出会いの方法 お小遣い

援助交際とは何かを学んで何故女性が援交をしているのか理由を知ろう

援助交際という言葉を聞くと皆さんはどの様な事を考えるでしょうか?
それって犯罪でしょ、関わらない方が良い、危険などと言ったようなネガティブな意見をお持ちの方が大半だと思います。この様に考える方は援助交際=売春という風に勘違いされています。
援助交際も売春も、男女が出会って、お金のやり取りをして、セックスをする事に変わりありませんが、女性が同様な状況であるかによって判断が分かれます。この点は非常に重要な部分なので、本文の中でも説明させていただいています。この記事を最後まで読んでいただければ、援助交際がどういったものか、どんな女性がどの様な理由で行っているのかを理解していただけると思います。

援助交際とは

援助交際とは

まず、援助交際とはどういった事を意味しているのかを説明させていただきます。援助交際というものを正しく理解してみましょう。

援交と同じ意味

まず、援助交際という言葉の意味について見ていきましょう。援交は援助交際の略語で、援助交際がNGワードとなっている場所などでは援交という言葉が隠語として使われる事が多くなっています。
また、援助交際と同じ意味で用いられる隠語として「円光」「割り切り」「サポ」などがあります。

金銭を対価に行う性行為

援助交際とは、基本的に女性が男性から金銭をもらって行う性行為の事を指しています。お金を援助してもらう代わりに交際する(セックスをする)というと分かりやすいと思います。中には、気持ちの部分をお金で割り切るという女性もいます。
また、相手の年齢や容姿によって援助交際の金額は変わってきます。但し、こうだからいくらという様な決まりは無く、お互いの需給が一致する所で援交の金額は決まります。金額のやり取りをする場合も隠語が使われており、女性からホ別イチゴという条件を提示された場合は、ホテル代とは別に10,000円を女性に渡す必要があるという事になります。
隠語には他にも色々なものがあります。意味が分からない時は必ず事前に確認しておかなければ、後々トラブルに発展する場合もあるので注意しておきましょう。

逆援交とは

援助交際は男性が女性にお金を支払うのですが、男性が女性から金銭をもらって行う場合があります。定期的に逆援交を行う行為をママ活といいます。
分かりやすく言うとパパ活の男女の立場が逆転した関係です。お金を払ってでもセックスをしたいと考えているのは男性だけではありません。日常のセックスライフに不満がある、性欲が強すぎる、お金を払う事で優位性を持ちたいなど理由は様々です。
立場的に男性は女性の指示に従ったり、やりたい事を優先する必要があるので、M気質の男性の方があっていると思います。

参考記事

売春になるの?

冒頭でもお伝えした通り、援交=売春と勘違いされている方がいます。正しくは半分正解で半分は間違いです。結論から言うと、個人間で行う援助交際は売春には当たらず、管理売春の場合は売春に当たります。
この違いは「不特定多数を相手にしているか」になります。ここでいう不特定多数の相手というのは、自分の意思で相手を選べない場合があてはまります。
つまり、個人で出会い系などの募集掲示板を使って、不特定多数の相手に対して援交の募集を書き込んでも、自分の意思で相手を選ぶことが出来ますし、希望する相手がいなければ誰とも会わないという選択肢もあります。これに対して管理売春と呼ばれている援デリの場合は、男性と性行為をする女性の行動は援デリ業者という別の存在に全て管理されています。性行為をする相手から待ち合わせをする場所までを管理されており、全て自分の意思を挟む事が出来ません。この為に不特定多数を相手にしているとみなされて、管理売春になってしまうのです。
援デリと関係を持ったことが公になっても罪に問われるのは援デリ業者ですが、事情聴取などの協力をする必要はあると思います。

本番行為のない援助交際も

一口に援助交際といっても、その種類は様々です。中には本番行為を伴わない援助交際もあります。手コキだけの場合は手割り、フェラチオだけの場合は口割り・F割りなどの隠語が使われています。他にも素股パパ活などがあり、それぞれで金額が違ってきます。

