人妻をセフレにした際に絶対に注意しておくべき点

更新日:

前回の記事で、人妻をセフレにするのは圧倒的にハードルが低いということに触れましたが、その人妻とのセフレ関係を継続するためにも注意すべき点がいくつかあります。

人妻は性欲を持て余しているので本当にエッチな事をたくさんしてくれますし、せっかく出会い系を始めて憧れの禁断のセックスを体験することが出来たのに、面倒なことに巻き込まれてしまっては元も子もありません。

そもそも悪いことをしているという認識は誰にでもあると思います。人妻に手を出しているんですから。

様々な大問題に発展したケースや、具体的な芸能人の例なども交えてお伝えしたいと思いますので、これからご紹介することはしっかりと覚えておくようにしましょう。

参考記事
独身女性に比べて人妻をセフレにするハードルが低い理由

まずは連絡手段!スマホの管理は徹底的に!!

セフレと関係を保つためには定期的な連絡が必要不可欠ですが、人妻とセフレ関係を持つ際は必ず夫婦のスケジュールを共有しておきましょう。

ご主人がいない時間帯や曜日、連絡してもリスクのない環境はいつなのかしっかりと把握していることが大切です。

また、実際に現場を目撃されていなくても、些細な人妻の言動から不倫を疑われる可能性は充分にあります。

その際真っ先に見られるのがスマホです。このスマホの管理がずさんだと簡単にばれてしまいます。

連絡するためのツールとしてLINEやカカオ、スカイプなどの無料通話アプリが数多くあると思いますし、メールでやり取りされる方も多いと思います。

スマホ自体にロックが掛かっていても番号を盗み見て覚えることは可能ですし、長い時間一緒に過ごしていたら暗証番号を教えている可能性だってあります。

指紋認証のスマホであっても、奥さんが寝ている隙間にスマホを手に取り、指を一瞬付ければ簡単に解除できますよね。

「夫に怪しまれない様に」とあえてロックを掛けなかったり「いつ見ても構わない」というスタンスを取る人妻もいますが、実際に見られてしまったらアウトなのでスマホの管理を厳重にするように相手に伝えましょう。

そして、連絡する内容を浮気が疑われない様な内容のみに絞ることも予防策の1つです。

「○日にみんなで飲みに行くんですが都合どうですか?」というような連絡を送るようにして、ご主人から見たら二人っきりでは会っていないようなカモフラージュをすることも出来ます。

お互いが前もって示し合わせておけば、会うための口実をごまかすことが出来るんですね。

実際出会い系サイトで知り合った人妻と共通の知り合いなんていないと思いますし、僕も出会い系で知り合った人妻と会う時はこういった隠語を使う様に徹底していました。

人妻の方もそれを了承してくれますし、本当に家庭を壊すような火遊びまでするつもりのない方がほとんどですので、悪いことをしているという事実を隠すために手法は徹底しておきましょう。

不倫は性別を越える?カモフラージュはいくらでも

いくつかのカモフラージュの方法や管理の仕方をお伝えしましたが、僕が一番有効だと考えるカモフラージュは性別を変える事だと思っています。

LINEやスカイプで連絡を取る際、出会い系サイト専用のアカウントを持っているととても便利ですが、その際登録する名前を中性的な名前にしましょう。

人妻以外の方と出会い系で知り合っても男として連絡を取ることが出来ますし、セフレの人妻との連絡をカモフラージュするために女性と偽って連絡を取ることが出来ます。

女性と連絡を取り合っていても疑いをかける男性はほとんどいませんし、そこまで疑り深かったら人妻もそう簡単に火遊びの尻尾を出さないと思います。

ご主人の事は奥さんが一番よく分かっていますからね。

口調や内容に少し工夫が必要ですが、それでもバレて修羅場を迎えるよりは全然いいと思いますし、実際に僕が行ったカモフラージュの方法で一番効果的でしたので是非参考にしてみて下さい。

