ディープスロートとは何かを熟知した上でドMな女性を見つけだす方法

ディープスロートとは?

ディープスロートとは?

ディープスロートを日本語に直訳すれば、喉の奥という意味になります。性行為でのディープスロートは主に女性が、男性器を可能な限り目一杯まで咥え込む意味を持ちます。この性行為は女性の口に男性器を強引に捻じ込むのではなく、咥える女性側が主導して施すSMプレイの一環とされています。ちなみに語源は1972年に公開された米国の映画「ディープスロート」が始まりです。

ディープスロートに類似する性行為で、フェラチオやイラマチオがありますが後程ご説明させて頂きます。皆様も大体は察すると思われますが、この性行為は咥える側からしますと苦痛を伴います。下手をすれば嘔吐したり窒息するリスクもありますが、ディープスロートを極めている女性から施しを受けた時の快感は、挿入した際の気持ち良さを確実に超えていると言われています。

フェラチオとの違い

ある理屈で考えればディープスロートは、フェラチオの延長上あるいはハードバージョンという感覚で捉えることもできます。確かに咥える女性側が主導である点は同じです。ですが決定的に異なるのは、フェラチオは男性器を舐めたり咥えたりして刺激することに対して、ディープスロートは大きさにもよりますが基本的に男性器の根元まで咥えるということを前提に施す部分です。

参考記事

イラマチオとの違い

イラマチオとディープスロートは咥える女性側の立場で申しますと、行為そのものは同じであると言えます。いずれも男性器の先端から根元に目掛けて、女性の喉奥深くまで咥え込むという性行為です。しかし、男性器を咥える女性側のスタンスが真逆なのです。イラマチオは男性側の主導で半ば強引に施しますが、ディープスロートは女性側のペースで施せるので精神的に違います。

参考記事

挿入と匹敵する快楽

男性器を咥え込む女性側からすれば、苦手か嫌いだと言う人のほうが多いと思われるディープスロートですが、咥えてもらう男性側からすると好きな人のほうが多いでしょう。その理由は、ただ動かず受け身で奉仕してくれるだけではなく、ディープスロートが巧みな女性であれば挿入と匹敵する快楽を味わえるからです。更に究極の技術を持つ女性が施せば挿入の快感を上回ります。

最大級の愛情表現

ディープスロートは女性側にとって、苦痛と嫌悪感しかないという人も多いでしょう。それに先程も書き添えました通り、巧みで上手なディープスロートであれば最高ですが、そうでなければ男性側からしても大した快楽は得れません。それでも、ディープスロートをしてくれる女性に対して男性は間違いなく好感を抱きます。何故なら最大級の愛情表現とも思える性行為だからです。

巨根には限界の範囲内

日本人の男性器の平均サイズを世界的な基準で調べれば、大きくも小さくも無い標準サイズであることが分かります。あと日本人女性の顎から喉元への骨組みも、殆ど日本人の男性器の標準サイズと同等ですので、日本人同士であれば大方ディープスロートは可能であると言えます。しかし、日本人男性の中にも巨根の男性器を持つ人がいます。当然その場合は限界の範囲内までです。

ディープスロートされたい男性の特徴

ディープスロートされたい男性の特徴

ディープスロートという性行為を全ての男性が望むのかと言えば一概には言い切れません。男性の中には、ディープスロートをしてくれることは嬉しくても、女性が苦しんでまで施して欲しいとは思わないという人も結構います。このことは、SMプレイをするしないのケースと似ておりまして、SMプレイを望む男性でも女性の我慢する姿を見てまでしようとは思わない道理と同じです。

その一方で、非常に強くディープスロートされることを望む男性も現存しますし、その数も決して少なくはありません。それでは、どのような特徴を持つ男性がディープスロートされたいと強烈に求めるのでしょうか?とりあえず見た目だけでは全く判断できません。ここでは、そのディープスロートされたい願望を強く持つ男性の特徴について、各々タイプ別で書き記していきます。

サディスト

この世では男女共に、性癖としてサディスト(S)とマゾヒスト(M)が存在します。もちろん中性的であったり、いずれの要素も持ち合わせた人はいます。ディープスロートを強く求める男性は、サディストである場合が多いと思われます。性格は穏やかでも、性行為になるとガラッと人が変わるパターンの男性です。女性が自身の男性器を根元まで咥えながら苦しむ姿を見て興奮します。

