熟女と超年下セフレくんの素敵な出会い〜年の差セックスの魅力

更新日:

こんにちは、エリです。

出会い系サイトで出会った人とのウフフなデートを記録する裏ブログをせっせと更新してます。

今回は、裏ブログでの交流を通じて仲よくなった癒し系熟女、美香さんの話です。45才バツイチですが、いわゆる『美魔女』とは少し違う、癒しオーラと引き込まれる雰囲気がある熟女美人さん。身体をストイックに鍛えたり、美を常に意識して極めてるわけではなく、とっても自然体。ちょっぴりムチッとしたマシュマロボディに熟女の色気を感じちゃいます。天然以上オカン未満な、守ってあげたくなりつつ面倒見のよさゆえ逆に守ってくれそうな感じは、男性が放っておけない熟女独特の雰囲気なのかも。

そんな魅力的な熟女美香さんは、最近出会い系サイトで出会った超年下肉食系の彼と、ラブラブなのだそう。まあ正しくは「彼」ではなくなかよしのセフレくんなのだけど、なんと週イチで会うほどハマっているのだとか。

美香さんのブログ、『秘密の熟女日記』には、彼とのエッチな日々が綴られていて、それがまたいやらしくて官能小説みたいなんです。うーんその話、めちゃくちゃ聞きたい!というわけで、美香さんと会ってたくさん年下彼との話を聞いちゃいました。

熟女の定義〜エリの場合

最近某国の大統領夫妻が20歳差の超年の差カップルだということが話題になったこともあり、熟女と年の差恋愛、年の差恋愛や超年上彼女、超年下彼氏ってどんな感じなのか興味津々。熟女美人な美香さんと年下セフレくんの年の差カップルについても、とても気になっていました。ワタシ自身は、超年下の男性は好きになったことがないし、一番気になるのはやっぱり年の差セックスって、どうなのかと。うまくいくのかな?そういえば、8個下の彼がいる同僚のユリコは、「年下男子は肌もつやつやだしかわいいし、自分も若い気持ちになる」って言ってたなー。でも、癒し系熟女美香さんの話を聞いて、これから自分が魅力的な熟女になれるなら、超年下彼氏と恋愛やセックスを楽しむのも悪くないかも〜と妄想が爆発しちゃいました。

癒し系熟女〜美香さんの場合

「ずっと仕事で忙しかったし、特に出会いを求めていたわけじゃないから、出会い系サイトに登録したのも興味本位だったのよ。でもこんなにマッチングしてる彼と出会ってしまうなんて、出会い系サイトに感謝、ね」

美香さんはバツイチで、離婚後に何人かとはお付き合いしていたけど今は彼氏ナシ。管理職になってからはかなり多忙で、恋愛よりも仕事に時間を割いていたそう。当然セックスはご無沙汰。

「あ、たまに、ひとりエッチしちゃうけどネ。エッチしたくてたまらない、みたいなのはなくてー」

という美香さん。そういうとこ、好きだなー(笑)。つまり、オナニーはするけどヤりたくてしかたない、彼氏がめちゃくちゃ欲しい、とかはない。毎日充実していたから特に気にしてなかったみたい。出会い系サイト「Jメール」に登録したのも、たまたま後輩にすすめられた脳トレアプリをダウンロードしようと思ってGoogle Playを見ていたら、偶然出会い系サイトのバナーを見かけたから。偶然が一期一会につながり、気がついたら、熟女&年下くんの年の差カップルが見事に成立しちゃったみたい。

熟女好きな大学生ケイくんとの出会い

美香さんが登録した出会い系サイトは、ワタシもたまにアクセスするJメール。Jメールは、老舗の出会い系サイトとしても有名で、かわいいキャラがサイトデザインに施されているのが特徴。もちろん年齢認証もしないとやりとりできないようにサイトでしっかり管理されてるし、コンテンツも充実しているので、使い方次第で2倍3倍にも楽しめる出会い系サイトになっています。

美香さんは、サイト登録後は軽い気持ちで普通に顔写真と、サラッとプロフィールを登録しただけだったのに、すぐにメッセージでいっぱいになってしまい、びっくりしたみたい。

