前戯

前戯の気持ちのいいされ方を覚えてセフレとのセックスを向上させよう

前戯とは?

前戯とは?

「セックスが気持ち良いと思えない」「挿入時に痛みが走るから、セックスに対して積極的になれない」…そんな悩みを抱えている女性は、たくさんいらっしゃるかと思います。本来気持ち良いものであるはずのセックスで痛い思いをすれば、誰でもそれを避けようとしてしまうものです。
しかし、もしかしたらその悩みは、前戯で解決できるかもしれません!
前戯が不足していれば、心身共にセックスへの拒否感が高まってしまうのも仕方がないことです。
今記事では、前戯とは一体何か、ということを改めて見直しつつ、気持ち良いセックスの為の前戯について、ご説明させていただきます。

緊張をほぐす

基本中の基本です。緊張をほぐすことは心を開くことでもあり、前戯とはその助力になるものなのです。
セックスの際、何をするでもなくいきなりハイ挿入、というのは、男女共に非常にハードルが高いでしょう。精神的に緊張している状態での勃起は難しいでしょうし、女性は緊張したままでは愛液を分泌できず、男性が勃起できても挿入は非常に困難を極めます。男性が特に緊張していなくても、精神的に、リラックスした状態のほうが気持ちいいのは確かなことです。
前戯は、それを回避する手段になります。即ち、男女共にリラックスするための時間になります。そのためだけではないにしても、あるのとないのとでは大違い、それが前戯です。

性交痛をやわらげる

女性は、例えたっぷり濡れていても、挿入されたら痛いと感じることが多いです。
男性、ともすれば女性も知らないかもしれませんが、「濡れているならば痛みは無い」ということではありません。
愛液は、あくまでも膣分泌液に過ぎず、麻酔や媚薬ではありません。潤滑液の役目はありますが、痛みを軽減するだけで、全く痛くない状態にする、ということは不可能です。
それを知らずにペニスを捻じ込まれた日には、よもや裂けるか、と思うほどの痛みが走りますし、それに気付かない男性は、繰り返しパートナーにそんなプレイをおこなっていれば、いずれ必ず振られます。
性交痛は、さまざまな因子が絡まって発生するので、一概には言えませんが、膣分泌液が十分であり、前戯によりしっかりと慣らされれば、ほとんどの場合は痛みがやわらぎます。
ただし、排卵時など、ホルモンバランスによって引き起こされる性交痛は、前戯をした・十分濡れている、だけでは解決しないことも多いので、その際には無理にセックスをしようとしないでくださいね。

気持ちを盛り上げる為の手段

前戯もなしに、いきなり挿入は難しい、と先述しました。先ほどは、主に緊張をほぐすためである、という内容でしたが、緊張をほぐす以外にも、気持ちを盛り上げるというとても大切な役割を、前戯は担っています。
急にスイッチが入って、淫蕩な気持ちになる人は少ないでしょう。少なくないとしても、セックスの際に、家電製品の如く切り替えができる人は滅多にいないはずです。
つまり前戯は、階段を昇るように段々と気持ちをたかぶらせていく為の手段でもあります。
男女双方、もどかしさやじれったさを感じることで、気分が高まり、セックスに向いた雰囲気がかたちづくられていくわけです。
これで、前戯が欠かせないことはわかっていただけたかと思います。それでは、前戯について、ひとつひとつに焦点を当てていきましょう。

前戯の種類

前戯の種類

前戯、と一言にいっても、その実態は多種多様です。その中でも、とりわけよく知られており、しかし実践する人がそうそういるわけでもない前戯をご紹介します。
前戯とは基本的に、セックスのプレイに含まれる大切なプロセスです。意味合い等をしっかり把握しておきましょう。

ディープキス

キスとは不思議なもので、口内を舐(ねぶ)られるだけでも、性的興奮を感じやすくなります。中には、ディープキスだけで濡れてしまう女性もいるほどです。
日常的におこなわれる、バードキスなどとは違うのがディープキスです。相手の舌を巻き取るようにしたり、上顎を舐めたり、歯の裏を舐めたりするのが上手いやり方です。
口の中の性感帯は男女共に同じなので、上手いやり方を覚えておいて損をする、ということはありません。まずはキスから始めましょう。