会う場所も考えて!当たり前の事ですが・・・

さて、出会い系サイトで実際に人妻さんと会う回数が増えてきましたら、今後人妻さんと会う場所も気を払うようにしましょう。

もちろんいつどこで、誰が見ているか分からないので今までも気を払ってきたとは思うのですが、あなたが気を張っていても人妻さんの気持ちがいつまでも張っているか、注意をしているかはわかりません。

ご自宅に招待しようと考える方もいらっしゃるくらいです。僕は実際人妻のご自宅にお邪魔したことがあります。

旦那さんといつも一緒に寝ている、場合によってはセックスしているベッドの上でその人妻とセックスしました。

今思い返してみるとそれほど危なっかしい行動はないと思いますし、セックスの最中にインターフォンが鳴った時はかなりドキドキしました。

それでもその時は、スリルを楽しめる程僕も若かったと思います。

いつバレてもおかしくないような関係と会い方でしたので、皆さんはこういった経験はされない方が賢明かと思います。

人妻との距離を測り違えないで!親密度もほどほどに

さて、気を付けなければいけない事の角度が少し変わりますが、人妻さんは基本的にヒマな時間が多いです。

その退屈している現状に付けこんでセフレ関係を構築するのですが、余りにも構ってあげ過ぎてしまうとあなたとの距離をもっともっと縮めようとしてくることがあります。

その際、必ず自分は冷静でいるように務めましょう。

これがなかなか簡単ではありません。セックスできることを考えてしまうと取りあえず会いたくなりますし、それが目的で人妻との関係を築き上げたので、相手が寄ってきたら都合の良い体を求めてしまうのが男性なのです。

しかし、人妻は旦那さんの居ない寂しい時間を埋めるためにあなたと会っているのだと、それ以上の関係ではないのだと改めて頭で認識するように心がけて下さい。

ここで踏み込み過ぎてしまうと、不倫の尻尾を出す羽目になりかねません。

親密になろうと思ったらいくらでも親密になれます。それが人妻をセフレにすることのメリットでもあるのですが、同時にデメリットでもあるのです。

簡単に体の関係を持つことが出来て親密になりますが、度を超えることも簡単に出来てしまうんですね。

相手はあくまで人妻です。あなたの恋人ではありませんし、人妻にとってもあなたは恋人ではないのです。

特定の男性、旦那さんがいるということを忘れて親密になり過ぎてしまうと、リスクは目に見えないうちにどんどん上がっていきます。

そして人妻とのセフレ関係から抜け出すことも出来なくなり、いずれ不倫が旦那さんにバレて訴訟。そんな流れになってしまうんですね。

僕は基本的に一人の人妻とあまり長続きしない様にしています。

人妻は自分を女性と見てくれる存在がいるということに喜びを感じますし、そんな相手の事を本気で好きになってしまう女性もいらっしゃいます。

自分が人妻であるということを人妻自身が忘れてしまうんですね。

なので僕はあまりにも長いセフレ関係を築いてしまうと、自惚れではなく自分を好きになられてしまう可能性もありますし親密になり過ぎてしまう危惧を考えます。

実際にそういった雰囲気が出て来た人妻も何人かいましたが、一方的に連絡を絶って関係を終わらせました。

手軽で居心地の良い関係に甘えてしまうと知らぬ間に泥沼にはまっていることになりますので、常に冷静な考えを持つことを忘れないでください。

こんな事例もありますよ!バレたら大変なんです!!

それでも僕は人妻とセックスすることに興奮を覚えますし、スリリングな体験が出来てラッキーくらいにしか思いませんが、恐らくそれは今まで一度も人妻との関係をご主人にバレた事がないからだと思います。

でも実際、「浮気するくらいだから夫婦関係も冷めきってるんでしょ?」とか考えてしまいますよね?

しかし、必ずしもそういった状況ではないのが夫婦関係の妙味。セックスレスでも夫婦円満な家庭はたくさんあるのです。

皆さんは「弁護士局部切断事件」というのはご存知ですか?

