媚薬

媚薬の効果を把握して女性を貴方のセックスの虜にする方法を教えます

媚薬とは?

媚薬とは

媚薬とは単刀直入に申しますと、性的な興奮を高める薬品のことです。日本国内でも一時期、幅広く流行した惚れ薬も媚薬の一つとされていますが、残念ながら精神内に浸透するほどの成分は含まれておらず架空のモノだと言えます。ところが現代では媚薬とされるモノが存在します。

しかし性欲を高める作用はあっても、感情を左右するような効果は事実上ないと言う専門家もいます。筆者も究極の快楽を求めて、あらゆる薬品を嗜みましたが確かに合法の薬で媚薬と呼べるモノは多くないようです。そこで今回、あらゆる角度から媚薬について書き添えていきます。

発祥と歴史

媚薬の歴史については諸説ありますが、各国で由来や言い伝えが確認されています。最も古い伝記としては、南国島で二千年前に媚薬が使われていた記述が遺されています。あと古代の文献でも媚薬は魔法の薬とされていて、人々を陶酔させる重要な役割を担うこともあったようです。

性的な興奮

古来より今に至るまで、媚薬が最も人を魅了するのは性的な興奮を得られるという点です。その媚薬の用途も様々で、ドリンクに混ぜて飲んだり、煙として吸ったり等々…多岐に亘ります。媚薬による有名な効果は、通常時より肉体が敏感になり言葉にならない快楽に溺れるなどです。

現象や変化

先ほども触れましたが、媚薬によっては超過敏体質となり性感帯においては悶絶級の快楽を味わえるモノもあります。それだけでも通常と比べれば相当な変化でしょう。あと酒で泥酔しても近づかない相手はいても、媚薬の影響が及べば誰にでも接近するという現象が見受けられます。

入手する方法

媚薬を入手する方法は色々とあるでしょうけど、そのモノによっては入手困難な場合もあります。確実に効果抜群の媚薬を求めるのであれば、日本ではなく米国にしかありません。それはaddyi(アディ)という商品名です。それ以外の媚薬なら、ネットで検索すれば入手可能でしょう。

依存性の有無

国内で入手可能な合法の媚薬なら、ほぼ依存の心配は不要です。つまり裏を返せば、依存するほどの効果を現す媚薬は少ないということです。その時だけ使うという媚薬で、本当にそれっきりなら効果があったとは思えません。また、そのような時に使いたくなるのが本物の媚薬です。

男性用の精力剤との違い

男性用の精力剤と女性用の媚薬は、全く別のようで、実は共通している所があり、男性用として使われているマカやトンカットアリ、ガラナなどは女性にも同様に媚薬としての効果があると言われております。医薬品である、バイアグラ(シルデナフィル)は男性専用になりますが、女性に使っても効果があると言う意見もあるのですが、健康を損ねる可能性があるので、あまりお勧めできません。

参考記事

女性に効果のある媚薬の成分

女性に効果のある媚薬の成分

前項までは、国内で入手可能な媚薬など大したことはないと思われがちな内容でしたが、それは筆者個人の感覚ですので良きにお計らい願います。さて、実は日本国内でも女性に効果がある媚薬の成分は存在します。もちろん非合法な成分ではなく、厚生労働省から認可済のモノです。

必ず誰にでも媚薬の効果を現す成分は、フェニルメチル・アミノプロパンやフェニルアミノプロパンという有機化合物ですが、残念ながら日本国内では厳しく使用を制限されております。その効果を知る筆者も納得できる…女性にとって有効的な媚薬の成分を以下にチョイスしました。

マカ

アンデス山脈で採れるマカは男性用の精力剤としてのイメージが強いスーパーフードですが、マカに含まれるアルギニンはホルモンバランスの調整にも役立つとされ、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンに似た働きをするため実は女性用の媚薬としても効果があります。

マカ[楽天]

