緊縛されたい貴女におすすめする出会い系サイトでの調教師の見つけ方

更新日:

緊縛されてみたいと妄想する日々

緊縛されてみたいと妄想する日々

家と仕事の行き来の日常生活。彼氏とは1年前ぐらいに別れてからは・・・たまに妄想にふける。ノーマルなセックスより・・縛られたい・・・
実はМっ気があり、今までお付き合いした男性とのノーマルセックスに物足らなさを感じでいたのです。
緊縛画像や拘束画像を、密かに視ては、オナニーを繰り返ししていたのです。繰り返すうちに、緊縛画像の女性みたいに、虐められたい。緊縛されたい。自分が奴隷になったら・・・妄想の世界から、リアルに体験したいと、思うようになってきたのです。刺激がほしいと普段からメル友とやりとりとして利用している出会い系サイトだったら、自分の知人との繋がりもないし、趣向を理解してくれる人が見つかるかもしれないと、出会い系サイトPCMAXで緊縛してくれる男性を探すことにした。
自分のプロフィールを書き換えた。ゆうこ 30代後半 Мです。彼氏いない歴1年です、SМとか緊縛は体験したことありません・・・縛られたいと妄想してます。自分のこと知らない人たちが、見ているから、なんか大胆に書いてしまった!

プロフィール検索をしてみる

プロフィール検索をしてみる

サイトには、プロフィール検索というのがあって年齢や職業、年収、既婚、独身、SかМなど検索機能システムがあったので、好みの年齢やフリーワードに「緊縛」と入力して検索かけてみた。すると、何人か回覧していくうち、目に止まってしまった。
ケンジさん、40代前半、会社員。調教、緊縛可能(麻縄)や大人の玩具やコスチュームも沢山あります。SМ歴15年、胸縛りや股縄を食い込ませている姿を・・・さらけ出して、美しく縛り上げて、緊縛美でうっとりさせてあげる。心を自由にしてアゲルよ。まずは、メールを待っています。何度も読み返すうち、緊縛されている自分を想像して、乳首やクリに手を伸ばしてしまい興奮してしまいました。
「はぁはぁ あぁぁん」「あぁ 縛って」濡れてしまい、クチュックチュッ・・・ぁぁ~いぃギチギチに麻縄で緊縛された姿を想像しながら、「ん・・んん」「あぁー逝くっ逝っちゃうー」イってしまいました。
メールを、躊躇して、怖い人だったらどうしよう大丈夫かなあと思いながら不安より、緊縛されたい願望が強くなり、ついに、メールを送ってみました。「はじめまして、Мっ気があります。まだ未経験ですが緊縛の画像に興奮してしまいます。まずはメールからよろしくお願いいたします。」

目に留まった調教師とのメール交換

目に留まった調教師とのメール交換

「ゆうこさん、メールありがとうございます。初めてなのですね、少しずつ心を開いてくださいね。たわいのない話も、性癖のことも話してくださいね、宜しく」返信が丁寧に優しい感じがしたので、ほっとしました。
「よろしくお願いいたします。優しそうな方でホッとしています。彼氏と別れたのも、ノーマルセックスに物足らなくて・・・そんな事彼氏に言えないし、だんだん距離を置くようになって、自然消滅してしまいました。」
「そうだったんだね、心と身体が拒絶してしまったんだろうな・・緊縛をされたいという願望が叶ったら本当の貴女に開放出来ると思うよ」「あぁ・・身体が疼きます」「ゆうこさん・・・どこが、疼くの?言ってごらん」「は はいっ、緊縛を想像したら、あそこや乳首が、熱くて疼きます・・」「ゆうこさん、あそこではなくて、マンコとハッキリ言わないとこの道具でお仕置きしちゃうぞ」
ケンジさんからメールと画像が送られてきた。麻縄やバイブレーター、ローター、首輪、手枷足枷の画像。過去の緊縛された女性の画像。それを見ると興奮して勝手に手が乳首やクリトリスに伸びて触っていた。
「はぁ・・はぁ・・はい、ゆうこのマンコはグショグショに濡れています」「ゆうこさん、いつものようにオナニーしてごらん、さあ、麻縄で緊縛してあげるよ」彼のメールで、なにかタグが外れたようだ、「あっああああ…気持ちいいです・・ケンジさんに緊縛されてる・・ひいぃいいー逝きそうです」
クチュクチュ音をたてて顔を知らない男性にメールを送りながらオナニー。
「そうか緊縛されて気持ちいいかい?逝きなさい・・さあ思う存分逝きなさい」「はっはい・・逝くー逝っちゃうーー」びくんびくんして・・しばらく果ててしまった・・何度か、サイトのメールを交わすうちに、逢いたいと気持ちになりました。「ケンジさん、ゆうこを緊縛して下さい。お逢いしたいです。」
「ゆうこさん、どんなことされたいの、言ってごらん」私「はい、麻縄で胸を強調して胸縛りで緊縛されて・・・股縄で割れ目に食い込ませて、それから・・想像しただけで身体が疼くの」「そうなんだ、ホテルの部屋へ入ったらご主人様と呼びなさい、初めてなので、じっくり様子視ながら調教をしてあげる」私は、怖さと願望が叶う悦びが交差していた。

