JC援交

JCとの援交(JSやJKも)に使われる可能性があるアプリや掲示板とは

誰でも利用できるアプリや掲示板

誰でも利用できるアプリや掲示板

出会いを探そうとした場合にインターネットを使って調べていくと、男女が出会う為のアプリや掲示板の種類の多さに驚く人も多いのではないでしょうか?
しかし、その中のどれを使っても良いという事はありません。中には誰でも気軽に利用する事が出来るアプリや掲示板も非常に多く存在しています。手軽に利用出来る反面、リスクが多いという事がほとんどです。
ここでは、誰でも利用できるアプリや掲示板の特徴、そこに隠れているリスクなどについて詳しく説明させていただきます。

本人確認や年齢認証の必要がない

誰でも利用できるという謳い文句をウリにしている様なアプリやサイトは登録時に本人確認や年齢認証が設けられていない事がほとんどです。
すぐに利用出来るから良いねと考える方もいますが、こんな場所リスクしかないと考える方もいると思います。前者の場合は出会い系サイトをあまり利用した事が無い方、後者の場合は出会い系サイトを使って安全に相手を見つけている方だと思います。
本人確認が無いという事は1人でいくつものアカウントを作る事が出来る為に業者の温床になってしまいます。また、年齢認証が無いと18歳未満の未成年者でも利用する事が出来るという事になってしまうのです。18歳未満と関わってしまう可能性があるというだけでも、かなりのリスクがあるという事になります。

登録なしで誰でも利用できる

中には登録フォームも用意されていない様なアプリやサイトもあります。これでは自分の事をアピールするプロフィールを作る事も出来ません。
登録フォームが用意されていても、ニックネームと18歳未満でありませんという箇所にチェックを入れるだけで登録が完了してしまう様なアプリやサイトもあります。形式だけで18歳未満を排除しているという事にはなりません。

完全無料で利用出来る

男女ともに完全無料!!なんていうフレーズをウリにしている様なアプリやサイトも非常に多くなっています。
タダより高いものは無いではありませんが、男女ともに全てのコンテンツが無料で利用出来るアプリやサイトにはリスクしかありません。
個人情報の管理や悪質ユーザーの取り締まりなどは有人サポートで行っていくしかありませんので人件費が掛かってしまいます。この為に男性は課金制になっており、男女ともに無料で利用出来るという様な事は考えられないのです。

実際の出会いには向いていない

ここまで読み進めていただいた方であれば、すでにお分かりの事だとは思いますが。結論としては、誰でも無料で利用出来るようなアプリやサイトは実際の出会いには向いていないという事になります。
登録時に年齢確認などの審査が無い事、無料で利用できるという事は利用者の低年齢化や業者の蔓延を招いてしまいます。
この様な場所では、私たち一般ユーザーは安心して出会いを探す事は出来ません。

JCでも自由に使えるアプリや掲示板


先程は誰でも利用出来るアプリや掲示板の説明をさせていただきましたが、ここではJCでも自由に使えるアプリや掲示板を紹介させていただきます。JCだけでなく、JSやJKでも誰でも利用可能となっています。
説明に移る前にJCって何?と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか?JCという言葉はインターネット上の隠語として使われています。
JSは女子小学生、JCは女子中学生、JKは女子高生の事を表わしています。これ以外にもインターネット上で使われる隠語はたくさんあるので、その都度調べていくと良いでしょう。
それではJCでも自由に使えるアプリや掲示板の説明に移りましょう。

スカイプちゃんねる

まずはスカイプちゃんねるです。
スカイプちゃんねるはビジネスシーンなどで使われる事が多いスカイプアプリのIDを自由に交換する事が出来るインターネット上の掲示板です。スカイプIDさえ持っていれば、JCでも簡単に利用する事が出来ます。
JCでも簡単に募集の書き込みも出来ますし、誰にでもアプローチしていく事が出来ます。また、募集にはタグを付ける事が出来ます。このタグで相手を検索する事も出来るようになっています。
スカイプIDを交換する事が出来れば、チャットだけでなくビデオ通話も楽しむ事が出来ます。

LINE掲示板

次はLINE掲示板です。
LINE掲示板は先程のスカイプ掲示板で使うスカイプIDがLINEIDに変わったインターネット上の掲示板です。
掲示板内では簡単なプロフィールと写真とLINEIDが記載されているので、気になる相手を見つけたらLINEIDを交換してチャットやビデオ通話などを楽しんでいきましょう。LINEはスカイプに比べると利用者も非常に多いのであなたの好みに近い異性を見つける事も出来ると思います。最近は携帯を持っているJCも多いので、LINEを使っているJCも多くなっています。

