セクスティング

出会いの方法 テレフォンセックス 新型コロナ

セクスティングの全てを知りコロナに感染しないセックスの方法を学ぼう

セクスティングとは

セクスティングとは

2020年、世界中を恐怖に陥れている「新型コロナウイルス」。同年4月には日本の7都府県で「緊急事態宣言」が発令されて、私たちの生活は一変しました。
感染拡大を抑える為に不要不急の外出を控える様に要請されるなど、非常に不自由な生活を強いられています。この為に彼女と会ったり、外でデートをしたりという事も制限されてしまいます。となればセックスも自由に出来なくなってしまいます。
そこで注目を浴びているのが「セクスティング」です。聞き慣れない方もいると思いますので、まずはセクスティングとはどういったものなのかについて説明させていただきます。

参考記事

初期のセクスティング

セクスティングとは「セックス」と「テキスティング(texting)」の混成語で、性的なテキストメッセージや写真を携帯電話間で送る行為の事を意味します。
初期のセクスティングでは、現在のスマートフォンのアプリ機能が無かったので、フィーチャーフォン(ガラケー)でメールに写真を添付したり、メールでメッセージを送ったりするだけでした。
当時はこれでも興奮したのを覚えています。

現在の進化したセクスティング

ところが、スマートフォンの普及に伴ってセクスティングの形態も大きく変化しました。LINEやスカイプなどの無料通話アプリを利用して、メッセージや写真だけでなく音声通話や動画を送る事も可能になり、より興奮度の高いセクスティングを楽しむ事が出来る様になってきたのです。

セクスティングで使うアプリ

セクスティングで使われるアプリの代表的なものは、LINE・スカイプ・カカオトークなどです。同じアプリを持っている相手であればすぐにやり取りを始められる、無料で利用出来る、音声通話だけでなくビデオ通話機能があるなどの共通点があります。
新型コロナウイルスの拡大によって、たくさんのWEB会議アプリも注目され始めています。使い方によってはセクスティングのツールとして使う事も出来ます。

メリットやデメリットは?

セクスティングにはメリットとデメリットが存在しています。
メリットとしては遠距離恋愛中の相手とも疑似セックスを楽しめる、手軽に始められる、面と向かって言えない事も文字であれば伝えやすいなどが挙げられます。デメリットとしてはリベンジポルノなどの危険性があることが挙げられます。
出会ったばかりの相手には簡単に写真や動画などを送らない様にするなど注意しておく必要があります。

新型コロナ対策になる理由

新型コロナ対策になる理由

それでは、セクスティングが新型コロナ対策になる理由を説明させていただきます。
実際に新型コロナウイルス拡大に伴って、米国ニューヨーク州保健局が2020年3月27日付けで発表した「セックスと新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」というガイダンス文書の中で、新型コロナ時代ではセクスティングも検討すべきという指針を出しているくらいです。

参考記事

自宅で出来る

安部総理がツイッターで炎上した「#うちで踊ろう」の動画は、「#家にいよう」というメッセージを送る意味で発信したものかと思います。それくらい、必要のない外出は今控えるべき状況となっています。
セクスティングはスマートフォンがあれば、自宅に居ながらいつでも手軽に行う事が出来るので、外出する必要がありませんので、新型コロナ対策となるのです。
自宅で出来るのであれば、緊急事態宣言で不要不急の外出を控える様に要請されても大丈夫という事になるのです。

直接会わずに出来る

セクスティングはPCやスマートフォンなどを使って行うので相手と直接会う必要がありません。直接会わなければ、キス・ハグ・セックスも出来ずに濃厚接触の可能性が0になるので、新型コロナウイルス対策となるのです。

遠く離れた場所でも可能

セクスティングの大きな特徴の一つに遠く離れた場所にいる相手とでも行える事が挙げられます。仮にパートナーと遠距離恋愛中、わざわざ会いに行くような必要もないので新型コロナウイルス対策となるのです。
男性が単身赴任中や出張中に妻との愛を確かめる事にも利用できます。

