スパンキングされて泣いて喜ぶM女を弄んだ後にセフレにしています

更新日:

SMとは

SMはご存知のようにサディズム(加虐嗜好)=S、マゾヒズム(被虐嗜好)=Mの頭文字です。
SMはあくまでロールプレイなので、お互いの合意がないといけません。合意がない場合は傷害になってしまいます。

また、限界を超えないようにちゃんとルールを設定しておくべきものでもあります。
これはセーフワードと呼ばれており、合言葉やジェスチャーで中断を促すものです。
このルールがなかったらハードなSMだと命を落とす危険もありますので、必ず設定しておかないといけませんね。

そのため相手は信頼できる人であることが前提となります。
風俗店は大丈夫でしょうが、素人相手となるとかなりの信頼関係がないとなかなか難しいと思います。

SMにもいろいろ種類があります。木馬責めやろうそくプレイなどのハードなものから、射精管理やスパンキングなどのソフトなものまで多彩です。

ソフトな僕はスパンキングを推しています。痛いのも痛めつけるのも苦手なので…。

スパンキングとは

スパンキングとはWikipediaを引用すると「性行為中や前戯の一環としてお尻を叩くこと、或は叩かれることに性的興奮を覚えること」とあります。
SMに分類されますが、本気のSMに比べたらかなりソフトな感じです。

スパンキングの効果としては、お尻を叩いたときに一瞬膣がキュっと締まると言われています。

僕が実際にバックで挿入しながらスパンキングをしてみたところ、女性により差はありますが締まる感じを味わえました。
動画などで見たこともある方もいると思いますが、見ているよりもやってみた方が遥かに良いものです。

僕も実はスパンキングなんて何がいいんだろうと疑っていた側でした。
しかし、一度スパンキングの世界に足を踏み入れたらなかなか抜け出せなくなってしまいました。

SMパートナーを得たことで、世の中にスパンキングで感じるM女が実際にいること、僕の中にSな部分が潜んでいたことを発見することができました。

一般の女性はスパンキングなんて興味がないと思っていましたが、スパンキングを通じてセフレ化する道が存在しているのです。

< h3>スパンキング性癖のある女性

スパンキング性癖のある女性ですが、これはまず女性がM女であることが大前提です。ドMであればさらに良いです。
スパンキングで感じる女性は基本的に辱めを受けることに快感を覚るので、言葉やシチュエーションも含め、積極的に攻めることが重要です。

中には痛みが快感につながる方もいますが、僕はソフトな方なのであまり痛くはできません。
痛めつけるのが目的ではないので、いかに恥ずかしいことをされているかを相手に理解させていくかが鍵となります。

肝心のドM度はどうやって計ったらいいでしょうか。スパンキングしてみるまで分からない状態では、外したときに警察沙汰になってしまいます。
100%ではありませんが、SかMかを見分ける心理テストがあるので紹介しておきます。
目安にするかしないかはお任せしますが、僕の中では当たっている気がします。

まず自分の手で拳を作り、親指側を上に縦に差し出します。その拳の上に相手の手を乗せてもらいます。

たったこれだけです。拳の上に拳を重ねてきたらS、手のひらを重ねてきたらMである可能性が高いと言われています。
ではもう一つ紹介しておきます。

「爪を見せて」と言います。

手の甲を上に爪を見せたらS、手のひらを上に爪を見せたら(手のひらを上にして指を折って見せたら)Mだと言われています。

これだけではもちろん確信は掴めないと思いますが、話のネタにもなり、相手に触れるきっかけにもなりますのでオススメします。

しかしこれは会ってからの話なので、まずはM女を見つけることに集中して取り組まないといけません。
ここからは、僕のM女の探し方と見つけてからM女をSMパートナーにしていく方法です。

< h3>スパンキングできる女性を募集する場所

スパンキングできる女性はどうやって見つければいいのでしょうか。

もちろんナンパして「ちょっとスパンキングさせてもらえませんか?」とかは無理ですよね。通報されます。
なので僕は出会い系サイトを駆使してスパンキング相手を探しています。

