Jメールにいるサクラと思われるユーザーの正体を暴いてみました

更新日:

Jメールには何故サクラが存在しないのか

ここでは、Jメールになぜサクラが存在しないのかという事を詳しく説明させていただきます。
出会い系サイトで相手を探そうとしても、インターネットの口コミサイトなどを見ると、「○○というサイトはサクラばかりで全く出会えない」などの書き込みを見ると、あのサイトにはやっぱりサクラがいるんだなどの誤解を持ってしまいます。
もちろん、サクラを使っている出会い系サイトも存在していますが、Jメールにはサクラはいません。これは断言できます。しかし、これだけではにわかには信じられないでしょう。
これから説明させていただくJメールの特徴などを見ていただければ、Jメールにサクラがいない事を理解していただけると思います。

Jメール【2019年最新使い方ガイド】出会いの方法を徹底解説

運営歴や会員数

まずは運営歴や会員数についてです。
Jメールの運営歴は約20年です。会員数も450万人を超えています。これがサクラがいない事と何の関係があるのかと思われる方もいらっしゃると思いますが、ひとつずつ説明させていただきます。
まずは運営歴についてです。
運営歴が長いという事はこれまでに悪い噂が少ないという証拠になり、そのサイト自体の信頼感に繋がってきます。また、運営の管理監視体制がしっかりとしている事の証拠にもなります。
つまり、サクラなどを使っていないので、悪い噂も立つはずがありません。
また、運営の管理監視体制がしっかりとしているという事は会員数の増加にも繋がってきます。
Jメールの運営は24時間365日監視してくれており、他人に迷惑を掛ける悪質ユーザーなどの排除を行ってくれています。これにより、優良会員しか残らなくなっていきます。これを繰り返していく事で優良会員だけがどんどん増えていく事になります。
サクラを雇わなくても、優良会員だけで十分にサイト内が盛り上がる事は改めて言わなくても分かるのではないでしょうか。

広告活動

次は広告活動についてです。
Jメールは広告活動にお金を掛けているイメージがあります。街中にある巨大看板・広告トラックを見かけた事はありませんか?他にも女性誌を中心に広告を掲載しています。これだけでも月にウン十万と広告費が掛かっているでしょう。
実際に広告を掲出したからと言って、確実に会員が増えるという保証はどこにもありません。確実に会員を増やしたいのであれば、広告費をサクラを雇う人件費に充てた方が早いと思いませんか。
それでも地道な広告活動を行っているという事はサクラがいない事の証拠になるのではないでしょうか。

利用料金

最後は利用料金についてです。
Jメールの利用料金は非常にリーズナブルで使いやすくなっています。プロフィール閲覧に1ポイント(約10円)、メール1通送信に5ポイント(約50円)掛かります。優良出会い系サイトと呼ばれているものは大体この辺りの金額帯となっています。利用料金が安いという事はサクラの人件費が出にくいという事にも繋がって来るのではないでしょうか?
個人的には利用料金が高いサイトであればあるほど悪質なものが多い様な気がします。

サクラまがいの人物の正体

先程、Jメールにサクラがいない理由を説明させていただきましたが、「そんな事は無い!実際にサクラとやり取りしたことがある」「散々やり取りした挙句に急に連絡が来なくなった経験がある」という方はいらっしゃると思います。
その場合にやり取りをしていたのはサクラでは無く、サクラに間違えられやすい人物とやり取りしていたと考えられます。急に連絡が来なくなった場合も同様ですが、あなたにも問題があったかもしれませんよ。
それでは、Jメール内でサクラに間違えられやすい人達の正体について説明していきましょう。

援デリ業者

まずは援デリ業者です。
援デリ業者は実際に会えるので、サクラと間違えられる事は少ないでしょう。
しかし、援デリと関わるとすぐにセックスが出来ること以外に良い事はありません。セックスをする時には必ず金銭のやり取りが発生したり、事務的なセックスしか出来なかったりと良い事はありません。
しかも、援デリは管理売春という括りにもなります。仮に援デリを管理している会社が摘発などされた場合、あなたに直接被害が及ぶ事はありませんが、事情聴取などに協力しなければならない場合もありますので、十分に注意して下さい。

援交目的の女性

Jメールには援交目的の素人女性もいます。この様な女性はサクラでは無く、援デリと間違えられる事が多くなっています。
何らかの理由があってお金を必要としている女性ですが、あくまでも素人女性ですので、出会ってセックスをする相手は誰でも良いという訳ではありません。セックス以外でも楽しい時間を過ごしたいと考えて、出来るだけタイプに近い男性とセックスをしたいと考えるのは当然でしょう。
この為にあまりにも失礼な事を言ってくる男性やあからさまにヤリモクの男性は敬遠するでしょう。これがメールを送ったのに連絡来ない→あいつはサクラだと勘違いされてしまう事になるかもしれません。