参考記事

クンニ

どうしても抵抗感を持ってしまう人は、男女を問わずにいるかと思います。舐めることに抵抗がある、舐められることに抵抗がある。それぞれ全く悪いことではありません。無理におこなうこともありません。
しかし、指や手だけでは探れなかったものや、感じられなかった気持ちよさを得られるのがクンニです。
前戯としておこなう場合、膣に舌をねじ込むように舐めたりすると、そうされるのが好きな人にとっては堪らない快感をもたらしますし、膣を丁寧にほぐすことになります。挿入時の痛みを緩和するのにもってこいなのです。
どうしても苦手な場合は、繰り返しになりますが、無理する必要はありません。しかし、平気・好きという場合は、積極的にプレイに盛り込んでいきましょう。気持ち的にも盛り上がりますよ。

参考記事

クリ責め

主に指やクンニの一環で、クリトリスを重点的に、執拗に責めるのがクリ責めです。
クリトリスは、多くの女性にとって最も分かり易い性感帯です。適度なSっ気で責め立てることは、女性の色っぽさを最大限に引き出すことに繋がります。緊張を解すのにも打ってつけでしょう。
ただし、爪が長い場合には、けして傷つけないようにしましょう。女性も、相手の爪の長さを確認し、痛みがないかどうかをきちんと判別してください。クリトリスを含む性器への外傷は、とても痛くつらいです。

参考記事

乳首責め

クリ責め同様、乳首を重点的に責め立てる前戯です。クリ責めよりも焦らしがポイントになります。
いきなり乳首を触ったり舐めたりしても、それで気持ち良くなれる、という女性は少ないです。中には痛みを訴える人もいるでしょう。
乳首責めは、心を込めて、丁寧におこなうべきものです。
まず、胸全体を舐めたり、フェザータッチで触れたりします。それから徐々に、焦らすように乳首へ触れるのが、上手い乳首責めです。焦らしがメインといっても過言ではありません。
乳首は、やさしく唇で食むようにしたり、吸ったり、指で転がすようにすると良いでしょう。女性それぞれに好みがありますから、その方法は人によって変え、けれども「焦らしがメイン」ということはお忘れの無いようにしていただくのが、最善だと思います。

参考記事

手マン

結構な体力を使いますが、その恩恵は計り知れない前戯です。擬似的なセックスでもあるということは言うまでもありませんね。
膣をほぐす、という視点から見て、「これだけは絶対に外せない前戯」のが手マンです。前戯の王様、といったところでしょう。
ガシガシと乱暴に手指を動かすのではなく、あくまでも丁寧に、気持ちのいいところを押すように手を動かすのがポイントです。

参考記事

全身リップ

風俗業界チックな名称になってしまいますが、全身に指で触れ唇で触れ、舐めるこの前戯は、一般的な関係性の男女にも是非やってほしい前戯です。
これもまた、焦らすように、じっくりと丁寧におこなうことで真価を発揮します。はっきり言ってとても疲れますが、その疲労に見合うだけの反応を、多くの女性は示してくれます。
長い時間をかけて、肝心な部分には触れられずに、なぶるような快楽を与えられた体は、女性自身が思うよりも、男性が想像するよりも、良い反応をしてしまうのが、全身リップなのです。

フェラチオ

女性主体の前戯です。女性から動くのも大切ですし、「触れられてばかりだと緊張は解けない」人にとってはメインとも言えます。
ペニスの裏筋を舐めたり、亀頭をしゃぶったりしながら、ちょっと難しいかもしれませんが、声をわざと出してみると、男性はムクムクとペニスを膨らませてくれます。
注意してほしいのは、喉奥に触れると性病にかかる可能性があることです。できればゴムを着けた上で実施してほしいですが、嫌がる男性も多いでしょう。そういった男性にはフェラする必要はありません。経験上、フェラのはずがイラマチオになり、乱暴にされる場合が多いからです。
また、無理にしなさい、とは言いません。ペニスの味が無理、においがちょっと、……という方も多くいるでしょう。そういった方は、二つ下の項目を読んでみてください。

参考記事

シックスナイン

男女共に、体力を消耗する体位であり、前戯になります。基本的に、前戯は疲れます。
そのなかでも、取り分け互いにキツいのがシックスナインです。体格などに差があると、割と危険な面もあります。AVなどでは見たことがあっても自分では経験が無い、という人のなかには、興味を持っている人もいるかもしれませんね。
上に乗る側は、あまり体重をかけないようにし、下になる側は、首を痛めないよう気をつけてください。