他にもやり方次第ではTwitterやSM系の掲示板などでも募集は可能です。
しかし、相手が見つかる可能性は出会い系サイトがダントツに高いので、スパンキングしたいなら出会い系サイトがオススメです。

僕が一番スパンキングできる女性と出会えたのは出会い系の老舗、PCMAXです。
今回はPCMAXでスパンキングできる女性を探す方法をお伝えしていきます。

PCMAXの公式サイトはこちら

18歳未満利用禁止

出会い系サイトで募集する流れ

僕がPCMAXでスパンキング相手のM女を見つけるのにはちゃんと理由があります。
それはプロフ検索の利用目的に『SMパートナー』の選択肢があるからです。ものすごく分かりやすいですよね。

登録は必要事項をひたすら埋めていく作業になりますが、そんなに時間はかかりません。
不正利用防止のために電話番号や年齢証明をしなければいけませんが、自分が怪しい人間ではないことを証明するためにちゃんと登録しましょう。

登録が済んだら、次はプロフィールの入力です。女性はたくさんの男性から連絡がいきますので、プロフィールでアピールしないと門前払いになります。

まずは写真です。ここは雰囲気が伝わればOKなので、スタンプで一部隠したりしながらアップしましょう。
初期状態は基本的に見られないと思っておいた方がいいです。
僕は荒めのモザイクを入れたものにしていますが、雰囲気は分かると言ってもらえています。

次に身体データなどありますので入力してください。

自己PR欄は一覧にも表示されるので、入力しておいた方が目にとまります。

僕は『ソフトSMが好きな方を募集しています。Mだと嬉しいです』くらいのコメントにしています。
あまり長すぎるとド変態だと思われかねません。

自己PRのその他はテンプレに従って埋めていきましょう。

その次の『もっと詳しく』内の『利用目的』がとても重要です。検索時にフィルターをかけて検索することが多いので、ここを忘れるとスパンキングからは遠ざかります。
必ず『SMパートナー』を忘れずにチェックしてください。

ここで注意ですが、自分の利用目的に『セックスフレンド』と『不倫・浮気』はチェックしないことです。
この二つまたはどちらかにチェックが入っていると、援デリ業者からのアプローチだらけになってしまいます。

援デリではスパンキングはさせてくれないでしょうから、やり取りでポイントが無駄になってしまいます。
また行為中にスパンキングをしてしまって、業者とトラブルになる可能性も否めません。

『望む相手』はまず自分の登録地域を入れましょう。相手に望む利用目的は自分のときと同様に『SMパートナー』を選択してください。
望まない利用目的で『セックスフレンド』と『不倫・浮気』を選択しておくと援デリにもターゲットにされにくくなるでしょう。

裏プロフィールや100の質問は僕も見たことがないので不要だと思います。いちいちそこまで見ていたら一日が終わってしまってチャンスを逃してしまいます。

ここまで頑張って入力したら、いよいよ本題に入っていきます。

まずは掲示板投稿からの流れです。

アダルトカテゴリーに『アブノーマル・SM』がありますのでそちらから投稿します。
毎回タイトルと本文が一緒だと怪しまれますので、投稿する度に少し文面を変えておきましょう。

僕がベースにしている内容は、

タイトル『ソフトSMに興味がある方募集してます』
本文『経験者、未経験者問いません。Mな方からの連絡をお待ちしています』

といった感じでシンプルにしています。

掲示板投稿はどうしても受け身になってしまいますので、投稿と同時にプロフィール検索からM女を捜しましょう。
受けと責め、まさにSMですね。

プロフィール検索では相手の利用目的に『SMパートナー』、利用目的(含まない)に『セックスフレンド』と『不倫・浮気』を選択します。
一覧がでてきたら、自己PR文が途中まで見れますが、そこに書いてある内容で見分けていきましょう。

