青姦

青姦とは何かを学んで最適な場所や体位でパートナーとセックスしよう

青姦とは?

青姦とは?

野外でおこなう性行為。

他の人に見られるかもしれない。ましてや野外でする行為ではない。
緊張感と背徳感を最大に感じられるプレイの1つです。

一度やるとハマってしまう方も多い青姦。

青姦をする場所、青姦をする上でのリスク、青姦時に注意したいこと。
青姦を知りたいか方には必見となっています。

青姦とは何

青姦は野外(ひと目が付かない場所)で行う性行為のことを指します。

以前は中学生、高校生が自宅でセックスが出来ない、ホテル代がまだ払えないなどの理由から、ひと目を避けて外で性行為をしていました。

いつの時代からかわりませんが、現在はプレイの一環として青姦があります。

それは学生でも一緒です。

青姦の魅力

青姦の魅力は見つかるか見つからないかといったドキドキ感。
普段隠さないといけない行為を外で行うことで得られる背徳感。

この二つが主な魅力として上げられます。
他にはあえて人に見られることによって興奮するために、青姦を選択する方も居ます。

青姦の危うさ

青姦の魅力はドキドキ感と背徳感。ハマる人には物凄くハマり「あの興奮が忘れられない」と新たな扉を開くこともあります。
とは言っても青姦は利点ばかりではありません。

青姦にも危険リスクはあります。
1つは公然わいせつ罪での逮捕
盗撮をされてゆすりもしくはネットでの拡散。
青姦をする場所を求めて知らぬ間に所有地に入り、不法侵入で捕まる場合もあります。

青姦をするならリスクがあることを頭に入れながら楽しんでください。

青姦に向いている場所

青姦に向いている場所

青姦の魅力とリスクを知ったら次は実際に青姦を行う場所です。

青姦をしやすい代表的な場所をご紹介しておきます。

自宅の庭

最も手軽で見付かりにくく、万が一見られても自宅の敷地内ですので、公然わいせつ罪にあたる可能性は低いです。(ただし、不特定多数が見られる状況での青姦は公然わいせつ罪に問われます)

ただ、バレてしまうとその後の近所付き合いが気まずくなるので、バレないほうが無難です。
実際は近所の方も見てもバレないようにこちらの様子を伺うことが多いです。
目が合えばあちらも気まずいので。

夜、庭で青姦をする際は必ず部屋の電気は消してください。
バックに光がある状況で動くと物凄く目立ちますので。

人通りの少ない夜の公園

青姦のド定番の場所です。

公園は手軽で行える場所ですが、緊張感が物凄く高ぶる場所でもあります。
公園は公共の場所ですので、人に見られて通報されると公然わいせつになります。
青姦に有名な公園ですと盗撮をされる恐れもあります。
盗撮された画像や動画をネットにバラまかれる恐れがありますので、公園での青姦は要注意です。

マンションのベランダ

自宅の庭と利点と欠点は一緒です。
注意をしないと公然わいせつにあたりますし、周りに知られれば今後の付き合いが気まずくなります。

ただ、体位を考慮してあげれば、ベランダからカラダを露出せずに青姦をすることは可能です。
ベランダの構造にもよりますが、手すりが高ければバックをやっても一人だけベランダに立っているように見えますし、難しい場合は騎乗位や座位を行えば、身を隠しながらアオカンをすることが可能です。

青姦ビギナーが初めて青姦をする際におすすめの場所です。
息を殺しながら周りの物音に若干の緊張を感じながらのセックスは物凄く興奮します。

浜辺の岩場

夏におこなう青姦の定番場所です。

岩陰に隠れて青姦をするのですが、浜辺の岩場は見つかる危険もあれば、怪我をする危険もあるので、おこなう際は注意が必要です。
また、岩場にはフナムシなど海の虫がいます。男性でも気持ち悪いと感じる虫ですので、女性が見るとそれだけで気持ちがなえてしまいます。

他にも浜辺は砂利が混ざってしまう恐れがあるので、砂はカラダについてない状態で青姦をしたほうが無難です。

キャンプ場

夏のキャンプフェスなどではよくおこなわれています。
ただ、キャンプ場と言ってもテント内で行うので、観られるリスクは非常に低いです。
外といっても布を一枚挟んでいるのでそこまで青姦要素は少ないですが、ライトな青姦を味わるには打ってつけです。

