パパ活って一体何?愛人関係と比べて何が違うのか説明します

更新日:

様々な○○活という言葉が巷で流行していますね。恋活や婚活、妊活なんていう言葉もありますが基本的に男女関係の中で使われるような言葉がメインになっていると思います。

出会い系サイトでもある意味恋活や婚活は出来ますが、それ以上にシェアを広げている活動があるのをご存知でしょうか。

それはパパ活。聞きなれない方も多いかもしれませんが、若い女性を中心にそのブームが凄い勢いで広がっています。

若い男性ですと特に身近に感じられない言葉ではありますが、今回はそのパパ活に関してご説明いたします。

30代後半や40代の男性でしたら魅力的に感じる部分が少なからずあると思いますので、是非一度目を通していただけますと幸いです。

パパ活とは?

まずはパパ活とは具体的にどういったものなのかご紹介したいと思います。

言葉の響きから何となくご想像頂ける部分もあるかと思いますが、女性が金銭を受け取ったり高級レストランの食事をご馳走になったり出来る相手の事をパトロン、もしくはパパと言います。

そういったパパになってもらえる男性を探して見つけ出し、援助してもらう事をパパ活と言います。

ネット上でかなり話題になっているようで、パパ活をしたい、パパが欲しいと出会い系サイトに登録する女性が殺到しているようです。

パパ活というキーワードだけで大手優良出会い系サイトの広告が出てくるくらいに認知されてきたようですが、実際パパ活をしてバカに出来ない金額を稼いでいる女性もいらっしゃるようです。

「久しぶりに会うパパに麻布でご飯奢ってもらって帰りがけに2もらった」というようなSNSでの書き込みも見かけるくらいに、一日でもらえる金額は若い男性が気軽に人に渡せる金額ではありません。

パパという言葉を使うくらいですので、お金に余裕がある富裕層の男性が若い女性との時間を楽しむ代わりに、食事を奢ってあげたり時には現金を渡したりとして関係を築くことになるようです。

そして必ずしも身体の関係がある訳ではありません。

若い男性と女性がデートを重ねると必ずと言って良いほど後々ホテルに向かうことになりますが、パパ活で知り合った男女はお金の受け渡しがあってもセックスをする方々としない方々で別れます。

その辺りの駆け引きが行われる難しさもあるようですが、また下記「パパ活が孕む危険性」にて詳しくご紹介したいと思います。

パパと愛人の違い

パパ活と愛人関係の違いに関してイマイチ分かりづらい部分もありますが、基本的には違いはありません。

強いて挙げるとするならば、愛人は基本的に結婚している男性が女性に援助してあげることを指す場合が多いですが、パパ活をしている男性は結婚していなくてもパパになりえます。

身体の関係を持たなくても愛人やパパになることは可能ですが、大きなトラブルになりかねない部分でもありますので、結婚している方とのセックスはかなりリスキーだとしっかりと認識しておくことが大切です。

事細かに区別する必要は特にないと思いますが、援助を受ける女性の年齢にも違いがある印象を受けます。

パパ活というとキャバクラや風俗、女子大生の様な若い女性が関係を築きたいと考えることが多く、言葉の流行も若い年代から生まれた言葉との認識があると思います。

愛人関係を結ぶ女性は年代に限らず、様々な女性が関係を築いていると思いますので、若い女性に限った話でカテゴライズするならパパ活と言えるのではないでしょうか。

やっていることに大差はありませんが、パパ活の方が精神的な部分で気軽に行っている女性が多い印象を受けますね。

パパ活をする女性

しかし、パパ活と言ってもお金に余裕のある男性がどんな女性でも良いから援助してあげるわけではもちろんありません。

富裕層の男性が求める、援助してあげても良いと思えるような女性像があるようです。

一般的な感覚ですとあまり想像が出来ない部分もありますが、富裕層の男性は多くのパーティーや試写会、個展に新車試乗会等に参加する機会があります。

そういったなかなか庶民では味わえない様な機会に恵まれていることから、ある程度話の受け答えが出来て、賢しくそれでいて若い女性を連れて歩きたいと考える方が多いようです。

連れて歩く女性がどういった関係性であれ、自分の1つのステータスとして考えている男性が多くいらっしゃいます。

極端な言い方ではありますし、あまり良い表現とも言えませんがアクセサリーやブランドのバッグと同じです。

見た目が必ずしもモデルやアイドルの様な美人では無くても良い様です。男性と話が合ってある程度気が利いてわがままも言える女性でしたら気に入ってもらえる可能性は充分にあります。