参考記事

手コキ

女性から動くのも大切、という流れの話になります。ペニスを手で包み、擦るという前戯です。
男性が一人で自慰を行う際は、ほとんどがこの手コキの動きになるでしょう。
しかし、多くの男性は、「触られるのと自分で触るのじゃ、気持ちよさが全く違う」と口を揃えて言います。実際にそうなのだと思います。
力加減や、どこを重点的に責めれば男性が気持ちよくなってくれるかは、相手によりけりなので、これはムードを壊さないよう気をつけながら、本人に聞いてしまうのが一番です。
フェラチオやシックスナインに抵抗がある女性は、手コキから始めてみてください。
前戯は前戯です。メインは別のところにあります。そのメインで、自分の体の中に入ってくるペニスを観察することは、自分を守ることに繋がりますし、慣れてくれば案外かわいく思えてくるものですよ。

参考記事

気持ちの良い複合前戯のパターン3選

気持ちの良い複合前戯のパターン3選

セックスにおいて、「今こっちを責めているから別の場所に触れちゃダメ」ということは全く有りません。前戯も、当然そうです。むしろ、是非積極的にやってもらって、如何な快感かということを覚えたいところです。
その中でも、女性にとって格別に気持ちの良い前戯の複合技は何か、どういうものかをご紹介します。

クンニされながら乳首責め

種類の違う快感を同時に受けるわけですから、気持ちよくないはずがありません。ただしクンニが苦手な女性は除きます。恥ずかしかったり、相手を信用しきれない場合、クンニが嫌だと感じることはおかしいことでもなんでもないです。
クンニ乳首責めを両方、となれば、女性は少々苦しい姿勢になってしまいますが、圧迫感や羞恥心が適度なスパイスになって、愛液でびしょびしょになってしまうことも。
相手の唾液と自分の愛液が混ざって、その水音を聞かされるのも、前戯のプレイとしては良いですね。

キスされながらのクリ責め

精神的な昂ぶりによって、より気持ちよくなれるのが、この複合前戯です。
どんな姿勢、体位でも、キスされながらクリ責めを受けることは可能なので、最初に挙げたものよりも精神的ハードルが低いかと思います。
キスは相手との精神的な繋がりを高めます。ディープキスが上手い相手だと、口内の性感帯をも刺激されるわけですから、特にMっ気のある女性にはたまらないかと思います。
よく知らない人物が相手だとしても、ディープキスがとても上手い相手に、キスされながらクリ責めをされたときには、キスの合間に喘ぎ声が漏れてしまうのも仕方ないほどの気持ちよさを味わえます。
よく知らない人物が相手でそれほどの気持ちよさなのですから、これが好きな相手・きちんとしたパートナーだと、より一層気持ちよくなれるでしょう。

乳首を舐められながら手マン

乳首責め、といわず、敢えて「舐められながら」としたのは、乳首舐めをされる光景が自分でもよく見えるからです。
乳首を舐められ、時には吸われながら、手マンを受ける。自分の乳首に這う舌の動きや、膣を刺激する手の動きまでよく見える……
そんなシチュエーションに持っていきやすいのです。
男性の中には、騎乗位で結合部がよく見えるのがとても好きな人がいますが、女性の場合は、結合部分よりも、こういった前戯で弄ばれるようにされている様子を見るほうが、精神的にも肉体的にも興奮できて、よいのではないかと思います。

以上、されて気持ち良い複合前戯3選でした。
しかし、それは相手が“前戯が上手い”前提での話です。中には、自分の都合だけで前戯に耽った気になっている男性もいるでしょう。
今から、どんな前戯が独りよがりなのか、女性にも男性にも周知していただきたいことを紹介します。

独りよがりで良くない前戯の例

独りよがりで良くない前戯の例

前戯では、相手への配慮は決して忘れてはいけません。相手への配慮がそのまま快感に直結するからです。逆を言えば、相手への配慮が無いことが伝われば、途端に萎えるのです。
これは、男性も女性も共通しています。男性から女性への前戯でも、女性から男性への前戯でも、お互い様の前戯でも全く同じです。
萎えて良いことはありません。むしろ、盛り上がるための前戯で、萎えてしまったら元も子もないでしょう。
それでは、どんな前戯が独りよがりで良くないのか、解説していきます。

