痴女

痴女をセフレにしてセックスする方法と痴女の無修正エロ動画のご紹介

更新日:

痴女とは?

痴女とは?

痴女という言葉そのものは、正式な言語には該当しませんので俗語の一つとされています。確かに一般社会で頻繁に出てきませんし、耳にすることも殆どないでしょう。しかし性風俗業界や性に関連する業界では、至極当たり前に用いられています。それでは、どのような女性のことを痴女と言うのでしょうか?

そもそも痴女の痴というのは思慮が足りないとか頭の働きが鈍いという意味で、痴の文字が入った熟語も愚痴・痴漢・音痴など良くない形で表されています。ところが、その痴に女をつけることで男性的には良い意味合いに変化します。痴女とは女主導で自らと男の性を満たす魔物に近い存在と言えるでしょう。

肉食系女子

痴女の代表的な別名として肉食系女子という言葉があります。これも俗語の一種ですが書いて字の如く、こよなく男性の肉体を求める女性のことを言います。従来であれば普通の男性は肉食系とされていましたが、昨今では女性に肉体を求めない男性が多く、そのような男性のことを草食系男子と呼んでいます。

逆レイプ

これも前述に近い女性を表す動詞の名称であり、女性が男性を性的な玩具にすることを言います。男性が女性に対して行うレイプは最悪の犯罪であり極刑にすべきですけど、男性が女性にされる場合は快楽や悦びのほうが強いため殆ど犯罪として成立しないでしょう。ただ一応、訴訟沙汰になった例もあります。

参考記事

騎乗位

痴女の性交体位と言えば騎乗位を置いて他にありません。女性主導で施す挿入行為ですので痴女として最適であることは間違いないでしょう。男性の肉体を食い物にするかのようだと囁かれている痴女ですので随一の挿入プレイのはずです。でも、痴女による騎乗位が病みつきになる男性がいることも事実です。

参考記事

フェムドム

フェムドムとは、フィメールドミネンスを略した呼称で、SMプレイの際に女性側が主導権を握って性行為を施すことを言います。あくまでもプレイの一環ではあるものの、服従的な男性相手に激しく恥辱的なプレイを横行します。痴女の究極バージョンがフェムドムでありレズビアンにも多いと言われています。

BDSM

BDSMという横文字の性的な用語がありますが、性行為において嗜好的な人をミックスした言葉です。Bのボンテージは捕らわれの身、Dのドミネイションは支配や服従、Sはサディスト、Mはマゾヒズムを意味します。あと、男女が性行為を施す時に交代で愛撫をするチェンジプレイもBDSMの一種とされています。

亀頭責め

痴女の定番プレイと言いますと、やはり男性器の亀頭を徹底的に責める亀頭責めでしょう。痴女が口や手、大人の玩具などを駆使して男性器を弄び、男性が射精しそうになれば寸止めする動作を繰り返す性行為です。この亀頭責めというプレイによって初めて男の潮吹きを経験するパターンが多いと言えます。

参考記事

痴女と淫乱やヤリマン等との違い

痴女と淫乱やヤリマン等との違い

今回のメインテーマは痴女ということになりますが、これまでの説明にもあった通り性欲が非常に強いことが特徴的です。そんな痴女と同じように性欲の強い女性として、淫乱と言われる女性やヤリマンと呼ばれる女性が存在しています。それらの呼び方は、どのような違いで分別されるものなのでしょうか?