ネットワークビジネスの勧誘が目的の女性

次はネットワークビジネスの勧誘が目的の女性についてです。
ネットワークビジネスに勧誘する女性も実際に会う事を目的としている事が多いので、サクラと勘違いされる事は少ないと考えられます。
ネットワークビジネスの勧誘が目的の女性とは絶対に関わらない様に注意して下さい。すぐに会いたがるのは、直接会って勧誘をした方が早いし、逃がさない自信があるからです。最初は綺麗な女性が話をするのですが、途中で強面の男性と入れ替わって契約するまで帰らしてもらえないなんて事になるかもしれません。ネットワークビジネスと言えば聞こえはいいですが、ねずみ講とさほど違いはありません。
この様な女性と関わらない様に十分に気を付けなければなりません。

キャッシュバックが目的の女性

次はキャッシュバックが目的の女性についてです。
キャッシュバック目的の女性は実際に出会う事は絶対に出来ませんので、最もサクラと勘違いされやすい存在になります。
Jメールを利用している女性の中にはキャッシュバック目的で登録している女性も存在しています。メールをやり取りしたり、掲示板に募集をする事でポイントを貯めて、ポイントを現金化する事が出来て、ちょっとしたお小遣い稼ぎになります。Jメールはポイント換金率が良い事でも知られています。
キャッシュバック目的の女性の特徴は話が噛み合わない・短文で返事をしてくる・急に態度が変わるなどが挙げられます。
話が噛み合わないのは、とにかく相手をメールのやり取りが出来ればポイントは貯まっていくので、相手のメールの内容などに興味はありませんし、聞かれた事に応えるつもりもありません。その為に話が噛み合わない事が出てくるのです。
短文で返してくるのは、とにかくメールのやり取り回数を増やして、ポイントを稼ごうと考えているからです。相手のメールに長文で返しても、短文で返しても1回には変わりありません。効率良く稼ごうと考えれば、1度で終わる内容でも2・3度に分けて短文で返していく事になります。
急に態度が変わるのは、男性の方からやり取りを止めようとした場合です。男性が会えそうにない女性だと感じてメールを止めようとしたり、ポイントが無くなりそうだと伝えたりすると、それまで会う気なんか全く無さそうだったのが、急に「近い内に会いたいと思っているよ」という風に態度が変わります。もちろん、会う気なんて全くありません。ただメールのやり取りを止められてポイントが稼げなくなるのを避ける為です。
男性はポイントを購入して、ダラダラとやり取りを続ける事が無いように注意していきましょう。

メンヘラ

次はメンヘラの女性についてです。
メンヘラはメンタルヘルスの略語で精神的に疾患を持っている人の事を指します。
特徴としては、常に誰かに見られていたい、構っていてもらいたい、繋がっていたいと考えています。Jメール内では日記やつぶやきを多く利用している人が近いのかもしれません。自撮り写真をアップしてみんなに見てもらいたい、たくさんのコメントをもらいたいと考えています。いわゆる承認欲求が強い女性です。
中にはアダルト要素の強い写真をアップしたり、すぐにでも会えそうな内容を投稿したりして多くの異性の目を惹こうとしている人もいます。しかし、承認欲求さえ満たす事が出来れば満足してしまうので、その投稿を見てコメントをしたり、メールを送ったりしても確実に会える保証はありません。この為にメンヘラの女性はサクラに間違えられる事があるのです。

ネカマ

最後はネカマについてです。
ネカマとは「ネットおかま」の略語で、チャットや掲示板、SNSなどに女性のふりをして参加する男性の事を指しています。
どんなにやり取りをしても、相手は女性になりすました男性ですので会えるはずもありません。
特徴としては、すぐに会いたいと言ってきたり、アダルト要素の強い写メを送ってきたりする小糸が挙げられます。
なぜ、男性が女性になりすまして男性とやり取りをするのでしょうか?答えは簡単です。お金儲けの為です。キャッシュバック目的の場合もあります。男性ですから男性が喜びそうなメールの内容も心得ています。
人それぞれネカマをする理由は色々とあるのでしょうが、関わりたくない存在には違いありません。