年上の男性から可愛がられることの多い女性ですとそういったパパ活をして男性を捕まえることが出来る確率が高いと思いますので、検討している女性は出会い系サイトを利用して探してみても良いのかもしれません。

パパ活でどれくらい稼げるのか

パパ活をしたら実際にどれくらいの金額を稼ぐことが出来るのか、また男性からしたらどれくらいの金額を渡すのがパパ活の相場なのか気になる点ではあると思います。

まず男女間の関係がどれくらい踏み込んだ関係なのかによって金額に大きな差が生まれます。

身体の関係を持ちたい、持っても良いと考えているのか、会う頻度は高いのか、精神的な距離はどれくらい近いのか。

様々な要因で金額を決めているようですが、基本的に女性の方から金額を決めない方がパパ活は長続きします。

また、男性がどれくらいお金に余裕のある、ステータスのある方なのかにも変わってきます。

会社役員クラスなのか個人事業主なのか、フリーで稼いでいる方なのか稼ぎ方は人それぞれでもありますので、自分の収入に見合った金額を渡すのが男性はベターです。

パパ活の相場としては一回のデートで食事含め5~6万円程度が一番多いようで、一日デートしただけで10万円、20万円を超える様な関係でしたら確実に太パパと言えるのではないでしょうか。

パパ活が孕む危険性

しかし、この受け渡す金額を決める際、男性と女性の意識の方向性が違うと危険性を伴う場合があります。

例えば女性が身体の関係を良しとしていなかったとしても、パパ活で知り合った男性がホームパーティーに誘ってくれたり高級クラブでの社交界に誘ってくれたりすることもあります。

その中の参加費用を負担してくれて別れ際にも現金を数万円渡されて。そういった関係が週に一度くらいの頻度で続くことになると、セックスを求められた時に拒めなくなる女性が多いです。

また、中には性的な意味での集まりが催されることもあります。

乱交パーティーに似通ったかなりアダルトな集まりであったり、人知れず行われている若い女性の撮影会であったり。

お金が簡単に貰えるからと言ってあまりにも踏み込んだ関係を築いてしまうと、金銭感覚的にも人間関係的にも抜け出せなくなってしまいますので注意した方が良いようです。

しかし、そういったアダルト要素に抵抗が無い方であったり、距離感を測るのが上手な方ですと毎月の生活費に加えて交際費をパパ活だけで賄えている女性はたくさんいらっしゃいます。

僕個人の感覚としては、高い食事も奢ってもらえて現金も貰えているのだからその日にセックスするくらいは別にいいのでは?と思ってしまう部分があるのですが、良い塩梅で個人個人に合った距離感を履き違えないのが長く援助してもらうためのコツの様ですね。

女性が考える、一番関係を築きたいパパ像

パパ活をしていく上で、様々な男性と連絡をやり取りすることになりますが、女性が最も理想的だと考えるパパ活がございます。

月極パパという関係で、その名の通り月に貰える金額をあらかじめ決めておいて、男性の都合の良い時にデートをするという関係です。

身体の関係をアリとする場合もナシとする場合もありますが、基本的に月極パパとなると会社からもらえる一般的な給料と同程度のお金を女性は受け取ることが出来ます。

ネット上で調べてみても分かりますが、場合によっては30万や40万といった大金を月極パパから受け取っている女性もいらっしゃるようです。

出会い系サイトを利用して見つけ出すのは相当難しいとは思いますが、それでもそれくらいの金額を援助してくれる男性がゼロというわけではありませんので、パパ活をしている女性からしたら理想的なパパ像と言えるのではないでしょうか。

男性からしても、月に渡す金額を自身の無理のない金額に設定して、若い女性から感謝されながら楽しくデートが出来ると考えたらなかなか悪くないと考える方も多いようです。

男性がパパになる理由

この「若い女性から感謝される」という部分が、男性がパパになる一つの大きな要因となっているように感じられます。

年齢を重ねていくに従って、若い女性と親しくなる機会もかなり少なくなると思いますし、いくらお金を稼いでいても社長や代表取締役の方くらいになれば話は別ですが、役員クラスの男性ですと女性からの支持が社長たちから比べたら若干薄くなります。

当然ではありますが、社長と一緒にキャバクラに行ってもキャバ嬢の方々は社長に食いつくに決まっているからです。

社長の接待もしながらになりますのでなかなか若い女性との楽しい時間を過ごすことが出来ないのが想像に難くないと思います。

それでもお金はあるからという理由からパパ活をしている女性を捕まえる形に発展するんですね。

会う時は必ず二人きりですし、一緒に過ごしていて楽しい女性でないとお互いに関係を築くことが難しくなりますので、援助する関係を築くことが出来た女性に関しては、自身との会話や時間がとても楽しく感じられる女性であることが必須です。