当然セックスが大好きな女性は痴女だけには限りません。先ほど記しました淫乱やヤリマンの他にも、ニンフォマニアやセックス依存症とされる女性など色々と世の中には生息しています。ここでは、セックス大好きな女性を呼称別に分けた上で、各々の特徴や見分け方について書き記していこうと思います。

淫乱

淫乱な女性と痴女は同じように捉えられることがありますが、淫乱と痴女とは全く違う種類だと言えます。痴女は女性主導で積極的に性的な行為を、自ら男性に対して責めにいく性質を持ちます。淫乱は痴女と同じくセックス好きですが、受け身の女性が殆どで男性に責められるほうが良いと思うタイプです。

ヤリマン

痴女は淫乱と比較されることのほうが多いと思いますが、ヤリマンと呼ばれる女性のほうが痴女に近いと思われます。痴女の場合は自らハッキリと性的な行動に出て性行為も女性主体です。ヤリマンの場合、性的な挑発はしますし性行為そのものも積極的ですが、痴女のような女性主体の流れには至りません。

参考記事

ニンフォマニア

ニンフォマニアとは、いわゆるセックス依存症・オナニー慢性症・女子色情症とされている女性の異常な性欲のことです。色んな異性とセックスを繰り返す快楽主義者と捉えられていますが、実際には自分の存在を自身で確認するための常同行為と言われています。痴女とは異なり淫乱に近いと解釈できます。

セックス依存症

前述のニンフォマニアに近いニュアンスの症状で、セックス依存症というものがありまして、正式には性依存症という名称です。心の不安から逃れるために発生する依存症の一つで、ギャンブル依存症やアルコール依存症と同じメカニズムとされています。従いまして、痴女という分野には程遠いと言えます。

参考記事

痴女の共通点

痴女の共通点

筆者の所見では痴女だけに限らず性的な個性が強い女性や、少し変わった性癖を持つ女性には独特の癖や振る舞いがあります。その癖や振る舞いについては、日常生活で垣間見ることができます。性的な視点で見た際の女性の仕草や雰囲気などについて、調査や研究をしているグループが存在するぐらいです。

例えばですが、目の前の女性が痴女かどうかを判断するための基準はあるでしょうか?と問われれば、その答えは一応ありますと言えます。もちろん性行為に至る場面にならないと、わからないことも多いと言えますが痴女特有の共通点はあります。その痴女の共通点について、これより書き記していきます。

食欲旺盛

性欲という観点で捉えれば、男性と女性では大きな違いがあります。男性は腹が減っているほうが性欲旺盛ですけど、女性は腹が減ると性欲も減退します。つまり、お腹が満たされれば性欲も高まるということです。その上で、食欲旺盛な女性は性欲も旺盛と受け取れるため痴女になる傾向が強いと言えます。

体毛が濃い

これは統計的にも割とハッキリされていますが、基本的に体毛の濃い女性は性欲が強いということです。それから全てではありませんが、実際に多くの痴女は体毛が濃いことも判明しています。そういった共通点から見ても痴女は比較的、体毛の濃い人が多く特にアンダーヘアーのほうも濃いとされています。

年下好きが多い

出会い系サイトを利用した男性の口コミなどでも、痴女によって筆おろしが施されたというコメントや、逆レイプ体験したという書き込みを見ます。その殆どは年上の女性で男性側は何もしなかったとのことです。痴女としては年上より年下の男性のほうが、体力もありますし導きやすいこともあるでしょう。

日常は淑女

食欲旺盛で基本的には体毛の濃い人が多いと記しましたが、別に男まさりであるという訳ではありません。それどころか、本物の痴女は普段とても淑やかな女性であることが多いのです。まず痴女であることの片鱗すら伺えません。まるで、自分が痴女であることを装うかのように上品な雰囲気だと言えます。

口元や唇を触る

よく頻繁に足を組み替える女性は、性的に欲求不満であると言われますが概ね当たっております。痴女であるか否かを見分ける場合は、頻繁に足を組み替える時もありますが指で自分の口元や唇を触る癖があると言えます。頻繁に足を組み替えて、指で自分の口元や唇を触る女性は痴女であると判断できます。

チョコレート好き

痴女の共通点として一番最初の食欲旺盛という項目内容とも少し似ていますが、痴女は体型に関わらずカロリーの高い食べ物を好みます。高カロリーな食べ物の中でも特にチョコレートを好む傾向があります。筆者が知る限りの痴女も全員と言っても良いほど、チョコレートを好んで食べていたのも事実です。