ガラナ

ガラナにはカフェインが多く含まれており、またガラナに含まれる天然のカフェインは脳を興奮させて性欲を強める効果があると言われております。マカと同時に摂ると相性が良く、相乗効果で性欲を増す効果をより深いものにします。

ガラナ[楽天]

トンカットアリ

トンカットアリとは東南アジアで伝統的に精力剤として使われてきた植物です。マレーシアでは男性の催淫剤として古代から使われていますが、同時に産後の女性の体力回復に効果があるといして使われてきた実績もあり、女性用媚薬としての効果が期待できます。

トンカットアリ[楽天]

ダミアナ

ダミアナはメキシコやテキサス、アフリカの暑い地域で生育します。ダミアナの植物学名は『トゥルネラ・アフロディジィアカ』と言い、その名前自体が媚薬として代々使われてきた歴史を物語っています。(媚薬は英語では、
aphrodisiacと言います。)また、ダミアナの成分には、ベータシトステロールが含まれていて、この成分が媚薬としての効果を発揮しているのではと言われています。

ダミアナ[楽天]

ワイルドヤム

ヤマイモ科植物の一種でサポニンのの一種であるジオスゲニンの栄養素が含まれており、女性ホルモンのプロゲステロンと似た働きで女性の美肌効果やバストアップに役立つと言われております。女性ホルモンを高める働きが媚薬としての効果を発揮するのに期待を持てます。

ワイルドヤム[楽天]

パッションフラワー

主に鎮静効果がある成分として知られていて、国内ではセイヨウチャボトケイソウという名称の植物です。パッションフラワーの原産地は中南米でキリストの受難の花という意味があるそうです。他の鎮静効果があるハーブとブレンドすれば、媚薬としての効果を発揮すると言います。

パッションフラワー[楽天]

ナツメグ

ナツメグという香辛料は、最も一般市民が入手しやすい合法ドラッグの一種と言えます。先ほど必ず誰でも効果を現す媚薬の成分と記した有機化合物に近い構造を持ち合わせています。ただし多量に摂取すれば肝機能に悪影響を及ぼし兼ねないため、媚薬としては歯痒い立ち位置です。

ナツメグ[楽天]

ゴツコーラ

筋肉質の大きいコーラという意味ではなく、これはセリ科の植物で欧米諸国の植物研究者たちの間で不老長寿の霊薬として知られています。一昔前に米国や英国で流行した、ハーバルエクスタシーという合法ドラッグの成分として入り込まれ、もちろん媚薬の効果も発揮していました。

ゴツコーラ[楽天]

カバカバ

これは動物のカバが二匹という意味ではなく、南太平洋諸島において伝統的な酩酊飲料の名称です。コショウ科の植物の根から作られますが、粉状にして湯で混ぜてから少し煮込んで抽出される成分です。頭は冴えていながら恍惚状態になれる媚薬として、知る人ぞ知る成分なのです。

コラナット

コラナットという成分は中枢神経を興奮させる作用があります。コラというのは怒った時に放つ言葉ではなく、アフリカに分布する高木の常緑樹で木に幾つか種子を発生させます。それをコラナットと称しており、現地アフリカやジャマイカでも媚薬や興奮剤として用いられています。

媚薬の効果

媚薬の効果

前項では女性に効果のある媚薬の成分について書き添えました。
さて、これまでの媚薬に関する記述の中でも度々、媚薬の効果に触れてはいますが具体的な内容ではありません。媚薬に求めるものは当然その効果への期待感であると思われます。それは媚薬でしか無理なのでしょうか?