サクラもどきの人物の特徴

ここではJメールにいるサクラと勘違いしてしまうユーザーの特徴をいくつか見ていきましょう。この特徴は特に女性の方によく読んでいただきたいと思います。
Jメールで一度でもサクラという疑いを掛けられてしまうと、いくら募集をしても相手を見つける事は難しくなるでしょう。
これから説明させていただく事は女性がJメールを利用する際に気を付けなければならない事だともいえるでしょう。
男性目線でピックアップさせていただいていますので、読み進めていただければと思います。

すぐにお金の話をする

男性からすると、やり取りを始めてすぐにお金の話をされると興ざめしてしまいます。男性の私が言うのもなんですが、男性は意外とロマンチストでJメール内の相手にも疑似恋愛感情を抱いてしまいがちです。女性には男性の夢を壊さない様にして欲しいと思います。
また、すぐにお金の話を持ち出してしまうとJメール内で絶対に関わりたくない存在である“援デリ”と勘違いされてしまうケースもあります。口コミサイトなどを見ても「援デリとは関わらない様にしましょう」などの記事を多く見かける事があります。
援デリとセックスをするには必ずお金が必要です。すぐにセックスが出来るというメリットはありますが、セックスをする度にお金を支払わなければなりません。しかも、援デリは短時間で効率良く稼ごうと考えていますので、ホテルに入るなりシャワーも浴びずにセックスをしようとしたり、事務的なセックスしか出来ないケースが多々あります。この様な理由から援デリは厄介な存在となります。
あなたがあまりにもお金に執着する様な援デリまがいの事をしてしまうと、援デリに勘違いされてしまうケースも出てくるでしょう。出会い系サイトの口コミ掲示板もありますので、サイト内のニックネームをさらされてしまい、いくら募集をしても中々相手が見つからないなんて事にもなってしまいます。

話が噛み合わない

男性からすると、話が噛み合わない女性はサクラやキャッシュバッカーに疑われやすい存在となります。こちらの質問に対して、のらりくらりと曖昧な返事をしたり、ちぐはぐな返事をしていてはサクラと疑われてしまいます。男性側に少しでも変だなと感じさせてしまってはいけません。そこでやり取りは終了してしまいます。
また、男性側から質問されるばかりでは無く、女性側からも質問を投げかけてみましょう。そうしないと、男性は「自分にあまり興味が無いのかな?」と感じてしまいます。何を聞いたら良いか分からない人は男性からの質問をそのまま相手に返してみましょう。会話を続けるテクニックの一つでオウム返しとも呼ばれています。

外部サイトへ移行したがる

素人女性が外部サイトへ誘導するとは思えませんが、この様な行為は男性からすると誘導業者と捉えられて敬遠されてしまいます。
この様な誘導業者は間違いなくサクラなので、絶対に関わらない様に注意が必要です。別のサイトに登録されるだけであれば特に問題は無いのですが、一度登録されてしまうと退会方法も見つけられず、高額な利用料金の請求書が手元に届くような事になってしまいます。
女性になりすましたサクラは言葉巧みに誘ってきますので、「簡単に登録できる」「無料で利用出来る」などの言葉に騙されない様にしましょう。

プライベートの連絡先を交換したがる

プライベートの連絡先を交換したがるのは、アドレス回収業者と勘違いされてしまいがちです。女性は最初のやり取りでいきなりLINEIDを教える様な事は避けた方が良いでしょう。
確かにJメール内では男性は料金が掛かってしまうので、LINEなどでやり取りをした方がありがたいのですが、いきなりでは男性も警戒してしまいます。少しやり取りをして、連絡先交換を切り出した方が相手からも警戒されずに、すんなりと交換できるでしょう。
私がこれまでに会ったほとんどの女性は実際に会う前にLINE交換などには応じてくれませんでした。実際に会った後はほぼLINE交換に応じてもらっています。相手が素人女性であれば、この流れが大半だと思います。
女性側の口コミなどを見ても、いきなりLINE交換を要求してくる男性は業者の可能性が高い、ポイントをケチる様な男はロクなヤツがいない等と書き込まれています。立場を変えて考えてみれば、すぐに分かる事だと思います。

相手に求める条件が幅広い

Jメールのプロフィール欄には「興味あること」を設定する事が出来ます。アダルト・ノンアダルト併せると、30個以上の項目があります。
プロフィールを見ると、何十個も選択している人がいるのを見かける事があります。個人的な意見かもしれませんが、この様なプロフィールを見かけると「とにかく会えれば相手は誰でも良いんだ」と感じてしまいます。
男性側からすれば、その様なプロフィールを見て、とにかく会えれば誰でも良いと捉えられてしまうのは女性にとって大きなマイナスとなるでしょう。とにかく、たくさんの男性と関係を持ちたいと考えている、援デリやキャッシュバッカーに間違えられる可能性も高くなってきます。十分に気を付けておきましょう。