「プロフィールに、ふざけて『イイカンジの熟女です。こんな私でもよければ年下クンもウエルカムです。気が合えばお茶しましょう^_^』なんて、アップしちゃったからかな??あはっ」

ペロっと舌を出すお茶目な美香さん。でも、嫌味な感じがまったくない。ホント癒し系熟女だわー。

「でもこちらが顔写真をオープンにしてるのに、ぜんぜん写真を見せてこないヒトは、ちょっとお断りしたくなっちゃうよね。熟女さん好きです!美香さんみたいな美人熟女さんに会いたい!みたいな内容のメッセージもたくさんもらったんだけど、なんとなく気分にマッチしなくて。でね。ある時すごく気になる1通のメッセージに目がとまったの。それがケイくんだったのよね」

ケイくんはジャニーズ顔のイケメン。現在大学4年生で、『第一志望の企業に内定も決まりました!暇してます。気軽に遊べる年上さんや熟女さんとデートしたいです』というのが、ケイくんのプロフィールだった。美香さんに送られたメッセージも、「美香さん、はじめまして。僕は大学生してます。美人熟女さん、っていったら失礼かな。でも、美香さんのこと、すごく気になってます!よかったらおしゃべりしたいでーす」とチャラめで軽いノリ。プロフ写真の彼は茶髪。軽くパーマをかけていて、タレ目でくしゃくしゃの笑顔がこちらに向けられている。誰かに笑わされた瞬間に激写されたようなショットだ。

「え、大学生!?ってはじめは思ったんだけど、やりとりしてみたらなんだか気が合うし楽しくて、すぐライン交換しちゃったの」

チャラい雰囲気とはうらはらに、自己紹介では、名のある大学の経済学部在席だと教えてくれた。内定は決まったが、卒論もあるし資格も取る勉強もしているしそれなりに多忙だそう。『美香さんて、素敵な熟女サンだね。いい匂いしそうだよねー、クンクン♪』なんてふざけたり、『海なう!』など飾り気のない写メを送ってくれるかと思えば、最近読んだビジネス本の感想や、政治問題など真面目な話もしたり。話題が多くて飽きないし、緩急のギャップがあるケイくんに美香さんは惹かれていた。しかし、話は合うものの、気になることがあった。そもそも彼が出会い系サイトに登録してる理由は何なのか?単なる暇つぶし?彼女はいないのか?美香さんは聞いてみた。

「ごめんなさい。僕、実は彼女がいるんです。でも、年上の女性に興味があって。美香さんとの会話、めちゃくちゃ楽しいし、大人の熟女の魅力がある美香さんにすごく興味がある。会って直接話してみたいよ。ダメかな?」

すでに毎日やりとりしていたし、この時電話番号も交換していた美香さん。何度か電話でおしゃべりもしていた。なので、彼女のことを聞いてしまい悩んでしまったみたい。彼女がいるなら、こんなことしてないで大事にしたほうがいいんじゃない?そもそも年上の女性っていっても22歳差ってどうなの?差がありすぎてモヤモヤ。

「一番考えたのは、へ〜、熟女ってこうなんだ、と若い彼女と比較されていろいろ言われたり、晒されるのかな私、って」

なのに、ケイくんに会ってみたい気持ちは、もうとめられなくなっていた。ナマ声を聞いてみたい、顔も見てみたい。一度だけ会おう。最初で最後のデートならいいよね。と心に決めて、仕事の終了後、夕方軽く会ってみることにした。

隠れ肉食系男子、ケイくんの暴走

「こんにちは、美香さん。来てくれてありがとうございます!会えて嬉しいです!やった!ヤバイ、うれしすぎで、めっちゃキンチョーする〜!」

「ケイくん。いつも楽しいラインありがとね。あは、お手柔らかに〜」

185センチのケイくん。挨拶と同時に嬉しそうな笑顔で美香さんの隣に背中を丸めて座る。笑った時のくしゃくしゃな目元がかわいいな、と美香さんはキュンとした。そのままカフェでしばらくおしゃべりを楽しんでいたが、お腹も空いてきたので食事もすることに。フラッと歩いていくと、カジュアルなイタリアンレストランを見つけた。テラス席が空いていたので、再び2人横並びで座る。