その答えについてですが、おそらく媚薬でしか無理だと言えるでしょう。そもそも媚薬という神秘的でエロい名称と、入手できるか否かといった幻的な存在感が好奇心を揺さぶるのです。従いまして、媚薬によって得られるであろうエロい効果も含めて、これより書き記していきます。

性感度アップ

記事の冒頭から媚薬を性感度が高まると記しておりますが、具体的な性感度アップについては次の通りです。効果のある媚薬であれば、男性は男性器を少し舐められただけで声が出るほど気持ち良く、女性は女性器を少し舐められただけで痺れるような快感が全身を貫く感じでしょう。

性欲アップ

人が媚薬の効果として期待する部分は、エロくなって性感度が高まり性欲を駆り立てられることのはずです。効果のある媚薬であれば、性欲アップというより自ずと脳の思考がエロくなります。もし男女ともに効果のある媚薬を体に取り込めば、際限なくエッチに没頭してしまいます。

恋愛感情アップ

よくハーブ系の媚薬や媚薬の香水などは、鼻から吸い込み体内へ取り入れることによって、恋愛感情アップすると囁かれています。ですが筆者の経験による所見では、恋愛感情アップとしての効果は十分ではないと言えます。ただ感受性が高まることを自覚する人はいると思われます。

気分のリラックス

媚薬成分が配合されているドリンクやハーブによる影響で、気分が良くなったりリラックスすることはあります。その媚薬成分ですが、カストリューム・コスタスルート・マグノリア・カシア・ネロリなど植物性香料入りのハーブをおすすめします。それらは催淫効果もあるそうです。

健康の増進作用

別に頭がボーっとする訳ではありませんが、陶酔する成分を配合している媚薬には健康を促進したり滋養強壮の作用もあります。その代表的な成分は、シナモン・ジンジャー・トリュフ・イチジク・ザクロなどです。これらは全て食べ物として摂取することが可能なのでおすすめです。

女性を虜にするおすすめ媚薬10選

女性を虜にするおすすめ媚薬10選

この記事の本題は、媚薬の効果を学び女性を自分のセックスによって虜にする方法をご教示することです。その目的が達成できるような内容になることを心掛けながら執筆しております。そこで、この項目では女性をセックスの虜にするため、筆者おすすめの媚薬をご紹介いたします。

もちろん合法で販売されている媚薬の中から選ばせてもらいます。それから、おすすめの媚薬10選として以下に記しますが、実際に筆者自身も試したことのある商品ばかりです。ご紹介する商品の効果につきましては、人それぞれ個人差があると思われますので予めご了承下さいませ。

LOVE SHOT SP(Lタイプ)


女性用の媚薬として長らく安定した人気を誇っている商品です。SPのL-TYPEはラブショットの第三弾となります。おそらく、これまでの第二弾までと比較すると数倍の媚薬効果があるでしょう。女性ホルモンの分泌を促進させる成分が充分に含まれいて、エロ効果も抜群だと言えます。

LOVE SHOT SP -typeL-

アクメーション

中々ユニークな商品名ですが、案外このネーミングはマンザラでもないと言えます。これは塗り薬の媚薬ですけど、この商品を使用して性行為をする度にアクメ率が高まったという記憶があります。比較的効き目の早い印象もありますが、感度の良くない女性にも効果を期待できます。

アクメーション

Drop-EX-

女性でも直情的な性的興奮を起こさせる商品とのことでしたが、これは直情的というより女性の肉体をコントロールしやすくなる媚薬だと言えます。この商品は媚薬として女性の性感度を高める効果を発揮しますが、男性が香水として使っても有効なほどフェロモンの漂いを放ちます。

Drop-EX-

リュイール ホット

女性のクリトリス等の敏感な箇所に塗ると、じんじんと体が熱くなり、マン汁がいつもよりも分泌されて気持ちの良いセックスをする事ができます。女性自身が男性とセックスする前に自分で塗る事で通常よりも濡れて興奮できるセックスが可能になります。媚薬として有名な成分であるダミアナやワイルドヤムを配合しているので、おすすめできます。

リュイールホット

ヒメロス

まず最初は塗り薬の媚薬からですが、このヒメロスという商品は有効成分として卵胞ホルモンを配合されています。これを女性器に軽く塗ってから数分後には、女性器がジンジンと痺れるような感覚に至るようです。その上で舌による愛撫を施すと通常より濡れやすくなっていました。