会わない援助交際も

2020年に発生した新型コロナウイルスの影響で援交も変化しつつあります。相手が新型コロナウイルスに感染しているかもしれないという状況の中で濃厚接触する必要がある援交は控えられる傾向があります。
そんな中で生まれたのが「オンライン援助交際」です。オンライン援助交際は、SNSなどのダイレクトメッセージを使って、裸の写真やオナニー動画を買わないかと誘ってくるやり方が多くなっています。非常事態宣言下で外出自粛要請が出されている場合に男性と会って援助交際をして新型コロナウイルスに感染した場合は感染経路などを説明しなければならないリスクもある為にこの様なやり方が生まれました。支払いはiTunesカードやAmazonギフト券などを使って行います。

参考記事

2種に分類される援助交際女性

2種に分類される援助交際女性

先程もお伝えした通り、援助交際をする女性には2通りのタイプに分かれます。
重複する部分もありますが、「援交とは」という事を理解する上で非常に大事な部分になるので改めて説明させていただきます。

個人で援助交際をしている女性

個人で援助交際をする場合、この行為は割り切りと呼ばれております。お金で割り切ってセックスするといった意味から派生したキーワードです。
良くある誤解で、女性がお金ではなく気持ちを割り切ってセックスをしていると勘違いしている男性が少なくないと思いますが、その誤解で後々になって女性とトラブルに発生する可能性があります。
この場合は、女性自身で援交をする相手・金額・待ち合わせ場所/時間など全てを決める事が出来ます。
最終的に男性からお金をもらってセックスをするのですが、個人で援助交際をしている女性は、必ずしもお金をもらう事が目的ではありません。中にはセックスをする事が目的だが、パートナーがいるなどの理由で気持ちの部分をお金で割り切っているという場合があります。
私はこれまでに個人で援助交際している女性と何度か関わった事があります。相場の1/10で良いという女性もいました。お金のやり取りが無いと浮気になってしまうからという理由でした。

管理売春に属する女性

この場合は、実際に会ってセックスをする男女以外に女性を管理している「援デリ業者」が存在しています。援デリ業者は女性が誰と会うか、待ち合わせ場所をどこにするか、援助交際の金額はいくらかなどを男性とやり取りをして決めていきます。
この為に管理売春に属する女性は、自分のタイプに近い男性を選ぶことも出来ませんし、生理的に無理な相手であってもセックスをする事を断ることは出来ません。援交の金額に関しては、援デリ業者と女性の取り分が決まっているので、相手が提示してきた条件を変更する事も出来ませんし、相場を下回る条件を提示してくるような事はありません。

参考記事

女性が援助交際をする理由

女性が援助交際をする理由

ここでは女性が援助交際をする理由について説明させていただきます。
見ず知らずの相手と会ってセックスをする訳ですから、全くリスクが無いとは言い切れません。ましてやお金が絡む関係なので、トラブルに発展しないとも限りません。
それでも援助交際をするのには、それ以上の何かしらの理由が存在しているからです。ここでの対象は管理売春に属する援デリではなく、個人で援助交際をしている女性の場合について説明させていただいています。

とにかくセックスが好き

一番の理由はこれです。
援交であっても、女性にアプローチしてくる男性は非常に多いのが実情です。しかも、個人で行っているので、アプローチしてきた男性の中から自由にセックスをする相手を選ぶことも出来ますし、大好きなセックスをしてお金までもらえるので一石二鳥となります。
ひょっとすると、あなたの周りにもセックス好きで援交をしている女性がいるかもしれませんよ。

お金を稼ぐ為

援交をお金を稼ぐ為と割り切って行っている女性もいます。
カードの支払い期限が迫っていたり、携帯料金が払えなかったり理由は様々です。仮にホ別イチ(ホテル代とは別に10,000円)で援交をする場合、ホテルに2~3時間いたとしても時給に換算すると3,000~5,000円位にはなります。普通に仕事をして、これ程稼ぐ事が出来る仕事はなかなか見つかりません。
私がこれまでに会った女性の中には、一度援交を経験したら普通の仕事には戻れないと言っていた女性もいました。

恋愛は面倒だけどセックスはしたい

恋愛に発展すれば自由にセックスをする事は出来るものの、男女の面倒な恋愛の駆け引きや気遣いをしなければならなくなります。これを面倒くさいと感じる女性はお金を絡める事によって恋愛に発展させたくないと考えているのです。
他にも仕事の性質上、時間が不規則で出会いの機会が少ない職業に就いている女性も援交をしている事が多くなっています。具体的に保育士・看護師・キャビンアテンダントなどがそれにあたります。また、これらの職業に就いている女性は、セックスがしたくなった時にすぐにセックスが出来るセフレ関係を望んでいる事も多くなっています。