そういった好みの女性や好印象を抱いている女性から、普段あまり足の運ぶことが出来ないであろう高級レストランをご馳走してあげたり、ハイステータスの方々しか招待されない様なパーティーに誘ってあげることによって、女性からは確実に感謝されて喜んでいる表情や仕草を目の当たりにすることが出来ます。

女性の反応から充足感を得られるようになり、またその女性に援助してあげたいと考えるようになりパパ活をすることになるという流れです。

下心は持てる?パパ活している女性とセックスする

身体の関係を持つかどうかに関しては人それぞれという形でご説明いたしましたが、少なからず男性の中には若い女性とセックスをするために金銭的な援助をするという方もいらっしゃると思います。

そういった際、パパ活をしている女性を見つけたら直接的に身体の関係を持ってもOKか聞いてみてしまっても構わないと思います。

女性からしたら、パパ活をする上で一番重要視するのはしっかりとお金が貰えるかどうかです。

お金が貰えないしご飯も奢ってもらえないのでしたら、正直若い女性がおじさんと呼べる年代の方とデートするメリットは皆無と言ってしまって良いでしょう。

もちろんそういった年代の男性がタイプという女性もいらっしゃると思いますが、そういう女性でしたらそもそも金銭的なやり取りを行わなくても関係を築くことが出来る可能性があります。

パパ活している女性と知り合いセックスしたいと考えた場合、金銭的な援助を行う意思があり、それでいて女性が満足できる金額を提示することが出来たら身体の関係を築くことはそう難しくはないと思います。

実際に会って駆け引きの上でセックスに持ち込んでも良いかもしれませんが、セックスはNGとして断固拒否する女性もいらっしゃいますので、援助の代わりに絶対に体の関係を持ちたいと考えていらっしゃる男性は、初めからそういった内容も含めて交渉してしまった方が後々のトラブルに発展することが無いと思います。

単にセフレを探しているのであれば、パパ活している女性をセフレにしようなんて考えないほうがお金の無駄にも、時間の無駄にも、なりません、遠回りせずに、セフレを探すことをおすすめします。

参考記事
セフレの作り方~失敗しない上手なセフレ募集の方法
セフレ募集をするのにおすすめする安全な出会いアプリと危険なアプリ

若い男性が女性とデートをしたい場合

ここまででパパ活に関して様々な角度からご説明いたしましたが、若い男性がパパ活をしたいと考えることは恐らくないと思います。

見た目的にあまり恵まれていないと感じる男性でも、若さというのはそれだけでステータスとも言えます。

お金を持っているけど全然モテないという男性でしたらパパ活に手を出してもアリかもしれませんが、なかなか社会的に高い地位にいらっしゃる若い男性というのも少ないと思います。

20代の男性がパパ活をして女性を捕まえようと考えても、パパ活をしている女性からしたらそんなお金を持っていると信じてもらえないケースもありますので、通常通りの出会い方で女性を探した方が手っ取り早いです。

普通の会社員の方が受け取れる給料でパパ活をしている女性を援助することは絶対に出来ないと言っても過言ではありませんので、いくら女性との出会いの場がなかったとしても、20代の内からパパ活に手を出す必要性は感じません。

お金も時間も無駄にする行為として認識してしまっても間違いは無いと思います。

富裕層の方の土俵

また、そういった理由から20代や30代前半の男性があまりパパ活に応じることはありません。

40代くらいで富裕層の方々ですと、出会い系サイトを利用してもしなくても、若い女性と出会いたいと考えたら必然的に若い男性がライバルとなりますので、さすがに太刀打ちできる方は一握りになると思います。

もちろん渋い男性や見た目がカッコイイ男性も40代くらいの方でいらっしゃったりもしますが、極端な話、確実に若い男性におじさんたちが対抗できる要素と言ったらそれは金銭的な面が一番大きいです。

そして、お金を一番の武器として女性との出会いを求めているのに、女性と出会う上で一番の障害となるであろう若い男性がいないのはパパ活をする上でとてもやりやすく感じると思います。

パパ活は年齢をある程度重ねていらっしゃる男性の土俵であると言い切ってしまっても過言ではありません。

通常通り出会い系サイトを利用して楽しむのなら、イケメンの男性は特にお金のやり取りなんてする必要が無いからです。

同じくらいのステータスの男性や年代の方が、若い女性を援助して楽しい時間を過ごすために行っていることですので、あまり臆することなく若い女性との出会いを楽しむことが出来るのではないでしょうか。