快楽主義者

一般的な性的思考とは少し掛け離れた性行為を好む人の大半は、言うまでもなく快楽主義者であることに相違ございません。普通の人が持つ感覚では理解に苦しむぐらい、とことん気持ち良くなることを貪欲に求め続けるのです。その快楽主義者が、ディープスロートというSMプレイに分類される性行為を望まない訳はありません。常にディープスロートされたい願望があるはずです。

愛情不足の男性

先程も少し触れておりますが、女性が普通にディープスロートをするだけで必ず男性に大きな快楽を与えられるとは言えません。どうしてもテクニックや場数、センスや慣れなども影響しますので上手い下手の個人差は生じます。しかし男性にも個々それぞれ色んな人生があり、長らく孤独な環境を過ごした人は特に、ディープスロートされることで強い愛情を感じたりするものです。

支配欲が強い

そもそも、ディープスロートという性行為は女性が主導の基で施すものの、結果的に男性を心地良くさせている一種の行動です。そのディープスロートされたいという気持ちが高まり、ディープスロートさせて心地良い気分になりたい思いのほうが濃くなるタイプもいます。このようなタイプは、自分の思い通りに人や物をコントロールするという支配欲が強い男性であると言えます。

劣等感がある

ディープスロートされたい男性の特徴の一つに、家族内あるいは社会的に強い劣等感を抱いているパターンがあります。例えば、かかあ天下の家庭を持つ男性が薄給であることを罵られたり、社会的に万年平社員というレッテルを貼られるなどです。そういった劣等感を抱えて日々を送る男性の場合、ディープスロートされることで自分は惨めではないという確認がしたいのでしょう。

AVでよく見るディープスロート

AVでよく見るディープスロート

女性側からすれば好ましくない性行為とされるディープスロートですが、そのディープスロートを主体としたAV作品は非常に数多くあります。要するにディープスロート系の作品には、それだけの視聴者や需要があるという裏付けにもなります。先程も記しましたが、性行為の分類で言いますとディープスロートはSMプレイに属します。つまり、マニア系のAV作品という位置付けです。

ディープスロートがメインの内容であれば、マニア系のAV作品として分類されるものの、高い人気のカテゴリーと言えます。さて、ディープスロート系のAV作品として比較的よく見受けられるパターンには、どのような内容のモノがあるのでしょうか?ここからは、ごく最近ディープスロートを主体とするAV作品の内容として、よく見かけるパターンを項目別にご紹介させて頂きます。

吸引しながらのディープスロート

よくアメリカンポルノでも見受けられるディープスロートが、バキュームフェラと同時にするという非常にハードなモノです。日本のAV作品でも最近は見かけることが増えました。男性器をフェラチオした状態で、吸い込むバキュームフェラだけでも結構ヘビーなプレイですが、その上ディープスロートまで音を立てて施すという内容です。涙を流しながらしている女性も割といます。

雁字搦めでディープスロート

これはSM系のAV作品に多いシチュエーションですが、女性はロープや縄で雁字搦めにされて手足も自由に動かせない状態のまま、ディープスロートするという内容です。このパターンのAV作品はS男にM女という設定が殆どですが、男性が強引にさせるイラマチオではありません。つまり男性側は動かず女性にさせるか、女性側から望んで雁字搦めにされてディープスロートするのです。

舌と喉を使ってディープスロート

女性が舌と喉を駆使して完全に男性器を咥え込むなど、ディープスロートの極致といった感じのAV作品に見受けられます。例えば、ディープスロートを極めていると自称する単体女性を応募して来たという設定の内容だとします。そして素人か否か定かではありませんが、女性の中には長い舌を男性器に絡ませながらのディープスロートで次々と男達をイカせるという作品もあります。

痴女がM男を弄ぶディープスロート

昨今このシチュエーションのAV作品は多いと思われます。もちろん男性はM男で女性はS女というパターンですが、受け身の男性器をディープスロートで刺激して射精しそうになるたびに寸止めしたり焦らしたりして弄ぶという内容です。最近では熟女が年下と見受けられる男性に対して、ディープスロートで弄ぶという痴女プレイが増えていますが、本当に男性は気持ち良さそうです。

喉奥に連続射精のディープスロート

現代のAV界は特にマニア系作品においては目を見張るような発展を続けています。ディープスロートをメインにした作品もその内の一つですが、強者の女性が多くなってきているとも感じられます。そのディープスロート主体の作品には、多数の男性相手に女性自ら率先して一人ずつディープスロートでイカせ続ける内容のモノもあります。喉奥へ連続で射精させて悦んでいるのです。