テント内なら公然わいせつに問われる可能性は非常に低いです。

テントは不便な場合はコテージなどを借りるといいです。
コテージで周りと離れている、または角に位置しているコテージなら外で青姦をしてもバレません。
コテージなどは周囲に街灯がない所が多いので、電気を消せば暗闇になるので、気付かれません。

駐車場

駐車場も意外に青姦に使われるスポットであります。
こちらも基本的に人があまり利用しない駐車場を利用します。

駐車場は立体駐車場など24時間開いている駐車場が狙い目です。
止める場所は屋上もしくはその一つ下の階で入り口から遠い場所などがいいです。

他にも商業施設が入っている24時間利用可能な駐車場もいいです。

大きな公園の駐車場も青姦をする際に有効となります。

車で死角を作りながらセックスをおこなってみてください。

青姦に向いていない場所

青姦に向いていない場所

基本的に青姦はひと目が付かなければどこでもできます。
なので、青姦が向いてない場所は必然的に決まってきます。

想像できる方はこちらは読まなくても大丈夫です。
ただ、ひと目以外にも気を付けないといけない部分もあるので、参考にしてみてください。

人通りの多い場所

青姦をする上で必ず踏まえないといけない基本的なことですね。

人通りの多い場所での青姦は捕まる恐れや撮影などをされてサイトにアップされる恐れもあります。
楽しく青姦ライフを送るためにも、人通りの多い場所は避けるべきです。

蚊が多くいそうな場所

人に見られる心配が限りなく低い山奥。ただ、その安心感を得るには大きな代償が必要です。
それは蚊です。
山奥は尋常じゃないほど蚊が多い上にサイズが大きい。
ものの5分居るだけで10カ所は刺されます。

青姦はできますが、青姦に集中する事は難しいので、蚊が多い場所は避ける方が無難です。

青姦の名所とされてる場所

青姦で有名な場所は多くの人が来ます。
それは一般の人ではありません。一緒に青姦をしたいと考えているカップでもありません。
多くは盗撮などを目的とした人達です。

盗撮でお金儲けをする人、盗撮を自分の趣味で鑑賞用として使用する人。用途は様々ですが、撮られていいもんではありませんので、名所とされている場所は避けるべきです。

また今の時代YouTuberが青姦の名所を巡る動画などアップしているので、そちらに上げられてしまう危険性もあります。

青姦が好きそうな女性の特徴

青姦が好きそうな女性の特徴

青姦をしたいけど、青姦をしてくれそうな女性がわからない。
今のパートナーは青姦が好きなのかな?聞くのではなく、自然に青姦に持っていくためにパートナーが青姦が好きなのかこっそり知りたい。
などと相手から直接聞きだすのでなく、特徴などの情報で青姦好きを探る方法をご紹介していきます。

露出狂

女性の露出狂はあまり多くは居ませんが、確かに存在します。
ただ、男性の露出狂とは違って自ら見せるのではなく。見られるかもしれない場所で露出やオナニーをしていることのほうが多いです。

ただ露出してる女性が居ればすぐにわかるのですが、普段は普通にしてるので、一見見分けが付かないのが普通です。

ですので、見た目だけで判断しなければいけません。
一概には言えませんが、ストレスの掛かる仕事をしてる、お堅い仕事に就いてる(意外に教師など人を指導する立場にある人など)
見た目で真面目だとわかる人。
などの特徴がある人は露出することを喜びに感じたり興奮を覚えることが多いです。

ドM

ドMと言ってもものすごいハードなものではありません。
激しく求められるのが好き、前戯なしにちょっと乱暴に扱われながらのセックスが好き、などのレベルです。

ただ上記のレベルのMの方は青姦が好きと言うよりも強く求められる事に満足をするタイプです。
中には青姦のスリルにハマる方も居るので一概にそうとは言い切れませんが。

特徴としては相手に強く求められることが好き、束縛が好きな女性などが該当します。
外見は可愛い系よりもボーイッシュ、綺麗系の方に多いです。

痴女

セックスを1つのコミケーションと捉えてる方です。エッチなことは悪いことと捉えることはなく、人間(動物)本来持っている欲求を正直に求めてる方々。

特徴は隠れて痴女でなければ、話していると痴女、セックスが大好きなんだとわかります。包み隠さずオープンに話してくれるので、わかりやすいです。

参考記事

メンヘラ

恋愛依存、人に依存しやすい方に多く見られるメンヘラ。
メンヘラの特徴は可愛い、不思議な魅力を持っている。などの特徴があります。人を惹きつけるものを多く持ってます。

