同級生の女子を大学や専門学校で人知れず口説いてセフレにする方法

更新日:

一昔前とは違い、今では大学進学は当たり前で学歴による格差は更に広がっているように感じられます。

大学卒では無くても正社員として就職する事は出来ますが、大学を卒業していればその分将来の選択肢は多くなるのは明らかです。

専門学校に通うのは大学とは少し意味合いが違いますが、高校生の段階から既に自身の進むべき道をしっかりと決めて手に職を付けるという意味では、高校卒業レベルの学歴で選択できる仕事の範囲はゆうに超えていると言えるでしょう。

しかしそんな学歴や特記能力が重要視される昨今においても、必ずしも学校で学ぶことに重点を置いて通学している学生ばかりという訳ではありません。

大学生は名ばかりのサークルに入りサークル活動と称した飲み会に勤しみ、日々新しい異性と激しい一晩を過ごしています。

専門学生も大学の理系学部の様に男女比に差がある学校は多くありますが、同じ学校に好みの異性がいなかった場合には精力的に合コンを開催してはお持ち帰りしたりされたり。

もちろんそういった乱れた性生活を行っていないという男性もいらっしゃると思います。日々真面目に学校に通い、講義を受けて単位を取り、学校終わりには直帰して勉強したりアルバイトに精を出したり。

しかし、真面目な学生生活を送っている方でも願望があることは明らかです。「出来ればあの子とセックスしたい」とか、「大学生なんだからセフレとか作りたい」なんて考えていたりすると思います。

真面目であればあるほどワンナイトラブなんてどういったきっかけですればいいか分からないと思いますし、セフレの作り方なんて全く見当も付かないと思います。

こちらで専門学校や大学の同級生の女子を人知れず口説いてセフレにする方法をご紹介いたしますので、真面目な学生生活にちょっとした刺激と快感を付け加えてみてはいかがでしょうか?

同級生をセフレにする際の注意点

同級生をセフレにする際の注意点

具体的に同級生の女子をセフレにする方法をご紹介する前に、しっかりと自身がセックスしたいと考えている女子に狙いを定めてください。

そしてその時、一点だけ注意して頂きたい点があります。それは女子のグループを見極めるということ。

1人同級生の女子をセフレにすることが出来た場合、その女子がよくつるんでいる同じグループ内にいる別の女子をセフレにすることは基本的に出来ません。

当然その女子があなたとセフレ関係にあるという事は周知されていると思いますし、何なら彼女に昇格したいと悩み相談を持ち掛けているかもしれません。

当然「セフレとか作る人なんだ」という印象を持たれることになりますので、同じグループ内の女子との関係は疎遠になったり険悪なものになる可能性が考えられます。

逆に何かしらのきっかけから、狙っている女子と同じグループにいる女子とセックスしてしまうと、狙っている女子とセフレ関係を築くのがかなり難しくなってしまいますので覚えておいて下さい。

決して不可能という訳ではありませんが、かなり上手に立ち回って饒舌に女子を言いくるめる事ができるような男性でない限りは無理がありますので、きっかけがあり狙っていたわけではない女子とセックスするタイミングがあった際には、そのリスクを理解した上で本当に妥協してセックスしていいか考えるようにしましょう。

大学で同級生をセフレにする方法

大学で同級生をセフレにする方法

では具体的に同級生の女子を人知れず口説いてセックスし、セフレにする方法をご紹介いたします。

大学と専門学校でやり方が変わってきますので、分けて方法をご説明したいと思います。

まずは大学の同級生をセフレにする方法ですが、大体の大学は専門学校よりも生徒数が多く、遊びたい盛りの女子も多いことからセフレにするターゲットは絞りやすいと思います。