参考記事

チャットアプリ

次はチャットアプリです。
チャットアプリはスマートフォンの普及に伴って急速に増えています。アプリ内で色んな人と知り合いになってチャットをする事を目的としています。
有名なチャットアプリとして「友達作りTalk」「ひま部」「ぎゃるる」などがあります。この中のひま部というチャットアプリは“学生限定トークコミュニティ”というサブタイトルが付けられている位です。さらに学生証もしくは保険証を使って、学生である事の確認を行っています。この為に社会人は利用する事が出来なくなっています。この為にJCでも利用する事も可能となっています。

モバゲー

次はモバゲーです。
モバゲーはDeNAが運営しているSNSです。日記作成、友人紹介、メッセージのやりとりなどを行うことが出来ます。他にも有名人のブログや小説など色々なコンテンツを楽しむ事が出来ます。その中でもおススメはスマートフォン向けのゲームです。モバゲー内のコンテンツは全て無料で利用する事が出来るのですが、登録が必要になります。特に利用制限なども設けられていないので、JCだけでなくJSも利用する事が出来ます。
一緒にゲームをしてクリアしていったり、攻略法を教え合ったりして一体感を楽しむ事が出来ます。

ツイッター

次はツイッターです。
ツイッターは芸能人や有名人なども利用しているSNSです。自分自身でつぶやいたり、気になる相手をツイートしたり、見ず知らずの人と簡単に繋がる事が出来ます。
また、ツイッターは1人でいくつものアカウントを持つ事が出来るのも特徴となっており、本垢・趣味垢・裏垢・サブ垢などを上手に使い分けている人もいます。それぞれのアカウントで繋がる人が違っていたり、繋がる人を限定する為に鍵を掛けるなどをしています。
また、ツイートにはハッシュタグを付ける事が出来ます。付けられているハッシュタグをタップすると、そのハッシュタグを含む他のツイートを表示する事が出来るなど非常に便利な機能となっています。
ハッシュタグには、#JC #JKなどが付けられている事もあることからもJCでも利用する事も可能となっています。

参考記事

フェイスブック

次はフェイスブックです。
フェイスブックも利用者が多いSNSです。原則実名登録となっており、ビジネスシーンで使っている人もいる位です。使い方としては知り合いを見つけたり、近況を報告したりが主になっています。他にも在席していた学校を登録する事も出来るので、同窓会を開く時の人探しやお知らせツールとしても効果を発揮します。
特に利用制限が設けられている訳ではありませんので、JCでも利用する事が可能となっています。

インスタグラム

最後はインスタグラムです。
インスタグラムは利用者が確実に増えてきているSNSです。主に画像や動画を投稿する為に利用している人が多くなっています。数年前にリリースされた「ストーリー」という機能は投稿した写真や動画が24時間以内で自動的に消去されるという特徴があります。この機能も利用者増加に一役買っています。
他にも投稿にはハッシュタグを付ける事が出来たり、写真を加工出来たりします。
この様なサポートも映える写真が大好きなJCやJKにとってはありがたい事だと思います。

スカイプちゃんねるを例に危険性を説明

スカイプちゃんねるを例に危険性を説明

先程、説明させていただいた場所の特徴はご理解いただけたかと思いますが、危険性については触れていません。
先に結論から言わせていただくと、JCが自由に使えるアプリや掲示板を使って出会いを探す行為は危険極まりないです。なぜ、JCだけでなく、JSやJKが出入りできる場所で出会いを探す事が危険なのかを、スカイプちゃんねるを例にとって説明させていただきます。

参考記事

JC/JS/JKが自由に出入り

スカイプちゃんねるは利用登録時に年齢確認がありません。それもそのはず、スカイプちゃんねるはスカイプIDを交換して、主にチャットを楽しむ事を目的として作られた掲示板だからです。もともと異性との出会いを目的として作られていませんので、年齢確認が設けられていないのです。
この事を知らずに異性にアプローチしていくと、JCと関わってしまう可能性もあります。18歳未満であるJCとは会うだけでも法律違反になってしまいますし、もしJCと援交をしてしまうと逮捕されてしまいます。さらに相手がJSになると、JCと関わった時以上に重たい罪に問われる事になります。十分に気を付けて下さい。

