出会いの方法 裏情報 お小遣い

出会い系の援交の現状を知り素人の女性が援助交際をする理由を知ろう

最初に断わっておきますが、優良といわれている出会い系にも業者は存在していますし、援交をしている女性も多数存在しています。これは紛れもない事実です。この記事では、事実を隠して特定の出会い系をおススメする様な事もありません。
出会い系を使って10年になる私の経験から、出会い系で援交をしている素人女性と業者の相違点や業者の回避方法などについて、包み隠さずに説明させていただきます。

出会い系での援交の現状

出会い系での援交の現状

最初に出会い系における現状を見ていきましょう。出会い系にいる女性は、①援交をしていない素人女性②援交をしている素人女性 ③援交をしている業者の3つのタイプに分ける事が出来ます。ここでは②と③の女性を中心に話を進めていきます。

援交をしている女性は存在する

話は前後しますが、出会い系には援交をしている女性は存在しており、素人女性でも援交をしています。
意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、お金に困っているのは業者だけではありません。素人でもクレジットカードを使い過ぎた、携帯電話の料金が払えないという事はあります。急な出費が重なってしまうという場合も考えられます。
また、単純にセックスをするのが好きという女性も中にはいます。大好きなセックスが出来る上にお金までもらえるので一石二鳥という事になるのです。

個人でする援交と業者がしている援交がある

一口に援交といっても、個人(素人)がしている場合と業者がしている場合の2通りがあります。どちらの場合でもお金の受け渡しが発生するので全くリスクが無いという訳ではありませんが、個人がする場合はリスクの度合いは多少低くなります。
これに対して、業者がしている援交の場合は非常にリスクが高くなります。業者がしている援交は、実際に会ってセックスをする男女以外に、女性を管理している人が存在しています。この人は「援デリ業者」と呼ばれています。女性がセックスをする相手、相手とのやり取り、待ち合わせ場所などの決定に至るまで全てを管理しています。

管理売春の援デリ業者に注意

この為に業者がしている援交は「管理売春」と呼ばれる事があります。管理されている女性は自分の意思で自由にセックスする相手を選ぶことが出来ず、不特定多数の相手を対象にしているので売春行為にあたるという風にみなされます。
万が一、援助交際をしている業者と関わった事が公になっても、罪に問われるのは援デリ業者と援デリですが、事情聴取などに協力しなければならない事もあります。
出会い系の掲示板を使って不特定多数の相手に対して、援交の募集を書き込んでいる素人女性は大丈夫なの?と思われる方もいらっしゃると思います。不特定多数の相手に対して募集をしている事になりますが、最終的に援交をする相手は自分自身の意思で決める事が出来ます。援交出来そうない相手がいなければ、自分の意思で断ることも出来るので売春行為にはあたらないという事になります。

参考記事

女性が出会い系で援交をしている理由

女性が出会い系で援交をしている理由

先程も少し触れましたが、女性が出会い系で援交をしている理由をいくつか紹介させていただきます。
出会い系を使っているとはいえ、全くリスクが無いという訳ではありません。それでも素人女性が出会い系を使って援交をしている理由はそれ以上のリターンがあるからです。

セックスが好き

一番の理由はこれです。
セックス依存症という言葉もあるくらいで、とにかくセックスをする事が好きな女性は存在しています。しかし、セックスしたくても色々な理由によって、セックス出来ない女性もいます。例えば、セックスレスに悩んでいる女性、仕事の時間が不規則で特定の相手を作れない女性などが挙げられます。
出会い系で女性が募集をすれば、必ず数人の男性からアプローチされます。拘らなければ、すぐにセックスする事が出来る上にお金までもらえるので、セックス好きな女性にとっては一石二鳥なのです。
この様なセックス好きな女性を見つけることが出来れば、援交相手ではなくセフレ関係に発展させる事も難しくありません。

参考記事

簡単にお金が稼げるから

援交の相場は年齢や容姿によっても変わってきますが、ホ別イチ~イチゴが多くなっています。これは出会い系で援助交際の条件を提示する時に使われる隠語で、ホテル代とは別に10,000円~15,000円という事を意味しています。
風俗はこれ以上の料金が掛かりますが、お店にバックする金額も含まれているので、女性はここまでの金額を手にする事は出来ません。また、ホテルにいるのは2~3時間程度なので、時給に換算すると5,000円程度になります。時給5,000円の仕事ってそうそうないですよね。
私が昔会った女性の中には、一度でも援助交際をやったら普通の仕事には戻れないと言っていた方もいました。リスクがあっても援交をする素人女性がいるのもうなずけます。