痴女をセフレにするメリット

痴女をセフレにするメリット

受身が好きな男性からすれば、痴女をセフレにするメリットは色々とあります。痴女のセフレは絶倫であることも多く、男性の性的な欲求に対してスンナリ承諾してくれるなど不満を感じることがありません。ましてや、セフレであれば尚更だと言えます。それでは、そのメリットの数々を見ていきましょう。

参考記事

男性は動かずに済む

痴女をセフレにすることで最も大きなメリットと言える部分が、性行為の最中ほぼ男性は動かずに済むという点です。ある意味では至れり尽くせりの状態だとも言える訳です。痴女のセフレは男性をしたいようにするだけですし、自分が責められるのは好ましくない痴女からしても満足できるということです。

性的欲求を快諾

この項目の最初にも書き添えましたが、受身が好きな男性からすれば痴女をセフレにした場合は、性に関して不満を抱くことがありません。あらゆるエロプレイを男性側が望んでも殆ど了承してくれます。セックスなしでは成立しないセフレですが、性的欲求を快諾してくれる相手がいるのは心強いものです。

満足度の高い射精

痴女のセフレは基本的に、男性に負担を掛けず性的な処理をしてくれるので、満足度の高い射精ができるでしょう。でも痴女からすれば不満なのでは?と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが十分に満足しています。何故なら、痴女は男性の感じている様子や姿を見て初めて性的興奮を得れるからです。

快楽に浸りきれる

セフレという存在とはいえ、やはり対等であるべきですので片方に偏ることは皆無と言えるでしょう。それは性行為をする上でも同じことが言えます。つまり、片方が責め側で片方が受け側という形にならないことが殆どです。ですが、痴女がセフレの場合は根っから責め好きですので男性は快楽に浸れます。

特別感を味わえる

他人の視点から見て普段の生活や言動だけで、痴女か否かを判断することは困難です。それに痴女は社交的な人が多く、気の利いた会話や気配りも難なくこなします。そんなセフレが痴女の場合、見方を変えれば性的なご奉仕が受けられるので優越感が芽生え、自分だけという特別感も味わうことができます。

痴女をセフレにするデメリット

痴女をセフレにするデメリット

前述までの内容と真逆になりますが、今度は痴女をセフレにした場合のデメリットについて書き添えていきます。どのような女性と交際したりセフレ関係になっても、メリットしかないという相手など地球上に存在しないと思います。ですが敢えて、これより痴女をセフレにした時のデメリットを記述します。

射精管理される

痴女の性的な行為だけを捉えますと、精力絶倫の男性というイメージすら伺えますが当然ながら根っこは女性です。つまり自分が相手の肉体を管理しているという意識が強いため、痴女がセフレの場合は通常の女性より独占欲も強いです。キツイ痴女ともなれば精子の量をチェックするなど射精管理されます。

参考記事

要求頻度が高い

本文でも触れています通り痴女の大半は、食欲旺盛で特にチョコレートなど高カロリーの食べ物を好み意欲的です。それに伴ってかどうかは知りえませんが、一般的な女性と比べればセックスを要求してくる頻度も高いと言えます。ですので、もしセックスの頻度が下がれば色々と追及されることもあります。

受身を嫌がる

男女が絡み合い交じり合う時は、お互い心身共にフィフティーフィフティーの平等な関係が好ましいと誰もが思うでしょう。どれだけ受身が好きな男性でも、たまには女性を性的に責めたいと思う時があります。しかし、セフレが痴女の場合は一貫して受身を嫌がりますので、シラケてしまうこともあります。

自己中心プレイ

セフレが痴女という性質を持ち合わせている場合、必然的に自己中心のプレイ内容になるでしょう。痴女は女性主導の流れで性的な欲求を満たす生き物ですが、言うまでもなく男であれば誰でも良いという訳ではありません。ですが心の行き通う相手であっても、性行為について指示されることを嫌がります。