痛いだけの手マン

端的に言って最悪です。
痛いかどうかは女性にしか分からないので、男性は気付きにくいかもしれませんが、相手の表情や言動をよく見ていれば、気付けるはずです。また、女性も痛かったらはっきりそのことを伝えましょう。
ただし、言い方には気をつけましょう。たとえ事実でも、「痛すぎ、最悪」とは絶対に言ってはいけません。男性の心を深く傷つけてしまいます。誰も幸せになれません。
手マンは、セックスには欠かせない前戯です。前戯の王です。それが痛いだけだと、気持ちは盛り上がらないし気持ちよくなれるわけもないのです。
まずは爪の手入れをしっかりとして、ガシガシと乱暴に動かすのではなく、丁寧に手マンするようにしましょう。

参考記事

バリエーションの無い乳首舐め

飴を舐めるように、ただぺろぺろと舐めるだけの乳首舐めは、女性からしてみれば驚くほど頭が冷静になります。刺激が単調なので、頭が冴えてしまうのです。
前戯だけで気をやってしまうほど気持ち良い経験をした女性は少なく、本番中ですら冷静な女性は多いかと思いますが、単調な乳首舐めは、ほぼすべての女性の脳内を、次の日の過ごし方や食事の献立で満たします。
舌を回すように舐めたり、乳首を転がすように舐めたり、稀に吸ったりすることが、よい前戯、よい乳首舐めです。飴ではなく乳首を舐めていることを忘れないようにすることが肝要です。

参考記事

舌を合わせるだけのキス

ただ単に、レロレロと舌同士を合わせるだけのキスを好む男性、もしくはそれしかわからない男性が中にはいますが、気持ち悪いなあ、と感じている女性も多いかと思います。筆者は気持ち悪いなあ派です。
ディープキスは前戯足りえますが、舌を合わせるだけの、意味の分からないキスは、前戯でもなんでもありません。都合上キス、としていますが、キスなのかどうかすら怪しいです。
ディープキスの仕方については、既に記載しましたのでここでは省きますが、こういったキスばかりしている人は今すぐやめましょう。

膣周り以外に全く触れない

気持ちは分かるが、そうじゃない。そんな気持ちを抱かせるのが、膣周り、もしくは膣にしか触れない前戯です。
早くペニスを挿入したい、という気持ちは分かるけど、こっちはまだその準備が出来てない……という状況を招きかねないのが、こういった前戯。女性からすればしらける一方なのです。
キスをしたり、念入りに乳首をかわいがったり、時には抱き寄せたりすることが、盛り上がるセックスの為の前戯になるのだと思います。
膣にしか触れてなかった、という男性は、これまで紹介してきた前戯を覚えて、実践してみてください。

前戯をしてくれるパートナーは誰

前戯をしてくれるパートナーは誰

さて、中には死活問題だという女性もいるであろうパートナー問題です。前戯のなんたるかが分かっても、どんな対応をすればいいかを理解しても、前戯してくれる相手がいなければ意味がありませんよね。
ここでは、前戯をおこなってくれるサービスや相手、相手探しについて紹介します。
前戯は、相手をしっかり見極めることがコツなので、読み飛ばしは厳禁ですよ。

彼氏・夫

最もメジャーで倫理的な相手ですね。パートナーが相手であれば、言いづらいことも発生してきてしまいそうですが、前戯の中でならきっと言えるでしょう。たとえば、その触り方実は痛いからやめて、とか。
どんな風にされるのが気持ち良いかを、しっかり伝えられるようにしておきましょう。この記事をパートナーに読んでもらうのもひとつの手です。是非シェアしてください。

出張ホスト

レンタル彼氏のアダルト版、といえば分かり易いでしょうか。要するに、アダルトなサービスを提供している、ただし本番はなし、という男性版デリヘルのようなものです。
本番、つまり挿入行為は厳禁ですから、アダルトなサービスは前戯がメインになります。よって、ほとんどの出張ホストは、テクニックがあると見込んで良いでしょう。
ただ、最近ではアダルトなサービスも提供していないお店も多いので、しっかりとサイトを読んで、くれぐれも気をつけるようにしてください。

女性用風俗

前戯がメインといえばこちらの女性用風俗です。レズ風俗なども、ほとんど前戯に含まれるようなプレイがメインになります。
気持ちよくしてもらえる、気持ちの良い前戯を間違いなく受けたい! という方は、女性用風俗を選ぶのが吉です。
キャストも、前戯やプレイが上手くなければ続かないものです。本番はぶっちゃけいらないけれど、気持ちよくしてもらいたい……という女性は、前向きに利用を考えてみてはいかがでしょうか。