意外にアプローチした可愛い子がメンヘラだったなんてことはザラにあります。

参考記事

青姦する時の体位

青姦する時の体位

興奮する、青姦時にしたい、便利な体位をご紹介していきます。

立ちバック

青姦の代名詞である体位ですね。
立ちバックは手軽でありながら攻撃的な体位ですので、人間本来の動物感も出るので物凄く興奮します。

それでいて、何かあった場合でもすぐに動ける状態にあるのもいいです。
青姦の為に考えられた体位と言っても過言ではありません。

参考記事

対面立位(駅弁)

こちらも男の力強さ、強さ(筋肉)を見せつける代表的な体位です。
無理にしてる訳ではないですが、男性のカラダに女性が委ねる形になるので、自然と独占してる、自分でコントロールしてる感覚に囚われます。

青姦時でも駅弁は狭い場所でもできる体位ですので、岩陰、ビルの間、トイレなど狭い空間で能力を発揮します。

対面座位

こちらも有名な体位の1つですね。
座位はやり方によってただイチャついてるカップルに見えるのが1つの特徴。
公園のベンチで青姦をする時に有効です。

もう1つが相手との密着度による相手の幸福感などが得られます。
ハードな体位が苦手な人にはオススメの体位です。

参考記事

その他

他にも青姦でも準備をすれば様々な体位ができます。室内でするような体位もできます。
正常位などはシートを敷くことで可能ですし、場所によっては正常位の方が都合がいい場合もあります。(ベランダでの青姦)
他にもシートを敷けば騎乗位だって可能ですし、シックスナインを外ですることも可能です。

青姦する時に便利なグッズ

青姦時に持っておくと何かと役立つグッズを紹介していきます。
男性は普段からカバンの中に忍ばしておくことをおすすめします。
いつどのタイミングで青姦ができるかもわかりません。

除菌シート(お尻拭きシート)

青姦は外で行為を行うので、どうしても汚れてしまう場合があります。
外で手を洗うこともできないことが多いので、そのような場合に除菌シートが活躍してくれます。

除菌シートはアルコール成分が多く入っている物よりも、デリケートな部分に使えるお尻拭きシートがいいです。

レジャーシート

レジャーシートは体位の幅が広がりますので、薄手の物でもいいので1つ持っておくといいです。
もし、クッション性も求めるならキャンプ用、登山で使うシートを探してあげると見つかります。

虫除けスプレー

夏の青姦に必要不可欠なアイテムです。絶対に持っておきたいアイテムです。
セックス後に虫刺されは本当に萎えます。後味が悪いので、今後青姦をしてくれない恐れがでてきます。

ワンピース・スカート

着替えとして使うのももちろん。青姦時に最も手間を取る部分である服を脱がす行為。服を着せる行為。この二つを一瞬で済ませてくれるので、ワンピース、スカート。
着たいもしくは着替えとして持っておきたいアイテムです。

替えの下着

室内のセックスでも下着は汚れます。それは青姦でも一緒ですし、青姦のほうが汚れる可能性が高いです。
可愛いものを用意できればそれに越したことありませんが、最悪コンビニの下着でも大丈夫です。

青姦をするパートナー

青姦をするパートナー

青姦をするにはパートナーが必要です。パートナーは恋人、妻、セフレ様々いらっしゃいます。
ただ、固定のパートナーが居ても青姦を承諾してくれるとは限りません。

固定のパートナーがいる方は提案、説得が必要となってきます。
相手によって提案と説得方法は変わってきますので、こちらで提案と説得方法の一例をご紹介していきます。

彼女・妻

関係の深さによっても変わりますが、付き合いが長いならストレートに「青姦をしたい!」もしくは外でひと気のない場所に行き「我慢できない...」と伝えて相手を求めるといいでしょう。
説得も特に必要ではないと思います。説得よりも場所を探す方に労力を使ったほうがいいです。