相手と接触しないから

以上の事をまとめると、セクスティングを使えば、相手がどこにいようとも簡単に繋がる事が出来る・相手と実際に会う必要が無いなどの共通の特徴があることが分かります。
これであれば、新型コロナウイルスに感染するリスクを考えずに相手がどこにいようとも、ある程度性欲を発散できるという事になるのです。

セクスティングの種類

セクスティングの種類

セクスティングというものをもう少し詳しく見ていきましょう。
まずはセクスティングの種類からです。初期のセクスティングでは色々と限界がありましたが、インターネットやスマートフォンの発達に伴って、その種類ややり方は格段に増えています。中には本来の目的とは違った使い方をしてセクスティングを行う為のツールとしている場合もあります。

チャットエッチ

チャットエッチはLINEのトーク機能などで文字を使って行うセクスティングで「エロチャット」とも言われています。
文字だけのやり取りなので、上手に言葉を選択してお互いの気持ちを盛り上げていく必要があります。また、文字を入力する時のタイムラグや誤字脱字をしてしまうと冷めてしまう事も忘れない様にしておきましょう。
あらかじめ言葉や文章をある程度考えてからエロチャットを始めた方が上手くいきます。初めての方は経験者を見つけて、リードしてもらいながらエロチャットを進めていくと良いでしょう。

参考記事

テレフォンセックス

テレフォンセックスは昔から存在していました。最も流行ったのは80年代で、その当時はテレフォンクラブという名前で呼ばれており、男性は店舗に通って女性と電話を使ってやり取りをして楽しんでいました。
現在は無店舗型が主流になっており、自宅に居ながらでもスマートフォンがあれば簡単にテレフォンセックスが出来る様になりました。
また、テレフォンセックスでは音声通話を使ってオナニーをしている所をやり取りする事もある事から「オナ電」と言われる事もあります。
テレフォンセックスであれば相手の吐息や喘ぎ声を聞く事も出来るのでエロチャットよりは興奮度を高める事が出来ます。

参考記事

センズリ鑑賞

スマートフォンの普及に伴って、ビデオ通話という新しいセクスティングのやり方が登場しました。リアルタイムで映像を送り合える事を利用して、オナニーをしている所を相手に見せて興奮度を高めていきます。
その中でも男性が女性にオナニーを見せるセクスティングの事をセンズリ鑑賞と呼び、「オナ見せ」と言われる事もあります。

参考記事

オナニー鑑賞

反対に男性が女性のオナニーを見るセクスティングの事をオナニー鑑賞と呼び、「オナ見」と言われる事もあります。
リアルタイムの映像を見られる事で性器から聞こえるクチュクチュといういやらしい音だけでなく、相手の感じている表情や性器の濡れ具合などを見る事も出来るので、エロ本や無料動画を見ながらするオナニーとは比べ物にならないほど興奮度が高まってきます。

参考記事

相互オナニー

男女が同時にオナニーをしている所を見せ合うセクスティングの事を相互オナニーと呼び、「オナニーの見せ合い」といわれる事もあります。
先程紹介させていただいた「センズリ鑑賞」と「オナニー鑑賞」を同時に行う事でさながら疑似セックスの様な感じにもなります。相互オナニーの回数を重ねていけば相性も良くなっていき、同時にイク事も出来る様になってきます。

参考記事

ビデオ通話

ビデオ通話を行う時は無料通話アプリのLINEやスカイプを利用する事が多くなっています。しかし、やり取りを行う為にはIDの交換が必要であり、プライベートやビジネスシーンでも使われる事もあるのでID交換に抵抗がある方も少なくありません。
その様なデメリットを解消してくれるのがテレビ会議システムです。これもある意味新型コロナウイルスの副産物であり、多くのWEB会議システムが紹介されています。中にはID交換の必要が無い、無料テレビ会議システムもあるので、こちらを使ってもセクスティングを行う事が出来ます。

誰とセクスティングする?