初対面ホテルへ向かう

初対面ホテルへ向かう

待ち合わせのカフェ前で、初対面。お互いに特徴着ている洋服を伝えていたので
すぐにわかった。私は、ピンクのブラウスに花柄のスカート「ゆうこさんですね、はじめましてだね」彼はスーツに、赤いネクタイで現れた。スラリとした長身
「はっはい、今日はよろしくお願いいたします。」緊張が伝わったのか?「緊張してるね、カフェで少しお話してから行きましょう」カフェの中に入って、コーヒー飲みながら、たわいのない会話から、少しエッチな話に切り替わった。
「ゆうこさん、胸が大きいんだね、肌も白いし、緊縛が映えそうだよ」少し小声で囁かれた時、頬を赤らめた。濡れてきた・・・彼はニヤリとして「濡れてきたでしょ?そろそろ行きましょうか?」と言われて、私は、言葉にならなくて、コクンとうなづいた。車に乗ってホテルへ向かった。男性の車に乗るのも久しぶりだし、初対面でホテルに行くことも初めてなことだったので、心臓がドキンドキンとしている

ホテルの部屋、ドアを開けると未知の世界へ

山の上にあるホテルに到着。部屋に入ると、白を基調にした広めの部屋、お風呂やベッドも大きい。ベランダから街並みが見えて眺めがいい。
彼は「さあ、足元に膝まついて、ご主人様にご挨拶しなさい、ご主人様本日は奴隷として躾をお願いいたしますと」私は、彼の足元に膝まついて緊張しながら小声で「ご主人様、本日は奴隷として躾をお願いいたします」
彼は、カバンの中から、麻縄や首輪、足枷手枷、バイブレーター、バラ鞭など並べられた。私は、これからどうなるんだろうと不安と期待でドキドキしました。膝まつく私に首輪を嵌められた「ガチャ」首輪を嵌められただけで、堕ちていく気がした。
鎖を引っ張られると「さあ、四つん這いになりなさい」「はっはいご主人様」スカートをめくられて、「ゆうこ、もうこんなに濡れているはしたないな」彼は、ニヤリとする。
カフェの時の優しい笑みと違って冷血に見えた。そしてお尻から背中、ブラウスの上から胸を触られる。乳首やマンコは、わざとそらしながら・・・
「あっハァハァ んん」思わず声が出た。首輪嵌められただけで凄く身体が疼く・・・ジャリジャリと鎖の音にもビクッと反応してしまう・・・緊縛されたら・・どうなるんだろう
「ご主人様、わっ私を縛って下さい あっああ、お願い・・・いたします」
彼は、「駄目だ、ゆうこ、股を広げてオナニーしなさい、逝ったら望みどおり緊縛してあげよう」私は、言われるがまま、もうグショグショになったパンティを脱いで、М字開脚状態で、オナニーを始めた。
普段一人でやっているときより、身体が疼いて乳首も固くなってる。たまらなくなって、ブラウスを脱いで、キャミソールブラジャーは、はだけた状態「はぁはぁ・・・あぁぁあーいぃ」彼は冷血に見ているそんな姿にも、見られているだけで興奮する「グチュグチュ」いやらしい音を立てる。「あーヒィー逝くぅーイッちゃうー」ビクンビクンとしてしばらくガクガクと震えた。
彼は、抱き抱え、「疲れただろ?お風呂に入って少し休んでから、縛ることにしよう」優しい笑みで言われた。