ディープスロートが可能な女性の特徴

ディープスロートが可能な女性の特徴

さて、これまでディープスロートに関する云々を記してきましたが、多かれ少なかれディープスロートについての知識は明るくなったと思われます。そこで最も肝心なことは当然ながら、実際にディープスロートしてくれる相手の存在です。その相手の女性が不在であれば、ディープスロートなど見物対象の性行為でしかありません。それでは不本意ですし実現するべく考察をします。

まず大前提として言えることは、ディープスロートしてもらえそうな女性を対象にすることです。従いまして、個人的な好みのタイプを指定したりすることはご遠慮して頂きます。その理由は、ディープスロートが可能と思われる女性を第一に優先しているからこそです。それでは、ディープスロートの実現に最も近いと思われる女性の特徴を、タイプ別に分けてご説明していきます。

ドMな女性

先程のAVでよく見るディープスロートという項目でも記しましたが、やはり元々というか根っからドMな女性が最適であると言えます。ドMな女性を見分ける特徴として幾つかありますが、まず日頃は下ネタを話さない女性です。案外ガードが固そうに感じられますが、状況を見極めながら誘えばOKの可能性が高いです。あとは文字通り露出度が高い服を着る女性もド
Mの女性が多いです。

被支配欲の強い女性

前述の項目に類似する女性とも言えますが、被支配欲の強い女性は自分をコントロールしてくれる男性を好む傾向があります。しかし、誰でも良いという訳ではありません。何かしら他人を気遣えたり明るくさせたりなど、尊敬できる部分や秀でたモノがある男性に惹かれがちです。このタイプの女性がハマると、普通にディープスロートしてくれるだけでなく技術も極めていきます。

その他に可能性を秘める女性

女性のタイプで言いますと、メンヘラ女性、セックスレスの人妻、ハードワーカー(看護士や介護士)、独占欲の強い女性などはマゾ資質が強まることが多く、ディープスロートしてくれやすい可能性を秘めています。独占欲の強い女性以外はセフレとしても最適であると言えます。ディープスロートしてくれそうなことだけに限らず、エロパートナーとして申し分ない相手だと言えます。

ディープスロートさせる相手探しに最適なサイト

この前の項目では、ディープスロートしてくれそうな女性の特徴について書き添えました。ここからは、ディープスロートさせる相手探しには最適のサイトをご紹介します。ディープスロートさせる相手だけではなく、セフレ、M女、舐め犬、フェラ友など様々な出会いを求めるにも最善策だと言えるでしょう。日常の生活圏内で全く接点がない女性相手を探すには最も安心な場所です。

当然ながら出会い率も高く、自身が抱く性的願望の相手をピンポイントで探すこともできる優良な老舗のサイトです。利用する前には年齢認証や本人確認なども実施しており、トラブルや問題に発展することなども見聞きした覚えがありません。筆者の経験上イイ思いをしているからこそ記せるのです。その安心してディープスロートさせる女性を探せる出会い系サイトは次の通りです。

PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

創設15年以上の健全な運営実績で参加会員数1,000万人を超える優良出会い系です。掲示板、日記、チャット、プロフィールが充実しているので、あなたの出会いに役立つサイトです。


Jメール

18周年を迎えたJメールは老舗サイトとして豊富なコンテンツを配信しています。全国のパートナーを気軽に一括検索ができ便利。24時間365日のサポートがあるので安心して使えます。


ハッピーメール

20年を迎えて、累計登録数1700万を数える、有名な出会い系サイトです。検索機能が豊富なので、メッセージを送りたい好みのお相手を見つけたら、豊富な機能で盛り上がれます。


ワクワクメール

1000万組のマッチング実績のある巨大サイト。着せ替えをしたアバターを自分の分身として楽しく交流が楽しめます。日記を書いてみんなと繋がる事もできる多機能サイトです。


YYC

いろんな出会いアプリの運営を手掛けるDiverseという会社はかつてはmixiグールプだった企業。現在は多様なマッチングアプリや婚活アプリを企画や運営を手掛けています。

出会い系サイト
出会い系サイトのおすすめサイト一覧

コンテンツ1 出会い系サイトを選ぶための5つの基準2 おすすめの出会い系サイト①PCMAXの特徴3 おすすめの出会い系サイト②Jメールの特徴4 おすすめの出会い系サイト③ハッピーメールの特徴5 おすす ...