誰とセクスティングする?

次はセクスティングをする相手について見ていきましょう。色々とセクスティングのやり方を知っていても相手がいなければセクスティングをする事は出来ません。
ここではセクスティング候補になりそうな女性のタイプをいくつか紹介させていただきます。

彼女

まずは彼女です。
新型コロナウイルスの影響で自由にデートが出来ないというカップルもいらっしゃるでしょう。自然とセックスの回数も減っていきお互いに性欲が溜まってしまいます。
そんな時にセクスティングを提案してみると、今までとは違った経験が出来てカンフル剤の役割になって2人の仲がさらに深まる事も期待できます。
特に遠距離恋愛の場合は、コロナの影響とは関係なくセクスティングを使いこなす事で2人の関係は深まります。

相手が奥さんの場合は自由にセックスをする事も可能ですが、旦那さまが単身赴任や出張中の、またはCAなどの職種の奥様が出張中の夫婦にセクスティングをおススメします。
先程説明した「センズリ鑑賞」や「オナ見」などのセクスティングを行う事でこれまでとは違った感覚になり、実際にするセックスがより興奮度が高いものになる場合もあります。
セクスティングを重ねることで、配偶者が、単身赴任や出張中の浮気を疑う必要もなくなります。

女性の同僚

新型コロナウイルスで緊急事態宣言が出たことにより、エンターテインメント業や販売、飲食などを行っている業種で自宅待機となってしまった方がいらっしゃると思います。
そんな方は自分と同様に自宅待機となっている女性の同僚に現状の連絡を取り合う際に、ちょっとエッチな話で盛り上がるなんて事も出来るかもしれません。
とはいうものの、いきなりセクスティングをするのは正直無理だと思います。エロ漫画やエロ動画の様なシチュエーションは現実ではそうそうありません。こちらは冗談のつもりでもセクハラで訴えられるなんて事も考えられます。少しずつエッチな話をしながら、相手の反応を見ていくと良いでしょう。

元カノ元カレ

元カノ元カレと別れた後も連絡を取り合っていれば、セクスティングが出来る可能性は大です。一度は愛し合った間柄です。エロチャットなどに乗ってくるようであれば、少しずつセクスティングをしてみると良いでしょう。
新しいパートナーがいて心の中では悪いと思いながらも今でも腐れ縁で肉体関係が続いている場合であれば、相手との距離を取る為にセクスティングを使うという事も出来ます。別れる為に行ったセクスティングで新しい刺激を受けてヨリが戻るなんて事がないように注意しましょう。

チャットガール

利用すると料金が掛かるものの、すぐにセンズリ鑑賞やオナ見などのセクスティングが出来るチャットガールと呼ばれている女性がいます。
チャットガールはライブチャットを利用すればすぐに見つける事が出来ます。ライブチャットの詳しい説明は後ほどさせていただきますので、読み進めていただければと思います。

オナ友

無料でセクスティングの相手を見つけたいと思っているのであれば、オナ友を作ってみるのも一つの方法です。
オナ友とは実際に会った事がなくてもセクスティングは出来る相手の事を指します。そんなに都合の良い相手は簡単に見つからないでしょと思われる方は、次で説明させていただく「優良サイト」を使う事をおススメします。

オナ友探しに最適なサイト

オナ友探しに最適なサイト

ここでは、オナ友を探す為に使う優良サイトを紹介させていただきます。
世の中には、数多くのサイトが存在しています。中には悪質なサイトも存在していますので注意が必要です。悪質なサイトを見分ける方法もありますが、この記事のテーマと外れてしまうのでここでは省略させていただきます。その代わり、私が使っている優良サイトの中から厳選して5つを紹介させていただきます。

PCMAX

PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

運営会社は株式会社マックス運営するサイトです。
オナ友を探すための特徴としては、「LIKE検索」「人気職業検索」など他では見かけない様な検索方法が用意されている事が挙げられます。
登録する機会があったら、ぜひ利用してみましょう。