行きずりの相手

あまりオススメはしません。危険を伴う上に、博打のようなものだからです。
その場限り、今晩限りだと分かりきっている相手同士なので、あまり丁寧なプレイは望めないでしょう。行きずりの女性相手にも丁寧に前戯してくれる男性は絶滅危惧種です。
そもそも、その場限りの相手に期待しすぎるのも良くないものです。更に言えば、行きずりの相手自体が、あまりよろしくありません。
「上手かったらラッキー!」程度の感覚でいるのがおすすめです。

セフレ

倫理的であるかどうかはさておき、間違いが無い相手でもあります。
セフレは、セックスフレンドという名の通り、セックスをする為の相手、その為だけの友人です。友人かどうかも少々怪しいですが、友達以上恋人未満であることに変わりはありません。
前戯を含めたセックスやそのプレイが上手いセフレとは、最高のセックスを楽しめるでしょう。女性が上手いこと誘導し、セフレの技術を育てるのも、ひとつの手です。
前戯をしてくれないセフレはとっとと切るのが良いでしょう。
上手い前戯をしてくれる相手は、逃がさないようにしてくださいね。

とはいえ、セフレがいない方も多くいらっしゃるでしょう。
そこで、出会い系アプリ等を使ってセフレ募集をする方法、セフレ探しに適したサイトなどをご紹介します。

セフレ募集に最適なサイト

セフレ募集に最適なサイト

セフレ募集をするには、出会い系サイトが最も手っ取り早い手段になります。数多の出会い系サイトやマッチングアプリがある中で、どれが良いのか分からずに、右往左往してしまう人もいるでしょう。
ここでは、出会い系サイト、特に大手の中でも特に最適といえる5サイトを、筆者の経験談も交えながらご説明します。

PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

運営が非常にしっかりとしていて、サポートも充実している老舗出会い系サイトです。PCMAXには、他の出会い系サイトにはない機能やサービスがあり、安心して、楽しみながら利用が出来ます。

Jメール


大手の出会い系サイトです。簡単にやり取りが可能で、さくっと探し易いのはJメールでしょう。Jメールは、プロフィールを多少盛っても、出会ったとき怒ったりする人はごくわずか。そういった特色を持っているサイトです。

ワクワクメール


同じく大手ながら、運営は少しばかり緩めな出会い系サイトです。規律違反に対しては厳しいですが、その規律が全く厳しくなく、少々戸惑うほどです。運営と同じように、ゆる~く利用が出来るサイトです。

ハッピーメール


簡単なやり取りができる、というとJメールとかぶってしまいますが、こちらは広告に力を入れているため、サクラや業者なども少ない良質なサイトです。先述のサイトもすべて良質ですが、やはり広告を多く出しているサイトは一味違います。

YYC


YYCの紹介文:非常にクリーンな、しかしアダルトな出会いを求められる出会い系サイトです。ぶっちゃけてしまえば、出会い系サイトは良くも悪くも欲の掃き溜めになりがちです。その中で、そういった掃き溜め感が感じられないのが特徴です。

出会い系サイト
出会い系サイトのおすすめサイト一覧

コンテンツ1 出会い系サイトを選ぶための5つの基準2 おすすめの出会い系サイト①PCMAXの特徴3 おすすめの出会い系サイト②Jメールの特徴4 おすすめの出会い系サイト③ハッピーメールの特徴5 おすす ...

それでは、以上5サイトが何故セフレ探しに最適なのかを取り上げていきます。

会員数の多さ

いずれも大手サイトであるため、会員数が非常に多いです。会員数が多いということは、それだけ出会いを探している人が多いということ。多ければ多いほどよいのです。
母数が大きければ探し易いし、マッチする人を見つけられます。
ただし、登録したまま動いていないアカウントがほとんどのサイトもあるので、アクティブユーザーがどれだけいるのか、を中心に考えましょう。
先述した5サイトは、アクティブユーザーが多く、年齢層もさまざまで充実しています。セフレ探しにもってこいなのです。

自己アピールの容易さ

それぞれやり方は違くても、自分の魅力のアピールをとっても簡単にこなせてしまうのが、出会い系サイトならではの強みになります。
効率よく相手を探すためには、やはりセールスポイントをしっかりアピールできるかどうかが分岐点になります。
そういった観点から見て、上記の5サイトは最適といえます。特にPCMAXなどでは、自己アピールの場が非常に多いので、オススメですよ。