ドM女探しに最適なサイト

ディープスロートさせる女性タイプの筆頭候補はM女です。M女だからこそ嫌がらず自らエロくなって男性に奉仕できる部分も多々あります。そんなM女を探して出会えるサイトの一つがPCMAXです。筆者自身が最も多く後にセフレとなる女性と出会ってきたサイトでもあります。そして、そのセフレ女性は必然的にディープスロートも性行為のルーティンとして普通に施すようになります。

PCMAXの公式サイトはこちら

18歳未満利用禁止

PCMAXでドM女を探す手順

ドM女をPCMAXで探す手順については、まず会員登録時に自身の登録情報や自己プロフィールなどをキチンと作成します。それと信憑性を高めるため、顔は隠して良いので画像は設定すべきです。アダルトは割り切り希望の女性や業者も多いのでピュアを選択します。そこで女性の日記や書き込みを閲覧して、直感でピンときた女性にメッセージを送り返事がきたらやりとりを始めます。ディープスロートが可能かどうか探るよりも、まずセフレになってくれるような女性を探す事が先決です。セフレの作り方について下記で詳しく解説しております。

参考記事

ディープスロート可能な女性を探すその他の場所

出会い系サイトの他にも、ディープスロートしてくれそうな女性を探す場所はあります。例えば、ネット掲示板や相席居酒屋、ネットカフェやアルバイト先などでも可能でしょう。しかし、それらの場所より効率が良く不特定の女性と出会える可能性が高いのは出会い系サイトです。女性と出会えるまでに時間の掛かる男性もいますが、コスト的にリスクが低いという利点もあります。

ディープスロートをする女性への助言

ディープスロートをする女性への助言

夫やセフレ、パートナーにディープスロートを希望されている女性や、これからディープスロートをしようと思っている女性にアドバイスさせて頂きたく存じます。正直に申し上げますと、オススメかと問われれば「いいえ」と答えるかも知れません。でも好きな相手から無理のない程度に一度お願いしたいと頼まれているのであれば、是非してあげて欲しいと即答させてもらいます。

何が違うのかと言いますと、推奨するような性行為ではありませんが、好きな相手に希望されている場合であれば、試すこともなく断ると他で求める可能性があるからです。ディープスロートは男性器が短小であれば別ですが、基本的には辛い性行為であると言えます。でも、ディープスロートを女性がしようとする姿を見ただけで、その女性に男性は今までには無い意識を覚えます。

ディープスロートの練習

いわゆる尽くし型の女性である場合のケースですが、何とか自分も苦しまず愛する男性にディープスロートしてあげたいという一心で思いたったのが練習だと言います。これは、過去に筆者のセフレから聞いた話でもありますが、大きめのハムを購入して少しずつ咥え込む奥行きを深くする練習だそうです。最初は当然、嗚咽しますし苦しいそうですが徐々に慣れてくるとのことです。

あくまでも女性が主体

よく似た性行為にイラマチオというのがありますけど、する行為は同じでも男性が主体のプレイとなります。ですがディープスロートは、あくまでも女性が主体の性行為です。つまり主導権は女性にあるので、ずっとディープスロートし続ける必要はありません。何度かストロークして苦しいと思えば、フェラチオにシフトチェンジすればいいのです。手綱捌きは貴女次第と言えます。

嗚咽した表情を見せない

ディープスロートという性行為自体に慣れたとしても、するたびに付きまとうのが息苦しさと嗚咽です。その時に女性本人は慣れていたとしても嗚咽する表情を見せてはなりません。何故なら男性は理屈抜きで、女性の嗚咽する表情を見れば萎えてしまうからです。ディープスロートというハードな性行為をさせておきながら、心許ない気持ちですが事前に認識していて欲しいのです。

無理してする必要はない

ディープスロートは性行為の一端であることに間違いありませんが、フェラチオとは違い苦心が伴う内容と言えます。このディープスロートを男性主導でするのがイラマチオです。この記事でも度々お伝えしていますが、ディープスロートは女性主導ですのでペースや速度なども自己調整できます。それに苦しくて気分が損なうようであれば、無理してまでする必要は全くありません。