Jメール

Jメール

運営会社は有限会社エムアイシー総合企画が運営するサイトです。
特徴としては、ユーザー目線のキャンペーンが多く開催されている事やWEB版だけでなくアプリ版にもログイン特典が設けられている事が挙げられます。
メール1通7ポイントなどポイント面ではやや不満はあるものの、オナ友探しに使いやすいサイトとなっています。

ハッピーメール

ハッピーメール

運営会社は株式会社アイベックが運営するサイトです。
特徴としては、タレントの野呂佳代さんをイメージキャラクターに採用したり、ハッピーメールをモチーフにした映画が作成されたり、これまでのサイトでは見られない様なオナ友を探すのに有効な取り組みを行っている事が挙げられます。
アプリ版では毎日1ポイントがもらえるログイン特典が用意されています。

ワクワクメール

ワクワクメール

運営会社は株式会社ワクワクコミュニケーションズが運営するサイトです。。
特徴としては無料ポイントが貯めやすい事が挙げられます。私もアプリ版のログインボーナス・運営からのメール・ミニゲームクリア報酬などで1ヶ月80サービスポイントを貯め続けて出会いに役立てています。

YYC

YYC

運営会社は株式会社Diverse(ダイバース)が運営するサイトです。もともとはmixiの子会社でしたが、結婚支援事業を主に行っている株式会社IBJの傘下に入りました。
本気で結婚相手を探している方にはピッタリのサイトとなっていますが、オナ友ももちろん見つけることができます。

セクスティングに役立つ大人の玩具

シンクロ

セクスティングは実際に会う必要が無く、離れた場所にいる相手とでも出来るというメリットがあるもののお互いの体には触れる事が出来ませんので、言葉や音声や映像で興奮度を高めていくのが通常のやり方です。
これだけでも十分に興奮度を高める事が出来るのですが、ここで紹介させていただく大人の玩具を使う事でさらに興奮度を高める事が出来ます。

シンクロ

シンクロ

まずはシンクロです。
シンクロは一言で言ってしまえばオナホールです。しかし、今までのオナホールとは全く違います。動き方はピストンや回転(左右に切り替え可)などが可能になっています。ここまでは他のオナホールにも付いている機能ですが、シンクロはその名の通り映像と“シンクロ”する事が出来ます。AV動画をダウンロードして再生します。男性が挿入するとシンクロが自動的に動き始めるので本当にセックスをしている様な気分にもなります。さらに強さや回転は映像に連動しているので予期せぬ動きを楽しむ事が出来ます。
さらにアプリとも連動していますので、遠隔操作する事が可能です。セクスティングの相手に遠隔操作してもらったら、セックスさながらのオナニーを体験する事が出来ます。

シンクロ【公式サイト】

さくらの恋猫

さくらの恋猫

次はさくらの恋猫です。こちらは女性専用のラブグッズとなっており、漫画・動画・ボイスに合わせて振動します。また、先程のシンクロと同様に遠隔操作する事が出来ます。セクスティングの相手がアプリを使ってさくらの恋猫を操作すれば女性は今までにない様なオナニーの快感を得る事が出来ます。
お互いがシンクロとさくらの恋猫を操作し合いながら、映像を送り合えば興奮度の高い疑似セックスを楽しむ事も可能になってきます。

さくらの恋猫【公式サイト】

相手が不要のセクスティング

相手が不要のセクスティング

彼女や妻などセクスティングの相手がいない方、オナ友を探すのが面倒だと思う方は、以下で紹介させていただく有料サービスを利用してみましょう。
料金が発生してしまうというデメリットはあるものの、すぐにセクスティングが可能になるなど大きなメリットもあります。もちろん、新型コロナに感染する心配もありませんので安心して利用する事が出来ます。
自分自身も参加ができるので、オナニーのおかずとしては非常に豪華なものになります。