運営側がしっかりしている

運営がしっかりしている、ということは、業者やサクラが潜んでいない、ということになります。
男性にとっても女性にとっても、実際には出会えない相手とやり取りをするのは非常に不毛ですよね。その心配をしなくて済むのは、大手サイトならでは。
また、規律違反に対して厳しい措置が取られるため、悪質なユーザーはどんどん消えていくのも、使いやすいし探しやすいサイトになっていく過程になります。悪質なユーザーとコンタクトを取りたくない、という方がほとんどでしょうから、上記サイトから選ぶと良いでしょう。

「出会えた」という経験談の多さ

出会えた、という経験談は、つまりそれだけ、出会い系として機能しているということです。
出会い系サイトなのに、出会えたという声が少ない……というのは、少々考え物。
その点、心配無用なのが、上記サイトというわけです。
出会えた、セフレが見つかった、恋人が見つかった。そういった声の多いサイトは、出会い系サイトとしてしっかり機能しているし、運営もきちんとしている証拠になります。上記サイトがそれらに当てはまりますので、是非ご活用してくださいね。

PCMAXでセフレ募集をする手順

PCMAXでセフレ募集をする手順

前戯とは、正直なところ、疲れるし結構大変なものです。筆者は女性相手のセックスでは、前戯が本番、くらいの気持ちで挑んでいるので、相手が同姓だったり、初対面である場合はなおさらです。
そんな欠点を抱えているのに、丁寧に時間をかけておこなってくれるパートナーやセフレを探すのは、効率が悪いサイトやアプリでは骨が折れますよね。
そこで、筆者が特にオススメしたいのは、PCMAXです。PCMAXで、如何にしてセフレ募集をすればよいのか、ポイントを取り上げながら詳細を述べていきます。

PCMAXの公式サイトはこちら

18歳未満利用禁止

裏プロフを埋める

PCMAX特有の機能、裏プロフを活用します。
裏プロフとは、マイレージという特有のポイントを使わないと見ることができない、ちょっとエッチな質問に答えていく形式のプロフィールです。
これは、セフレ探しには欠かせません。ほどほどに埋めていきましょう。
ここでは、前戯をしっかり、丁寧におこなってくれる相手探しが目的なので、「どんな相手を探しているのか」という項目は絶対に外せません。
裏プロフは、エッチな内容を書く場です。少しだけ恥じらいを残しつつも、「前戯をたくさんしてくれる相手と出会いたい」「時間をかけて前戯をしてくれる、ちょっとSなセフレがほしい」、といった文章を書くと良いでしょう。

アダルト日記を書く

通常の日記では書けないような内容も書けてしまうのが、このアダルト日記です。生々しさや臨場感があふれるので、これを見ている男性は数多くいます。
写メなどを用意する必要はありません。たとえば、「最近欲求不満気味。前戯をたくさんしてくれる人とえっちしたい笑」というような内容を、自分自身の言葉で書けば、それを見てくれた男性の中から、きっと声をかけてもらえるはずです。
無理に、必要以上にエロい内容にする必要はありませんが、それでも最低限、オナニーのおかずや、最近求めている相手などを書いてみると、驚くほど反応を貰えます。是非使ってください。

掲示板や日記から探す

自分が書くのではなく、読む側に回って探す方法です。日記は必ず足あとがつきますので、互いに足あとがついたらメッセージを自分から贈ってみるのもひとつの手です。
アダルト掲示板では、「Mな女性募集」といった内容の投稿をしている男性が狙い目です。前戯に時間をかける男性のほとんどが、Sっ気のある男性だからです。
同じく日記でも、「出会った女性に、たっぷり前戯を施したら、指を抜いた反動でもビクビクと痙攣してしまっていました」というようなことを書いている男性は、やはり狙い目です。
前戯が上手い相手は、どうしても年齢層が高くなりがちですが、若い男性の中でも前戯がやたらと上手い人はいるので、様々な人がいるのだな、くらいの気持ちで探してみましょう。

メッセージの中で「責め好きかどうか」を訊ねる

プロフィールを書き、利用目的を選び、裏プロフを埋め、アダルト日記を書く。ここまできたら、引く手数多、というほど、多くのメッセージを色々な方から受け取っているはずです。
その中でも、やり取りが長く続くな、という男性は、相性が良い可能性が大です。
そういった男性と、メッセージをやり取りする中で、少しエッチな話題になったときに、「女性を責めるのはお好きですか?」とずばり聞いてしまうのがよいでしょう。
このとき、「大好き!」とか、「下手だけど、よがる女性を見るのはやっぱり好き」というような答えが返ってきたら、ほぼ100%、前戯に時間をかけて気持ちよくしてくれる相手です。
なお、責め好きを公表する男性が、下手だと自称した場合、大抵は謙遜で、実際はとんでもないテクニシャンだったりするので、切り捨てないようにしましょう。