あまり今まで出会い系サイトを利用してこなかったという男性でも、新しい楽しみ方が出会い系サイトの中で確立されて、女性からの需要も多いとなったら利用してみたいと考えてもおかしくはありません。

一度パパ活をしている女性を探してみたら、意外と楽しくて若い女性との時間にハマってしまう男性もいらっしゃると思いますので、興味のある方は体験してみても良いかもしれませんね。

パパ活をする上での注意点

この記事の冒頭で、パパ活がかなり広く認知されてきたと記載いたしましたが、ただ金銭の受け渡しを行うだけでは違法行為とはなりません。

性行為があった上で金銭の受け渡しがあると違法行為となりますが、個人間の金銭のやり取りがあったことを第三者が立証することは難しいです。

そういった関係から援助を行ったことで逮捕されるリスクは極めて低いでしょうが、それでも警察の方の取り締まり対象となっていることは事実としてあります。

パパ活をしているという書き込みを良しとする出会い系サイトとそうではない出会い系サイトで別れる部分がございますので、自身がパパ活をしたい、もしくは若いパパ活をしている女性を捕まえたいと考えた時に、利用している出会い系サイトをしっかりと調べることが大切です。

どの出会い系サイトにもパパ活をしている女性はいらっしゃると思いますが、出来るだけ様々な女性と出会って援助した方が、最終的に自分が楽しいと感じられる女性を選ぶことが出来ます。

一度だけ援助してあげることを都度パパと言いますが、その都度パパを繰り返し行って気に入った子が出来たら月極パパになったり頻繁に会う様にすれば、男性側からしても女性との関係にストレスを感じることが少ないのではないでしょうか。

あまり大っぴらにパパ活している女性と関係を持っていることが知られてしまうと、利用している出会い系サイトの運営自体が取り締まられてしまう可能性もありますので、なるべく隠れて女性を探すのがベストの様です。

また、SNSなど若い年代同士の中で繰り広げられている情報網を覗けば、パパ活を積極的に行っている女性を見つけることも出来ますので、出会い系サイトだけで探すことしか出来ないわけではありません。

自分に合った形で、あまり周囲に知られることの無いように女性に援助する関係を築くのが、トラブルに発展することも無く安全と言えるのではないでしょうか。

まとめ

恐らく大半の方は、男性で若い女性に援助してあげているという方と知り合うことは無いと思います。

キャバクラや風俗で気に入った子がいる関係から足しげく通っているという男性でしたらいらっしゃるかもしれませんが、パパ活に応じてあげている男性を身近に見つけることはあまりないでしょう。

それでも実際女性の方がパパ活をしている事実は存在しますし、リスクも低いことから関係を結ぶ方が多いのも事実です。

そして、いくら女性が喜んでくれるという事に快感を覚えたとしても、その女性の金銭感覚がおかしくなってしまうくらいの金額を長い期間掛けて援助してしまうのはあまり賛同できません。

パパとしての関係が切れた後に、女性の金銭感覚が戻らず、無駄遣いや豪遊を重ねてしまった結果、精神的に病んでしまったり風俗で働いて稼ぎを賄うという人生を歩む方もいらっしゃいます。

男女どちらの視点から見ても魅力的に感じる部分は多大にありますが、それでもその関係だけが人生の全てではありませんので、お互いの今後の生活もしっかりと見据えた上で、やり過ぎない援助関係を築いた方が良さそうです。

悪い意味で抜け出せなくなってしまうと、女性が年齢を重ねた際に苦労することが目に見えてわかりますので、アルバイトだけでは足りないという方の気軽なお小遣い稼ぎだと思えるくらいがちょうど良いのではないでしょうか。

それくらいの金額でやり取りをしていた方が、男性としてもあまり負担にならずに済みますので、年収がそこまで高くない男性でも気軽にパパ活している女性に連絡することが出来ると思います。

パパ活に興味のある男性は、若い女性の求めている金額に自分が応じることが出来るか熟考した上で、無理なく楽しい関係を築いて行ってください。

The following two tabs change content below.

8110

性別:男性 自己紹介:コンビニや居酒屋の店員を口説いてセフレにした経験が多数あるナンパの達人。ちょっと強引になるくらいの勇気がナンパの秘訣との事で、出会い系のナンパもするが、現地で実践するナンパが一番得意。

-知っておきたい事
-,

Copyright© セフレ塾 , 2018 All Rights Reserved.