女性用性ホルモン軟膏「ヒメロス」3g 【大東製薬工業】[楽天]

惚れルンです

これは現時点で販売されている媚薬の中では、トップクラスの効果を発揮すると言えるでしょう。ドリンクに数滴入れて服用するタイプの媚薬ですけど、できればコーラかオレンジジュースが体内への吸収力も良いと思います。とにかく、この商品については論より証拠お試し下さい。

惚れルンです[楽天]

エロティカセブン

エロティカセブンという名称は、おそらくサザンオールスターズの曲名から引用したと思われますが、その歌詞の内容に劣らない媚薬の効果を現します。主成分はマカですが、色々と性的興奮を呼び起こすエキスなども配合されています。この商品は以前、一世風靡したほど有効です。

エロティカセブン[楽天]

Finien(フィニアン)

これも液体タイプの媚薬ですが、どのドリンクに入れて飲んでも無味無臭なので違和感なく服用できます。女性の肉体の仕組みを考慮した上で、性的興奮度を高められる21種類の成分が配合されています。それと決して安くはない媚薬の中ではリーズナブルな点もおすすめの理由です。

フィニアン[楽天]

東京ラブハンター

女性の肉体を敏感にする目的で作られたのでは?と思うほど徹底的に、女性の性欲をアップさせる成分を取り込んでいる商品です。特に脳を性的思考に傾けさせる、ビンロウジという稀な成分なども配合されています。液体タイプの媚薬では、最も名高く評判も良い商品だと言えます。

東京ラブハンター[楽天]

Night-Target(ナイトターゲット)

この商品も水溶性の液体タイプですけど、媚薬としての成分がテンコ盛りに配合されています。その主成分ですが、プエラリアミリフィカ・マカ・ガラナ・カカオ・デキストリン・ザクロ果汁など10種類以上も濃縮されています。類似品でユアストリッパーという媚薬もおすすめです。

Night Target(ナイトターゲット)[楽天]

自家製媚薬のレシピと作り方

自家製媚薬のレシピと作り方

ほんの最近ですけど…媚薬を自家製で作ることが密かにミニブームとなっているようです。筆者の若かりし頃も、媚薬だのオナホだのをハンドメイドするといった、ミニブームがあったような気がします。その頃の自家製媚薬は、全く効果がないどころか口にすらできない酷さでした。

ただ近頃の自家製媚薬は、クオリティが高く作り方のレシピ的なモノまで存在しています。その媚薬の作り方に関しては、さすがに筆者も全てを経験した訳ではありません。ですので自家製媚薬の作り方については、自身が持つ知識と諸処からの引用を取り混ぜて幾つかご紹介します。

媚薬ジュース

ここでのベースは100%果汁のオレンジジュースです。用意するモノは、シナモン・グローブ・カルダモン・ナツメグ・松の実の各粉末を少々と、1さじ程度の蜂蜜、1滴程度のジャコウエキスです。オレンジジュースに蜂蜜と各粉末を混合させてからジャコウエキスを垂らせば完成です。

この媚薬ジュースは相手を自分の虜にする効果があるとされています。しかし、せっかく作ったものの相手に飲んでもらわなければ意味がありません。そこで、自宅などに招いた時にでも「最近ネットで見て学んだ健康促進のジュース飲んでみてよ!」と促して飲んでもらって下さい。

媚薬チョコレート

この媚薬チョコレートに必要な材料は、カカオパウダー・粉砕ナッツ・アガベシロップ・ココナッツオイル・デーツ・ドライフルーツです。まずはナッツとドライフルーツ以外の材料を全て混ぜます。そこにナッツとドライフルーツを加えてから、型に流して固めれば完成となります。