Twitterから流れてきた

援交の募集はTwitterを使って行われる事もあります。Twitterで援交の募集を行う時は裏垢と呼ばれるアカウントを使って行われる事が多いのですが、出会い系と違ってTwitterは男性も無料でやり取りできるのでドタキャンが多くなります。
この為に、本気で出会いを探している男女が集まる出会い系を使った方が効率良く相手を見つけられるので、素人女性は出会い系を使って援交相手を探しているのです。

割り切ったセックスがしたい

金銭を絡めてセックスをする事で、お互いに気持ちを割り切ることが出来ます。この為に恋愛感情が生まれにくくなります。恋愛感情が生まれそうになってもお金をもらっているからと自分の気持ちを抑える事が出来るのです。
特に決まったパートナーがいる女性はこの傾向が強くなります。例えば、人妻の場合はセックスをしたくても家庭を壊してまで相手を探すという様な事は絶対にしません。この為にお金で感情を割り切れる援交という出会い方はピッタリなのです。逆に考えれば、出会い系で援助交際出来る相手を見つける時は人妻をターゲットにしてみると見つけやすいという事になります。

参考記事

パパ活に憧れて

少し前にパパ活をテーマにしたドラマが流行りました。ドラマを見て興味本位で援交を始める事もあります。しかし、ドラマと現実は違っており当然リスクが伴います。
パパ活は裕福な年上の男性が娘ほど歳の離れている女性と食事やドライブを楽しむ事に間違いないのですが、それだけでは済まない場合もあります。強引に体の関係を迫られる事もあるので、興味本位だけでパパ活を行うのは止めておきましょう。

参考記事

相手を選ぶことが出来る

先程も説明させていただいた様に、出会い系を使えば女性は相手を探して自由に選ぶことが出来ます。しかも、プロフィール検索・掲示板検索などいくつかの条件を設定して相手を見つけられる事も出会い系を使う大きなメリットと言えるでしょう。
これが風俗の場合だと指名されると、余程の理由が無いと断ることは出来ませんし、一度でも断ってしまうとお金を稼ぐ事が難しくなってきます。

管理売春を見抜く方法

管理売春を見抜く方法

というものの、素人女性がするにせよ、業者がするにせよ、援交である事に変わりはありませんので見分けるのは非常に難しくなります。
出会い系を10年使っている私でさえ完全に見分ける事は出来ませんが、見分ける時に使っている項目をいくつか紹介させていただきます。

プロフィール

まずはプロフィールです。
業者が使っているプロフィールは往々にして空白やアダルト要素が目立ちます。業者が優先するのは「すぐに会えるかどうか」です。しかも、相手を選ぶのは管理している援デリ業者なので、希望のタイプや相手に求める事なども一切必要ありませんので、プロフィールには空白が目立ち、多くの男性の目を惹く為にアダルト要素が多くなってくるのです。
これに対して素人の場合は、たとえ援助交際であってもタイプの異性と会いたいと考えるのが当然であり、プロフィールは丁寧に埋めている事の方が多くなっています。

やり取りの内容

業者のやり取りの内容は無駄な事が一切ありません。いきなり「これからホ別イチゴで会えますか?」などのメッセージを送ってきます。いくら出会いを求めている男女が集まる出会い系といえども、相手は見ず知らずの男性です。素人では考えられない内容です。
素人であれば援助交際が目的であっても、挨拶や簡単な自己紹介程度は入れて送ってきます。見ず知らずの相手なので当たり前といえば当たり前です。

実際に会う前に…

私は業者を見分ける為に待ち合わせ場所などを提案する様にしています。「これが業者を見分けるのに役立つの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、業者の待ち合わせ場所はあらかじめ決まっています。業者には待機場所があり、ホテル街の近くが多くなっています。
これは移動時間を短くする為で、こちらから待ち合わせ場所を指定しても「車が無い」「遠い」「分からない」などの理由を付けて応じる事はありません。
また、事前に写真交換をお願いするのも効果的です。送られてきた写真をグーグルなどを使って画像検索してみるとネットからの拾い画であることが多くなっています。待ち合わせ場所に現れるのは、写真の人物とは似ても似つかぬデブスであることがほとんどなので注意して下さい。