自称18歳以上でも危険

スカイプちゃんねるには、登録時に年齢確認が設けられていませんので、「自称18歳以上」のJCやJKが存在していても不思議ではありません。
援交を目的とする18歳未満の女子は、嘘をついてでも18歳以上と自称している可能性が高くなります。正直、最近のJKは大人びていて化粧をされると20代に見えてしまう事の方が多くなっています。
怪しいなと感じる相手には近づかない事が最も良い方法なのですが、どうしても関係を持つ場合は運転免許証などの公的な身分証明証を見せてもらって、必ず年齢確認をして下さい。「今は持っていない」などと言われた場合は断る事をオススメします。

IDを交換すると即自由に会話が出来る

掲示板内でスカイプIDを交換する事ですぐに会話を楽しめるのもスカイプちゃんねるの大きな特徴となっています。
出会い系サイトなどで素人女性と知り合ってもサイト内でやり取りをすると、男性はポイントを消費してしまうのでお金が掛かってしまいます。この為にすぐにスカイプIDなどが交換出来る事は非常にありがたいのです。
しかし、その男性の心理を逆手にとって、スカイプちゃんねるを悪質サイトへの入口としている場合もあります。この様に悪質サイトへの誘導を目的としている存在を「誘導業者」と呼んでいます。悪質サイトへ誘導して、自動登録させる事で高額な請求をする事を目的としている為に絶対に会う事は出来ません。

業者などが蔓延している

スカイプちゃんねる内にいるのは誘導業者だけでありません。他にも援デリ業者やアドレス回収業者などが蔓延しています。
援デリ業者は男性と肉体関係を持つ事でお金を稼ぐ事を目的としています。すぐに会えてセックスが出来るというメリットはありますが、セックス自体も事務的で楽しむ事などは絶対に出来ません。また、援デリは管理売春とも呼ばれており、援デリと関わった男性が直接罪に問われる事はありませんが気を付けておかなければなりません。
アドレス回収業者は他人のメールアドレスやスカイプIDなどの個人情報を売買する事を目的としています。関わってしまうと、あなたの連絡先がいつの間にか売買されてしまい、大量の迷惑メールが届く様な事にもなってしまいます。最悪の場合は連絡先を変更しなければならない事にもなってしまいます。実生活にも影響が出てくるので、十分に気を付けておきましょう。

運営の管理が緩い

ここまで、スカイプちゃんねるを利用する危険性について説明させていただきました。JCとの援交の可能性や業者との接触など多くの危険が潜んでいる事をご理解いただけたのではないかと思います。
しかし、男女の出会いの場を提供している中にも業者が少なく、18歳未満が利用出来ない場所も存在しています。なぜ、スカイプちゃんねるがこの様な事になるのでしょうか?その理由は運営の管理の差です。運営がしっかりと機能していなければ、あっという間に業者の温床になってしまうのです。

援交で逮捕されるとどうなる

援交で逮捕されるとどうなる

ここではJCと援交をしてしまい、逮捕されるとどの様な結果をもたらすのかを説明させていただきます。これまでもJCとの援交はリスクがあると説明さはさせていただいていますが、もう少し具体的に見ていきましょう。
JCとのひと時の快楽に溺れる様な事が無いようにじっくりと読み進めていただければと思います。

公務員や要人などの場合は報道される事も

一般人がJCと援交をする場合もありますが、ニュースなどで取り上げられる事はまずありません。これが公務員や要人の場合はマスコミの格好のターゲットにされてしまい、ニュースで連日報道されてしまいます。
少し前に現職の県知事が出会い系サイトと通じて知り合った女子大生と援助交際をして辞職した事を覚えていらっしゃるでしょうか?この場合、相手の女性は18歳以上で法律的には何ら問題はありませんでしたが、県知事という要人である事がマスコミの格好のターゲットになって大きく報道される結果になってしまいました。事態収拾の為に辞職するという結末に至りました。
この様に考えると大企業の会社役員や芸能人などは援交相手がJCでなくても、マスコミの格好のターゲットになる事は十分に考えられます。

家族との信頼関係が崩壊する

JCと援交した事が明るみになってしまうと、家族との信頼関係が崩壊する事も考えられます。援交の相手が自分の子供より年下の場合はなおさらでしょう。妻や子供、親などに白い目で見られる事は避けられません。
仮にJCと援交した事が報道される様な事になると、引っ越しをしなければならなくなるでしょう。それだけで済めば良いのですが、最悪の場合は離婚しなければならないという事も考えられます。