媚薬チョコレートの材料には、男女ともに性的な興奮を呼び覚ます効果があります。これも女性に食べてもらうには、先ほどの媚薬ジュースの時と同様の流れで良いでしょう。性行為の前に二人で食べて、興奮度を高めておくことをおすすめします。お互いエロく溶け合えるはずです。

媚薬ジプシー

媚薬ジプシーの作り方ですが、同じ量のミネラルウォーターと赤ワインを混ぜて沸騰させない程度に加熱します。そこに、削り済みのナツメグとフェンネル3~4粒と一摘みほどのシナモンを加えます。そして、あとは時計回りに十分かき混ぜれば媚薬ジプシーの出来上がりとなります。

ジプシーというのはヨーロッパをメインに、音楽・ダンス・演劇などで多くの人々を魅了した民族です。鮮やかな朱色の花を咲かせるジプシークィーンも有名ですが、特にジプシー民族の女性は占術において高い能力を発揮したそうです。そんな方々が愛用していた媚薬でございます。

粉末パセリの媚薬

これは作り方と言えるかどうか微妙ですが、一応は手を加えて施すので書き記します。材料はオランダパセリのみで、そのパセリを天日干しにして乾燥させたものを粉末状にすれば出来上がりです。オランダパセリには栄養素も多く含まれており、しかも媚薬効果もある優れモノです。

このパセリですが、日本では何故かオランダゼリという名称で売られています。ちなみに用途ですが、例えばピザの上から降り掛けてもいいでしょうし、サラダの上にサッと振り撒いてもOKです。色んな料理や食材にも活用が可能な、利便性のある媚薬ですので是非一度お試し下さい。

媚薬ホーネットハニー

自家製媚薬の中で筆者個人が最も効果を実感したのは、この媚薬ホーネッハニーです。ご存じの方も多いと思われますが、ホーネットは女王蜂、ハニーは蜂蜜のことです。作り方は非常に簡単でして、市販されている蜂蜜に粉末状のガーリックとシナモンを少量ずつ混ぜれば完成です。

焼いたパンの上にバターと一緒にペーストして食べたり、ホットケーキの上へ生クリームと一緒に垂らすなどして食するのです。蜂蜜にはアセチルコリンと類パロチンという成分が含まれており、性行為の30分ほど前に服用させれば女性の肉体は感じやすい状態となっているでしょう。

男性を虜にしたい女性へのアドバイス

男性を虜にしたい女性へのアドバイス

ここでの項目のみ、女性読者向けの媚薬に関する内容を書き添えていきます。昨今では女性も肉食系や草食系などと判断されるほど、性的にオープンな時代となりました。過去の日本の風習として、殆どの女性が淑女のように装う時代に比べると、明らかに良い傾向であると言えます。

さて、今回のテーマは媚薬をメインとした記事ですが、やはり男性目線での内容になってしまいます。当然その意向ですので問題ありませんが、現代においては女性に性のアドバイスをするのも一考だと思うのです。そこで、これより男性を虜にしたい女性への助言を以下に記します。

男性に効果のある媚薬の成分

男性に効果がある媚薬の成分として、実際に多く使用されているのは、リドカイン(テトラカイン)・抱水クロラール・クロザピン・ヨヒンビン・カンタリジン・ビンロウなどが代表的です。それらの成分が配合された媚薬であれば、男性を虜にする効果を発揮してくれると思われます。

しかし、媚薬としての効果を現す可能性が高い反面、用心深く注意すべき点もあります。上記の媚薬成分は、日本国内で合法のモノばかりですが、副作用で健康被害にあった方もおられるほど強い効果があります。ですので、効果は確かでも色恋の感情だけで使うにはハイリスクです。

男性を惹き付ける媚薬の香料

先述しました通り、香料や香水系の媚薬によって恋愛感情まで左右する説に対して筆者は懐疑的な側です。ただ女性が身に付ける媚薬の香水によって、男性を惹き付けたりエロくさせることは可能だと思います。鼻で匂いを嗅ぐことにより脳に刺激や影響を与えることはあるからです。