没頭され過ぎる

この没頭され過ぎるというのは、シチュエーション次第では夢心地である場合もあります。どういう意味かと言いますと、例えばAVを観ながらとか音楽を流しながらのセックスを避ける傾向が痴女にはあります。何もない場所では申し分ありませんが、やはり普通の部屋で音&画面なしはツラい時があります。

痴女とやりたいプレイ5選

痴女とやりたいプレイ5選

痴女だからこそやりたい、あるいは痴女相手であれば試してみたいと思うプレイがあるはずです。妻や彼女などのパートナーや普通のセフレに対してでも、少し要求するのは気が引けるというプレイはあります。それでも痴女が相手となれば求めやすいし、やってみたいと思うプレイの数々は下記の通りです。

連続射精

これは妻や彼女に対しても要求できるでしょうけど、相手との付き合いが長い場合は性的な対象として見れなくなってきます。従いまして、どうしてもセフレや風俗で性行為をしてしまうのが男という生き物なのです。ですので、もし痴女と知り合ったなら連続射精を申し入れた上でしてもらいたいものです。

相互オナニー

この相互オナニーという性行為は非常にマニアックですが、痴女とであればしてみたいと思うプレイの一つです。痴女の受身姿は通常あまり見受けられませんので貴重だからです。しかも痴女は、男性から責められることには拒否反応を示しますが、自慰行為には抵抗のない人が多いという事実もございます。

ソフトSM

もちろん、この場合は男性が受身側であることを前提とします。例えば、男性が大の字に寝ている状態で手枷や足枷をしてもらい、とことん男性器を痴女プレイで弄んでもらうのも良いでしょう。ソフト系のSMプレイですが、この時だけは同じSMでもSはサービスのS、Mは満足のMという感覚で楽しめるのです。

顔面騎乗

顔面騎乗という性行為は痴女の定番メニューの一つと言ってもいいプレイです。まさに文字通り顔面騎乗とは、仰向けに寝ている男性の顔の上に女性器を乗せる形で座ることです。男性から愛撫されることには抵抗感を示しますが、自身が跨って愛撫させることは大丈夫とのことですので試してみたいですね。

参考記事

焦らし寸止め

これも痴女の定番プレイの一環として、特にAV業界や風俗業界では認知されています。要約しますと徹底的に亀頭責めなどをして、射精しそうになれば手を止めるという動作を繰り返すのが焦らし寸止めです。痴女にして欲しいプレイですが、頻繁に行うとEDのリスクも少し高まるので慢性化は避けましょう。

痴女と出会える場所

痴女と出会える場所

この記事では痴女に関して書き記していますが、その肝心要の痴女と出会える方法や場所は存在するのでしょうか?ここでは、痴女と出会えそうな場所や痴女と出会える可能性について言及します。以下に記す場所についての内容は、筆者の経験も含めて多数の方からアンケートした結果に基づいております。

ハプニングバー

一時は大きな話題にもなったハプニングバーですが、その頃と比べて今は会話に出てくることも皆無です。その理由は、実際に行った人の感想や掲示板などで書き込まれている内容が答えだと言えます。まずハプニングなど滅多に起こりませんし、単独女性も殆ど見かけませんので期待しないほうがいいです。

SMバー

SMバーというお店が都心部を中心に幾つか点在しています。この形式の飲み屋には臨時でミニSMショーをするお店と、SM嗜好者が集う酒場の二種類あります。ですが、このSMバーにはカップル客や単独男性客が大多数を占めています。常連客になれば店員などから痴女を紹介してくれる可能性はあるでしょう。

SMクラブ

SMクラブと称するお店がありますが結論から言いますとSM専門の風俗店です。確かに痴女と出会えそうなイメージですが、SMクラブの女王様と痴女は似て非なるものです。いずれも性的に男性を責めて悦ぶタイプですが、当然SMクラブで働く女性からすれば仕事ですので、個人的に会うのも難しいと言えます。

ツイッター

ツイッターはSNSの中でも全世界で、最も個人登録者が多いとされている通信網です。リアルタイムでの短文やコメント、動画やURLなどを投稿できるので探れば痴女と仲良くなれる可能性はあります。ただ、自身の生活の一部としての利用者も多く個人特定される懸念もあって会うまでには至らないと言えます。