M女の特徴としては、
依存する/リードしてもらいたい/雰囲気がふわふわしている/優しい/尽くす/気が利く/変態の要素がある
などがあります。

なのでPRに『愛されたい』とか『寂しい』、『頼れる人がいい』などのコメントがあるとほぼM女確定です。
写真がある女性は『プロフ写真あり』と書いてあるので、見た目でも絞りたい方はプロフィールに進んで吟味してください。

二通りの方法でアプローチしたら、メッセージが到着するのを待つのみです。
メッセージがこない場合はプロフィールの見直しや投稿内容、送信メッセージを見直しましょう。

ここでも援デリには注意しておかないといけないので、見分けるポイントをいくつか紹介します。

・利用目的に『セックスフレンド』『浮気・不倫』がある
・自ら掲示板に露骨な内容の投稿をしている
・メッセージのやり取りがスムーズすぎる(かなり慣れている感じ)
・プロフィールが「主婦」(子供が帰るまでになど言い訳がしやすく短時間で会おうとする)

などが挙げられます。必ずしも援デリというわけではないですが、ポイントとして押さえていた方が安全です。
メッセージが届いたら次のステップです。会う約束を取り付けていきましょう。

会うまでの流れ

SMパートナー候補の女性からメッセージを受信したら、できるだけ早いタイミングで返信しましょう。
SMパートナー希望の女性は、割り切り募集の女性に比べると遥かに少ないと思いますので、他の人に先を越される前にまずはコンタクトをとっておくことが大事です。

返信をしたら、相手の女性のペースに合わせてやり取りしていきます。ここで焦ってしまうと嫌われてしまう可能性が高まりますのであまり急かさないようにしてください。

といってもサイト内でダラダラやり取りしていると、あっという間にポイントがなくなってしまいます。
お金をかけずに『ただまん』したいですよね。僕も一緒です。
なので、サイト外でできるだけ早く連絡を取れるようにしていかなければいけません。

そこで今の世の中、ほとんどの人が利用しているLINEに誘導していきましょう。
LINEだとチャットだけでなく、通話もできるのがメリットとなります。
女性は長いチャットよりも数分の通話で心を開いたりするものです。通話できるきっかけを作っておきましょう。

LINEへの誘い方ですが、「ポイントがないから」「ポイントがもったいないから」などのストレートな表現は引かれます。
『私よりポイントを気にするんだな』と思われたらアウトです。

「○○さんの声を聞いてみたいな」から「LINE交換しませんか」が僕の常套手段です。
女性も声を聞くと安心する習性がありますので、そんなに断られることはありません。
もし頑なに拒むようであれば、援デリの可能性もあります。

LINEの交換ができたら、あとは会う約束を取り付けることに専念していきます。
しかし、いきなり「会おう」とか言われると、女性は拒否しますので、LINEである程度仲良くなる必要があります。

まずはチャットを使って女性の性格や嗜好を探っていきますが、できるだけ雑談の中で探っていった方が無難です。探りながら自分のことも伝えていってください。
一方的な質問責めは不安感を与えてしまいます。

いきなりエッチな話を始める人よりも、徐々に仲良くなりながらそういう話をしていく人の方が当然安心できますよね。
前に述べたようにM女は、依存したい・リードしてもらいたいなどの特徴がありますので、チャット内で「寂しい」「愛されたい」「構ってほしい」などのワードが出てきたら、SMの話題に入っていきましょう。

まずは「○○さんはやっぱりMなんだ」とか「Mっぽいよね」と女性がMであることを自覚させるように導いていきます。

M女であることを女性が自覚したと感じたら、チャットでちょっと苛めてみましょう。
「LINEしながら濡れてるんじゃない?」とか「もう触ってたりして」と最初は冗談っぽく入っていきます。

返信のパターンによってその後の展開を変えていきましょう。

・もう濡れている、触っているパターン
この場合はそのまま責め続けます。
言葉責めをしながら女性のM度を引き出していく感じでいきましょう。

「どうしてほしい?」「どこが気持ちいい?」と辱めながら責めていきます。
上手くいけば、ここから写真を送ってもらえるチャンスです。

「○○さんどこ触ってるの?」「感じてるとこ見たいな」と遠まわしに送ってもらえるようにします。
ここで自分から送ってくれる女性はかなりMなので、今後に期待が持てます。