その香料の中でも、ホルモンを分泌させる力を持ちフェロモンを放てる成分を含む媚薬はあります。その成分を含む原料としては、イランイラン・オキシトシン・サンダルウッドなどが代表的です。それらの成分を配合した香水を日頃から付けていれば、きっと効果が現れるでしょう。

男性を夢中にさせるエロ媚薬

男性をその気にさせる媚薬の成分と、媚薬成分が配合された香水で男性を惹き付ける内容については書き添えました。これより、一段ステージをアップさせまして、男性が性行為をしたくて堪らなくなる媚薬をご紹介します。そして実際…性行為に及んでも夢中で没頭してしまいます。

男性を翻弄する美魔女の媚薬

次は貴女に依存してしまうほど、男性をメロメロにさせる効能を持ち合わせている媚薬をご紹介します。魔女の媚薬という名称のコミックがありますけど、ここでの媚薬とは一切関係ございません。さて、男性を翻弄させる効果を発揮する媚薬とは一体どのようなモノなのでしょうか?

その美魔女化するという噂の媚薬は、女性用パーフェクトラブという香水です。何と世界で唯一「ヒトフェロモン」という成分を配分した商品なのです。この香水を使いだしてから自分に対する周囲からの反応が良くなったという声や、告白されたとの声も続出中の特許取得商品です。

男性を虜にするおすすめ媚薬

この「男性を虜にしたい女性へのアドバイス」という項目の締めとして、男性を虜にするおすすめの媚薬をご紹介します。まず錠剤タイプであれば「公牛bull」という商品です。これは、天然成分のみですが26種類の漢方を配合しており、性的な興奮度を高める仕組みになっています。

次に、ご紹介するのは「コピ・ジャンダン」というハーバルコーヒーです。マレーシア産のコーヒーですが、現地の言語で直訳すると男のコーヒーという意味になります。100%の伝統ハーブとトンカットアリ配合の、この媚薬コーヒーを男性に飲ませれば虜への扉は開かれるでしょう。

誰に媚薬を使うのか

誰に媚薬を使うのか

ここまで媚薬について、色んな視点から見た事柄に触れてきましたが、その媚薬を誰に使うのかによって展開も異なってきます。もちろん媚薬を使う時のタイミングや、相手のコンディションも考慮する必要はあるでしょう。媚薬を使う自分を想像した時に思い浮かぶ女性は誰ですか?

その時に思い浮かべた人が、媚薬を使うターゲットと認識していいはずです。おそらく最も近い間柄の相手か、想いを寄せる人を想像するでしょう。媚薬を使う相手となれば、昨日今日の関係という人には躊躇するはずです。それでは、媚薬を使う相手をタイプ別で見ていきましょう。

媚薬を使う相手として最も悩んでしまう相手が、自分の妻という立場の女性であると考察されます。お見合いでご結婚された方もおりますが、現在では大半の入籍者が恋愛からの流れでしょう。つまり元々は、彼女だった女性ですので何故ためらわれるのか不思議だと言う方もいます。

しかし入籍して一緒に生活する期間が長くなれば、どれだけ大恋愛で結ばれても大抵は家族チックになり、性の対象者では無くなるものなのです。ただ、セックスレスは後に家族も破綻を招き兼ねません。それこそ媚薬の力を借りて最低でも、月一ぐらいは夫婦の営みを成すべきです。

彼女

交際期間た付き合うスタンスによって変わりますが、もし週一ぐらいのペースで会っているのであれば、一緒にネットで媚薬の商品を見て選んでみましょう。万が一、相手が「なんで媚薬なんて使うの?」と聞かれた場合、今よりエロい君が見たくて仕方ないからだと断言しましょう。