出会い系サイト

やはり何と言っても、痴女のせよセフレにせよ自信を持って推奨できるコミュニティは出会い系サイトになります。正直申しまして個人的な経験から考察しても、これ以上に一般人が効率良く女性と出会える場所はないと言い切れます。その詳細については後ほどの項目で取り上げて、ご説明させて頂きます。

パートナー別の痴女プレイ

パートナー別の痴女プレイ

実際に痴女という性質を持ち合わせていなくても、痴女プレイとして楽しむことは可能です。その痴女プレイをする相手、または本物の痴女との関係性によって対応なども変わってくるはずです。それに色々な種類の痴女がいますので、ここからは各々の痴女をタイプ別に分けて対策案を書き添えていきます。

妻・彼女

自分の彼女や妻が痴女である場合は、極楽でもあり過酷でもあると言えます。彼女は将来の伴侶となる筆頭候補でしょうし、妻は既に伴侶ですが今後のことも考えて性行為のペースを話し合うべきです。そうしないと過酷な日常になります。痴女でない場合でも、痴女プレイごっこならOKしてくれるでしょう。

SM嬢

SMクラブで働いている女性のことをSM嬢と呼びます。先ほども少し触れましたが、SMクラブは風俗店ですので単に痴女プレイを楽しむだけであれば満喫できます。当然お金は支払わないとなりませんが、痴女プレイという言葉の発祥元と言われているSMクラブですので、本場の快楽を味わうのもいいでしょう。

メンヘラ

メンヘラとはメンタルヘルスの略語で、少し精神的な面で普通の人とは異なる特質を持ちます。交際すれば大半の男性はギブアップしますが、上手くセフレ的に扱えば性行為においてメンヘラは並外れた才能を発揮します。いかなるエロプレイも引き受けてくれるので、痴女プレイも何の問題もなく施します。

参考記事

人妻

人妻は世の中の男性たちが思っている以上に、性行為と疎遠になっている女性が多いと言えます。セックスレスは年配の夫婦に限らず20代の夫婦でも普通にあります。ですので、性に飢えた痴女として男を漁る女性で最も多いタイプが人妻と言われています。実際に筆者がセフレにした痴女の殆どが人妻です。

参考記事

セフレ

痴女をセフレにするメリット及びデメリットの項目でも触れていますが、女性でセフレになれるような人は性に積極的です。つまり特に対策など練らなくても、必然的に痴女となる資質を兼ね揃えています。率直に痴女プレイをして欲しいと伝えるだけで、セフレは痴女としての資質を徐々に開花し始めます。

参考記事

痴女のセフレ探しに最適なサイト

痴女のセフレ探しに最適なサイト

痴女のセフレを探すのに最も適しているサイトがあります。筆者の経験も踏まえた上で、そのサイト名と特徴を簡素にまとめてご紹介します。それに続きまして、各々のサイトをオススメする理由についても幾つか述べていきます。その各サイトについては以下の通りですので、是非ご参考にして下さいませ。

PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

筆者が多くのセフレを獲得してきた人気の出会い系サイトです。様々な媒体に10数年以上も衰えることなく宣伝し続けています。

Jメール


九州を拠点に発起して現在では全国各地で運営している出会い系サイトです。無料で日記の機能が利用できる点もメリットです。

ハッピーメール


出会い系サイトとしては国内で最も知名度が高くて、人気も累積の登録会員数も間違いなくトップクラスのマンモスサイトです。

ワクワクメール


この出会い系サイトの最大のメリットは、新規で入会登録すれば無料でパーティーチャットのツーショットが利用できる点です。

YYC


コミュニティ関連の事業も手掛けている、大手グループmixiが運営の出会い系サイトです。女性会員数が多いことでも有名です。

10年以上の運営実績がある

上記5つの出会い系サイトをピックアップした理由の一つは、5サイトの全てが運営実績10年以上という部分です。どちらかと言えば未だに出会い系サイトは、不健全であると見られる側面を持ち合わせています。そのように捉えられながらも、老舗として運営し続けているので安心して利用できると言えます。