最初は人に見られる心配が少ない場所がいいです。
自宅のベランダ、庭、キャンプ場などを選択して気持ちやムードを高める様な演出をしてあげると、意外にすんなりと受け入れてくれます。

友人・知人

青姦するにはハードルの高い相手ですが、恋人予備軍、セフレ予備軍の友人知人ならできる可能性はあります。
提案はとにかくムードを良くして、気持ちを高めることに徹底するといいです。
また、説得はストレートに「青姦」と言ってはいけません。絶対にしらけます。

こちらも彼女、妻と一緒で自宅やキャンプ場。もしくは車などを使用した青姦がスムーズです。
デートや会う約束もそれを踏まえたものがいいです。
自宅で飲み会、キャンプをしてお泊り、車を使ってのデート、ドライブなどを提案してみてください。

ナンパした相手

ナンパした相手をその日のうちに青姦までする場合と、後日改めて会った上で青姦をする場合とでは、アプローチの仕方が変わります。

当日にナンパした相手との青姦の場合はとにかくエッチな雰囲気、相手に今からエッチをするかもしれないと覚悟をさせておくとスムーズです。

後日の場合は知人と友人の時と一緒です。

セフレ

こちらは説明がする必要はありませんね。
セフレにマンネリ、刺激の強いセックスをしたい、してみないか?と提案すれば済む話です。

ただ、セフレによっては青姦を望まない人も居ます。
なので、そのような場合は他のセフレを探して青姦を楽しむといいでしょう。

セフレが居ない方もセフレは一人や二人欲しい所ですよね。

出会い方は様々ですが、今この時点で出会える可能性が高く、手軽にはじめるならネットでセフレを探す方法ですね。

セフレ募集に最適なサイト

セフレ募集に最適なサイト

セフレを探すのに最適なサイトには条件があります。

・サイトが安全
・サービス提供が安定している
・新規の方が一定のリズムで入ってくる
・サクラが居ない

などが最低条件です。こちらの条件を最低でもクリアしているサービスを使用するようにしてください。
具体的にこちらで代表的なサイトをご紹介しているので、そちらも参考にしてみてください。

PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

出会い系最大手のサイトと言っても過言ではないサイトです。
新規のユーザー、利用者数、アクティブユーザー数などを見てもどれも高いレベルのものです。
他にも出会えるキッカケとなるサービス、仕組みが施されているので、キッカケ作りに苦戦する方でもすんなりと打ち解ける仕組みとなっています。

Jメール


アダルトに特化したサイトと言っても過言ではないほど、アダルト関連のサービス、カテゴリーが豊富に揃っていることで有名なサイトです。
マニアックな利用者も多いので、利用者数はそこまで多くないですが、今回の様に青姦を好む異性が居る可能性が非常に高いサイトのひとつです。

ワクワクメール


若い方にサービスを普及するために努力をされているサイトでもあります。そのため若い方が利用している印象を受けます。
ピュアの出会いが多いですが、ピュアと評してエッチな出会いを求めているむっつりが多い印象です。
ピュアな出会いを求めるならそれ専用のサイトがありますので、そちらを利用しないのはそういった意味合いを持っています。

ハッピーメール


掲示板の充実、プロフィール観覧が無料。この二つの組み合わせは出会い系をする上に非常に重要な要素です。
特にプロフィール観覧が無料のはありがたいです。掲示板(掲示板の詳細を覗く際はポイントが取られます)で気になった人のプロフィールを見る行為が無料なのはありがたいです。

YYC


手軽に相手に意思表示ができるボタンがあります。いいね!、ウインクなどキッカケ作りに役立ってくれます。
いいね!から会話に繋げられるので、話すキッカケ作りが苦手な人にはありがたいですね。

出会い系サイト
出会い系サイトのおすすめサイト一覧

コンテンツ1 出会い系サイトを選ぶための5つの基準2 おすすめの出会い系サイト①PCMAXの特徴3 おすすめの出会い系サイト②Jメールの特徴4 おすすめの出会い系サイト③ハッピーメールの特徴5 おすす ...