初めての緊縛にМ性が目覚める

初めての緊縛にМ性が目覚める

お風呂に二人で入るときはリラックスして、彼の引き締まった身体にドキドキしていた。彼はやさしく後ろから抱きしめる・・・私は、ドキンドキンとして身を委ねた・・胸を揉まれながら、「あぁ・・」声が出る。
彼が「そろそろ上がろうか?」とお風呂から上がり、二人でバスローブを羽織りドリンクを飲む。彼は麻縄を取り出す。心臓がドキンドキンする。「バスローブを脱ぎなさい、望み通り緊縛奴隷にしてやる」
私は、「はいご主人様お願いいたします」バスローブを脱ぐと、彼の前に立ち、言われるがまま手を後ろに組む、胸を持ち上げられ、縄を施され縛り上げられていく。乳首が上向きに胸が強調されていく・・・すでに濡れていくのが、恥ずかしい。
麻縄の香りイヤな香りじゃない、なんだか落ち着く・・・変わりゆく姿にうっとりしながら、股縄も掛けられていく・・・マンコ付近に縄がくるとクリトリスに当たるように、縄のボールを食い込ませせられる。自然と声が出る「あ・・ぁぁ」愛液が溢れる。
ついに念願が、叶った。ああ・・・すごい・・わたし、緊縛されてる。
首輪を嵌められて、身体をヨガって身動きが取れない・・動くと縄が擦れて気持ちいい。
彼は冷血な顔で、「緊縛が似合うね、大きなおっぱいが揺れている、腰が動いてる」グイッと首輪の鎖を引っ張られる。うまく歩けない・・あぁ・・本当に私は、緊縛奴隷になってしまった・・快楽が欲しくてたまらない。
ご主人様・・・恥ずかしさはもう無くなってしまいました。「ご主人様・・奴隷にふさわしい躾をお願いいたします」「ゆうこ、望みを叶えてあげよう」
ご主人様は、部屋の柱に首輪の鎖をくくりつけて、正座をさせた。バラ鞭を取り出した背中に「バチっバチっ」鞭で打たれた「あぁ・・・ひいぃいいー」思わずよがる、痛みと不思議に心地よさで笑みを浮かべた。「ゆうこ、もう完全にМ性に目覚めたな」鞭を繰り返し背中に打たれる「ご主人様・・あぁ・・気持ちいいです・・お願いします」
よがるたびに、股縄が食い込んでいく「ご主人様身体が熱いです・・チンポが欲しいです・・あぁあー」ご主人様は「股縄でクリを擦りながら逝きなさい、さあ食わえなさい、うまく咥えないとお仕置きだ」ご主人様の大きく固くなったチンポを食わえながら、腰を動かしながら「うっうぐっ・・あぁ」ご主人様は、「下の唇からもよだれが垂れ流しだな、いやらしい奴隷だ」
胸を掴まれ、乳首を掴まれながら快楽に溺れる。「あああ・・・」身体をよがると、バシッイイ、鞭を打たれた。「ヒイィイー」「チンポから、口を離したら駄目じゃないか」とご主人様からのお仕置き。「うぐっ・・ん」フェラでご奉仕させて頂いた。縄が食い込んでいくクリトリスが気持ちいい。私の心はだんだん自由になった・・
「ご主人様・・あぁ逝きそう・・です・・うっうぐっ」
ご主人様は「あぁ・・出すぞ・・飲み干せ」精液が口の中に溢れた・・そのまま飲み干した。「逝っていいぞ」「あぁ逝く逝くっ・・いぃーちゃぅー」逝った後、足がガクガクした。柱にくくりつけられていた鎖を外して、四つん這いにさせられ、首輪の鎖を引っ張られる。
「さあ、ベッドまで四つん這いで歩きなさい」わたしは、よろよろしながら四つん這いで歩くと、股縄が食い込み「あっあっ・・」感じてしまう。
「いやらしい声出しているな・・緊縛奴隷ゆうこ」ベッドの上に寝かされた。胸縛りと股縄を外されると、解放感と鞭の跡、縄の跡のジンジンする痛みが少し残っていた。
ご主人様は「少し休むか?」と言われてたから、身体を擦ってくれているうちに、心地よくなってうとうと気づいたら眠ってしまってました。
目が覚めると、ご主人様が「初めての調教で、よく耐えたな?まだ逝けそうか?」ご主人様の問いにわたしは、身体が疼く「はい、ご主人様お願いいたします」さっきよりさらにきつく胸を縛られ、ベッドにМ字開脚の状態で緊縛されると、首輪に、手枷と足枷の鎖を連結して嵌められる、「ガチャガチャ」足が閉じれない・・トロトロと愛液が出てくるのがわかる、羞恥心ありながら、視られているのに、興奮していた。ああ・・緊縛画像で調教されてる姿になってる・・開いたままで、クリトリスがジンジンして、触れない・・触って欲しい・・「あっ・・」吐息が漏れる。
「ゆうこ、いい眺めだ・・・バイブレーターをあてがってやる、ご主人様にお願いしなさい 」「ご主人様、ゆうこのいやらしいマンコに、バイブレーターをぶちこんでください」
「よし、逝き地獄を味あわせてやる」
わたしは、ゾクッとした。ご主人様は、冷血な顔でバイブレーターを挿入した。「アァア・・うぅ」声が出てよがる「ゆうこ、まだスイッチも入れてないのに、もう感じているのか」
ご主人様は、バイブレーターを縄で胴体に縛り固定してスイッチを入れた。固定されたバイブレーターは奥まで挿入されてGスポットに当たる。
乳首やクリトリスがビクンビクンとする。もう、どうなってもいいと快楽がずっと続けばいいのにと・・思いました。スイッチを入れられる。無機質な機械音ブィィーンと鳴る、膣の中で容赦なくうねるものに、腰が動く「あっあっ・・あー・・ご主人様気持ちいいです」もがけば、もがくほど縄が身体にしまっていく・・ご主人様はソファーに座りタバコを吸いながら、観賞している
「ゆうこ、何回も逝っていいぞ」「あー・・ヒィィー逝くっ逝っちゃうー気持ちィー」しばらくするとまたオーガニズムに達し、涙目になりながら何回も何回も逝き続けました。「うっ・・あー・・んんあーまた逝っちゃうー・・ヒィィー」「ハハハ・・完全に緊縛奴隷・・いい声出してるな」
「はい、緊縛奴隷になれて嬉しいです・・ヒィィー・・逝くっ・・あーああー」
逝き続けた後、疲れはててぐったりなっていた私を、ご主人は抱き抱え、最初に逢った時の優しい笑みで抱き締めてくれました。
「ご主人様のチンポが欲しいです・・どうか・・メス奴隷ゆうこのマンコにぶちこんでください」「そうか、今日は頑張ったご褒美だ」と、手枷足枷、足の縄をほどかれると、反り上がったチンポを挿入されて「あぁん・・凄く気持ちいいです・・温かい」「はぁ・・はぁ」ご主人様も息が荒くなる「パン・・パン・・パン・・ぐちゅぐちゅ」騎乗位や正常位になりながら「あぁん・・凄い・・ご主人の硬いチンポが奥まで入ってる・・ぁーいいー」「ゆうこ・・うっ・・逝きそう・・一緒に逝くっぞ」
「あぁん・・あー・・逝くぅー」昇天しました。
ノーマルセックスで味わえなかった刺激と感情の高鳴りで至福の時間過ごしました。「ゆうこ・・満足したか?」髪を撫でられる。わたしは声にならないコクンと頷きました。嬉し涙で抱きついてしまいました。思いきって出会い系サイトPCMAXで緊縛してくれる男性探して良かった。出逢えたご主人様、私の願望を叶えてくれてありがとうございました。