セックステクニックを磨ける

セックスをすればするほど経験値は高まっていき、セックステクニックも向上していきます。援助交際であれば、決まった相手とずっとセックスをする事は少なく色々な相手とのセックスを体験する事が出来るので、リードされたり、リードしたり、相手の気持ち良いポイントを見つけられるようになったりして、自然とセックステクニックが向上していくのです。
そればかりでなく、相手によってはこれまでに経験した事が無い様なプレイや体位を体験する事が出来ます。あなたの中に眠っていた新たな性癖を開花させてくれる相手にも出会える可能性があることも援助交際をしている理由となります。

常に誰かにかまってもらえる

先程もお伝えした通り、援助交際では女性の需要の方が高くなります。次で紹介させていただきますが、出会い系などを使って、女性が募集を行うとたくさんの男性からアプローチされます。
この為に、少しかまってちゃん気質の女性であれば、常に誰かにかまってもらえる状況が出来上がるので援助交際をしているという事もあります。
出会い系の中には「かまって欲しい」「寂しい」などの文章を書き込んでいる女性を見かける事もあります。この様な女性はかまってちゃん気質が強いので、援助交際の募集をしている場合が多くなっています。

女性が援助交際を募集する場所

女性が援助交際を募集する場所

次は女性が援助交際を募集する場所を見ていきましょう。
援助交際を募集する場所はオンライン・オフラインなど非常に多くなっています。それぞれの場所で特徴なども違っています。また、皆さんへの注意喚起の意味も込めて、援助交際を募集するのに相応しくない場所もピックアップしています。

出会い喫茶

まずは出会い喫茶です。
最初はマジックミラーで仕切られた男女別々の部屋で待機しており、男性側からしか相手を見る事が出来なくなっています。男性が気になる相手を見つけた時はお店のスタッフに伝えて、2人きりになれる別室へ移動して話をする事が出来ます。ほとんどの方はただ会話を楽しむだけでなく、援助交際の話を持ちかけてきます。お互いに出会いを求めて出会い喫茶を利用しているので話がまとまるのも早くなっている事が特徴となっています。。
話がまとまれば、お店を出た後は食事に行ったり、ホテルに行ったりするのも二人の自由です。

立ちんぼ

次は立ちんぼです。
よく繁華街や飲み屋街の路地裏で、ちょっとエッチな格好をして男性に声を掛けてくる女性の事を立ちんぼといいます。少し古い呼び方になりますが娼婦やコールガールといった方がピンと来る方もいらっしゃると思います。
人気のない場所でフェラチオや手コキ、ホテルに行ってセックスを誘ってきます。もちろん、お金が必要となるので援助交際という括りになります。相手から声を掛けて来るので、わざわざ相手を探す様な手間はありませんが、迷惑防止条例などの観点から警察の取り締まりなどが行われているので注意が必要です。
また、フェラチオや手コキであれば短時間で行う事が出来、1日に何人も相手にしている可能性があるので衛生面には不安が残ります。性病などのお土産を持たせられない様に十分に気をつけましょう。

ネット上の掲示板

インターネットで“出会い探し”と検索すれば、男女が自由に出会いの募集を自由に書き込める掲示板(援助交際募集を含む)をたくさん見つけることが出来ます。
この様な掲示板の謳い文句は「すぐに会える」「必ず会える」「無料で会える」などが多くなっています。謳い文句につられて軽い気持ちで掲示板を覗いて見ると、顔出しのちょっとエッチなプロフィール写真で溢れ返っており、LINEIDなどが掲載されている事も珍しくありません。ここまで見れば、誰でも簡単に無料で会えそうだと思うのも無理はありませんが、世の中そんなおいしい話はありません。
結論から言いますと、この掲示板は悪質サイトの入口となっている事がほとんどです。後から高額請求が届くような悪質サイトに自動登録させられたり、プライベートの連絡先を回収されたりします。冷静になって考えてみれば、素人女性が顔出しの写真をネット上に掲載したり、LINEIDなどを晒したりはしません。男性のスケベ心を巧みについているので注意して下さい。

