーとセックスレスで悩んでいる場合に多い理由となります。

お金とセックスの両方

セックスが嫌いなら話は別ですが、セックスが好きならばセックスが出来てお金ももらえる援交は一石二鳥となります。
お金を稼いでセックスが出来るという事であれば風俗店という選択肢もありますが、自由に相手を選べないなどの理由から援助交際をするケースが多く、初めてする場合はセックスの無いプチ援という場合が多くなります。

割り切ったセックス

援交であれば、お金で割り切ることで後腐れない関係で楽しむ事が出来ます。
特に人妻などは自分の事を詮索されずに割り切ったセックスを望む傾向が強いです。

テクニック向上

援交であれば色々なタイプの男性と知り合う事が出来るので、自然とセックステクニックも向上してきます。相手によっては、自分の気付かなかった性癖に気付かされるなんて事もあるかもしれません。

恋人や結婚相手を見つける

少し順番は違いますが、援交相手の中から恋人や結婚相手を見つける事を目的としている女性もいます。付き合ってから体の相性が合わなくて悩む事もありません。援交相手であれば相性が合わなければ違う相手を募集する事も出来るので、体の相性がバッチリでタイプに近い相手を探し続ける事も可能となります。

恋愛が面倒

色々な恋愛を経験して嫉妬や妬みなどが煩わしいと感じて恋愛は面倒だと思う女性も、性欲発散の為だけに援交で相手を募集する場合があります。

ちやほやされたい

女性が援交募集をすれば、たくさんの男性からアプローチされる事が多くなります。男性は体目当てで近づいているのですが、女性はモテている・チヤホヤされているという気分を味わう事が出来ます。
これを快感と感じて援交をしてしまう女性もいるのです。

友達やママ友に誘われて

友達やママ友から誘われて援交をしてしまう事もあります。最初はお小遣い稼ぎの感覚で始めて、そのままどっぷりとハマってしまう女性も少なくありません。
また、世の中には援交サークルなるものが存在しているという話も聞きます。

援交している2種類の女性

援交している2種類の女性

援交をしている女性は大きく2種類に分ける事が出来ます。
結論から言うと、援交をしても良い女性と援交をしてはいけない女性に分けられます。どちらの女性と関われば良いかは明白なので、それぞれの特徴を把握しておきましょう。

個人援交

まずは個人援交です。
素人女性が行っている援助交際の事を指しています。個人援交を行っている素人女性であれば、売春とみなされる事はありません。不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、不特定多数の男性に対して募集をしても自分の意思で相手を選ぶことが出来るからです。募集を書き込んで気になる相手がいなければ援交をしない事も出来ます。

管理売春

次は管理売春です。
名前からも分かる通り、こちらの女性と関わると売春とみなされてしまいます。管理売春と呼ばれるのはセックスをする男女以外に、女性を管理する人物が存在しているからです。この人物は「援デリ業者」と呼ばれており、セックスをする相手を決めたり、男性とのやり取りをしたりと全ての行動を管理しています。この為に女性は不特定多数の男性と関わっているとみなされて売春となるのです。
罪に問われるのは女性と女性を管理している援デリ業者ですが、近づかない方が賢明です。

参考記事

管理売春を避ける方法

管理売春を避ける方法

援デリ業者に近づかない方が良いという事はご理解いただけたかと思います。変な話ですが援デリ業者もお金を稼ぐ為に必死です。この為に素人ユーザーになりすまして近づいてくるので、慣れていない方は簡単に援デリ業者と関わってしまう事も多くなっています。
この記事を読んでいただいている皆さんにはその様な目に遭って欲しくないので管理売春を避ける方法をいくつか紹介させていただきます。

プロフィール

まずはプロフィールです。
プロフィールは自分自身の履歴書の様なものなので、自分がどの様な人物であるか、どんな相手と出会いたいかなどをアピールするために全ての項目を埋めておく事がポイントとなります。しかし、援デリ業者はお金をくれる男性であれば容姿などは関係ないので空白が目立ちますし、そんな事に時間を割くような事はしません。
他にも男性の目を惹く為にアダルト要素が強い写真を使っている事も特徴として挙げられます。画像検索してみるとネット上に出回っている画像である場合も多くなっています。

やり取りの内容

次はやり取りの内容です。
素人ユーザーであれば挨拶や自己紹介をしてやり取りを進めていきますが、援デリ業者の場合はいきなり援助交際の条件を送ってくる事がほとんどです。
また、同時に複数の男性とやり取りをしている場合もあるので、話がかみ合わない事も多々あります。

利用するコンテンツ

次は利用するコンテンツです。
援交募集する時は男性のスケベ心を利用する為にアダルトジャンルに潜んでいる事がほとんどです。その中でもすぐに会えるようなユーザーが集まるジャンルを好んで利用しています。
男性の方は冷静になれば絶対に引っ掛からない様な誘いにも乗ってしまうので、スケベ心を前面に出さない様に注意して下さい。