タイトルを聞いただけで男性はゾッとしてしまいますよね。でもこれ、本当にあったことなんです。

20代半ばのご夫婦で、傍から見ても仲の良い関係だったようなのですが、奥さんが弁護士事務所で働き始めてから事が起こったそうです。

そこの弁護士の先生と奥さんが弁護士事務所やラブホテルで何度もセックス、カラオケなどでも淫行を働いていたのですが、奥さんが弁護士との関係に迷う様になり、身体の関係を持ったことを旦那さんに伝えてしまったのです。

初めはセクハラを受けているというような相談から始まったそうなのですが、身体の関係を持ったことを聞いた旦那さんは強姦されたと思ったようですね。

最終的に奥さんの小さなウソや様々な要因が重なって旦那さんは弁護士事務所に突撃、弁護士の先生は暴行を受け局部を切断されてしまうといった内容でした。

かなり真面目なご主人で、奥さんの浮気を最後まで信じない様に行動した結果が、暴行からの局部切断だったみたいです。

あくまで極端な例ではありますし、ここまでなることを身近に感じることは難しいかもしれませんが、それでも可能性としてなくはなくのでしっかりと対策をして人妻とのセックスを楽しむようにしましょう。

芸能界でも不倫は蔓延!恥ずかしいあだ名まで?

不倫と言えば僕の中で代表的なのは石田純一さんなのですが、最近で最も盛り上がった芸能人の不倫となると矢口真里さんが印象的ですね。

矢口真里さんは同じく芸能人の中村昌也さんとご結婚されたのですが、不倫がバレて離婚した後は男好きを明言されているくらいのビッチです。

そして不倫相手だったのは梅田賢三さんというイケメンモデルさんでした。

その梅田さんとのセックスの真っ最中に、元々浮気を疑っていた中村さんが予定よりも早く帰れることになった旨をあえて伝えず帰宅したら、布団も被らず挿入し抜き差ししている部分まで見えてしまったとの話があります。

それから矢口さんに付いたあだ名が「ピストン矢口」。

これは恥ずかしいですね。芸能人なので顔は知られていますし、僕だったらもう一生外を出歩けません。

そして中村さんの心中も察することが出来ないくらいにショッキングな出来事だと思います。自分の生涯を捧げるはずだった女性が、他の男性のチンコを挿入されて喜んでいる姿を見てしまったわけですから。

矢口さん出演の不倫モノのAVを見ている感覚になったそうです。

女性不振になってもおかしくありませんね。

そして矢口さんは事の責任を負うことになり、慰謝料は一億円を超えたとの噂もあります。

まず間違いなく言えるのは、先ほどの弁護士の件でもそうですが、不倫や浮気をするのは男性というイメージはもはやイメージでしかないということです。

どちらから求めたのかは当事者本人にしかわかりませんが、どちらにせよ関係を持った時点で受け入れていることに変わりありません。

弁護士と不倫をした人妻はラブホテルに行ってますし、矢口さんに至っては自宅に持ち帰って股を開いているんです。

出会い系サイトで矢口さんのような芸能人級の美人人妻に巡り合えたら、それはもう歯止めなんて利かないですし何回だってセックスしたいと思ってしまいますが、それでも旦那さんにバレたり連鎖的に犯罪を誘発してしまうような可能性はありますので徹底的に隠した方が身のためです。

キレイな人妻に誘われたらセックスしてしまうのは、出会い系をしていたら当たり前の事ですが、その後の対応をどうするのかまで、スッキリした体と頭で考えるようにしましょう。

まだまだあります!不倫からの大問題!!