Twitter

Twitterは1人でいくつものアカウントを持てるので、通常のアカウント、趣味のアカウントなど使い分けている人がいます。その中に出会い垢・エロ垢・裏垢と呼ばれる出会い専用のアカウントも存在しています。付けられているハッシュタグも、#援助交際 #円光 #サポなどとなっており、裏垢は簡単に見つける事が出来ます。
但し、Twitterを利用する際に年齢確認などが設けられていないので、18歳未満も簡単に利用する事が出来ます。18歳未満と関わってしまうとどんな理由があっても罪に問われる事になります。先程紹介した本番行為が無いプチ援の場合でも同じです。
この様に考えるとTwitterは援助交際相手を探す場所としては相応しくないといえます。

参考記事

テレクラ

80年代に見知らぬ男女が出会う方法といえばテレクラ位しかありませんでした。当時は非常に人気がありましたが、インターネットの発達により一時期衰退してしまいました。近年はスマホがあれば自宅にいながら手軽に楽しめるようになった為に再び人気が高まりつつあります。
主にテレフォンセックスの相手を探す事が目的となっていますが、話が進めば実際に会う事も出来ます。女性側もそれを理解した上でテレクラを使っているので、援助交際を持ちかけてくる事も珍しくありません。

交際クラブ

交際クラブは出会いを求めている男女が集まる場所ですが、男性はある程度の容姿と経済力を持っている事、女性は容姿に自信がある事が利用条件となります。会員登録する際は厳正な審査が行われるので、男女ともに安心して利用する事が出来ます。
有名な交際クラブに「ユニバースクラブ」があります。男性は入会費によって、4つのクラスに分けられます。一番安いクラスは30,000円、最も高いクラスは300,000円掛かりますが、それに見合うハイクラスな女性をクラブ側がセッティングしてくれます。

参考記事

出会い系

最後は出会い系です。
出会いを求める男女が集まる場所という事では、先程の交際クラブと似ていますが、18歳以上であれば誰でも簡単に登録する事が出来るので、多くの女性に人気があります。
出会い方に応じて、色々なジャンルに分けられているので簡単に希望する出会いを見つけられる事も特徴となっています。人気のある出会い系によっては会員数が2000万人を超えているものもありますので、タイプに近い異性も簡単に見つけることが出来ます。

参考記事

各出会い系での援助交際の現状

各出会い系での援助交際の現状

先程の最後に紹介させていただいた出会い系について、私が利用している出会い系を例にとって、援助交際の現状を見ていきましょう。

Jメール

Jメール

まずは有限会社笑みアイシー総合企画が運営しているJメールです。九州に運営拠点があり、九州の方は街中で巨大な看板などを見かける事もあると思います。
Jメールで援助交際が行われているのは、主にアダルト募集掲示板です。Jメールのアダルト掲示板には、たくさんのジャンルが用意されていますが、援助交際の募集は「今すぐあそぼっ」に書き込まれている事が多くなっています。タイトルに「これから割り切りで」「サポして下さい」「車内口割りで」などの様な募集は援助交際の誘いとなります。
最近は厳しくなって直接的な募集を書き込む女性は少なくなりましたが、やり取りをしていく内に援助交際の条件を提示してくる女性が多くなっています。

ワクワクメール

ワクワクメール

次は株式会社ワクワクコミュニケーションズが運営するワクワクメールです。
ワクワクメールでも援助交際の募集はアダルト募集で行われています。援助交際の募集は「すぐ会いたい」のジャンルに書き込まれている事が多くなっています。
また、ワクワクメールには同じ趣味や出会い方を探す事が出来る「コミュニティ」というコンテンツがあります。コミュニティは「第二のパートナー」「既婚者OK」「いつもとちょっと違うこと」など様々なジャンルが用意されています。直接援助交際相手を募集するコミュニティはありませんが、同じ出会い方を探しているユーザーの中から援助交際相手を探している場合があります。

管理売春を見破る方法

管理売春を見破る方法首都圏 援交42

援デリ業者が行っている管理売春とは関わらない様にしなければなりません。しかし、やっている事に違いが無いために個人でやっている場合と管理売春を見分ける事は難しくなっています。
あくまでも目安になりますが、私が出会い系を利用する時に確認する事をいくつか紹介させていただきます。ポイントなども併せて、一つずつ見ていきましょう。