「ん〜お茶だけで帰るつもりだったんだけどなあ」

「うそー!美香さあん、寂しいこと言わないでよ〜」

どさくさにまぎれて、ケイくんは、美香さんの手をギュッと握る。今日はまだまだ帰さないよ、というかのように。そんな冗談めいたやりとりも楽しい、と思いながらレストランでも笑いあい、ワインの酔いが回り始める。ケイくんの彼女になんだか悪いかも、、、と遠慮の気持ちに苛まれる美香さん。

「ねえいま、彼女に悪いなあ、なんて思った?」

「え、やだ。何で!?うん、、、思った!」

「美香さんは優しいなー。だいすき!すきすき!美香さん、かわいー!」

いたずらっ子みたいに、笑いながらウインクしながら、好き好きと言うケイくん。三兄弟の三男だという彼のその行動はなんだか憎めない。2人とも既にトロンとした目つきになり、いい気持ちで口も滑らかになっていた。

「美香さん、唇、ぷるぷるー。美味しそう」

「やだ、もうからかわないでよ」

「ホントだよー、デザートに食べたいなあ。
唇だけじゃなくて、いろいろ」

酔いで赤らんだ顔で、ケイくんはじーっとまっすぐに美香さんの瞳を見つめてくる。横に座っているので

顔がすごく近い。22も年下、まだまだこどもっぽいところもあるが、大人の男のような表情をチラチラみせてくる姿に、美香さんはドキドキが止まらなかった。

密室で肉食系年下くんとキス

「あはー!意外とワインキタ!酔っぱらっちったー。ちょっと休憩してこ、美香さん。はい、か、イエスで答えて!」

「あはは。なあに、それ!はいイエス?」

「はい、イエスー!え?両方!?いただきました!」

アハハハッと豪快に笑いながら、ケイくんは、すみませんチェックおねがいしゃーす!と店員さんを呼んでいる。まあ、予想通りの流れになっちゃったけど、まあいいか。彼女ちゃんごめんね。とほんの少し美香さんの脳裏に罪悪感がよぎった。しかし、ケイくんてどんなセックスするのかしら、という興味の方が勝ってしまった。もうなりゆきに任せようと思った。

2人はホテルの部屋にはいり、ケイくんがドアの鍵をしめると、すぐにケイくんは壁に美香さんを押し当てて激しくキスをしてきた。

「んん、、、っ、、あん、ケイくん、そんな急、、」

「さっきから、もうチューしたくて。僕気が狂いそうだった。はあ、、美香さんのくちびる、すごくやわらかくておいしい」

「ん、ッ、、、」

ケイくんのキスがうまいのか、キスの相性がいいのか、唇を重ね合わせた瞬間に電気が走った感覚があり、美香さんはビックリしたらしい。唇をくっつけたり離したり緩急をつけてしばらくキスしてると、クラクラしてくる。永遠にキスできそうな気持ちよさだった。

「美香さん、舌、だして」

「ふ、、、ンンッ、ふぅ、、」

クチュ、チュ、、チュル、、と静かな部屋に唇を舐め合う音と、乱れた息遣いが響きわたる。キスされながら言われたままに舌を出すと、唇を重ねたまま口内で舌を吸われたり舐められていく。

「美香さんの熟れた身体を味わったり、思いっきり気持ちよくさせたい」

ケイくんは耳元でつぶやいた。立ったまま、服を着たまま、されるがままでいると、全身のチカラがヘナヘナと抜けていく。下半身の秘部が濡れているのが自分でもわかる。このまま立ってキスされていると、太ももまで垂れてきそう、、、それを伝えていないのに、ケイくんが何かを感じたのか、スカートの中にスッと手を入れ、ショーツの上から人差し指と中指2本で、割れ目を上下になぞりはじめる。しばらくしてから、ショーツをずらして、そのまま中指と人差し指2本を出し入れし始めた。ケイくんの指を動かすたびに、ジュプジュプと液体がかき混ざる音が響く。