会員数が多い

会員数が多いことはそれだけ数が打てることです。数が多ければ多い分、出会える確率も高くなります。
特に出会い系はその手軽さと場所を選ばずに多くの異性との接点が持てることが大きな利点です。

最大の利点を昇華してくれるのが会員数の多さです。

会員の新陳代謝が良い

古巣の方がずっと居ることで会員が多くても意味がありません。
アクティブユーザー、新規の会員さんが入ってこなければ、出会いの数は増えません。
そのため会員の新陳代謝はもっとも大事なことであり、上記に紹介しているサイトは新規ユーザーを獲得するために企業努力をしているサイトです。

安全・安心

24時間監視体制を敷いているサイトが今では普通のサービスとなっています。
上記でご紹介したサイトも悪質なユーザーはしかるべき対処をしてくれます。悪質なことをされてもサイト運営者に報告すれば安心です。

PCMAXでセフレ募集をする手順

PCMAXでセフレ募集をする手順

具体的に上記でご紹介したサイトを利用して、セフレを募集する手順をご紹介していきます。
こちらでご紹介している方法は一つの例ですので、他にも様々な方法でセフレを募集することは可能ですので、
この方法を試したら、あとはご自身の独自の方法を確立してみてください。

PCMAXの公式サイトはこちら

18歳未満利用禁止

掲示板で探す

掲示板と言っても実際に掲示板に投稿されている内容で探すのではなく。掲示板liteで引っかかった相手の中からアプローチする相手を決めていきます。
掲示板に投稿されている方の多くは、一般の方とは違うことが多いので、避けた方が無難です。

掲示板liteでは「今すぐじゃない」「アブノーマル」「エロトーク」などの項目にチェックをして、該当するユーザーとメッセージのやり取りをしたのちに出会う。
といった具合に掲示板では相手を探します。

プロフィール検索で特徴の一致を検索

プロフィール検索で青姦に興味のある方を探し出します。
こちらの項目は上記で紹介した青姦が好きそうな女性の特徴を文章、画像、プロフィールから読み取ってアプローチをしていきます。
※とは言ってもほとんどわかりませんので、ご自身がそうだと感じたらアプローチをドンドンしたほうがいいです。出会い系の利点をフルに使ってください。

参考までに基準とする項目はお堅い仕事についている方、画像は無いもしくは露出の少ない服装での画像、趣味が流行りもの、優柔不断などといった項目があれば
アプローチをするべきです。

日記・ひとりごとから接触をはかる

日記の内容によっては構ってちゃんも居るので、すべての女性にアプローチをかけるのは得策ではありません。
他にも出会い系の中には自分の居場所であると思っている(オタサーの姫的な存在)勘違い女性も居るので、そちらも相手にしないほうがいいです。

日常を日記にしていたり、ひとりごとを呟いている方が狙い目です。

他には反対にこちらが日記とひとりごとを呟くことで、相手からアプローチをしてもらえるように仕向けることもあります。
会うことを視野に入れているユーザーは必ずプロフィールを隅々までみますので、日記、ひとりごともチェックをしていきます。
日記、ひとりごとでプロフィールでは語れないものを語ったり、自分のプロフィールに偽りのないものであると証明できるような画像を残すといいでしょう。

ある程度充実したものにしてあげると自然と相手からアプローチをかけて来てくれます。
※ただし、相手が実際にセフレになるのかどうかは会ってみないとわかりません。

メッセージから出会うまでは短く

出会うきっかけ、会うまでのキッカケは上記で紹介した三つの方法で探してみてください。

メッセージのやり取りまでいったら後は出会うだけです。
出会う約束はできる限り直近の日付にしてください。長くても1週間後です。それ以上に期間を空けると会う気持ちが相手になくなってしまう恐れがあります。
ですので、できる限り早めに会うようにしてください。

青姦がしたい女性へのアドバイス

青姦がしたい女性へのアドバイス

男性向けに今まで記事を書いてきましたが、こちらでは青姦をしたい女性、自然と男性が青姦に持って行くための誘導をご紹介していきます。
女性自身から青姦したいと言うのはハードルが高いと思いますので。

青姦をしたいことを行動で示す

言葉で伝えるのが難しいなら行動で示さないといけません。

ただ、男性は鈍感で気付くことが物凄く下手なので、行動は本当に大胆なものでないとわかりません。
上記で紹介した青姦ができる場所に行き、そこで激しいキスをする。あそこを触るなどしてあげると相手も気付きます。