利用しているコンテンツのジャンル

援助交際の募集を行う際のコンテンツは募集掲示板が多くなっています。但し、募集の書き込みを行っているジャンルが違っています。
管理売春は短時間で多くの男性を相手にした方が、より多くのお金を稼ぐ事が出来るので、すぐに会える相手を見つけられるジャンルを使う事がほとんどです。また、女性は出会い系の機能をほぼ無料で利用する事が出来るので、1日に何度も書き込みを行っている事も管理売春が行っている援助交際の募集と見破ることが出来ます。

プロフィール

気になる相手を見つけた時は相手のプロフィールを確認する方が多いと思います。まれに空白が目立つようなプロフィールを使っているユーザーの方を見かける事は無いでしょうか?
プロフィールでは自分自身の事をアピールしたり、希望する相手の事を記載したりする事が出来ます。つまり、管理売春を行っている場合はタイプの相手を選ぶことが出来ない事に加えて、とにかく提示する条件金額を払ってくれる男性さえ見つけられれば良いのでプロフィールを埋める必要が無いのです。

やり取の内容

管理売春のやり取りはストレートです。挨拶や自己紹介などはせずに、いきなり「これからホ別イチで会えますか?」と条件金額を提示してきます。これまでも何度かお伝えしている様に相手を選ぶことが出来ないので、そんな事をする必要が無いのです。
相手が援助交際相手を探していない、条件金額を払えないと分かると、すぐに音信不通になる事も珍しくありません。

やり取の方法

管理売春のやり取りの方法はサイト内のメールのみです。というかメールでしかやり取りが出来ないのです。管理売春で男性とやり取りをしているのは、女性を管理している援デリ業者で男性が女性になりすましている場合もあります。この為に音声やビデオ通話には応じる事が出来ないのです。
ネットの記事などで、業者を見破る為に「写真交換をお願いしてみましょう」と書かれている場合もありますが、ネットの拾い画を使って対応してくる援デリ業者も存在しているので、これでは不完全です。
但し、個人で援助交際をしている女性も実際に会う前に音声・ビデオ通話を控える傾向があることも忘れない様にしておきましょう。音声・ビデオ通話に応じてくれる相手であれば、個人でやっている女性である確率が高いという位の感じで考えておきましょう。

待ち合わせ場所など

中にはこちらが提案した待ち合わせ場所を頑なに断ってくる女性がいます。この様な女性も管理売春の可能性が非常に高くなります。
理由としては、援デリ業者が指定してくる待ち合わせ場所は、援デリの待機場所の近く、もしくはホテル街の近くとなっています。これはホテルまでの移動時間・送り迎えのガソリン代さえも惜しいと考えているからです。雑になってくると「ホテルの駐車場で待ち合わせしましょう」と提案してくる場合もあります。これではもうデリヘルですよね。

援助交際と類似した各種の関係

援助交際と類似した各種の関係

最後に援助交際と類似している関係の内容と特徴を説明させていただきます。大まかな括りでは援助交際に含まれる関係もありますが、違いを知っておいた方が良いと思います。

パパ活

まずはパパ活です。
パパ活をテーマにしたドラマも流行った事で名前くらいは聞いた事があると思います。パパ活は基本的に肉体関係がなく、親子ほど年の離れた男女が食事やデートを楽しむ事を目的としています。1回限りの関係ではなく、長期的な関係を結ぶことが多くなっています。
パパ活の募集を表わす隠語として、「P活」「父活」が使われており、渡すお金の事を「お手当」などと呼ぶことが多くなっています。

参考記事

ママ活

次はママ活です。
パパ活の反対で、女性がお金を渡して定期的な肉体関係を結べる男性を探す関係です。男性は20代、女性は40代以上の場合が多くなっており、男性は熟女のセックステクニックを体験する事が出来る上にお金までもらえるので一石二鳥です。
女性も若い男性とセックスが出来る上に経験が少ない男性であれば、自分好みのセックスが出来るというメリットがあります。

参考記事

逆援交

次は逆援交です。
女性がお金を渡すという事は、先程のママ活と同じですが、こちらは特に年齢制限がありません。女性によっては若い女性が逆援交をしている場合もあります。実生活などでは、なかなか相手が見つけられない女性などが行っている事が多くなっています。
個人的な考えですが、逆援交をしている女性は容姿などに自信がない女性が多いと思っています。