職場から解雇される可能性

JCとの援交が発覚した場合、職場から解雇されてしまう可能性も十分に考えられます。この不景気では再就職もままならないでしょう。仮に大企業の会社役員である場合は自分自身だけでなく、企業自体のブランドにも傷を付けてしまう事になります。その様な事になってしまうと、株価が急落し会社の業績にも大きな影響が出てしまいます。
どの様な人物であってもJCとの援交はやってはいけない事ですが、自分自身の立場や与える影響なども良く考えて行動する様にしなければならないという事になります。

18歳未満と援交した場合

先程も説明させていただいた通り、18歳未満のJCと援交をしてしまうと罪に問われて逮捕されてしまいます。18歳以上に見えたから、相手が18歳以上と言ったからなどの理由では罪から逃れる事は出来ません。
余談になりますが、卒業間近のJKとはたとえ18歳以上でも関係を持ってはいけません。この場合は年齢よりも子JKであるという事がNGになります。

13歳未満と援交した場合

18歳未満の括りの中に13歳未満というもう一つの区切りが存在しています。これは13歳未満のJSの事を指しています。相手が13歳未満である場合はJCやJKと援交をしてしまった場合以上に重い罪に問われる事になります。これは13歳未満の少年が「性的同意年齢」に達していないからです。
つまり、性に関して適切な判断が出来ない相手と関係を持つ事はより罪が重たくなってしまうという事を意味しています。

援交で逮捕されない為の自衛手段

援交で逮捕されない為の自衛手段

先程の説明でJCなどの18歳未満と援交をしてしまうと罪に問われて逮捕されてしまう事はご理解いただけたかと思います。以下に18歳未満と関わった事で逮捕されてしまう事態を回避する手段を記載しているので、ご覧ください。
また、18歳未満のJCやJKとセックスした事が発覚すると逮捕されてしまうのですが、18歳のほぼJKとのセックスしたとしても逮捕される事はありませんので、しっかりと自制をしてセックスする相手を探す必要があります。ほぼJKを探す方法は以下の記事に集約していますので、是非ご覧になり、逮捕される事態を回避してください。

参考記事

免許証などで年齢確認をする

JCと関わらない一番の方法は身分証明証を使って年齢確認をする事です。年齢確認をする事が目的ですが、出来れば顔写真付きの身分証明証を見せてもらう事が望ましいです。例えば、保険証などには生年月日しか記載されていませんので、姉の保険証を借りてきている場合も考えられます。援交をした後になってJCだった、18歳未満だったと騒ぎ立てても後の祭りです。
また、今日は持っていないなど色々と理由を付けて拒んでくる相手には近づかない方が良いでしょう。

食事やデートだけもNG

男性の中には18歳未満と関わってはいけないという事は知っていても「18歳未満と関わる=肉体関係を持つ、セックスをする」という風に勘違いしている人も少なくありません。
18歳未満の相手と肉体関係を持つ事は絶対にNGですが、食事やデートに行くだけでも法律違反になってしまいます。食事位ならと軽々しく考えていると、後々取り返しのつかない事になってしまいますので、気を付けて下さい。

無料で利用出来るサイトやアプリを利用しない

先程も少し触れましたが、無料で利用出来るサイトやアプリは利用者の低年齢化が進んでいます。優良出会い系サイトなどでは、登録時の年齢確認などによって登録する事すら出来ません。
この為に援交などでお小遣い稼ぎを目的としているJCは年齢確認なども無く、無料で利用出来るサイトやアプリで援交相手を探してしまうのです。
男性も課金制のサイトよりも利用しやすいので、初心者やあまり使い慣れていない人は無料サイトやアプリを使いがちですが、JCなどの18歳未満と関わる可能性が高くなることを忘れないようにして下さい。

年齢確認のあるサイトを使う

会ってから年齢確認をしたりするのが面倒だと思われる方は、最初から登録時に年齢確認が設けられているアプリやサイトを使って、相手を探す事をオススメします。この様な場所を利用すれば絶対に18歳未満と関わる様な事はありませんので安心です。
登録時に年齢確認が設けられているサイトとして、私が一番おススメしているのは“優良出会い系サイト”です。優良出会い系サイトであれば、年齢確認だけでなく本人確認も設けられており、安心安全に出会いを探す事が出来るのです。
優良出会い系サイトの詳細については、次で説明させていただきますので読み進めていただければと思います。

年齢確認のある安全なサイト

年齢確認のある安全なサイト

先程も説明させていただいた様に年齢確認がある安全なサイトといえば、優良出会い系サイトです。優良出会い系サイトの数も非常に多くなっています。
ここでは、私が実際に利用して10年になるJメールとワクワクメールの2つの優良出会い系サイトを各々の特徴なども踏まえながら紹介させていただきます。