会員登録数が数百万人以上

次に5サイトの全てが数百万人以上という会員登録数を誇ります。特にハッピーメールやYYCは累積で換算すると1千万人以上の入会登録者がいると言われています。もし信憑性が乏しかったり、実際は出会える可能性が低ければ考えられない登録者数です。いい思いをしないサイトに人が集まる訳ありません。

各媒体への宣伝活動に尽力

筆者自身も毎月あらゆる媒体に目を通しますが、この10年間ぐらいを振り返っても上記5サイトの宣伝広告は必ず見かけます。男性が見る媒体だけではなく、女性誌などには女性の新規会員を募った宣伝もしています。ピックアップした5サイトはPR活動を積極的に長らく展開しているのも信用できる点です。

実際に出会える確率が高い

オススメの5サイトとしてチョイスした最大の理由は、やはり実際に女性と出会える確率が高いという点です。言うまでもなく、それこそが最も肝心要の部分ですのでオススメとさせて頂いてます。見出しの文句や動画像などに釣られる方もいるそうですが、気をつけないと嫌な思いをする可能性が高いです。

カテゴリーや各機能が豊富

おしまいに5サイトをチョイスした理由として、カテゴリーが豊富な面とサイト内の機能が優れていることもあります。色んな機能もですが、カテゴリーにしても細分化されているほうが選択肢は多いので楽しめると言えます。女性と出会う手段のサイトであっても、利便性の高いほうが付加価値を感じます。

PCMAXで痴女のセフレと出会うまでの流れ

PCMAXで痴女のセフレと出会うまでの流れ

先ほどピックアップさせてもらいました5サイトの中から、PCMAXをチョイスして痴女のセフレと出会うまでの流れについて書き添えていきます。やりとりする前に相手の女性を痴女と判断するのは、相手が痴女であることを提示していない限り難しいですが、とりあえずは女性と出会うまでの流れを記します。

PCMAXの公式サイトはこちら

18歳未満利用禁止

予め相手の年齢層を絞る

20歳代や30歳代の前半までの女性が痴女であるというケースは、あまり現実では聞いたことがありませんし筆者も知らないです。ですので、相手女性の年齢層を予め絞って探すほうが痴女である確率は高くなります。職業欄に主婦や人妻、シングルマザーなどにしている女性であれば更に可能性が高まります。

プロフィール設定に入魂

自己PRの欄へ記入する際ですが、基本的には空欄を無くすことを意識したほうがいいです。それから、できるだけ相手に分かりやすい丁寧な文面を入力することです。このプロフィールで後の展開が決まると言えるほど大事です。従いまして、ここでの設定は入魂する気構えで取り組んだほうがいいでしょう。

ピュア掲示板に投稿する

掲示板に書き込むのも女性の投稿を閲覧するのも、アダルトとピュアに分かれています。痴女のセフレを探す目的で投稿するのであれば、アダルトという印象を抱きがちですが実際はピュアのほうが良いと言えます。アダルト側は業者や個人のプロ女性が多いので、本物の素人女性はピュア側のほうにいます。

女性側の投稿も閲覧する

プロフィールで入魂の書き込みをして自己PRをピュアのほうで投稿すれば、あとは女性からの連絡待ちですが、時間と余裕があれば女性側の投稿も閲覧しましょう。その中で気になる女性がいれば、アプローチしていくことで出会える確率も上がります。ただ待つだけが苦手な男性には効果的だと思われます。

LINE等で直接連絡し合う

相手の女性から返事やメッセージが届きましたら、まず様子見としてサイト内で4~5回ぐらいまでと決めてストロークします。そして頃合いを見て直接LINEなどでやりとりすることを促してみます。そこで話を逸らされたりすれば、その人との疎通はキッパリ打ち切り別の人とのやりとりに力を注いで下さい。