緊縛されてみたい方へのアドバイス

緊縛されてみたい方へのアドバイス

本人確認のないツイッターやSМ掲示板を利用するのは危険なので、本人確認や年齢確認があり安全で、女性は無料で使える大手の出会い系サイトを使って緊縛してくれる方を探し目見てはどうでしょう。緊縛拘束で身動きできない状態をさらけ出すのは、よほど信頼関係ないとできないことだから、秘密でサイトのメールで何度も交わしてから、お会いするのが良いでしょう。女性はメールが無料で使えるので安心して使えます。自分の知人との繋がりもないので、趣向がばれることもないし、理解してくれる人が見つかるかもしれないですよ。
私は7年間の間にワクワクメールと、ハッピーメール、
PCMAXに登録して、多くの男性の会員の方の中から、理想的な男性を見つけ出して、アブノーマルな体験何回もしました。

PCMAXの公式サイトはこちら

18歳未満利用禁止

まとめ

まとめ

最後まで、読んでくださってありがとうございます。出会い系サイトを使うことに躊躇している方、SМに興味あるけど、踏み込めない方に参考になればと思います。

PCMAX
Jメール
ハッピーメール
YYC
ワクワクメール

The following two tabs change content below.

ユウコ

性別:女性 プロフィール:カウンセラー・エステティシャン、バツイチ、Мっ気が自分にあることに気づき、彼氏と別れてからは、出会い系サイトで、秘密の出会いを求めてSМプレイ楽しんだり、胸キュンな恋愛も体験してます。好きなプレイは、緊縛、ソフトSМ、スローセックス

-出会いの方法, 女性向け記事
-,

Copyright© セフレ塾 , 2018 All Rights Reserved.