Jメール


運営歴19年、会員数650万人を誇る優良出会い系サイトです。
女性会員獲得の為の広告活動に積極的で有名な女性誌にもたくさん広告を掲載しています。街中に巨大な看板が設置されていたり、宣伝トラックが走っている所を見かけたことがある方もいらっしゃるでしょう。
WEB版とアプリ版の両方にログインボーナスが設けられている数少ない出会い系サイトとなっています。他にも様々なキャンペーンが開催されており、ユーザー目線で使いやすくなっています。

ワクワクメール


運営歴20年、会員数700万人を誇る優良出会い系サイトです。
プロフィールにアバターなどを使用する事が出来て非常に明るい感じのサイトになっています。ユーザーの年齢層も幅広く、好みの相手を見つけやすくなっているのも特徴となっています。
また、ミニゲームの報酬や運営から届くメールなどで無料ポイントを貯めやすくなっている事も特徴となっています。

登録時に厳正な審査がある

Jメールとワクワクメールのどちらにも登録時には厳正な審査が設けられています。
先程も説明させていただいた年齢確認はもちろんの事、電話番号登録も必須となっています。
年齢確認はクレジットカードデータや運転免許証などを使って行います。これに加えて電話番号登録を行う事により、一つのデバイスからは一つのアカウントしか作れなくなっています。一人でいくつものアカウントを持つ事が出来ないので業者の排除に役立っています。

サクラが存在していない

サクラが存在していない事も優良出会い系サイトの特徴となっています。
出会い系サイトに関する記事などを見ていると、業者とサクラを混同して紹介している記事を見かける事もありますが、サクラと業者は全く別の存在です。簡単にいうと、サクラはサイト運営が意図して雇っている存在で、業者はサイト運営が意図しない存在です。
サクラを使う目的は、アクティブユーザーになりすまして会員数が少ないサイト内を盛り上げる為です。先程も説明させていただいた通り、会員数が600~700万人もいる様なJメールとワクワクメールにはサクラが必要ないという事は明らかだと思います。優良出会い系サイトと呼ばれているのに、わざわざリスクを冒してまでサクラを使う理由はありません。

運営のサポート体制が充実している

優良出会い系サイトといっても、業者を完全に排除する事は不可能です。この為には私たち一般ユーザーは業者の特徴を知り、怪しそうな人物には関わらないようにしなければなりません。
しかし、それだけではサイト内の業者の数は増える一方です。それを抑制する為には運営のサポート体制が充実している事が必要不可欠になってきます。登録時の厳正な審査もそうですが、悪質なユーザーの書き込みなども24時間体制でしっかりと監視管理してくれています。
この様なしっかりとした体制が出来上がっているので、私たち一般ユーザーは安心して出会いを探していく事が出来るのです。

まとめ

まとめ

この記事ではJCが利用するアプリやサイトの紹介、JCと関わった際に発生するリスクなどについてお伝えしてきました。
一貫して言える事は「JCなどの18歳未満とは関わるな」という事です。これが全てです。軽々しく18歳未満と関わってしまうと、その時は楽しいひと時を過ごす事が出来るかもしれませんが、そこにはリスクがある事も忘れてはいけません。その結果、自分自身だけでなく、家族や会社にも迷惑を掛けてしまう事も忘れてはいけません。
安全安心な出会いを探さなければ、楽しい時間を過ごす事も出来ないという事を忘れないようにしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

出会いの迷人

性別:男性 プロフィール:現在、4つの出会い系サイトを駆使して、セックスライフを楽しんでいる。出会い系サイトで出会って、多数のセフレを作った経験がある自称出会いの名人。

おすすめ記事3選

1

コンテンツ1 PCMAXの特徴2 PCMAXアプリ版のメリット・デメリット3 PCMAXを使って分かったメリット・デメリット4 PCMAXの登録方法と利用方法5 PCMAXの利用料金6 PCMAXでの ...

2

コンテンツ1 PCMAXの公式アプリについて2 ハッピーメールの公式アプリについて3 ワクワクメールの公式アプリについて4 Jメールの公式アプリについて5 YYCの公式アプリについて6 セフレの作り方 ...

3

コンテンツ1 ワクワクメールの特徴2 ワクワクメールの公式アプリ3 ワクワクメールを使ってわかったメリット・デメリット4 ワクワクメールへの登録方法5 ワクワクメールの利用料金6 ワクワクメールにログ ...

-ネット情報, 知っておきたい事, 気を付けておくべき点
-,

Copyright© セフレ塾 , 2019 All Rights Reserved.