ちなみに相手の女性だけに彼女だと思わせているのであれば、その流れは要りません。その場合は男性からすればセフレみたいな扱いのはずですので、特に気持ちを配慮する理由がないのです。いずれせよ、カップルと言える男女であれば媚薬は一緒に購入することをおすすめします。

不倫パートナー

世間一般では、セフレの相手と不倫パートナーとを同じような間柄であると解釈されがちです。しかしながら全く違う関係性であります。不倫は男女共お互いに恋愛感情を抱いた上で、交際し続けている関係です。セフレの相手は、好きは好きでもLOVEではなくLIKEといった関係です。

従いまして、不倫相手に対する想いや感情面は、自分の妻や彼女に向ける気持ちと同じような感覚です。つまり不倫相手の女性とも長い付き合いになれば、その女性は妻弐号機となることが非常に多いのです。この相手に媚薬を使う時は、マンネリを避ける手段として用いる程度です。

交際クラブの女性

経済的に余裕があって時間の都合もつきやすい男性であれば、ユニバース倶楽部などの交際クラブに入会して、ハイレベルな女性と出会わせてもらうのもいいでしょう。交際クラブに登録されている女性の中から、希望するタイプに近い女性をご紹介してもらえるというシステムです。

少し高めの入会金や紹介料は発生しますが、理想に近い女性と密接な関係を構築できる場所です。ここで知り合った女性との以後の関係について、交際クラブ側は関与しませんので本人たちの自由です。ハイクラスの容姿を誇る女性に媚薬を使い、エロモードを満喫させれば最高です。

セフレ

世間の誰に何と言われようと、セックスをする相手に関してはセフレが最強であることは疑いようのない事実です。基本的にセフレとは、セックスがメインで成り立っている関係です。媚薬を用いたり試したりする時も、セフレに頼めば歓んで自らモルモットになってくれるはずです。

実際に筆者もエロ関連の話や、試したいエロプレイの注文は全てセフレに委ねてきました。もちろん逆に要望をオネダリされることもありますが、お互いに遠慮なく楽しめます。もし現在セックスする相手がいなくても、ネットを使って好きな時に探せるサイトを次項でご紹介します。

セフレ探しに最適なサイト

セフレ探しに最適なサイト

セックスの快楽を追及する相手として、最も適しているパートナーといえばセフレであることは間違いありません。セフレとはセックスフレンドの略であることは、皆様もご存じだと思われます。ただセフレという言葉は知っていても、これまでセフレに縁がなかった方も多いでしょう。

さて、この項目ではセフレを探すのに最適なおすすめの出会い系サイトをご紹介いたします。同じ出会い系サイトでも、悪質な出会い系サイトの運営者が未だに数多く存在しているので要注意です。それでは早速、優良な出会い系サイトを以下に書き記していきますので是非ご覧下さい。

PCMAX

PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

PCMAXは現時点で1000万人以上という会員数を抱える老舗の出会い系サイトです。PCMAX独自のコンテンツに裏プロフィールというカテゴリーがあります。エロい要素も多く含まれているので存分に楽しめます。掲示板のカテゴリーも豊富で10枠以上あり、セフレ探しにも最適でしょう。

掲示板は1日1回無料で各カテゴリーに投稿できます。その中で「今からあそぼ」「スグ会いたい」「お食事でも」がおすすめです。正直アダルトなカテゴリーを選べば割切り女性や闇業者からの邪魔が入りやすいです。多少時間を要しても、ピュア掲示板のほうが素人率は高いでしょう。

Jメール

Jメール


Jメールは九州を発祥元とする出会い系サイトで、20年近く運営し続けている老舗のサイトです。このJメールという出会い系サイトも、筆者の経験上セフレ探しに最適だと言えます。Jメールでもピュア掲示板とアダルト掲示板のいずれかを選択できますが、当然ピュアを利用します。