なので、言葉責めのシミュレーションをしておかないといけませんね。

・何もしていない、ちょっと引いているパターン
この場合は「Mっぽかったんでちょっと苛めてみたくなって」とごまかしておきましょう。
そこまでMではないかもしれませんし、もう少し時間がかかるかもしれません。
また少しずつチャットで距離を縮めていきましょう。

チャットでのやり取りで、女性のMな部分を引き出せたら、次は通話にもっていきましょう。
普通に会話できれば十分です。
「○○さんと電話で話したいな」とお願いしてみましょう。ある程度親しくなっていればほぼ大丈夫です。

女性も安心感を感じたいはずなので、タイミングを見ながらアプローチしてください。
この通話の中で言葉責めできるような関係になっていれば、SMパートナーとして99%成立していると言ってもいいでしょう。

通話でお互いの声や雰囲気を共有できたら、会うためのステップに移ります。

「△△(自分)さんに会いたくなった」と言わせれば完璧ですが、M女はリードしてあげた方がいいので、「会ってみようか」と誘いをかけてください。

女性の返事がYesであれば、そのまま会える日時と場所を決めてしまいます。
ただ待ち合わせはいきなりホテルだと怪しまれますので、最初は昼間のカフェとかがいいかもしれません。

返事がNoの場合は、会いたいと言わせるまでLINEで頑張るか、潔く諦めて別の女性を探しましょう。

会ってセフレ化する流れ

会う約束を取り付けたら、当日までLINEで連絡を取り続けましょう。
M女の場合はここでもリードしてあげることが大事です。

当日、待ち合わせ場所で会ったらまずは褒めてあげましょう。
「可愛いね」でも「優しそうだね」でもいいので、最初に褒め言葉をかけてあげることで、印象が良くなります。
しかし、裏の目的は、褒められる立場から苛められる立場に変わるギャップを味あわせることです。
そのため、プレイに入るまではできるだけ普通に、むしろ優しくしておいた方が後々のために良いと思います。

会ってからの会話ですが、まずはこれまでを二人で振り返ってみましょう。
女性に自分はMだったんだと思い出させておかないといけません。

人の多い所であまり露骨な話はできないと思いますので、少しソフトに話しましょう。

女性が乗ってきたら、「SMパートナーで募集してたけど興味あるの?」と確認の質問をしておきましょう。
ここまできて実は興味がないこともあります。もし興味のない女性だったら、スパンキングは厳しいかもしれないので、別の手を使ってセフレ化していかないといけません。
僕も一度こういう場面に遭遇しました。そのときはスパンキングは諦め、目隠しや拘束プレイから慣らしていきました。最終的にはその女性にもスパンキングできましたが、時間がかかりました。

興味のある女性だったら話は早いので、「○○さんとSMプレイしてみたいな」と伝えてみましょう。どんなプレイに興味があるのか詳しく聞いていきます。
この段階で「スパンキング」という言葉は出てこないと思います。というよりも知らないと思いますので、あまり専門的な言葉はつかわないようにしましょう。プロと思われるかもしれません。

可能であれば、その流れでそのままホテルへ向かうのが最良です。
その日が無理であれば、次に会ってホテルに行く日を決めてしまいましょう。

ここからは僕がドMのRさんをセフレにした体験を踏まえて、ホテルからの流れをお伝えしていきます。

上記のような段取りで無事ホテルまでたどり着いた僕とRさん。
事前にLINEでSMチャットをやっていたので、すんなりホテルへの誘いに応じてくれました。
実際にSMプレイをしたことはないが、動画を見てオナニーしたりすると言っていましたので、SMへの憧れや期待はあるようでした。

ホテルに着いて、Rさんの好みを知るためにテレビをアダルトチャンネルにし、SM系の動画を流しながら話をしていきました。
どうやら目隠しやソフトな拘束プレイが好きなようでしたので、こっそり準備していたアイマスクと柔らかめの拘束具をRさんに見せました。