サクラと誤認されるユーザーへの対応策

ここでは、Jメールにいるサクラと勘違いするユーザーへの対応策について見ていきましょう。男性の方にはよく読んでいただいて、Jメールを利用して相手を探す場合にはぜひ試していただければと思います。

相手のプロフィールを確認しよう

Jメールを使って相手を探そうとした場合、まずは相手のプロフィールを確認してみましょう。プロフィールからも相手の事が色々と分かってきます。
先程も少し触れましたが、相手に求める条件を幅広く設定している人は、相手は誰でも良いと捉えられがちになります。
反対にプロフィールが空白だらけの人とも関わるのは控えた方が良いでしょう。プロフィールは実際に出会う前までの唯一のアピールする場所ですので、しっかりと項目を埋めている人でなければ、本気で出会いを探しているとは到底考えられません。その様な相手と関わっていては、ポイントや時間ばかりを無駄にしてしまうだけです。
また、プロフィールの写メにアダルト要素が強い物を使っている人も避けた方が良いでしょう。
よく考えてみましょう。Jメールの会員数は450万人です。ひょっとすると友人や知り合いが利用しているかもしれません。その様な場所に素人女性がアダルト要素の強い写メを使うでしょうか。その写メが原因で身バレしてしまう可能性もあるでしょう。
この様に考えると、顔出しをしている人や裸や下着姿の写メを使っている人は素人女性とは考えにくいと思います。今はインターネットを使えば、色々な画像を入手する事は簡単です。皆さんも拾い画につられない様に十分に注意しましょう。

投稿回数などを確認しよう

募集掲示板に書き込まれている投稿回数などにも注意が必要です。
Jメールの募集掲示板はいくつかのジャンルに分かれています。ひどい人になると、同じ時間帯にいくつものジャンルに書き込みをしている人がいます。この様にとにかく誰でも良いと考えている様な人は援デリと勘違いされやすくなります。
Jメールでは相手のプロフィールを見ると、下の方に「過去の投稿」という部分があります。ここをクリックすると、投稿した日時や内容を確認する事が出来ます。毎日の様に投稿している人やコピペをした様な同じ内容や文章で投稿している人とも関わるのは控えておきましょう。
あまりにも長い期間投稿したままになっているものは削除した方が良いでしょう。

写メ交換をお願いしてみる

サクラと誤認されやすい人を見分ける方法として有効な手段である、写メ交換について説明させていただきます。
写メ交換が出来る人は実在する人物であると考える事が出来ます。
但し、気を付けておかなければならない事は女性になりすました男性でも写メ交換するのは可能だという事です。先程のプロフィールを確認しようの所でも説明させていただきましたが、写メだけであればインターネットでいくらでも探してくることが出来ます。この為に男性でも美人の写メを交換する事が出来ます。
写メ交換の段階でなりすましを見分けようとすると、今日の日付と時間を書いた紙を持った写メ交換をお願いしてみましょう。これであれば、インターネットの拾い画を利用する事は絶対に出来ません。
しかし、この様なお願いをすると、面倒くさいなどと色々な理由を付けて断ってくる人もいます。この様な人には次の様な事をお願いしてみましょう。

ビデオ通話をお願いしてみる

サクラと誤認されやすい人を見分ける最も有効な手段について説明させていただきます。
最も有効な手段はビデオ通話です。ビデオ通話は何も準備するものも無く手軽に行えるというメリットがあります。また、ビデオ通話をするには相手が実在していなければなりません。写メだけであれば誤魔化す事は出来ても、ビデオ通話では絶対に誤魔化す事は出来ません。
しかし、素人女性に対して、いきなりビデオ通話をお願いするのはハードルが高すぎます。ほとんどの場合は断られるでしょう。ビデオ通話をするまでには、LINE交換→写メ交換→無料通話→ビデオ通話という風に段階を踏んでいかなければなりません。少し時間と手間は掛かりますが、ビデオ通話が出来るという事はそれだけ価値がある事だと考えていただいて良いでしょう。

Jメールの総合情報

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

出会いの迷人

性別:男性 プロフィール:現在、4つの出会い系サイトを駆使して、セックスライフを楽しんでいる。出会い系サイトで出会って、多数のセフレを作った経験がある自称出会いの名人。

-Jメール, 出会い系サイトやアプリ
-,

Copyright© セフレ塾 , 2019 All Rights Reserved.