ディープスロートについての注意点

ディープスロートについての注意点

この項目では、ディープスロートという性行為をするにあたっての注意点を促します。女性が苦しい思いをしてまで施す性行為ですが、その代償として男性は肉体面や精神面でも満足感を得られます。しかし、ディープスロートは女性の喉奥深くまで男性器を受け入れるため、色んな視点から考えて注意を払う必要があります。性行為に及ぶ際は、快楽の反面を常に意識するべきです。

性行為というのは生身の人間が身体を交わし合うことですから、何かしらのリスクというものは絶えず発生する可能性があります。お互い外傷や感染症などを防ぐ気遣いを基に、性行為を楽しむことが大切だと思うのです。まだ明るみとなる傷や症状であれば、病院へ行くことによって治まりますが、何かの間違いをキッカケに治まりようのない場所へ傷が付くことだってあるのです。

完全に勃起すれば移行する

楽観的な感覚で言いますと、男性器が勃起するまでの状態であれば殆どの女性は、多少の余裕を持ってディープスロートできるはずです。日頃ご飯を食べる時に口にする、オカズなどのほうが大きい場合だってあるでしょう。ですので、必ず口内射精しないといけないような状況でなければ、完全に勃起するまでならディープスロート可能というスタンスにするのも一考だと思います。

歯が当たらぬよう注意する

ご存知の方も多いでしょうけど、男性器というのは血液が密集している部分です。感度としては女性で言うところのクリトリスに似ています。ディープスロートは喉奥深くに男性器を咥えますので、その間ずっと前歯から奥歯までの歯が隣接し続けます。もし勢い余って勃起中の男性器に、尖りぎみの歯が触れたらどうなるでしょう?十分に想像できると思いますので注意しましょう。

苦痛を感じたら即刻中止

近い内容のことは幾度か記してきましたが、肉体面だけに限らず精神面でも苦痛に感じたら即刻ディープスロートを中止して下さい。性行為を楽しむには快楽や代償が伴わなければ不完全燃焼で終わります。苦痛の状態を長く我慢してしまうと、ストレスに繋がり今後の性行為に差し支えます。男性はディープスロートしてもらうだけでなく、時々は女性の様子を伺うことも大事です。

必然的な性行為ではない

先述しましたように、筆者の元セフレの中にはディープスロートという性行為がルーティンになっていた女性も確かにおりました。ですが、ディープスロートという性行為のカテゴリーはマニアックプレイです。ディープスロートは一度してもらったからといって、必然的になるような性行為ではありません。女性自らディープスロートしたいと思って勝手にするのならいいでしょう。

まとめ

まとめ

今回はディープスロートについての詳細を記述させてもらいました。ディープスロートという性行為は、男性主導で施すとイラマチオになるほどハードなエロプレイです。もしかしたら、ディープスロートを好む男性は肉体的な快楽よりも精神的な満足感のほうが大きいかも知れません。恐らくですが、征服しているかのようにも捉えられますし、愛を感じる場合もあるのでしょうね。

そのことについては本文内でも触れていますが、いずれにしましてもフェラチオの上手な女性が、結果的にディープスロートも極めていると思います。本質的にエロい要素を持ち合せた女性は、テクニックの伸びしろ幅も広いと感じた記憶が甦りました。おしまいに、辛くて苦しいのに我慢してディープスロートする女性に気付いたら、無理させない男性のほうが絶対に男前ですよね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ペインパッカー

プロフィール:過去に出張ホストとメンズバーの経営をしていた、40代中盤のバツ2で現在フリーランサー。現在に至るまで200人以上の女を性奴隷にしてきた、女体操作の念能力者。

おすすめ記事3選

1

コンテンツ1 PCMAXの特徴2 PCMAXアプリ版のメリット・デメリット3 PCMAXを使って分かったメリット・デメリット4 PCMAXの登録方法と利用方法5 PCMAXの利用料金6 PCMAXでの ...

2

コンテンツ1 PCMAXの公式アプリについて2 ハッピーメールの公式アプリについて3 ワクワクメールの公式アプリについて4 Jメールの公式アプリについて5 YYCの公式アプリについて6 セフレの作り方 ...

3

コンテンツ1 ワクワクメールの特徴2 ワクワクメールの公式アプリ3 ワクワクメールを使ってわかったメリット・デメリット4 ワクワクメールへの登録方法5 ワクワクメールの利用料金6 ワクワクメールにログ ...

-大人の性教育, 知っておきたい事, フェラ
-

Copyright© セフレ塾 , 2019 All Rights Reserved.