その理由については前述のPCMAXと同様です。あとJメールに登録してから30日以内は新人の扱いになります。この期間はサイトの操作に不慣れで戸惑う方も多いでしょう。そこで新人検索をして該当者に優しい言葉を送るのも一手です。意外と有効な手段ですので一度お試し下さいませ。

ワクワクメール

ワクワクメール


このワクワクメールという出会い系サイトは、珍しくクラス制というシステムを取り入れております。入会してから三ヵ月間の利用額によって、ユーザーはランクに分けられます。そのクラスとは、ノーマル→ブロンズ→シルバー→ゴールド→プラチナの順にランクアップしていきます。

もちろん運営者側から付与してもらう特典に関しては、高いランクの会員が最も良質なモノになります。ですが、セフレを探す目的で利用するのであればランクの高い低いは殆ど影響ないと言えます。あとワクワクメールをアプリ版で登録した場合、ログインするだけで1POINT貰えます。

ハッピーメール

ハッピーメール


国内最大の規模と会員数を誇る出会い系サイトこそが、このハッピーメールです。知名度や累積登録者数の多さを想定しても、出会い系サイトでは事実上トップと言っても差支えないと思われます。現代においても、幅広い年齢層や色んな職業の女性たちがセフレを求めているはずです。

ハッピーメールも掲示板の各カテゴリーに1日1回無料で投稿できます。それとプロフ検索で相手を探す際、容姿や体型だけでなく、好みの年齢・交際ステータス・血液型・子供の有無・喫煙や飲酒の有無などの設定も可能です。初心者でも理解しやすく利便性のある出会い系サイトです。

YYC

YYC


去年YYCはmixiグループから離脱して、婚活サービス大手IBJグループの子会社として現在は運営されております。元々サポート体制や近場で出会える機能に定評があり、運営実績15年で累計会員数1300万人を突破するほどの出会い系サイトです。これから更なる発展が期待されています。

この出会い系サイトの特徴は、クオリティの高いブラウザ画面と無料コンテンツの充実度です。それと首都圏に限らず地方でも多くの会員を抱えているため、近い距離での出会いが成功しやすい利点もあります。最近、30代~のセフレ相手を探す女性が急増中との噂もあるので好機です。

まとめ

まとめ

今回の記事は、媚薬の効果を学んで女性をセックスの虜にする為の方法をご教示する目的で綴りました。ご参考になる部分が見付かれば幸いですが、販売されている媚薬の種類は年々増加傾向にありますので、まだまだ進化して発展するでしょう。それほど媚薬には魅力を感じるのです。

媚薬という言葉そのものに何か神秘的なニュアンスを感じるのは、筆者だけではないでしょう。媚薬を英訳するとaphrodisiacとなり、その名の語源はギリシャ神話では愛の女神とされているアフロディーテとのことです。くれぐれも使用量などに注意しつつ媚薬を堪能して下さいませ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ペインパッカー

プロフィール:過去に出張ホストとメンズバーの経営をしていた、40代中盤のバツ2で現在フリーランサー。現在に至るまで200人以上の女を性奴隷にしてきた、女体操作の念能力者。

おすすめ記事3選

1

コンテンツ1 PCMAXへの登録方法2 PCMAXの口コミ3 PCMAXは安全なのか検証した結果4 PCMAXの利用料金5 PCMAXアプリについて6 PCMAXでのポイント消費について7 PCMAX ...

2

コンテンツ1 PCMAXの公式アプリについて2 ハッピーメールの公式アプリについて3 ワクワクメールの公式アプリについて4 Jメールの公式アプリについて5 YYCの公式アプリについて6 セフレの作り方 ...

3

コンテンツ1 ワクワクメールの特徴2 ワクワクメールの評判を調べた結果3 ワクワクメールの公式アプリ4 ワクワクメールへの登録方法5 ワクワクメールの年齢確認6 ワクワクメールの料金とポイント消費7 ...

-大人の性教育, 知っておきたい事

Copyright© セフレ塾 , 2020 All Rights Reserved.