身体のエロさに重点を置いてセフレにするよう画策するか、単純に顔立ちや性格を重視してセフレにするかは個人の好みで選んでしまって大丈夫でしょう。

完全に接点がない状態でセフレにするのは不可能となりますので、日頃から何かしら共通する部分が無いか考えるようにしましょう。

例えば同じ講義を受けているとか、同じサークスに入っているなんていう接点があったらヤリやすくなります。

接点がない場合は強制的に作りましょう。共通の知人から頻繁に出入りするファミレスの場所を聞き込みしたり、アルバイト先を調べて自分も働くようにしたり。

若干気味が悪く感じられますが、そこまで行かなくても何かしらの接点を持つ事は出来ると思いますので、積極的に関わりを持つようにして下さい。

その関わりから何気ないタイミングで話題を提供するようにしましょう。要は最初にしっかりと「親しみを持って貰う」という行動を起こすようにして下さい。

親近感を抱いてもらえない限りはセックスに辿り着くことは出来ませんので、まず警戒心を解いて仲良くなり、最終的に股を開かせることになります。

関わりを持って親しみを感じられるようになりましたら、成人していた場合には飲みに誘いましょう。

大学生の良いところはお酒を覚えたてであるという点です。飲み会の場が大好きで、サシ飲みであろうと大勢での飲みであろうと男女問わず積極的に参加する傾向にあります。

そのフットワークの軽さからお酒の場で失敗や手痛い経験をしたりして、最終的に1人の男性に落ち着く女性と誰彼構わずセックスしまくる女性とに分かれるようになります。

失敗経験をして貰うようにしましょう。5年後までセフレ関係が続いていることはまず有り得ませんが、将来的に笑って話せるようになると思います。

少し脱線しましたが、大学生活の中には大体の大学生がお酒の失敗をするという点も含まれていると僕は考えますので、お酒の場で会話を盛り上げてとにかく楽しんで貰うようにしましょう。

当然2人きりで飲むのがベストですが、複数人での飲み会でも構いません。解散した後に送っていってあげたり、周囲の人に気付かれないようにLINEを送り「ちょっと飲み足りないからこの後2人で飲まない?」なんて言うようにしましょう。

「明日1限だから」とか「親が厳しくて」なんて言われても直接会話するとあまりグイグイ行けなくても、既にお酒が入っていて尚且つLINEでのやり取りとなりますので、粘ることが出来る方も多いと思います。

あまりにもしつこくすると嫌われてしまいますが、多少粘ってみたら了承してもらえるケースもありますので、引き際を見極めながら交渉するようにしましょう。

その時に2人きりで飲むことが出来なかったとしても、後日顔を合わせたタイミングで「今度また飲みに行こうね」と一言掛けておけば次のチャンスに恵まれる事はありますので、諦めたら勿体無い思いをするのを覚えておいて下さい。

そしてもしその日のタイミングで2人きりで飲み直しが出来たり、いきなり2人きりで飲むことが出来た際にはセックスチャンスなのがお分かりいただけると思います。

1軒目では普通に居酒屋で、1人暮らしの男性ならあらゆる手段を使って2件目に宅飲みを提案するようにしましょう。

前述しました「明日1限だから」という事実があった場合には「じゃあ俺ん家から朝行けば良くない」と言えますし、親しければ親しいほど自宅に連れ込むことが容易になります。

自宅に足を踏み入れてもらえたら、また宅飲みをしつつ相手の酔い具合とテンションを見計らってセックスに漕ぎ付けるようにしましょう。

セックスに辿り着くまでに分かりやすいアクションを起こしたのもLINEでのやり取りだけとなりますので、周囲に知られること無く口説くことが可能となります。

一度セックスしたらそのまま朝まで過ごすことになると思いますが、朝にも元気があった場合にはもう一度セックスするようにして下さい。

これは「酔った勢いで1回ヤレたからそれでもう終わり」ではないという姿勢を示すことになりますので、ピロートークも大学生の女子にも非常に有効ですが朝一にも襲って快感を覚えさせるようにしましょう。