「、、、ア、、アッ、、、」

「ねえ濡れてる?今、初めて触ったのに。ふふっ」

「だって、、ケイくんキスうますぎるんだもん、、、」

「あとで、たっぷりチューチューしてあげる」

そのまま、抱きかかえられて、ベッドに押し倒される。キスの続きをしながら、サマーニットをまくり上げると、熟女のたわわなおっぱいがプルンと左右にゆれる。

「ああ、最高。美香さん、、、めちゃくちゃ肌綺麗。おっぱいもたまんない。熟女のエロス出まくりだよ。身体がエロすぎで反則!ギューしちゃう〜」

上からギュッと抱きしめられ、美香さんも抱きしめ返す。

「んもう、、ケイくんかわいい。って、大人の男子に失礼だね」

「かわいい?ありがと!熟女さんの前だと、ぼく、お子ちゃま〜」

そうはいいながらも、うっすら髭が生えている鋭角なあごや、血管が浮く手首から肘にかけて日に焼けた腕を見ていると、当たり前だが立派な成人男性だ。そのギャップがたまらない。

熟女のカラダを視姦したい

グイ、とブラを下にずらして、美香さんの乳首にむしゃぶりつく。吸われないほうの乳首は指先でゆっくり、クリクリと弄られ、されるがままの両方の乳首はピクン、と固くなっていく。

「ん〜、おっぱい、チューチュー、クリクリしちゃお」

「やあん、、、」

いつのまにか、服を脱いだケイくんが、美香さんのスカートもストッキングも脱がせてから、身体を離し上から下まで舐めるように、ゆっくり眺めながらつぶやいた。

「ああ、すごくいい眺め、いやらしいな。しばらくこうして、見ていてあげるね。熟女な美香さんを視姦してる気分!」

「やだあ、、あんまりジロジロ見ないで、、、」

ケイくんは、ニヤニヤしながらうれしそうに、身体を眺めてる。美香さんは見つめられるのは恥ずかしいような嬉しいような、複雑な気持ちだった。

「美香さん、脚、開いて」

そういいながら、ケイくんは美香さんの両脚をグイと開き、割れ目そって舌を上下させながら、ゆっくりペロペロと舐めていく。チュルチュル、と液体を舐めあげる音が大きくなっていく。

「全部ちょうだい。どんどん溢れてくる、美香さんのお汁」

「イ、ヤ、、、」

ケイくんの舌の動きが、生き物みたいに動き回る。美香さんは腰を浮かせ身悶えるが、両脚を押さえつけられていて、ケイくんの舌からは逃げられない。

「ああ、、いいね。美香さん、挿れたい、、四つん這いになってみて」

言われた通りに、四つん這いになる。お尻を撫でられながらケイくんが、一気にヌプッとカチカチのおちんちんを挿入してきた。

「ああ、、、いい、、、オマンコあったかい、、、」

ケイくんの顔は見えないけど、恍惚の表情が想像できた。パンッパンッ、、!とお尻とケイくんの股間が何度もぶつかり合う音が激しく鳴り響いた。

「美香さん、締めつけサイコー、、、ハァ、、ウッ、イクッ」

あっと言う間にケイくんは昇天した。美香さんも、ケイくんのイキそうな切ない声を聞きながら、バックで攻められすぐにイッてしまった。

密室で熟女の欲望は開放される

「美香さん、見てみて。僕もう、、、こんなになってる」

一度バックでフィニッシュしたあと、少しおしゃべりしていたが、ほどなくケイくんのモノは、もうグンッ、と上向きにそそり立ち固くなっていた。ケイくんは、おちんちんの固さを確かめるように、右手でしごきながら、美香さんをまっすぐ見つめている。