コンテンツ利用状況

コンテンツの利用状況などを見ても業者を見分ける事が出来ます。業者はとにかく多くの男性の目に触れる事を考えているので、頻繁に募集の書き込みをしています。出会い系の募集掲示板には様々なジャンルが用意されていますが、全てのジャンルに書き込みをしている事もあります。しかもジャンルによって書き込み内容を変えるような事もせず、全てコピペを使って書込みをしている事も珍しくありません。
出会い系内では、ユーザーの過去の書き込みを確認できる場合もありますので、相手のプロフィールを確認する際に合わせて見てみると良いでしょう。

メール以外のやり取りをお願いしてみる

相手が業者の場合、やり取りをしているのは女性を管理している援デリ業者であることが多く、男性である場合がほとんどです。この為にメール以外の音声・ビデオ通話には応じる事が出来ないのです。
但し、素人女性も実際に会う前に音声通話やビデオ通話に応じてくれる可能性は高くないので、音声・ビデオ通話を拒否=業者と決めつけるのは早計なので注意しておきましょう。

各出会い系での援交の現状

各出会い系での援交の現状

最後に具体的な出会い系を取り上げて、援交の現状を見ておきましょう。
以下の出会い系をおススメしている訳ではありませんのでお間違いの無いようにお願いします。

Jメール

Jメール

まずはJメールです。
Jメールにはピュアとアダルトの2つの掲示板が用意されています。援交の募集はアダルト掲示板で行われており、業者の温床になっているのは「今すぐあそぼっ」「Hな出会い」のジャンルです。書き込みで、すぐにHしたい事や欲求不満をアピールしている女性はほぼ業者と考えて間違いありません。男性から見れば、すぐにH出来そうな相手に思えてアプローチされる可能性が高いからです。
業者と関わりたくないと考えるのであれば、ピュア掲示板を使って相手を探していきましょう。

ワクワクメール

次はワクワクメールです。

ワクワクメール

ワクワクメールはパパ活を容認している少ない出会い系です。パパ活は基本的にアダルト要素が無い援助交際の事を意味しており、親子ほど年の離れている男女が食事やドライブに行くなどして、お小遣いを渡すのが一般的な流れとなっています。
ワクワクメールでパパ活を行う時はピュア募集の「一緒にごはん」というジャンルを使う事が多くなっており、P活や父活などの様な隠語が使われている場合もあります。ピュア募集なので業者が潜んでいる可能性は低くなるという点も忘れない様にしなければなりません。

まとめ

まとめ

以上、出会い系で行われている援交について説明させていただきました。援交と聞くと、どうしても業者の影がちらついてしまいますが、素人女性も援交をしている事は忘れてはいけません。素人女性を見つけることが出来れば、お金は必要ですがすぐにセックスが出来る相手を見つけることが出来ます。
但し、業者と素人を見分けるのは非常に難しくなっているので、中途半端な知識で援交の募集をしている相手に近づくのは止めておいた方が良いと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

出会いの迷人

性別:男性 プロフィール:現在、4つの出会い系サイトを駆使して、セックスライフを楽しんでいる。出会い系サイトで出会って、多数のセフレを作った経験がある自称出会いの名人。

おすすめ記事3選

PCMAX 1

コンテンツ1 1000円分無料pt進呈2 PCMAXへの登録方法3 年齢確認4 リアルな口コミや評判を調べました5 安全なのか検証した結果6 利用料金7 アプリについて8 無料ポイントの入手方法と無料 ...

2

コンテンツ1 PCMAXの公式アプリについて2 ハッピーメールの公式アプリについて3 ワクワクメールの公式アプリについて4 Jメールの公式アプリについて5 YYCの公式アプリについて6 セフレ募集をす ...

ワクワクメール 3

コンテンツ1 ワクワクメールへの登録方法2 年齢確認をする流れ3 本当の評判や口コミを調べた結果4 安全なのか実態を解明5 公式アプリ6 無料ポイント入手方法と無料コンテンツ7 料金とポイント消費8 ...

-出会いの方法, 裏情報, お小遣い
-,

テキストのコピーはできません。

© 2020 セフレ塾