待ち合わせ場所

次は待ち合わせ場所です。
待ち合わせ場所は女性の提案に合わせる方が多いと思います。それはそれで問題無いのですが、提案された場所が分からない時に変更をお願いしても頑なに変更しない場合は援デリ業者の可能性が高くなります。
これは指定してきた待ち合わせ場所が女性の待機場所やホテル街に近く、援デリ業者にとって都合が良いからです。
女性から提案された場所を検索してみる事も援デリ業者を見分ける有効な方法になります。

事前に写真交換

援交募集をして男性とやり取りをしているのは女性を管理している援デリ業者という事は説明させていただきました。
援デリ業者が男性という場合も少なくありません。この為に写真交換などに応じる事が出来ないのです。仮に写真交換に応じてくれた場合も念の為画像検索をしてみるのも良いと思います。
また、ビデオ通話をお願いするのも非常に効果的な方法となります。

出会い系の援交で注意すべき点

出会い系の援交で注意すべき点

この記事の最後では、出会い系の援交で注意するべき点をいくつか紹介させていただきます。
男女間で金銭のやり取りが発生するとトラブルに発展してしまう場合もあります。もちろん、金銭以外にも注意すべき点はいくつかあります。

相手の事を簡単に信じない

ここまで援デリ業者に対する注意喚起はさせていただきました。
出会い系には援デリ業者以外にも男性のスケベ心を狙っている様々な業者が潜んでおり、詐欺行為なども行われています。出会い系の相手はやり取りをするまで見ず知らずの相手です。
ろくにやり取りもせずに“あなたの事が気になりました!”と言われても簡単に信じない様に注意して下さい。

サイト内での交渉は避けよう

サイト内では金銭のやりとりの話をするのは利用規約に違反行為として明記されているので、募集掲示板での募集はもちろん、サイト内のメッセージ交換などでお金の話をすると利用停止になる可能性があるのでやめておきましょう。

条件交渉は外部で行う

この為、援助交際の条件交渉はLINEやカカオで行うようになります。LINEやカカオを交換しないで援交相手と交渉したり待ち合わせをしたりするのは困難です。

相手のプライベートに踏み込み過ぎない

自分のプライベートに踏み込まれたくないので援助交際を選んでいる女性もいます。特に関係がバレると日常生活に支障が出てしまう人妻などはその傾向が強くなります。
もちろん、女性の方から相談されたり、悩みを打ち明けられたりした場合は丁寧に話を聞く事は大事になってきます。

未成年者との関わり

きちんと管理されているサイトなどでは心配は無いのですが、登録時に年齢確認などが無い様なずさんなサイトでは未成年者と関わる可能性が非常に高くなります。他にも無料で利用できるSNSアプリではプチ援の募集をしている未成年者を見かける事も多々あります。
未成年者と関わってしまうとどの様な理由があっても罪に問われてしまうので、募集を書き込む場所などには細心の注意が必要になります。

まとめ

まとめ

以上、援交募集が盛んに行われているサイトや募集をしている女性の特徴について説明させていただきました。
インターネットやスマートフォンの発達によって援交募集は様々な場所で行われている実態をご理解いただけたかと思います。援交募集をしているのが素人女性だけであれば何も考えずにアプローチできるのですが、援デリ業者などが素人ユーザーになりすまして募集を書き込んだり、募集にアプローチしたりしてきます。
援デリ業者と関わってしまうとリスクしかありませんので注意して下さい。簡単な見分け方も紹介させていただいたので参考にしてみて下さい。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

出会いの迷人

性別:男性 プロフィール:現在、4つの出会い系サイトを駆使して、セックスライフを楽しんでいる。出会い系サイトで出会って、多数のセフレを作った経験がある自称出会いの名人。

おすすめ記事3選

PCMAX 1

コンテンツ1 PCMAXへの登録方法2 年齢確認3 リアルな口コミや評判を調べました4 安全なのか検証した結果5 利用料金6 アプリについて7 無料ポイントの入手方法と無料の機能8 ポイント消費につい ...

2

コンテンツ1 PCMAXの公式アプリについて2 ハッピーメールの公式アプリについて3 ワクワクメールの公式アプリについて4 Jメールの公式アプリについて5 YYCの公式アプリについて6 セフレ募集をす ...

ワクワクメール 3

コンテンツ1 ワクワクメールへの登録方法2 年齢確認をする流れ3 本当の評判や口コミを調べた結果4 安全なのか実態を解明5 公式アプリ6 無料ポイント入手方法と無料コンテンツ7 料金とポイント消費8 ...

-出会いの方法, お小遣い
-,

テキストのコピーはできません。

© 2021 セフレ塾