参考記事

ライブチャット

まずはライブチャットです。ここでは、DXLIVE・マダムライブ・ジュエルライブの3つのライブチャットをピックアップして紹介させていただきます。

マダムライブ

マダムライブは株式会社エムライブという日本企業が運営しています。無修正動画をやりとりする事は出来ませんが、人妻や熟女が中心に在席している事が大きな特徴となっています。年上の方が好みである方は積極的に利用してみると良いでしょう。
マダムライブもポイント制になっており、1ポイント1円で購入する事が出来ます。

ジュエルライブ

ジュエルライブはマダムライブの姉妹サイトです。運営会社などは同じですが、在席している女性は20代前半が中心となっています。普段、若い女性と接する機会が少ない方は積極的に利用してみましょう。

DXLIVE

DXLIVEはDTIサービスという海外の企業が運営しています。海外にサーバーを置いている事で日本に居ながら“無修正動画”が見られる事が最大の特徴となっています。海外のサイトであるものの日本人も多く在席しており、サイト内も日本語表記となっているので安心して利用する事が出来ます。
男性ユーザーはポイント制になっており、1ポイント2ドルで50ドルから購入可能になっています。ドル決済なので消費税は掛かりませんが、購入時の為替相場で若干の変動があることは忘れない様にして下さい。

ツーショットダイヤル

次はツーショットダイヤルです。冒頭でも少し触れましたが、80年代のテレフォンクラブの名称が変わったもので自宅に居ながら24時間いつでも楽しめるというのが最大のメリットとして挙げられます。
ここではテレクラマックスとエクスタシークラブの2つを紹介させていただきます。

テレクラマックス

テレクラマックスは業界最大手のマックスグループが運営しているツーショットダイヤルです。全国に拠点を持ち、どこにいても近くにいる相手と楽しむ事が出来ます。
テレクラマックスに用意されている“ツーショット”というコンテンツを使えば、相手はランダムに選ばれるので宝探しの様な感じで楽しむ事が出来ます。
テレクラマックスはポイント制になっており、1ポイント10円となっています。

エクスタシークラブ

エクスタシークラブもマックスグループが運営しているツーショットダイヤルです。こちらはSMや変態プレイに特化しています。
コンテンツの中には“盗聴”なども用意されており、マニアックな性癖をお持ちの方であれば十分に楽しむ事が出来るようになっています。

まとめ

まとめ

以上、セクスティングについて説明させていただきました。
新型コロナウイルスの出現によって、私たちの行動は制限されてしまい疲れやストレスが溜まりやすくなっています。
新型コロナウイルスに感染してしまったら、感染させてしまったらと考えてしまうと、これまで出会い系サイトなどを使って相手を探していた方もなかなか出会いを見つけられずにいると思います。
この様な状況だからこそ、感染リスクが全くないセクスティングという方法を利用して、日頃のストレスを発散していきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

出会いの迷人

性別:男性 プロフィール:現在、4つの出会い系サイトを駆使して、セックスライフを楽しんでいる。出会い系サイトで出会って、多数のセフレを作った経験がある自称出会いの名人。

おすすめ記事3選

PCMAX 1

コンテンツ1 1000円分無料pt進呈2 PCMAXへの登録方法3 年齢確認4 リアルな口コミや評判を調べました5 安全なのか検証した結果6 利用料金7 アプリについて8 無料ポイントの入手方法と無料 ...

2

コンテンツ1 PCMAXの公式アプリについて2 ハッピーメールの公式アプリについて3 ワクワクメールの公式アプリについて4 Jメールの公式アプリについて5 YYCの公式アプリについて6 セフレ募集をす ...

ワクワクメール 3

コンテンツ1 ワクワクメールへの登録方法2 年齢確認をする流れ3 本当の評判や口コミを調べた結果4 安全なのか実態を解明5 公式アプリ6 無料ポイント入手方法と無料コンテンツ7 料金とポイント消費8 ...

-出会いの方法, テレフォンセックス, 新型コロナ
-,

テキストのコピーはできません。

© 2020 セフレ塾