大学の講義が同じ時間に始まるようでしたらそのまま一緒に登校しても良いですし、そうではなかったり休みの場合は取りあえず見送る程度の事はするようにしましょう。

同級生女子が家を後にしたら、特に深く説明することなく次の約束を取り付けるようにしましょう。

「今日はありがとね、めっちゃ楽しかったわ。次いつヒマ?」

宅飲みを一度している関係から次は1軒目から自宅で宅飲みすることも可能となりますし、少し渋られたらまた同じように居酒屋に誘うようにしましょう。

次のタイミングでセックスが出来なくても問題ありません。何回か誘えば必ず女性の方が意識をすることもありますし、自宅に呼ぶ口実はお酒だけではありません。

一緒にDVDを観たりゲームをしたり勉強をしたり、理由はいくらでも作れますのでセックスチャンスを幾度となく作りセフレにするように画策しましょう。

「1回しちゃったし、それなら2回しても3回しても同じじゃない?」

迫ったタイミングで拒まられそうになったら、上記の口説き文句を使うと意外と納得する女性が多いのが僕の経験上の教訓です。

体裁を大事にしたい気持ちとセックスしたい気持ちが揺れ動く女性心理を把握し、上手に利用して同級生女子のセフレを作り上げるようにして下さい。

学園祭などのイベントも利用する

学園祭などのイベントも利用する

大学は多くの学校が冒頭でもご説明いたしましたように、かなりの大人数が通う場所になります。

遊びたい盛りの女子が多いことからセフレを作るのもそう難しくはありませんが、本当に関わりを一切持つことが無いような女性も同じ学校にいたりします。

学部が違ったり取得する単位が違うと大学4年間で全く話すことが無い女性も存在するのが大学という場所の特殊性だと言えるでしょう。

その特殊性を利用して同級生女子をセフレにする方法もございます。

社会人や別の大学に通っている男性が特定の大学に通う女子と関わりを持ちたいと考えた場合、サークルOBとしてイベントに顔を出したり学園祭に足を運んだりします。

この学園祭の様なイベントには積極的に参加するようにして下さい。

というのも、普段は関わりを持つことが無い同級生女子と関わりを持つチャンスとなります。

そこまでこだわりを持つ必要が無いように感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、この「普段は関わりを持つことが無い」という点が大きなメリットになるのはお分かりいただけるでしょうか?

「セフレと同じグループ内にいる別の女子はセフレにすることが出来ない」と前述致しましたが、逆に全く関わりが無い女子をセフレにすると日頃の学生生活に支障が生まれることが一切無いのです。

もちろん同級生の別の女子をセフレにすることは可能です。多少悪い噂が流れる可能性はありますが、所詮は噂程度で真偽をちゃんと確かめようとする人はあまりいませんし、聞かれても否定したらそれで終わります。

学園祭開催中に学校に足を運び、色んな出し物やイベントを行っている女子を物色し、さり気なく交流を深めるようにしましょう。

連絡先の交換さえ出来ればその日はそれ以上用はありません。女子の物色が終わったら帰っても良いでしょう。

その日の夜にでも「今日はお疲れさま!すごい良かったよ!」とか適当な事をLINEで送ってあげれば親睦を深めるきっかけが生まれますので、後は日々連絡のやり取りをして親近感を抱かせ、飲みに誘ってという流れは同様になります。

このイベントを利用して見知らぬ同級生と仲良くなる方法と、同級生の女子を人知れず口説いてセフレにする方法は4年生の大学のみならず短大でも大いに活用することが出来ますので、大学や短大でセフレが欲しいと考えたら実践するようにしてみて下さい。

短大生の場合はお酒が飲めない年齢の可能性が考えられますが、正直推奨はしませんが未成年でも飲んでいる大学生や短大生はたくさんいると思います。

ただ、そういったルールを犯したくないと考えるようでしたら自宅に同級生女子を呼んで健全に楽しんで貰いながらセックスできるように雰囲気を作るようにして下さい。

専門学校で同級生をセフレにする方法

続いて専門学校で同級生の女子を人知れず口説き、セックスしてセフレにする方法となりますが、専門学校と一括りにして多種多様な専門学校があると思います。

芸術方面の専門学校から美容の専門学校、就職に強い資格取得に重きを置いている専門学校にかなりマイナーな無認可の専門学校もあります。

しかし共通して言える事は、同じ分野に興味があり同じ分野を学んでいる人が集まっているという事です。

大学は入学当初、取りあえず進学しようと考えて入学する人ばかりだと言えますし、明確な目標を持って入学する人はほんの一握りだと言えます。

その点専門学校は趣味趣向が近い女子ばかりとなりますので、ちょっとしたきっかけがあれば簡単に親しくなることが出来ます。

美容師の専門学校でしたら、一緒に練習したり授業中に相手の練習台になってあげることもあります。

アパレル関係の専門学校ならオシャレ談議に花を咲かせ、音楽の専門学校なら一緒に歌の練習と銘打ってカラオケに行くことも出来ますので、関係を親密にするスピードが早くなります。

その他にも色んな専門学校がありますが、総じて女子と仲良くなることはそう難しくはありません。

しかしセックスに持ち込むには大学生のようにお酒の力を存分に発揮してという形があまり取れない傾向にあります。

というのも、一般的なイメージとして大学生と専門学生、どちらの方が遊んでいる印象がありますか?