実際に会ってみる

メッセージのやり取りだけでは、セフレとはいえませんよね。ただのメル友です。
互いに都合がつく日に、実際に会ってみましょう。ただし、メッセージのやり取りをする中で「この人、危ない人かも?」と感じた人とは、会わないようにしてください。出会い系などは、直感を大切にすることが肝要です。
実際に会ってみたら、あとは自由です。デートを楽しんだ後にホテルに入ったり、ホテル直行でその後会話を重ねたり……。過ごし方は千差万別。
自由に過ごして、お互いに相性が良いと感じたり、利害が一致すれば、晴れてセフレ関係を築けます。
あまり合わないな、と感じた人とは、容赦なく切ってしまうのも手では有りますが、できるだけやんわりお断りして、また違う人を探しましょう。根気がいりますが、セフレが見つかればもう必要の無い過程です。がんばってくださいね。

前戯を極めたい男性へのアドバイス

前戯を極めたい男性へのアドバイス

さて、前戯がどういったものか、前戯の上手い男性の立ち居振る舞いなどが分かったところで、前戯を極めるためにはどうすればいいのかをご紹介したいと思います。
前戯とは、再三繰り返すようですが、互いの緊張をほぐしたり、女性の膣を慣らしたり、互いの気持ちを通じ合わせる手段です。これを極める、上達させるためには、努力が必要になります。できることから、少しずつ始めていきましょう。

体を鍛えて体力を付ける

前戯は、かなりの体力を要します。丁寧で気持ちの良い、極められた前戯ほど、体力を消耗します。
前戯によって相手をイかせる、ともなれば、それはもう全身の筋肉をフルで使い、全力疾走しているようなものです。つまり体力が無ければ前戯を極めることは不可能なのです。
ですので、体力をつけることは基本中の基本です。免疫力を上げたり、健康になったりするうれしい効果もついてきますので、体を鍛えて、体力を少しずつでも底上げするようにつけていきましょう。

相手への配慮を忘れない

独りよがりな前戯は、たいてい自分の都合しか考えていない、相手への配慮なんて皆無……というようなものです。
上手い前戯に、相手への配慮は欠かせません。欠けている場合、セックス自体が下手で前戯どころの話ですらない、なんてこともあります。
相手の様子を見て、「痛がってはいないか」「嫌なのを我慢していないか」「気持ちよさそうか」などをよく観察することが大切です。
これは少しずつ実践していくしかありませんが、そういった配慮のかけらでも見え隠れすると、女性は男性を健気と感じて、可愛がってくれることが多いです。独りよがりな前戯はやめて、相手への配慮を常に出来るようにしましょう。

ディープキスの技を磨く

体を鍛えるついでに、舌の筋肉も鍛えましょう。
先述しましたが、ディープキスは、ただ舌同士をレロレロさせるものではありません。相手の口内の性感帯を舌で刺激し、深く交わるキスのことを指します。
舌の筋肉が無ければ、口内の性感帯を刺激する、という芸当は夢のまた夢です。
誰かとのディープキスを想定して舌を動かす練習をするのも良いかもしれません。舌に筋肉がつけば、これもまた様々なよい効果をもたらしてくれるので、実践してみましょう。

自分の都合だけでの前戯は辞める

相手への配慮を忘れない、という項目にも通じますが、自分が疲れたから、と途中で辞めたり、相手が嫌がっているのに続けたりすることは一切禁止です。今までしてしまっていた方は即座にやめてください。
相手に配慮した上で、自分も気持ちよく。相手も自分も気持ちよくなれるのが、理想の前戯です。
癖になっている人には特に難しく、なかなか長い道のりになりますが、頑張ってください。

「してあげている」という意識を持たない

相手への配慮をしながらの前戯で、生じやすい意識です。「これは相手のために自分がやってあげている」、というのは、大きな間違いです。
前戯は、男女双方のためのもの。してあげている、という意識を持っていてしまうと、いずれ義務感や不満が生じてしまいます。それは良くありません。
極めたいならば、「お互いのための前戯だから、自分も楽しもう」という意識を持つほうが良いでしょう。