痴女のアダルト動画の紹介

今の世の中には、あらゆるジャンルのエロ動画がで溢れかえっております。ここでは、痴女に関連したアダルト動画をご紹介していこうと思います。カリビアンコムとDMMという動画サイトより、痴女系のオススメ動画を4本ずつ選んでご説明していますので、お時間ご都合の宜しい方は是非ご覧下さいませ。

ヌルテカ痴女の猛烈交尾

タイトル:  ヌルテカ痴女の猛烈交尾
出演者:  立花瑠莉

この作品の主演を務める立花琉莉さんは、よく痴女系や男性を責める側の作品に出演しているセクシー女優さんです。その彼女ですが流石に手慣れた様子で、ローションを自らの体に垂れ流し男性に裸体を擦りつけます。そして得意げに隠語を耳元で囁きながら高速の騎乗位でフィニッシュさせます。もちろん、それだけに留まらず次から次へと体位を変えながら痴女ならではの挿入を展開していきます。まるで、お手本のような痴女の挿入シーンの数々には脱帽といった感じです。

痴女帝降臨

タイトル:  痴女帝降臨
出演者:  麻生希

マゾ系の男性には願ってもない痴女系の作品の一つと言えるでしょう。現役のモデルさんにも十分匹敵するスタイルを誇る、セクシー女優の麻生希さんが主演でございます。中々これほどの童顔系美女で痴女が似合う女優さんもいないと思いますが、見事な痴女っぷりを披露してくれています。M男が羨ましくなるほどの素晴らしい美体から繰り出される、本気エロ痴女モードは画面に釘付けとなります。論より証拠と思いますので、これは一度ご覧になられたほうが早いでしょう。

秘湯乱交浪漫 ~巨乳痴女の性交めぐり~

タイトル:  秘湯乱交浪漫 〜巨乳痴女の性交めぐり〜
出演者:  朝桐光 HIKARI

HIKARIさんと朝桐光さんという2人のWヒカリさんが出演している、秘湯を巡る温泉旅行を設定とした痴女系の作品です。どちらも巨乳で同じネームを持つ者同士だからか否か、抜群のコンビネーションを見せます。作中ではレズシーンなども展開しておりますが、違和感なく息ピッタリといった感じのシチュエーションです。途中でマッサージ師を称する男性達を交えて乱交状態になりますが、両女優共に痴女チックなエロプレイを続けながらフィニッシュは中出しという流れです。

逆セクハラが趣味の淫乱女上司

タイトル:  逆セクハラが趣味の淫乱女上司
出演者:  百多えみり

もう顔付きからして痴女を絵に描いたような、美魔女系でセクシー女優の百多えみりさんが主演の作品です。オフィス内で女上司役の彼女が、お気に入りの男性部下と2人っきりとなり自身の性的欲求を満たすための指示を始めます。女性器を徹底的に舐めるように命令したり、男性のパンツを強引に下ろして弄んだりと痴女三昧といった感じです。とにかく自分勝手で、なりふり構わずヤリたい放題の痴女責めに堪え切れない男性部下をイカせまくるという内容になっております。

エロりん痴女の淫語トーク

タイトル:  エロりん痴女の淫語トーク
出演者:  大貫あずさ

黒髪で清楚な雰囲気の大貫あずさちゃん。この顔から想像できない淫語の嵐!!そしてマン毛も未処理でボーボーです。オナニーでスイッチの入った痴女。ちんこの先っちょに付いている我慢汁を指で撫でながら美味しそうにちんこをしゃぶるっ!お口の中にザーメンを受け止め、今度はマンコの番。男の顔面にマンコを擦り付け、またまたチンコに吸い付き69。騎乗位でめちゃくちゃに腰を振る淫乱ガール。最後は当然中出し、見所満載です。