するとスイッチが入ってしまったのか、つけてほしいとお願いしてきました。
ひとまずRさんを下着だけの状態にし、アイマスクと拘束具を装着しました。するとすでに息遣いが変わってきているのが分かりました。

そのまま言葉責めを交えながら電マで焦らしていきました。下着の上からはっきり分かる濡れ具合で、RさんのドMさが正体を現します。

下着を全部取り、フェラをさせたりクンニをしながら苛めていると、「お願いします。挿れてください」とM女がいかにも言いそうな言葉。

少し焦らした後に、バックから挿入していきました。
このときテレビはスパンキングが含まれる動画に合わせていました。

少しだけアイマスクをずらし、Rさんの視界に動画が入るように向きを変えながらプレイを続けていきます。

そしてスパンキングの場面にさしかかったところで、「Rもこんな風に苛められたいんでしょ?」と言いながら、軽くお尻を叩いてみました。
するとRさんの中がキュっと締まるのを感じました。Rさんも反応してくれています。
これはいけると確信を持ったので、少し強めにスパンキングしてみました。

ホテルの部屋に響くお尻を叩く音と、それに比例して喘ぐRさん。
僕も完全にSスイッチが入ってしまいました。

動画をストップし、プレイに没頭することにしました。
このときRさんはすでに何度か絶頂を迎えていましたが、気にすることなくスパンキングをしながら挿入を続けていきます。Rさんの様子が変わってきたので見てみると、泣きながら感じていました。

「そんなに気持ちいいんだ。変態だねー」と言葉を浴びせながらスパンキングを続けます。
最後は強めにスパンキングをしていると、締りがさらに増してきました。

そのままRさんと果てて、初めてのスパンキングプレイが終了しました。

プレイごはちゃんとRさんを気遣い、「痛かった?」「こんなに感じてくれて嬉しい」と優しく言葉をかけました。

するとRさんは「また次もしてくれますか?」と言ってきました。
断る理由は全くないので、快く承諾しました。
その後はRさんと普通に食事に出かけ、次に会う日の相談をしました。

SMパートナーはプレイ中とその他のときのギャップが感じられるところも魅力ですね。

こうしてRさんとはセフレというSMパートナーとなっていきました。
今では僕が責めるスパンキングだけでなく、立場を変えてRさんがSになったりしながらセフレ関係を続けています。

参考記事
出会いアプリの中でセフレ募集に最適なアプリ5選
セフレの作り方~援デリ業者を避けてセフレ募集をする方法

まとめ

世の中いろんな人がいるものだというのがよく分かります。
僕も自分がSMの世界に入っていくとは思っていませんでした。

RさんのようなドM女性も出会い系にいますので、SMをきっかけにセフレを作るチャンスは転がっています。

流れをまとめると、

①PCMAXを利用し、SMパートナーを募集する
②メッセージをもらえたら、早いタイミングでLINEに移行する
③相手の女性とはこまめにコミュニケーションをとり、通話まではしておく
④会う日を決め、会ったらM女であることを再確認しておく
⑤プレイ中はひたすらSに徹する
⑥プレイ後は優しく接してあげる
⑦次の約束をしセフレ化していく

というステップになっています。

今回はスパンキングが話題の中心となっていますが、この出会いからセフレ化までの手順は他でも通用すると思います。

僕の経験がお役に立てればいいなと思っています。

セフレ塾の塾長が厳選した優良サイト

PCMAX
Jメール
ハッピーメール
YYC
ワクワクメール

The following two tabs change content below.

ただまん店長

性別:男性 100回の割り切りより1回のただまん。 その1回が無限に広がるセフレの関係。 そんな素晴らしい世界を堪能したい世の男性に少しでも力になれたらと思います。 僕の経験を踏まえ、ただまんの魅力を全力でお伝えしていきます。

-出会いの方法
-, ,

Copyright© セフレ塾 , 2018 All Rights Reserved.