「ふふ、すごい回復力」

「でしょ。僕のムスコ、熟女さんの膣内にはいりたいって。美香さんと、したくてしたくて、たまらないみたいだ」

ケイくんは、キスをしながら再びベッドに美香さんを押し倒し、まださっきのセックスの名残りで、しっとり濡れてるおまんこに、おちんちんを当てて上下に動かし擦りつけた。

「美香さん、はいるよ、、、中に、、、」

「ああん、、あ、すご、い。もういっぱい、、奥っ、に、、、」

固く長い肉棒なのに、さっき、一度奥まで到達した筋道ができているため、すぐに、ぬるん、と奥まで到達してしまう。

「ん、、ふぅ、、、」

「美香さん、、いたい?顔、、見せて」

「いたくない、、、すごく、、いい、、、」

「美香さん綺麗だよ。僕のちんちん、おまんこにまた吸い込まれていくよ」

そういったと思ったらすぐに激しくまたケイくんは腰を動かしはじめた。ギシッギシッ、、、とベッドの揺れと同時に2人の息も乱れていく。

「あっ、ああん、、また、、」

「はあ、ッああ、、締めつけスゴイ、、キツイ、ああ、、イクッ」

二度目の射精も、先程の射精と同じぐらいの量が排出され、ケイくんは果てたのでした。

年下セフレくんと朝までセックス

「うわー、めちゃくちゃ気持ちよかったあ」

ケイくんは、ベッドに大の字で寝転び、そう叫んだ。

「美香さん、また会える?てゆうか、会いたい。会うしかない。会おう!」

ニコニコ笑いながらケイくんは、美香さんの手を握り、ブンブンと振り上げる。

「え(笑)」

「かなりヤバイ。僕、すっかり熟女の魅力にハマりそう。ちょっと目覚めた。美香さんのせいだ」

「なに、それっ。あ、コラっ!」

ケイくんは、美香さんのお腹のお肉をムニュムニュしたり、お尻のお肉をサワサワしながら、ニヤニヤしている。

「僕、こういう熟女っぽい肉感とか、バックで挿入れてピストンしてる時のおしりと当たり方とか、熟女好きなんだなあって、今日、覚醒しちゃった」

「ええっ、、、」

でも、美香さんもケイくんとのセックスで、覚醒していた。超年下男性とのセックスなんて初めてだったけど、吸い付くような肌と、何度もイケるスタミナと、かわいい笑顔と、、、キュンキュンしてる自分に驚いていた。ケイくんとの身体の相性は抜群だったのだ。

その後、そのまま美香さんは、ケイくんの住むマンションに行ってお泊りしたそう。もちろん、またケイくんの部屋で再びセックスを2回して、次の日の朝は、二人ともしばらく起き上がれなかったらしい(笑)

「ありえないって思っても、ずぶずぶハマっちゃう、ってあるのね。身体は正直よ。もう、私、ケイくんの身体ナシでは生きていけなさそう(笑)」

「すごいね〜!年下セフレくんの魅力もすごいけど、美香さんの熟女っぷりもすごいよー」

ちなみに最近、ケイくんは、彼女と別れそうな勢いらしい。美香さんとのセックスがよすぎて。うらやましい限り!

おすすめの出会い系サイト

 

美香さんはJメールに登録して、熟女をアピールして、年下セフレくんとの出会いがありましたが、Jメール以外の出会い系サイトで、

ハッピーメール
PCMAX

この2サイトもおすすめです。
出会い系サイトで好みの年下男性のセフレくんを見つけるコツは、まずは登録してみて、使いやすさや、好みの年下男性がいるのはどのサイトかなどチェックしてみるといいですよ。プロフィールや掲示板で、「熟女」「年上」などをキーワードにしてる年下くんに、ロックオンしてアピールすると、年の差カップルになれちゃう可能性もグンとアップするかも!? 

PCMAX
Jメール
ハッピーメール
YYC
ワクワクメール

The following two tabs change content below.

エリ

性別:女性 【プロフィール】普段は事務系OL。婚約破棄となった彼と別れてから、出会い系サイトやライブチャットを使ったあらゆる出会いやイチャイチャをひそかに満喫中。基本的には恋愛体質ゆえに、どちらかというと享楽プレイよりも女性目線で安全に楽しめる胸キュンエッチが好み。好みのタイプは、ディーン・フジオカ様。好きな体位は立ちバック。

-出会いの方法, 女性向け記事
-,

Copyright© セフレ塾 , 2018 All Rights Reserved.