あそこを触ればわかるのですが、あそこを自ら触るのに抵抗がある場合はキスやそれに近い言動をしないといけません。
言葉は青姦を連想させる「あまり人通りがないね」「何やっても気付かれなそう」などといった言葉を発した後にキスなどするといいでしょう。

服装はスカートもしくはワンピース着る

服装だけを変えてもわからないですが、行動と一緒に組み合わせることで相手が気付く可能性が高くなります。
また、激しいキスにスカート、ワンピースなど女性ならではの格好で迫れば、自ずと男性も気持ちが高ぶりますし、場所が場所ならそのまま行為に移ります。

アフターピルを持つまたはピルを飲んでおく

男性は常にコンドームを持ち歩いていることは少ないです。多くの方がラブホテルのコンドームを使用する。もしくはホテルに行く前に買うことが多いです。

持ってないことのほうが多いので、アフターピルもしくはピルを前から飲んでおくといいでしょう。
もちろんゴムを持っているならそちらを渡せばいいです。

替えの下着

青姦をするとパンツは汚れることが多いです。片足にパンツをかけて青姦をすることが多いのですが、大体がパンツはずり落ちて足元に落ちてしまうことが多いです。
また、パンツを横にずらして青姦をしてもパンツが汚れる運命にあります。

もちろん汚れてしまっても気にしない!って方は替えの下着が無くてもいいですが、あったほうが無難です。

青姦についての注意点

青姦についての注意点

青姦の注意点を知ったうえで青姦を楽しんでもらいたいと思います。

ばい菌などの感染

青姦をする場所によっても変わりますが、ばい菌が多い場所でセックスする場合もあります。
生殖器にばい菌が入れば炎症を起こしてしまうこともあります。

砂場での青姦、トイレでの青姦など雑菌が多い場所でのセックスは感染のリスクを高めます。
雑菌の多い場所で青姦をしたら洗浄をしておくといいです。

公然わいせつで捕まる恐れあり

青姦で一番気を付けないといけない事項であります。
ひと目が付く場所でのセックスは公然わいせつに当たるので、ひと目がある場所は十分に注意してください。

自宅のベランダ、庭でも一緒です。外から見える状況である場合は公然わいせつにあたります。それが例え私有地内でおこなっていてもです。
青姦とは違いますが、庭で全裸の男性が公然わいせつで逮捕された事例があります。
https://news.infoseek.co.jp/article/bengoshi_8319/

盗撮の危険

青姦は盗撮の恐れもあります。
特に青姦の名所とされている場所は盗撮の格好の餌食です。

盗撮された動画、画像は個人で使用するではなく。ネット上に公開される場合もあります。
実際にネット上に青姦の盗撮されたとみられる動画が落ちてます。

ですので、青姦の名所とされている場所での青姦は十分に注意してください。

知らずに不法侵入

山の中や廃墟とされている場所での青姦です。
山や廃墟はどなたか所有している土地である場合が多いです

ひと目が付かないといってそのような場所で青姦する際は十分に注意してください。
不法侵入で捕まる場合もあります。

まとめ

まとめ

青姦は刺激的なプレイのひとつですが、それに伴うリスクも存在します。
そちらを踏まえて青姦を楽しんでください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

てっぺい

プロフィール:高スペック・低スペック。特に目立ったキャラはない!どこにもいる男が書くリアルな体験談。サクセスストーリーはない。どこまでもリアルを追い求めた記事をお読みになりたいならこちら。

おすすめ記事3選

1

コンテンツ1 PCMAXの特徴2 PCMAXアプリ版のメリット・デメリット3 PCMAXを使って分かったメリット・デメリット4 PCMAXの登録方法と利用方法5 PCMAXの利用料金6 PCMAXでの ...

2

コンテンツ1 PCMAXの公式アプリについて2 ハッピーメールの公式アプリについて3 ワクワクメールの公式アプリについて4 Jメールの公式アプリについて5 YYCの公式アプリについて6 セフレの作り方 ...

3

コンテンツ1 ワクワクメールの特徴2 ワクワクメールの公式アプリ3 ワクワクメールを使ってわかったメリット・デメリット4 ワクワクメールへの登録方法5 ワクワクメールの利用料金6 ワクワクメールにログ ...

-大人の性教育, 知っておきたい事
-

Copyright© セフレ塾 , 2019 All Rights Reserved.