恐らく大体の人が大学生と答えると思います。それくらい大学生は遊んでいる印象がありますし、実際遊んでいる大学生はたくさんいます。

対して専門学生はあまり遊び歩きません。割りと男女ともに同姓同士で過ごすことが多くなります。

その傾向はセフレ作りにおいてデメリットに感じられますが、逆に利用するようにしましょう。

要は女子グループの中に入り込んでしまえば良いのです。当然男子で仲の良い友人も必要だと思いますが、成人近くの年齢になると女子グループの中に男子が1人いてもそこまで違和感はありません。

「ハーレムじゃん」みたいに茶化してくる人もそうそういませんし、仮にいたとしても「中学生じゃあるまいし」と大人の対応をすることが出来るのがこの年代の特徴だと思います。

実際大人になっても女性に囲まれた中で男性1人だと嬉しさと気まずさが同居することになるのですが、全く気にしていないという体で女子グループに自然に混じれるくらいに親密な関係を築くようにして下さい。

そしてそこからセフレを作ることになります。大学生と違って遊びまわる学生があまりいないことから、ライバルになる様な男子もそう多くはありませんし、大学では無く専門学校であることから遊んでいる男子がいるというイメージが無く女子の警戒心も薄い傾向にあります。

親しくなった女子グループの中で最もセフレにしたいと感じている女子にアプローチを掛けて、特にグループの中でも仲良く見られるくらいの親密度を獲得しましょう。

周囲の女子が「付き合ってるの?」と聞いてくるくらいの距離感を形成することが出来ればベストだと言えます。決して交際することが目的ではありませんが、そういった反応を周りがするようになれば必ず狙っている同級生の女子もあなたを意識するようになります。

自然な形で2人きりで遊びに行く計画を立てることも出来るようになりますし、お互いの自宅を行き来したりカラオケなど密室に2人きりになることが出来ればセックスの交渉をすることが出来ます。

あまりにも真面目な女子であった場合にはここで初めてお酒の力を借りるようにしましょう。あまり飲みに行く女子が専門学校にはいない傾向にありますが、学校によって違いがありますし「たまには飲みに行こうか?」と誘っても信頼関係が築けていれば拒まれることも無いでしょう。

セックスチャンスを作ることが出来ましたら、躊躇うことなく身体の関係を築くようにしましょう。もしセックス自体を拒まれそうになった場合には交際を匂わせる様な言葉を使っても構いませんが、あくまで目的はセフレ関係を構築することにありますので、「取りあえずセックスする」ことを意識してください。

既成事実を作ったら後は簡単です。同じグループ内にカップルがいると他の女友達が気を遣うことになるという理由を言い訳に使い、交際を後回しにして自然な形で日々を過ごすようにして区ださい。

もちろん今までと同じ様にグループで過ごすこともあれば2人きりで出かける機会も作ります。そして、2人きりで出かけてまた同じようにセックスチャンスがあったら押し倒すようにしましょう。

2回目でも拒まれる可能性はありますが、口説き文句をあらかじめいくつも用意しておくようにして下さい。「前した時のことが忘れられなくて」とか「周りに内緒にしてる分、2人の時はいいでしょ?」なんて言葉を口にすると股を開いてもらえる可能性が高くなりますので、上手に同級生女子を口車に乗せるようにしましょう。

継続してセックス出来る関係になれば晴れてセフレと呼べますし、2人の間での秘め事となりますので他の女子とセフレ関係を同じ様に築くことも可能となります。

他の男子があまり女遊びをしない事から独壇場になることも考えられますので、何人もセフレを作り学生生活を充実させることが出来ると思いますよ。

まとめ

まとめ

同級生をセフレにしようと考えると、どうしても失敗して関係が気まずくなったり周囲に知られて学生生活が面倒なものになるというデメリットを考えてしまいますが、大学に限らず意外と専門学校でも簡単にセフレは作ることが出来ます。

同じ様にセフレを作っている大学生はたくさんいますし、そのセフレ関係に満足するような女子もたくさんいます。専門でも他の男子がやっていないというだけでセフレはちゃんと作れるという事実を理解して、積極的に同級生で魅力的な女子とセックスできるように動いて行きましょう。

しかし、当然成功したらセフレ関係を築くことは出来ますが、失敗すると周りの同級生にその事実が広まり恥をかく可能性も考えられます。

知り合いを口説いた事実が広まって恥をかくのが怖いという方は、出会い系サイトを利用して面識のない女子を口説いてセフレにするようにして下さい。

参考記事


セフレの作り方~援デリを掴んで失敗しない上手なセフレ募集の方法

コンテンツ1 セフレとは2 セフレにしやすい女性の特徴と口説き方3 セフレには出来ない女性とその見分け方4 セフレを募集する場所5 セフレ募集に最適なサイトとその使い方6 会うまでの流れ7 会ってセッ ...

The following two tabs change content below.

8110

性別:男性 自己紹介:コンビニや居酒屋の店員を口説いてセフレにした経験が多数あるナンパの達人。ちょっと強引になるくらいの勇気がナンパの秘訣との事で、出会い系のナンパもするが、現地で実践するナンパが一番得意。

-出会いの方法
-,

Copyright© セフレ塾 , 2018 All Rights Reserved.