私の騎乗位痴女覚醒

タイトル:  私の騎乗位痴女覚醒
出演者:  七瀬ともか

美脚、美尻の七瀬ともかちゃんの魅力を発揮してもらうための企画!素晴らしい腰使い、むっちりのお尻をクネクネさせて誘い、Tバックをずらしてのクンニでも自ら腰を振る痴女!顔騎、騎乗位での素股も彼女の腰使いがたまらんです。じっくりと彼女の美尻をお楽しみください。

真逆痴女中出し


もう根っからのド変態だと思える人気の篠田ゆうさんが主演の作品です。このセクシー女優は潮吹きでも名を馳せていることもあって、責められる側の作品が多いので痴女系はどうかな?と思いましたけど無駄骨でした。彼女の潜在的エロセンスを侮っていました。男性が挿入を要求するとフェラに徹して、顔射をしようとすれば真逆の生中出しという痴女っぷりです。やがて3Pに突入しますが、そこでも超感じやすい痴女の激アツエロプレイで男性達を骨抜きにします。

もう射精してるってばぁ


これはシリーズ化されているようですが、深田えいみというセクシー女優が主演の作品がオススメです。彼女は天性のエロスペシャリストというオーラを放ちます。絶頂を何度も繰り返し体験できる夢のメンズエステという設定での痴女キャラです。オイルエステから洗体、全身リップサービスから口内施術と丁寧に上手く焦らしながら男性を射精に導きます。そして、射精しているのにも関わらず痴女責めを止めず男の潮吹きからの連続射精まで快楽を提供するのです。

痴女責め連続射精16発


この作品も幾つかありますが三上悠亜さん主演のものをオススメします。複数人の男性が真っ裸で吊るされており、片っ端から根こそぎ痴女プレイで射精に導いてザーメンを抜きまくります。一切の自由が利かない状態の男性達を半ば強制的に勃起させて、超快楽の痴女責めフルコースでイカせ続けます。逆レイプやパイズリ、女性上位での痴女エロプレイにて男性達からスペルマを搾取して次々と睾丸を萎ませていきます。完全な痴女目線スタイルの作品だと言えます。

美しい痴女の卑猥なるベロチュウ性交


小島みなみという容姿端麗でスタイルのいいセクシー女優が主演の痴女作品です。いきなり女性からベロチューというスタートが、いかにも痴女っぽい演出ですけど厭らしさはありません。このセクシー女優が醸し出す雰囲気がカッコエロいからでしょう。終始…女性主導の舐め責めで男性を翻弄し続けます。フィニッシュはタイトル通り痴女系の卑猥なベロチューで射精してしまいますが、小島みなみというセクシー女優は恐らく本当に舐め技に秀でていると感じます。

まとめ

まとめ

昔と比べれば現在のほうが痴女は多くなったと思っていました。ですが実際は、痴女であることを昔は伏せていた女性が多かっただけなのだと存じます。世の中の流れと言いましょうか…今では痴女を肉食系女子と言う人もいます。女性が本能を制御しなくてもいい今の風潮のほうが良いのかも知れませんね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ペインパッカー

プロフィール:過去に出張ホストとメンズバーの経営をしていた、40代中盤のバツ2で現在フリーランサー。現在に至るまで200人以上の女を性奴隷にしてきた、女体操作の念能力者。

おすすめ記事3選

1

コンテンツ1 PCMAXの特徴2 PCMAXアプリ版のメリット・デメリット3 PCMAXを使って分かったメリット・デメリット4 PCMAXの登録方法と利用方法5 PCMAXの利用料金6 PCMAXでの ...

2

コンテンツ1 PCMAXの公式アプリについて2 ハッピーメールの公式アプリについて3 ワクワクメールの公式アプリについて4 Jメールの公式アプリについて5 YYCの公式アプリについて6 セフレの作り方 ...

3

コンテンツ1 ワクワクメールの特徴2 ワクワクメールの公式アプリ3 ワクワクメールを使ってわかったメリット・デメリット4 ワクワクメールへの登録方法5 ワクワクメールの利用料金6 ワクワクメールにログ ...

-動画, 出会いの方法, セフレ
-,

Copyright© セフレ塾 , 2019 All Rights Reserved.