前戯についての注意点

前戯についての注意点

前戯について、男性も女性も、一通り理解してくださったかな、と思います。
最後に、前戯について、忘れがちだけれど忘れてはいけないことを、簡潔に紹介していきます。
前戯とはなんたるか、前提条件は何か、といった部分です。最悪この記事の、以下5点の項目だけ読めばわかるようにまとめました。覚えておくのに丁度良いかと思いますので、最後の復習・まとめと思って、読んでみてください。

爪の手入れをしておく

セックスの大前提です。
前戯のほとんどは、爪が伸びていたら痛みを生じさせるものです。また、爪は自分で思っているよりも清潔な状態ではないので、短く切りそろえ、やすりがけをおこなってください。
爪の手入れは、何より大切です。相手への配慮やマナーとしても欠かせない部分になりますので、必ず守ってください。

互いの体が清潔な状態でおこなう

前戯だけでも性病などにかかる可能性はあります。免疫力が下がっているタイミングに重なれば、風邪を引いてしまう要因にもなりかねません。
そういった病気を防ぐためにも、お互いの体は必ず清潔な状態にしておきましょう。舐めたり口に含んだりするのですから、事前のシャワーは2人とも、あるいは2人で浴びてください。

必要不可欠ではあるが、無理はしない

説明不要なほどまとまっていますが、簡単に詳細を述べます。
前戯とは、お互いのために必要で、とても大切な過程です。あるのとないのとでは大違いです。しかし、その前戯のために無理をしては元も子もありません。苦痛に感じるほど頑張る必要はないのです。
互いに気持ちよくなれる程度におこないましょう。

義務感を持たない

「しなければならない」という意識は、持つべきではありません。先述の通り、不満に繋がってしまうからです。
そういう意識は、お仕事やお勤めだけで十分です。義務感、というほど気負わずにいましょう。真面目すぎる人の中には、どうしてもそういった意識を捨てられない人もいるかもしれませんが、その場合は「お互いのためのスパイス」、程度に捉えておくのがオススメです。

前戯そのものを楽しめるようにする

一番大切なことです。
前戯を楽しめるのと楽しめないのとでは、精神的負担も肉体的負担も、快感も大きく変わります。
そのものを楽しむ、というよりも、楽しめるように余裕を持つことが大切です。
良い前戯は、良いセックスに繋がります。ぜひエンジョイしてくださいね。

まとめ

まとめ

擬似的なセックスも兼ねつつ、セックスの下準備であり、プレイのひとつそのものでもある前戯。なかなか奥が深いことを、ご理解いただけたでしょうか?
長々と述べてしまいましたが、結局のところは、「清潔な状態で、心に余裕を持って楽しむ」ことが、気持ちの良い前戯に通じます。
常に心の余裕を持つ、というのは、なかなかできることではありませんが、せめてセックスのときや出会いの場では、余裕を持っていられるようにしましょう。
気持ち良い前戯は、それだけで良いものです。セックスを向上させるためにも、記事で紹介したことを是非実践してみてくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

橘 はる

性別:女性 自己紹介:知的好奇心旺盛、興味の対象も未来も定まらない20代フリーライター。性への好奇心から出会い系を始め、多くの男性と夜を過ごす一方、バイセクシャルなので元カノ以外の女性とも楽しみたいと考えている。恋愛経験自体は乏しい。

おすすめ記事3選

1

コンテンツ1 PCMAXの登録方法と利用方法2 PCMAXの口コミ3 PCMAXの利用料金4 PCMAXアプリについて5 PCMAXでのポイント消費について6 PCMAXで効率よく出会うために7 PC ...

2

コンテンツ1 PCMAXの公式アプリについて2 ハッピーメールの公式アプリについて3 ワクワクメールの公式アプリについて4 Jメールの公式アプリについて5 YYCの公式アプリについて6 セフレの作り方 ...

3

コンテンツ1 ワクワクメールの特徴2 ワクワクメールの公式アプリ3 ワクワクメールへの登録方法4 ワクワクメールの料金とポイント消費5 ワクワクメールにログインしたら確認するべき事6 ワクワクメールの ...

-セフレ, 大人の性教育, 出会いの方法, 知っておきたい事, 女性向け記事, クンニ
-, ,

Copyright© セフレ塾 , 2019 All Rights Reserved.