参考記事

割り切り

次は割り切りです。
割り切りは援助交際の隠語として使われる事もありますが、単純に肉体関係だけを求める場合にも使われる事があります。
分かりやすい例としてはセフレ関係が挙げられます。セフレは恋愛感情などを割り切って肉体関係だけを楽しむ事を目的としています。出会い系などを使い慣れていない方は「割り切った関係で」という募集を見るとセフレを募集していると勘違いしてしまう場合があります。勘違いが原因でトラブルになってしまう事もあるので、気をつけておきましょう。

参考記事

プチ援

次はプチ援です。
プチ援は本番行為のない援助交際の事を意味しています。本番行為が無いために罪悪感が少なくなり、決まったパートナーがいる人妻などがお小遣い稼ぎ感覚で行っている事が多くなっています。
但し、本番行為が無い事がプチ援を行う女性の低年齢化にも繋がっており、犯罪被害も増えています。男性側は本番行為が無いからといって18歳未満と関わってしまわない様に十分に注意しておきましょう。

参考記事

愛人契約

次は愛人契約です。
愛人はマンションなどを買い与えたり、生活費やお小遣いをあげたりする代わりに肉体関係を楽しむ関係です。男性はセックスがしたい時に比較的自由にセックスを楽しむ事が出来ます。女性は相手の男性に本命の女性がいる事は承知の上で愛人契約しているので、恋愛感情を抱いても本命にはなれません。

参考記事

パトロン

次はパトロンです。
少し聞き慣れない方もいらっしゃるかもしれませんが、スポンサーと考えてもらえると分かりやすいと思います。経済的な支援を行う人の事を指しており、ほとんどの場合肉体関係はありません。金銭面だけでなく、パトロンが持っている人脈なども使って支援をしていきます。

参考記事

謝礼交際

次は謝礼交際です。
謝礼交際は相手に必ずしも見返りを求めない関係の事を指しています。食事やドライブに付き合っても必ずしも金銭をもらえる保証がありません。あくまでも相手の厚意に委ねられます。この辺りがパパ活やママ活と違う点といえます。
金銭や物品だけでなく、「今日は楽しかったよ、ありがとう」という言葉も見返りとしては十分に成り立ちます。

参考記事

デート援

最後はデート援です。
デート援はデートをしたり、食事をしたりする事で金銭の受け渡しを行う関係です。但し、肉体関係が無い関係なので、パパ活などと比べると金額は低めに設定されています。男性からすれば色々な女性と楽しい時間を過ごせるメリットがあります。女性もお小遣い稼ぎ感覚で楽しむ事が出来ます。ギャラ飲みなどもデート援に含まれます。

参考記事

まとめ

まとめ

以上、援交について色々な事を説明させていただきました。
最後まで読んでいただければ、必ずしも「援交=悪」ではないという事はご理解いただけたかと思います。併せて、援助交際を個人で行っている素人女性を見つける場所や見分ける方法もご理解いただけたかと思います。
お金を払う必要がある援助交際は男性にとって負担となるので個人的にはおススメはしません。援交を探している素人女性がいるという事を分かっていただければと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

出会いの迷人

性別:男性 プロフィール:現在、4つの出会い系サイトを駆使して、セックスライフを楽しんでいる。出会い系サイトで出会って、多数のセフレを作った経験がある自称出会いの名人。

おすすめ記事3選

PCMAX 1

コンテンツ1 1000円分無料pt進呈2 PCMAXへの登録方法3 年齢確認4 リアルな口コミや評判を調べました5 安全なのか検証した結果6 利用料金7 アプリについて8 無料ポイントの入手方法と無料 ...

2

コンテンツ1 PCMAXの公式アプリについて2 ハッピーメールの公式アプリについて3 ワクワクメールの公式アプリについて4 Jメールの公式アプリについて5 YYCの公式アプリについて6 セフレ募集をす ...

ワクワクメール 3

コンテンツ1 ワクワクメールへの登録方法2 年齢確認をする流れ3 本当の評判や口コミを調べた結果4 安全なのか実態を解明5 公式アプリ6 無料ポイント入手方法と無料コンテンツ7 料金とポイント消費8 ...

-出会いの方法, お小遣い
-,

テキストのコピーはできません。

© 2020 セフレ塾