不倫をするのはもはや人間の宿命なのかと思わせる程、多くの不倫からの大問題が世の中には蔓延っています。

「不倫 殺人事件」でネット検索をしてみても数多くの事件がヒットしますし、真面目な職業の方でも不倫を重ねていたりするのがとても印象に残ります。

不倫されたことに対して復讐心から女性や相手の男性を殺してしまったりすることがあり、奥さんや相手へのウソという小さなものから組織ヘのウソへ繫がり、次第に大問題となる不祥事へと繫がります。

先程の弁護士の方でもそうですが、警察官の不祥事と言うのも少なくありません。

大阪府警の警察官が、震災復興のために仙台に出向になり、そこで知り合った女性と関係をもつことになったそうです。

そして、その当時は結婚はしていなかったそうですが、正式に付き合っている女性が大阪にいながらの浮気だったとか。

仙台で知り合った女性の方は、自分が彼女だともちろん考えますし、相手の男性をしっかりと好きになって真面目にお付き合いしていると考えていました。

しかし男性からしたら性欲のはけ口としか見ておらず、その女性以外にも都合の良い女性を何人もキープしてセックスをしていたそうです。

女性はそんな男性の態度がどんどん冷たくなっていくのを感じ、疑いの目を向けていたらある日、相手の男性がフェイスブックで大阪の女性と結婚した画像を見つけました。

そうした結果、女性は「社会的制裁を受けてもらう」と警察官の男性に詰め寄り、男性はその女性をカッとなって殺害したそうです。

ざっと概要だけ書きましたが、これだけ聞くと男性が最低ですよね。まぁ詳しく調べて頂いてもその男性が最低なのは変わりないのですが。

この男性のダメなところは、殺害を犯したことはもちろんですが、複数の女性と正式に付き合っているという状況を作った事だと思います。

セフレが欲しいなら相手の女性をセフレ以上にしてはいけません。言い寄られてセックスをしたら多くの女性は本気にしてしまいますし、本気にされたら正式に別れたり断るようにしないと大問題に発展します。

少なくとも出会い系サイトでこのような蛮行を行う男性はいないと信じていますが、曲がりなりにも警察官と言った職業であったこともこの男性の評価を突き落とす要因になっていますね。

裁判の最中に、殺害した女性の遺族の方がいる目の前で「セックスに持っていきやすかった」と発言しているところからも、人間性が疑われます。

この内容をご覧いただいて、少しでもおかしいと、自分はこんな男になりたくないと感じることが出来るなら正常な男性だと思います。

出会い系サイトで知り合った女性と体を重ねるのは当然の行為だと考えますが、このように犯罪性のある行動や問題に発展する小さなウソを積み重ね過ぎないようにしてくださいね。

それでもやっぱりバレてしまった?裁判になったら

これだけ長々と不倫をする際の注意を伝達し、人妻とのセックスにおけるリスクをご紹介していてもなお、やっぱり旦那さんなどにバレてしまう方はいらっしゃると思います。

訴訟され裁判になるということに実感が湧かない方が多いのだと思います。弁護士や警察官の方でも不倫をするくらいなんですから。

そして裁判沙汰になってしまったら、是が非でも自分の身を守る最善の策を考えましょう。

と言っても、ここまでで既にバレないための対策を考えましょうとかたくさん言っているので、そういった策を考えられない方がバレているのかもしれませんが、それでも頭から湯気が出るほどに考えましょう。

必要なのは慰謝料に関することやあなたの社会的地位に関して考える事です。

とにかくベストなのは和解すること。旦那さんがその後奥さんとどういった関係を続けるかは当人同士にしかわかりませんが、弁護士を雇い裁判を起こすための費用と言うのはバカになりません。

手間もかかりますし、人妻を狙った場合旦那さんは仕事で平日忙しい方ばかりだと思いますので、少しでも面倒そうな素振りを見せずに裁判を起こすのは不可能だと思います。

そういった部分につけ込むようにしましょう。方法はもはやなんでも構いません。

謝り倒して許してもらえるのか泣き倒して許してもらえるのか逆ギレしたら案外何とかなるのか。

旦那さん次第なのでここまで来てしまったら腹をくくりましょう。

こうなってしまったらうまく隠すことのできなかったあなたと人妻さんがいけないのです。

旦那さんに非は無いので、なるべく穏便に済ませられることを祈ります。

まとめ

かなり様々なケースに関してまでご紹介いたしました。最悪のケースまで発展した場合の裁判に関することまでご紹介しましたが、出会い系サイトを始める時に人妻と関係を持つことで、裁判沙汰になることまで考えられる方はこの世にいないのではないかと思います。何で書いたんだと突っ込まれそうですね。

そしてここまで書いていると、まるで僕が人妻とのセックスを抑圧し無くそうとしている感覚がありますが、決してそんなことはありません。

何度も言う様に僕は人妻とのセックス大歓迎な男ですし、独身女性と出会い系で知り合ってセックスをするのとはまた別な楽しみが人妻にはあります。

人妻キラーなわけではありませんが、それでも他の男の女を食べてるって考えたら、めちゃくちゃにしてやろうという考えからセックスが凄く激しくなるんですね。

僕がSっ気があるからかわかりませんが、少なくとも出会い系に関しては決してアンチ不倫な考えは持っていません。

必要なのは対策であり、防止するための行動なのです。

その行動や意識が欠けてしまうことで上記にあるような大問題に発展してしまったり、多額の慰謝料を請求されたりしてしまいます。

自分の命は大切にしたいですよね。それに、自分との関係を持ったせいで人妻さんが亡くなられたりしたら弱ってしまいますよね。

セックスは人生を豊かにするものではありますが、そのセックスが原因で人生を壊してしまうのはあまりにもバカらしいです。

対策法や意識の向け方に関してもご紹介させていただきまして、それに関して「ここまでやる必要ある?」と思うかもしれませんが、これでも足りないケースだってあります。

自分は絶対にバレないから大丈夫と思っていてもバレたりしますし、自分が完璧でもセフレ関係にある人妻の管理が甘い可能性もあります。

自分だけは信用できても相手が信用に足る人物かは、出会い系サイトで知り合ったばかりの相手なので図ることが出来ませんよね。

秘密を保持したら、その秘密をしっかりと共有して厳重に隠し通すことを二人がかりで行う様にしましょう。

せっかくの出会い系サイトでの人妻との禁断セックス。その関係を楽しめなくならない様に注意を払いながら、より多くの人妻に背徳感と快感を味あわせてあげて下さいね。

筆者が厳選した優良サイト

PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

創設15年以上の健全な運営実績で参加会員数1,000万人を超える優良出会い系です。掲示板、日記、チャット、プロフィールが充実しているので、あなたの出会いに役立つサイトです。


Jメール

18周年を迎えたJメールは老舗サイトとして豊富なコンテンツを配信しています。全国のパートナーを気軽に一括検索ができ便利。24時間365日のサポートがあるので安心して使えます。


ハッピーメール

ハッピーメール

20年を迎えて、累計登録数1700万を数える、有名な出会い系サイトです。検索機能が豊富なので、メッセージを送りたい好みのお相手を見つけたら、豊富な機能で盛り上がれます。


ワクワクメール

1000万組のマッチング実績のある巨大サイト。着せ替えをしたアバターを自分の分身として楽しく交流が楽しめます。日記を書いてみんなと繋がる事もできる多機能サイトです。


YYC

いろんな出会いアプリの運営を手掛けるDiverseという会社はかつてはmixiグールプだった企業。現在は多様なマッチングアプリや婚活アプリを企画や運営を手掛けています。

The following two tabs change content below.

8110

性別:男性 自己紹介:コンビニや居酒屋の店員を口説いてセフレにした経験が多数あるナンパの達人。ちょっと強引になるくらいの勇気がナンパの秘訣との事で、出会い系のナンパもするが、現地で実践するナンパが一番得意。

-気を付けておくべき点
-,

Copyright© セフレ塾 , 2018 All Rights Reserved.